との さん プロフィール

  •  
とのさん: 殿様の試写室
ハンドル名との さん
ブログタイトル殿様の試写室
ブログURLhttp://mtonosama.exblog.jp/
サイト紹介文未公開映画の情報をいちはやくお知らせする最新映画紹介ブログです。
自由文祖父は活動映画の弁士。活弁士です。映画がトーキーになってからは、映画館の支配人をやっていたので、とのは赤ん坊の頃から映画を観ていました。母がとのを連れてプチ家出するときはいつも映画館でした。そんな訳でいまだに映画を見ています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/01/20 00:41

との さんのブログ記事

  • ソニータ -2- SONITA
  • ソニータ-2-SONITAロクサレ・ガエム・マガミ監督が2年半かけて撮影した本作ソニータには誕生時から公的な記録がないので正確な年齢はわかりませんが、彼女が16歳から18歳位になるまで撮影されました。ヒジャブの下に強い意志を感じさせる大きな瞳が光るソニータ。子ども支援団体ではアフガニスタンから出国するときの様子を寸劇... [続きを読む]
  • ソニータ -1- SONITA
  • ソニータ-1-SONITAソニータはアフガニスタンの女の子。出生届がないので正確な年齢はわかりませんが、16歳くらいです。彼女はタリバンから逃れ、イランの首都テヘランに姉と暮らしています。詳しく言えば、テヘラン郊外の貧困地域に滞在許可証も保証人もなく不法滞在する難民です。ソニータたちが難民になった背景のそもそもは2001年9月11日のアメリカ同... [続きを読む]
  • 問いかける焦土 Lektionen in Finsternis
  • 問いかける焦土Lektionen in Finsternis湾岸戦争の時、クェートで発生した砂漠の油井が黒煙を上げて燃え上がっていた映像を覚えておいででしょうか。もう今から26年も前のことです。真っ黒な煙を真っ赤な炎がつき上げ、噴き上げるニュース映像に地獄とはこういうものかと絶望的な気持ちになったのを今も覚えています。鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督が1... [続きを読む]
  • 三毛猫ひかちゃん -60-
  • 三毛猫ひかちゃん-60- あたし、ひかちゃん。秋ねぇ。秋祭りだわよ 。あたし?あたしはパソコンの上で暖を取っているの。別に不機嫌じゃないわよ。 これからの季節はなんといっても肉球ケア。でも、背景には気をつかってほしいけど。背景というならこれもそう。あたしがモデルになっている時には掃除機は片付けてほしいものだわ。せっかく涼しくなったというのに飼い主ったら、あたしのこと... [続きを読む]
  • ドリーム -2- Hidden Figures
  • ドリーム-2-Hidden Figures(C) 2016Twentieth Century Fox虐げられていた人たちが力を発揮する映画って勇気が出るし、観ていて気持ちが良いです。まして、それが同性だったら拍手喝采。思うにハリウッド映画って歌舞伎みたいである種の様式に則った型のようなものがあります。よくいえば様式美、客観的... [続きを読む]
  • ドリーム -1- Hidden Figures
  • ドリーム-1-Hidden Figures (C) 2016Twentieth Century Fox 1960年代、時代は東西冷戦下にありました。その頃、アメリカが推進していたのは有人宇宙計画。ソ連との間で抜きつ抜かれつのつばぜり合いを展開していました。ところで、アメリカのこの計画において黒人女性数学者たちが多大な貢献... [続きを読む]
  • 三毛猫ひかちゃん -59-
  • 三毛猫ひかちゃん-59-あたし、ひかちゃん。 律儀なお花よね。 過ごしやすくなったわ、と思う頃、毎年こうやって湧き出してくるのよね。飼い主なんかこのお花・・・(あ、彼岸花っていうの?)伸びすぎてぽきんと折れたのを拾ってきてはおうちに飾っていたの。でも、こないだ「縁起が悪いのよ」と言われたんだって。綺麗なお花なのにね。 実はあたし、もうここ一... [続きを読む]
  • 50年後のボクたちは -2- tschick
  • 50年後のボクたちは-2-tschick(C)2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH原作者も監督も素晴らしいのですが、なんといっても本作の素晴らしさは2人の主人公によるところが大きいです。いますよね。こんな男の子。14歳って微妙なお年頃なのに、女の子に比べればまだまだガキ。... [続きを読む]
  • サーミの血 -2- Sameblod
  • サーミの血-2-Sameblod(C)2016 NORDISK FILM PRODUCTION本作では脚本も書いたアマンダ・シェーネル監督。彼女の祖父母は自分達がサーミ人であることを隠し、サーミ語を話すこともありませんでした。監督は年配のサーミ人たちの多くがルーツを捨て、スウェーデン人になった姿を目の当たりにして育ってきたそうです。... [続きを読む]
  • サーミの血 -1- Sameblod
  • サーミの血-1-Sameblod(C)2016 NORDISK FILM PRODUCTIONまたまたタイトルのチラ見で吸血鬼の話と勘違いしてしまったとのです。まったくもって、勘違い甚だしく、反省しきりであります。本作『サーミの血』はスウェーデンの美しい自然を舞台に描かれ、サーミ人の少女が差別に抗して自分自身を求... [続きを読む]
  • 笑う故郷 -2- El Ciudadano Ilustre
  • 笑う故郷-2-El Ciudadano Ilustre本作はノーベル賞作家が故郷に帰るお話ですが、この作家、ダニエル・マントバーニはスウェーデン国王から文学賞メダルを受けたその授賞式のスピーチで「これは喜びよりも作家として衰退のしるしだ」などと挑発的なことを言うんです。文学賞受賞の理由としてマントバーニは次のように紹介されま... [続きを読む]
  • 笑う故郷 -1- El Ciudadano Ilustre
  • 笑う故郷-1-El Ciudadano Ilustre映画の醍醐味は行ったことのない土地、見たことのないもの、未体験のできごとを、実感できることですよね。大きなスクリーンなら、なおさら素敵です。『笑う故郷』というタイトルを見て〈笑うセールスマン〉と読み違えてしまったとのですが、本作はアルゼンチンの田舎町が舞台のちょっとブラッ... [続きを読む]
  • 三度目の殺人 -2-
  • 三度目の殺人-2-(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガその昔、『誰も知らない』(’04)の試写を観て、感動のあまり呆然としていると、大きな人がスクリーンの前に現れました。それがリアル是枝監督を見た最初です。身体は大きいけれど、どこかおずおずとした監督が国内外で数々の映画賞を受賞するほどの監督になられましたとは・・・ババ... [続きを読む]
  • 三毛猫ひかちゃん -58-
  • 三毛猫ひかちゃん-58-あたし、ひかちゃん。 あたしがこんな風にしてブイブイ言わせていたのはもう1週間以上前のこと。見苦しい黒斑と〈痒い痒い〉を皮膚科に診てもらった飼い主。謎の虫刺され痕はノミによるものと診断されたの。ステロイドの塗り薬と痒み止めの飲み薬をもらって帰ってきたわ。 なによ!だからってなんであたしが外出禁止になるわけ? 飼い主も旅行できない... [続きを読む]
  • 関ケ原 -2- SEKIGAHARA
  • 関ケ原-2-SEKIGAHARA©2017「関ケ原」製作委員会さて、原作「関ケ原」は上・中・下3巻の長編。三成派、家康派にとりこまれていく大名たちの流れも読みどころのひとつではありましょうが、2時間29分という時間枠の中にどう収まるか、そこも見どころかもしれません。ストーリー幼少時、豊臣秀吉にその才を認められ、秀吉の小姓... [続きを読む]