透明先生 さん プロフィール

  •  
透明先生さん: 透明先生の《スピリチュアル鑑定》占い師の日記
ハンドル名透明先生 さん
ブログタイトル透明先生の《スピリチュアル鑑定》占い師の日記
ブログURLhttp://yaplog.jp/uranai-diary/
サイト紹介文最新鑑定→哲学者の卵/SEXレス夫婦◎最新版 繭気属性別パワースポット◎幸せになる為の人生地図ほか
自由文《相性の良いパワースポットの割出し方》http://p.tl/H5OL
《恋愛・赤い糸の魔法》http://p.tl/EVKu
《金運UPにソロモン魔法陣(待受に)》http://p.tl/nANX
《婚カツと縁》40代女性の鑑定で人との「縁」を考えます。
《子の魂のゆくえ》水子供養のやり方。
《木人実るは子宝なり》子宝を授かる為に必要な事。
鬱病対応アイテム・いじめ対策のお守り・受験生必見!記憶力UPドリンク・トラウマ修復も掲載!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/01/16 10:48

透明先生 さんのブログ記事

  • 春の嵐・9
  • 春の嵐・9さてと私は、渦眼が待っているお店へ戻るすると、渦眼の姿が無い透明「おりょ渦眼が居ない・・・」タイ「お、おいそれってマズイだろう」透明「お〜いうずめ〜   何処にいるんだ〜逆眼について   聞きたいんだけど〜」そう言うと、見慣れない箱のようなものから渦眼が這い出てくる透明「そこがお前の家なの」渦眼「・・・・・」ありゃりゃあまり知られたくなかったのかな渦眼の眼が、全てよそを向いていキョドって [続きを読む]
  • 春の嵐・8
  • 春の嵐・8タイ「な、何がマズイんだよ」透明「う、うん・・・」妖怪図鑑に載っていた渦眼に関する要項には、以下のことが書かれている「この妖怪を見た者、憑きまとわれた者は、 近い未来、死出の旅立ちが待っている。」と書かれている確かに、泰蔵さんも歳だが、念の為視てみた木人図には、寿命は残っている・・・。流石にこれを言うと、返って気にして本当に寿命が縮む可能性もあるから、このことは伝えない方が良いだろうと、 [続きを読む]
  • 春の嵐・7
  • 春の嵐・7今、確かに助けてと私は、再度確認するように問いかける透明「(今、助けてと言ったの)」渦眼「(た・す・・けて・・ほし・・・。)」透明「(助けるのは、きみそれとも別の何か)」渦眼「(たす・・け・・・さか・・め・・・。)」透明「(さかめ)」渦眼「(さ・・かめ・・・たす・・け・・・て・・。)」さかめ逆眼う〜ん・・・正直、妖怪に関しては古い文献で読んだことがあるのと、実際に会ったことがあるもの以外は、疎いから [続きを読む]
  • 春の嵐・6
  • 春の嵐・6タイ「こ、こ、コイツは一体何なんだ」透明「確証は無いんだけど、多分   渦眼(うずめ)だと思う・・・。」タイ「う、うずめな、なんだそりゃ〜   って、おいおいき、消えてゆくぞ   透明に、逃げちまうぞ」そっか泰蔵さんが見えるのオカシイと思ったけど、コレに干渉されたから、一時的に視えていたんだ透明「大丈夫大丈夫   私には、視えているから   多分、タイさんは一時的に視えてた   だけだと思 [続きを読む]
  • 春の嵐・5
  • 春の嵐・5透明「(くっ脱出マジックで失敗しちゃった    マジシャンかよ〜        徐々に感覚は戻って来ているけど、    ギリギリ過ぎるだろ〜)」未知の生物は、その形状を変えながら私との間合いを詰めてくるそして、一本の触手のようなモノが、私の手に触れる透明「っ」その時タイ「透明〜いい加減にしろ〜〜〜   何かしゃべらねぇ〜と、何が何だか   わからねぇ〜じゃねぇ〜か〜〜〜   返事くらいしろ [続きを読む]
  • 春の嵐・4
  • 春の嵐・4何だ眼の前が真っ暗に・・・。昼間の日が差し込んでいるお店が、太陽を遮られたように暗くなる透明「(日が隠れたわけじゃない・・・。   そう考えると、こちらの視界が   制御されているということか)」強い霊圧と能力を持ったものは、時として人間の五感に干渉することができる先程から、棚の奥で蠢いているものは、そういう存在なのだと感じさせる・・・。透明「タイさん店から出て   家に戻ってもいいから」 [続きを読む]
  • 春の嵐・3
  • 春の嵐・3二階は薄暗く、何故か不気味に感じる・・・。私は、階段を上がり、部屋の奥へと歩を進める透明「確か・・・ココら辺だったと   思うんだけど・・・」先程、一階で聞こえた音を頼りに、かすかな物音がしていた辺りを調べてみる・・・。透明「・・・・んっ   何だろう本当に微量だけど、   今までに感じたことが無い気質を感じる・・・。」少し警戒を強める透明先生透明「あれっ・・・・音が遠くなってる・・・。 [続きを読む]
  • 春の嵐・2
  • 春の嵐・2昴の工房から1時間凄いスピードで泰蔵さんのお店へ到着タイ「お、おい」透明「なに」タイ「お前が先に入れ」透明「はい」タイ「いいから、早く入れ」何故か、私の後ろに隠れている泰蔵さん・・・鍵を渡され、ゆっくりと戸を開けてみる透明「・・・・。」タイ「ど、どうだい、いただろ」透明「うんにゃ誰もいないけど」タイ「へっそんな馬鹿なこたぁ〜」扉の向こうには、いつものお店の光景が特に、変わったところは無い [続きを読む]
  • 春の嵐・1
  • 春の嵐・1透明「はあああああああああ〜」 昴「・・・・。」透明「へぇぇぇぇぇ〜〜〜〜」 昴「・・・・。」透明「ふううううううううう〜」 昴「何なんだ」透明「へっ」 昴「へっじゃぁない   何でお前は、へばっている時に限って、   俺の工房へ来るんだ」透明「だって〜居心地良いんだも〜ん   妖精たちもいるし〜春だねぇ〜   癒やされる〜」 昴「だ〜か〜ら〜   邪魔なん・・だ」「て、て、ていへんだ〜 [続きを読む]
  • 数字の魔術・18
  • 数字の魔術・18透明「モグモグ・・・・   (美味しい〜シュークリーム   最高〜〜〜〜〜)」恵那「で、でっ」透明「お前なぁ〜人が折角、甘美な世界に   浸ってるのに」恵那「だって〜時間無いんでしょ〜」透明「うっわかったよ〜   ほらっ」勝田「」恵那「何これ」透明「ちょうど、数字の司る意味を簡単に    書いたノートがあるから、   まずは、それを読んでごらん」時間稼ぎ成功数字が司る意味(自然界)数字 [続きを読む]
  • 数字の魔術・17
  • 数字の魔術・17透明「なるほど〜力なの流れか〜   なかなか、簡単に説明するのは   難しいけどとりあえず、纏めて   話してみよう」恵那「は〜い」透明「まず、今までの話を聞いて、   動力となる力の源は、何となく   わかったかな」勝田「はい」恵那「うん」透明「それじゃぁ〜、その力は、どういった   流れを起こして動いているのか   少し考えてみようか」恵那「流れ方ってこと」透明「そう   昔、 [続きを読む]
  • 数字の魔術・16
  • 数字の魔術・16透明「例えば、六芒星や五芒星   魔法陣と言えば、それらの図形を   最初に想像すると思うけれど、   この図形にはある一定の書き方が   あって、方向を指示するんだ   その上で、どこから動力を得るか   という指示書の役割も担っている」恵那「どういうこと」透明「つまり、六芒星と五芒星では、動力を   借りる場所が違うということ   ちなみに、恵那が想像している   魔法の源って [続きを読む]
  • 数字の魔術・15
  • 数字の魔術・15透明「さてさて、話を戻すけど、   魔法陣にも2つの魔法陣があることが   わかったよね」勝田「はい」透明「もちろん、この2つの魔法陣も枝分かれ   して、もう少し複雑な魔法陣の構成が   何百通りと存在するのだけど、   これは口では伝えきれないから、大まかに、   形状だけで力を持つ・形状魔法陣   力の流れを指示する・魔導法陣   の2つを覚えておいてくれれば良いと   思う [続きを読む]
  • 数字の魔術・14
  • 数字の魔術・14透明「う〜ん・・・かなり微妙な時間だね〜    あっそう言えば、皆さんからの   コメントは・・・」恵那「すご〜い   50件を有に超えてる〜」透明「あははははっ   みなさ〜ん本当に沢山のコメント   ありがとうで〜す   私も、皆さんが大好きで〜す」恵那「恵那も〜」透明「しかし・・・   (我がファミリーの結束力を見誤っていた)   う〜ん・・・よし   とにかく、次のお客さんが [続きを読む]
  • 数字の魔術・13
  • 数字の魔術・13透明「それじゃぁ〜、陽の振動を呼び込む   方法を話して行こうね」恵那「待ってました〜」勝田「はい」透明「さっきも話したように、陰陽の振動は   言葉や想いからも起こってしまうものだから、   この振動の根本となるモノを利用して   陽の振動を引き寄せるようにすると   簡単に自分にとって良い流れを引き込む   ことができるようになるんだ」恵那「振動の根本」透明「振動の根本は、さっ [続きを読む]
  • 数字の魔術・12
  • 数字の魔術・12透明「それじゃ〜、次に陽の振動を   呼び込む方法だけど、やり方の前に、   覚えておいて欲しいことがあるんだ」恵那「なに」勝田「」透明「この方法をおこなう時に、注意して   おいて欲しいことがあるんだけど、   これから教えることをおこなった後は、   しばらく、自分の心に良い言葉だけを   意識的に使うようにしてくれるかな」勝田「自分の心に・・・。」恵那「良い言葉」透明「そう  [続きを読む]
  • 数字の魔術・11
  • 数字の魔術・11透明「それじゃ〜、始めようか」数字のマイナスを打ち消す魔法陣描き方まずは、テンプレートやコンパスを使い、キレイな円を描きますこの時、円の大きさは、中にもう一つ円を描ける程度の大きさにしておいてくださいねそこまで出来たら、次にその円の右側の線にくっつくように、もうひとつ円を描きますこの円は、中に数字が書ける程度の大きさにしてください次に、外円の左から右の円へくっつけるように外円の中央 [続きを読む]
  • 数字の魔術・10
  • 数字の魔術・10透明「さてとそれじゃぁ〜勝田さん   少し脱線してしまったけど、   話をまとめるね」勝田「は、はい」透明「勝田さんの今の状況は、先程も言った   数字の振動が大きく関わってきているんだ   だから、今の現状を変えるには、   まず、今使っている物の中から、   マイナスの要素を持っている数字を   排除して、相性の良い数字を沢山使う   ことで、現状は正常に戻るから、   心配し [続きを読む]
  • 数字の魔術・9
  • 数字の魔術・9恵那「二元性さっきの二進法とは違うの」透明「二進法は、単体の一桁の数字を元に   配列されたモノで、それ意外にも   十進法もあるけど、プログラムを   組むときには、十進法の59を   二進法に直すことで、システムを組んだり   するものなんだ」恵那「ごめんなさい   余計なツッコミでした   二元性についてだけ、教えてください」透明「あははっそれじゃぁ〜、二元性だけど、   これ [続きを読む]
  • 数字の魔術・8
  • 数字の魔術・8透明「う〜ん・・・じゃぁ、時間になるまでだよ」恵那「了解」勝田「はい」透明「例えば、自然というモノは、全て2進法の法則   が関与していると言われている」恵那「二進法・・・って何」そこからか・・・透明「二進法というのは、簡単に言うと1と0で構成できるモノを   言うんだけど、今、恵那や勝田さんが使っている   パソコンやスマホのデーターも、これがベースに   なっているんだ」恵那「ご [続きを読む]
  • 数字の魔術・7
  • 数字の魔術・7やれやれ透明「カキカキ・・・・よし   こんな感じかな」誕生数相性 ここでは、相性の良い(プラスに傾く)数字を 書いておきます それ以外の数字は、悪いと いうよりは、マイナスに傾きやすい影響がある という認識をしておいてくださいね誕生数 1・・・良 2・6・33誕生数 2・・・良 1・4・22誕生数 3・・・良 5・8・33誕生数 4・・・良 2・4・6・7・9誕生数 5・・・良 3 [続きを読む]
  • 数字の魔術・6
  • 数字の魔術・6恵那「それで、それで〜」透明「恵那落ち着け   勝田さん今から数字の持つ力に   ついてお話ししますが、わからなく   なったら言ってくださいね」勝田「は、はい」透明「それでは、お話ししますが、   人間というのは、生まれた時から   複数の数によって支配されている   と言われています」勝田「」透明「その代表的なモノは、生まれた日   つまり、生年月日です」恵那「確かに、数字だよね [続きを読む]
  • 数字の魔術・5
  • 数字の魔術・5恵那「原因って何だったの」好奇心が溢れていますけど・・・透明「ま、まあ、まだ完全な確証では   無いのだけど   勝田さん   もう少し、質問させてね」勝田「は、はい」透明「今から言う数字で、好きな数字を   教えてくれるかな」恵那「数字」透明「それじゃぁ〜、最初は1」勝田「えっそうですね〜   ・・・好きな数字だと思います」透明「それじゃぁ〜、2は」勝田「普通だと思います」透明「3 [続きを読む]
  • 数字の魔術・4
  • 数字の魔術・4透明「勝田さん少し質問させてもらって   いいかな」勝田「は、はい」私は、勝田さんの生年月日や出生場所、住所など色々な情報を聞き出す・・・透明「チョット待っていてね」勝田「はい」透明「ふむふむ・・・。   (勝田さんの九星は二黒土星(鑑定当時の年齢から)   年齢的な厄も入っていないし・・・。)」私はありとあらゆる占い知識を駆使し、勝田さんの人生を頭の中で紐解いて行く・・・。透明「(特に [続きを読む]
  • 数字の魔術・3
  • 数字の魔術・3透明「・・・・・・・」恵那「・・・・・・・。」勝田「・・・・・・・。」あれ確かに、何だか噛み合っていないような不穏な流れが多い気がする・・・。でも、何でだろう・・・特に勝田さんに問題は見当たらないし、かと言って、生徒さんも他の先生方もワザとそういう態度をしている訳でもない・・・。おりょ何だ、何だ学校を変えてから、ずっとこんな感じだぞ勝田さんもそうだけど、逆に生徒も先生も困惑している・ [続きを読む]