マーヴィー さん プロフィール

  •  
マーヴィーさん: おやじの釣りブログ
ハンドル名マーヴィー さん
ブログタイトルおやじの釣りブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/marvy49/
サイト紹介文中学生までは毎週のように釣りに行っていた少年が、おやじになって釣熱復活のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供402回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2009/01/17 06:15

マーヴィー さんのブログ記事

  • 20180623に想う
  • あらかじめ書かれていた葬儀の段取りに従って無事に葬儀も終えた。喪主として葬儀屋さんとの打ち合わせや、僧侶との話などはじめての経験も多かったが、これも経験なのだろう。僧侶からも宗教や宗派のことが色々聞けて良かった。やはり浄土真宗は合理的というか生きている人間を主に考えているように想えた。葬儀を終えて翌日から役所など亡くなったことによる様々な手続きに入ったが、これがまた多数&複雑なことも多くて一日中飛 [続きを読む]
  • 20180618に想う
  • 約3ヶ月の闘病&通院&入院の時間が終わり、葬儀はまだだが日常に戻る&戻れるような気持ちだ。その間は、家で食事する時間も少なくなり、買い物も、釣りものんびりと終日とはなかなかできなかった。定休月曜日は早朝から釣り場に行ってみた。雨予報であったので人も少なかった。今日は以前と同じくのんびり竿を出す予定だ。ここ数日釣れているようなことも聞くので期待して行ったが、残念。非常に厳しい状況であった。輸入&手入れし [続きを読む]
  • 20180617に想う(日常)
  • 死の別れは寂しいものだが、必ず訪れる死別。高齢。闘病の中でのこと。これも摂理としてできる限り日常に戻ろうと思う。 闘病・最期など自分の記録としてブログに書いてきましたが、日常にできるだけ戻していこうと思います。 昨日も、朝はのんびりと時間を過ごしたあと、日常に戻していこうと海に行ってきました。葬儀も終わっていない中ではありますが、短時間ながら海を見ながら釣りもしてきました。いつもの海をみつつ、浮か [続きを読む]
  • 20180616に想う(宗教&宗派)
  • 我が家は浄土真宗本願寺派。私もその門徒の一人。浄土真宗では死と同時に極楽浄土に行くので、現実的な死の別れは息を引き取るその瞬間となる。なので別れの悲しみもその瞬間だ。葬儀も別れを告げる「告別式」というものもない。御霊前というものもないし(「霊前」霊の前。浄土にすでに行って仏になっているので霊は前にはいない。なので香典袋も御霊前ではなくご仏前となる)仏様に感謝をし、縁のある方々が集って感謝と故人を偲 [続きを読む]
  • 20180615に想う(その後)
  • 家族に看取られながら息を引き取った父。悲しみの時間からやるべきことが次から次にやってくる。葬儀社へ連絡。お迎えの時間調整。帰る服装の準備。。。。安置する場所の確定し、葬儀社とプランの調整や確認。幸い父は事前に葬儀社もプランも決めており指示書(遺言)にやるべきことが書かれていた。それでも、基本プランにありとあらゆるオプションや追加の案内。お花がもう少しあった方が。。。骨壺や棺桶は標準プランだとシンプ [続きを読む]
  • 20180614に想う(病の対応など)
  • 温かいコメントありがとうございます。感謝申し上げますm(_ _)m昨日は朝の仕事だけして早退させてもらい病院に向かう。意識はないが呼吸は痰の詰まりも少なく安定しているように見えた。病院に泊まり込むが、スマホいじりながら、簡易ベットで時にウトウトするが、看護師さんが30分おきくらいに「そーーーと」入ってきて、痰の吸引や、身体の向きを変えに来てくれる。私も1時間ごとくらいに父の脈を取っていた。だいぶ早く、ま [続きを読む]
  • 病室から雑談
  • 看護はプロの看護師さんにお任せなので特に変わったことがなければやることがない病室泊。暗いので本も読めないのでスマホとなる。自分が使っている格安SIMのオプションでyoutubeやabematvのパケットがフリーになっているので、気兼ねなく見聞きできる。モバイルバッテリーは必須だが、親の様子をみつつabematvの釣りチャンネルをみる。 [続きを読む]
  • 20180613に想う(病の対応など)
  • 朝一でどうしてもの仕事があったので病院から職場に直行。11時前までで片付けて病院に戻る。それにしてもiPhoneもパソコンもキャッシュカードもパスワードがわからないとどうにもならない。どこかに書いて保管しておくか、家族宛に、パスワードリストなど用意して意識がなくなったら開封するようになどしておくことも重要なことだと思った。今の時代は特にネット銀行、ネット証券、明細もネットでという時代なので、確認のしよう [続きを読む]
  • 20180612に想う(病の対応)
  • 昨夕から24時間家内と子供が病院が付き添い病室に泊まった。大きな変化なく時を過ごしたようだが、深夜も20ー30分おきに看護師さんが対応してくれていたそうで、手厚い看護に感謝ばかりだ。今も病室で書いているが、意識ない父に同じように優しく声がけしてさまざまな看護をしてくれる夜勤担当の男性看護師さん。師長さんも付き添っている家族を気にかけてくれて様子を見に来てくれたり、顔を出してくれたドクターは疑問にも丁寧 [続きを読む]
  • 20180611に想う(病の対応)
  • 定休月曜日。子供を学校まで送りそのまま近くのショッピングセンターで買い物&焼きたてパンでコーヒーで早めの昼食。その後延び延びにしていた自分の病院二箇所を受診。残りる二つの病院は日を改めて。病院に行き病室に向かう。昨日よりも状況は悪くなっていることがわかる。意識はなく、呼吸も浅く胸で息をしているようだ。しばらくしてドクターが様子を診にきてくれたが、表情から厳しい状況は十分伝わってくる。脳梗塞がここま [続きを読む]
  • abu 6600 brute
  • 帰宅して何かしようと先日のAbu 6600 bruteをバラしてメンテナンスしてみた。本当かどうかわからないが「ブルート」はポパイの力持ち「ブルート」から来ていると聞いたのだがどうなのだろう。左側でもメカニカルブレーキを調整できる6500シリーズを使うことが多かったし一般的みたいだが、特に左側で調整をしなくても問題がないのと、人との違いもあってパーミングカップのAbuを入手した。サムクラッチ、べロクラッチは片手でライ [続きを読む]
  • 20180610に想う(病の対応を含む)
  • 面会時間は午後1時からの定休日曜日。もしかすると病院から電話があるかもと気になっていたが着信はなかった。担当ドクターも日曜日でおらず緊急のことがあればすぐに連絡があるだろう。予報では昼前から雨予報。北風も強いようだが朝から釣りに行くことにした。向かい風強い中、雨が降り落ちる昼前まで竿を振った。ウキを集中しながら色々なことを考えた。この集中できる時間は自分には釣りと、今は一切やらないがパチンコだ。こ [続きを読む]
  • 20180609に想う2 (病の対応)
  • 本来であれば今週末は休みなのだが、今日は昼に仕事となった。父親の面会時間は午後からなので9時までは釣りができることになった。5時過ぎに釣り場に到着して久々に朝からの釣りを開始した。しばらく釣れずであったがやっとウキが入りアジが釣れた。全く釣れずではなく、たまに誰かが釣れるという飽きないで投げれる状況であった。天気も良くこれからの釣果に期待もあったが仕事のためリミットの9時で撤収した。10時半に職場に着 [続きを読む]
  • 20180609に想う(病への対応)
  • 毎日病院に行っているが、それだけではなく、仕事や帰宅してから釣り道具をいじったり、時間あれば釣りにも行ったりするのでタイトルで分かるようにした。病についてのブログなので決して気分が良いものと思わないのでタイトルでスルー頂ければと想う。コメントやメッセージなど頂きありがとうございます。私の勝手な家族の病に対する書き込みを読んで頂き、さらにはコメントまでは申し訳ありません。引き続き記録や整理のために [続きを読む]
  • 20180608に想う
  • 釣行記録がメインだったが勝手な想いも多く記すようになりここ最近は父の病のことばかり記すようになっている。それも癌の末期のことなのでそんな事あえて記さなくてもと思われる方もいるやもしれない。市川海老蔵さんの奥さんの小林麻央さんが癌になり闘病中にブログを書いていたことに対し、批判的な声も少なからずあったと聞いている。自分の父親の最期が迫ってくる中で、このように記すことで自分の頭を整理して考えられる(考 [続きを読む]
  • 20180607に想う
  • 釣りに関することはありません。病気に関することなのでご容赦ください。胃ろうから栄養を入れていたが吐き戻しも酷く数日前にCT撮影を行った。その結果説明が「おととい」家族のみにあった。こちらからも先週の金曜日から急に状況が良くないように見えたためドクターと家族のみで話をしたいとリクエストしていた。個室でドクターからCTの画像と共に説明があった。食道癌に対する放射線治療は画像を見る限り効果が見られ閉塞して [続きを読む]
  • 20180606に想う
  • 早朝4:30。きっと今日想うことは変わらぬだろうと記す。私の父親は二言で言えば「頑固」「企業戦士」とう言葉になるだろう。子供の頃からわんぱく&ガキ大将。上のものには喧嘩上等。だったと聞いていた。柔道黒帯。なりたい職業は刑事。だったようだ。そんな父は会社勤めになり、時代もあったがいわゆる企業戦士の戦士で、会社一筋であった。負けん気の強いということもあり、会社の中でさまざま戦いをしていたのだろうそのため朝 [続きを読む]
  • 20180605に想う
  • 突然の父親の癌。喘息と病院と診断されて治療していたが、状況が良くならないために他の病院行って検査したところ癌との診断。それもかなりの進行とは。希望を持って治療に望んでいるが癌野郎が他の場所でも悪さしやがって。毎日病院に行っているが癌野郎はほんと憎いわ。栄養本人のために入れているのにお前が食うなって!横取りすんな!栄養よこせと暴れるな!!ドクター約20年前母の癌の時のドクターの感じの悪さったら今思い [続きを読む]
  • 20180604に思う
  • 【釣り】車の12ヶ月点検とブレーキのリコールで車がないので久々に早朝からのバイク釣行だ。入院している父の状況は芳しくないため釣りは16時がリミットだ。期待して投げ込むが浮きは浮いているままやっと浮きが消えて1匹をあげたものの、鳴かず飛ばず。好調を期待して行ったが釣れたと実感しずらい一日であった。それにしても暑く。突然鼻血が出てきたのにはビックリした??【ビオトープ】メダカを投入すべくホムセンなど見て回 [続きを読む]
  • 20180602に想う
  • 【ネズミ捕り】昔から良く良く通る道。具体的に書けば横横の朝比奈インターから原宿方面に抜ける道。朝比奈インターからすぐのところにある、通称「朝比奈トンネル」だ。直線のトンネルということや、換気も良くないトンネルで、制限速度40キロだが、多くの車がそれ以上で走って抜けている。 車・バイクで数えきれないほど走ってきたがネズミ捕りなど見たことも経験もなかった。つい先日、トンネル手前の信号に止まっているとき [続きを読む]
  • 20180601に想う
  • 【癌】突然やってきた父親の癌。高齢ではあるものの、はやり突然の病は家族としてはびっくりだ。約20年前に母を同じく突然の癌が襲ったが、希望と絶望の繰り返しの日々、病院に対する不信・不満が募る中、結局、治療・希望の光は絶たれたしまった。 当時は、治療と緩和ケアが別の扱いのようになっていて、これ以上の治療ができない病院が判断すると、うちではこれ以上できないので、緩和ケアのあるところに行ってくれと、放り [続きを読む]
  • 20180530に想う
  • 【病】病は周りも大変だが、本人が一番大変??そしてその辛さはわかる「つもり」でも実感はできないので、その差がどうしても出てしまう。これがなかなか難しい点。 【釣り】 子どもが、カプリコ(チョコ)が好きだという話になって、一個100円しない程度のものなのだが、個人的に、チョコのイメージもあってもったいない。と一言。「海に撒くエビ(コマセ)の方がもったいないじゃない?!」ときつい一言。確かになぁ・・・ [続きを読む]
  • 20180529に想う
  • 【釣り】休日勤務の振替で休みとなったが病院の付き添いなどもあって早朝2時間のみの釣りに行った。大サバはもうおらず、こマイクロサバくらいだろうか。それでも良しと思って釣り場に着くと人まばら。数名のルアーさんでコマセさんは。。。いない??ルアーさんに迷惑をまた気がねせずにと、遠投に切り替えた。アジも最近は絶不調なので、海に向かって竿を振るってだけでも良いだろうと投げる。投げる。投げる。流れも潮もいい感 [続きを読む]
  • 20180524に想う
  • 【日大】卒業した大学に対しいう言葉ではないかもしれないが、あえて言う「クソだな!」今の状況は教育機関とは言えず、まるで反社会勢力のようだ。自ら浄化できないのであれば国からの指導(圧力)、司直による裁きに期待するしかない。【国】こっちもクソだな!ここまでの隠蔽とは。にもかかわらず起訴すらもされない抜け道巧妙。責任すらも曖昧とは。【人の最期】どのように最期を迎えるか。誰でもいつか死す。生と死の差は大き [続きを読む]