タム さん プロフィール

  •  
タムさん: チョビひげ先生・タムさんのひとりごと
ハンドル名タム さん
ブログタイトルチョビひげ先生・タムさんのひとりごと
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mei141944
サイト紹介文チョビひげ先生が著名人の著書から学んだことを徒然に書いてみました。(無料の悩みの相談室)
自由文「チョビひげ先生心の悩みの相談室」です。
無料のカウンセリングルームを開設しています。
たった一人で悩まずに、どうぞお気軽にご相談下さい。
秘密は厳守しますのでご安心下さい。
チョビひげ先生で検索してください。
ホームページから、ダイレクトメールしてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/01/17 11:57

タム さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • この世のしくみ
  • この世のしくみ(その1)              この小冊子は未信者の方に、教祖の教えを分かりやすくお話させて頂けるようにと作成しました。内容は教祖からお教え頂いた「四つの天の理」を中心に簡単明瞭にまとめました。このお話を100回読んで下さい。100回読めば教祖の教えが心に治まり、なるほどと納得できます。御教えが心に治まり得心できれば、生活の中で実践してください。日々実践すると不思議な現象が現れま [続きを読む]
  • この世のしくみ
  • この世のしくみ(その1)              この小冊子は未信者の方に、教祖の教えを分かりやすくお話させて頂けるようにと作成しました。内容は教祖からお教え頂いた「四つの天の理」を中心に簡単明瞭にまとめました。このお話を100回読んで下さい。100回読めば教祖の教えが心に治まり、なるほどと納得できます。御教えが心に治まり得心できれば、生活の中で実践してください。日々実践すると不思議な現象が現れま [続きを読む]
  • 成って来るのが天の理
  • この世のしくみ(その2)                ㈠ 「成って来るのが天の理」・・・この世は必ず原因(種)があって結果(実)が現れる教祖は「成って来るのが天の理」と仰せられます。「理」とは神様のお働きであり、神様のご守護の世界という意味です。つまりこの世は理の世界で成り立っているのです。なぜ同じ真っ黒な大地の中から、赤いニンジンや白い大根、黒いごぼうや緑のピーマンが生えて来るのでしょうか [続きを読む]
  • 成って来るのが天の理
  • この世のしくみ(その2)                ㈠ 「成って来るのが天の理」・・・この世は必ず原因(種)があって結果(実)が現れる教祖は「成って来るのが天の理」と仰せられます。「理」とは神様のお働きであり、神様のご守護の世界という意味です。つまりこの世は理の世界で成り立っているのです。なぜ同じ真っ黒な大地の中から、赤いニンジンや白い大根、黒いごぼうや緑のピーマンが生えて来るのでしょうか [続きを読む]
  • 順序ひとつが天の理
  • この世のしくみ(その3)                ㈡ 「順序一つが天の理」・・・この世は順序正しく回り回って再生を繰り返す教祖は「順序一つが天の理」と仰せられ、この世は親神様の定められた順序の理に基づいて巡り巡っています。地球は自転しながら太陽の周りを寸分の狂いもなく公転し、そして地球の周りを月が回っています。地球が自転することで朝・昼・夕方・夜と一日が巡り、太陽の周りを公転することで春 [続きを読む]
  • 順序ひとつが天の理
  • この世のしくみ(その3)                ㈡ 「順序一つが天の理」・・・この世は順序正しく回り回って再生を繰り返す教祖は「順序一つが天の理」と仰せられ、この世は親神様の定められた順序の理に基づいて巡り巡っています。地球は自転しながら太陽の周りを寸分の狂いもなく公転し、そして地球の周りを月が回っています。地球が自転することで朝・昼・夕方・夜と一日が巡り、太陽の周りを公転することで春 [続きを読む]
  • 二つひとつが天の理
  • この世のしくみ(その4)  ㈢ 「二つひとつが天の理」・・・この世は目に見えるものと、見えないもので成り立つ教祖は「二つひとつが天の理」と仰せられ、この世は全く相反する性質なり働きのものが、互いに助け合うことによって一つの命が生まれるようにこの世は仕組まれています。例えばプラスとマイナスで電気が通う。男と女で子供が生まれる。夜と昼で一日巡りとなる。裏と表で一枚の紙。天と地。右手と左手など等数えあげ [続きを読む]
  • 二つひとつが天の理
  • この世のしくみ(その4)  ㈢ 「二つひとつが天の理」・・・この世は目に見えるものと、見えないもので成り立つ教祖は「二つひとつが天の理」と仰せられ、この世は全く相反する性質なり働きのものが、互いに助け合うことによって一つの命が生まれるようにこの世は仕組まれています。例えばプラスとマイナスで電気が通う。男と女で子供が生まれる。夜と昼で一日巡りとなる。裏と表で一枚の紙。天と地。右手と左手など等数えあげ [続きを読む]
  • 誠ひとつが天の理
  • この世のしくみ(その5)                    ㈣ 「誠ひとつが天の理」・・・この世は心がすべての原動力となる教祖は「誠ひとつが天の理」と仰せられます。また「人をたすけるが真の誠」と仰せられました。「人をたすけるが真の誠」ということは、人間が互いにたすけ合う姿こそが真の誠であり、そうした生き方が陽気ぐらしの世界だということです。そして「人をたすけて我が身たすかる」とも仰せられ、 [続きを読む]
  • 成って来るのが天の理
  • ◆ ぜひお薦めします ◆誰にもわかりやすく、お道の基本教理がコンパクトにまとめられていると好評です。路傍講演、講社祭、朝夕のお勤め後のお話,講話などにお使いください。ご希望の方は、mei14@mail4.kbn.ne.jp までご連絡ください。アドレスをドラッグしてコピーし貼り付けてください。あなたのアドレスに原稿を添付してお送りします。初めての方は、このお話は100回は読んで下さい。100回読めば教祖の御教えが心に治まりま [続きを読む]
  • 過去の記事 …