円月堂 さん プロフィール

  •  
円月堂さん: 司法書士円月堂の“それから、これから”
ハンドル名円月堂 さん
ブログタイトル司法書士円月堂の“それから、これから”
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/engetsudou/
サイト紹介文数年前、私はおそらく日本一有名な司法書士だった。 残念ながら極めて不名誉な理由で。
自由文司法書士試験に合格するまでの苦労と開業後のさらなる苦労を赤裸々に綴った著書「独立開業 ああ、本日も仕事なし」が出版されたのが平成15年の1月。

本の中での開業当初の私は、いつ廃業に追い込まれてもおかしくない状態だった。
それでも、現在に至るまで私は司法書士としてどうにか生きてきた。
私の“それから”と“これから”を簡単な文章で綴っていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/01/20 19:27

円月堂 さんのブログ記事

  • 世代交代リスク
  • 5年、10年と仕事を続けていくうちに得意先が増えてきて、徐々に経営が安定してきたが、長く続ければ続けるほど良くなっていくというわけではないらしい。開業当時は50代60代だった得意先の多くが70代になり、何人かは既に引退したり亡くなったりしている。後を継いだお子さんとも良好な関係を築いているケースもあるが、数は非常に少ない。歳が近いからつき合いやすくなるのではと思っていたが、これが大間違い。先代とい [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201808第1週
  • 1.3Dプリンタによる銃の製造法公開問題3Dプリンタで製造した銃は金属探知機に引っかからない上、シリアルナンバーもないから特定や追跡調査がされにくく、おまけに格安ときている。テロリストにとってこんなにありがたいものはないだろう。オバマ前大統領が公開を禁止したのも当然である。それをトランプは公開に踏み切ろうとしているというから、これはもう狂気の沙汰と言うしかない。そんなにテロを増やしたいのかね?自分 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201807第5週
  • 1.オウム死刑執行パート2一度に大勢の死刑執行を、それもひと月に2回もするというのはかなり異様であるが、共犯関係にある死刑囚は同時に執行するのが原則らしいので、当然と言えば当然。史上まれに見る異様な事件だったのだから、その幕引きもまた異様であるのは必然かもしれない。2.相模原殺傷事件から2年植松被告は新聞や雑誌などで自分を批判した文章を見つけては、獄中からその筆者に対する反論の手紙をせっせと書き送 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201807第4週
  • 1.記録的猛暑続く日中はもう活動すべきじゃないね。これも一種のパラダイムシフトということで学校行事のあり方とかの意識を根本的に変える必要がある。真剣にサマータイム導入を検討すべき。それも1時間早めるだけではダメ。午前の部は7時から10時まで、そして夕方4時から7時までとし、昼間は帰宅して家で昼食。ついでにシエスタでもするといい。通勤に片道2時間なんて話もザラだから、社会全体では難しいだろうが、少な [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201807第3週
  • 1.西日本豪雨被害200人以上が亡くなり、行方不明者も数十人。雨が降っただけで。まるでインフラ整備がまるでされていない発展途上国のような数字である。避難指示のあり方などが議論されているが、そもそも増水しても堤防が容易に決壊してしまわないような治水工事をしておくことのほうがより重要である。特に大きな被害が出た倉敷市真備町は、かねてより支流と本流の合流の仕方に問題があるということで危険性が指摘されてお [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201807第2週
  • 1.西日本で記録的豪雨関東にいると申し訳ないぐらい実感がないが、ニュースを見ると各地でとんでもないことになっている。現時点で死者が50人以上で行方不明も同じぐらいというから言葉を失う。命が助かった人も経済的被害は莫大だよなあ。いま言っても仕方がないんだけど、やっぱり温暖化防止を真剣に考えるべきだよ。こういった気象災害が温暖化と無関係であるわけがない。2.オウム麻原ら7名の死刑を執行一気にやったねえ [続きを読む]
  • 恐怖の個別点検
  • 昼間、事務所で仕事をしているとインターホンが鳴った。1階のオートロック前からではなく部屋のドア脇のほうだ。今ではそっちが鳴るのは珍しい。とりあえず出てみると、不愛想な男の声で「建物の個別点検です」という一言だけ。あれ、そんなのあったっけ?妙ではあるが、ありえないことではない。それでも釈然としなかったので「そんなの聞いてませんけど」と返事した。この時点で強い不信感を抱いたわけではなかった。ところがそ [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201807第1週
  • 1.交番襲撃犯、奪った拳銃で小学校の警備員を射殺 (富山)犯人は警官を刺殺して拳銃を奪い、その銃で警備員を射殺したというが、不可解な行動である。もしその警備員を恨んでいて殺したかったのなら、警官を刺殺できるほどの腕前をもってすれば銃など奪わずとも容易に殺せたであろう。ということは、「銃を使って誰かを殺したかった」から先に交番を襲って銃を奪い、標的を物色して徘徊するうちに目についた小学校の警備員が犠 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201806第4週
  • 1.大阪で震度6弱の地震被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。ブロック塀の下敷きになって死亡した女の子は本当に気の毒だね。外部から危険性を指摘されながら素人に形だけの点検をさせ看過してしまったのだから、天災というより人災に近いことは明白だ。安倍首相は「先手先手で」とか言っているけど、いま各地で慌ててブロック塀の点検をしている時点で後手後手としか言いようがない。2.サッカーW杯、日本初戦でコロン [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201806第3週
  • 1.米朝会談話し合いをしたこと自体が画期的であり、挑発し合っていた状況よりはよっぽどいいわけだが、誰もが予想したとおり具体性はまるでないね。どちらも都合のよいように映像を編集したりして成果を強調しているところが失笑ものである。しかし、1回会って話しただけで全部劇的に解決するはずがないわけで、用心深く根気よく交渉を続けていくしかないだろう。2.袴田事件、再審認めず(東京高裁)私はこの事件には結構詳し [続きを読む]
  • ※注意喚起:架空請求ハガキにご用心
  • ご存じの方も多いかと思いますが、昨年から法務省の名称を使った架空請求の詐欺被害が多発しています。これは「債権者から訴訟が提起されており、このままだと強制執行します」といった内容のハガキが送られてきて、送り主が法務省の部署となっているだけに心配になった受取人がそこに記載された電話番号に連絡をすると、「訴訟取り下げのために必要だ」などと言われて金銭を払わされてしまうといったことのようです。そして、先日 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201806第2週
  • 1.虐待による死亡女児、ノートに「ゆるしてください」真冬にベランダに放置されてひどい凍傷だったとか、電灯のない部屋で朝4時に起きてひらがなの練習をさせられていたとか、もう涙出そうだよ。まったく理解できない。しかも、この子メチャクチャかわいいじゃん。主犯の父親は再婚で結愛ちゃんとは血のつながりがないわけだが、私がもし同じ立場だったら、たとえ実の子でなくても、結愛ちゃんになら無限大の愛情を注ぐ自信があ [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201806第1週
  • 1.加計学園、愛媛県に謝罪首相の「いいね」は自分たちが勝手にでっち上げたフィクションなんだとか。ひとつの可能性として一応成り立ちうる話ではあるが、「なるほど、そうだったのか」と納得する国民がどれだけいるのだろうか?もし、それが本当だとしたら謝って済むことじゃないよね。2.佐川元長官、不起訴に検察もだらしねえなあ。「困難と判断したから」なんて理由にならん。困難でも立ち向かわなければならないことはある [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201805第4週
  • 1.トランプ、米朝首脳会談の中止を表明元々実現するか半信半疑だったので驚きはあまりないが、やはり失望は大きい。金正恩が二度目の訪中をしたあたりから急におかしくなったんだよな。ところが、北朝鮮は強気だった姿勢を一転させ、会談をする方向で協議中らしい。そりゃあ、もしも戦争になったらアメリカに勝てるはずがないことは自分達もよくわかっていることで、だったら強気のブラフなどカマさなければいいのに。平和的に解 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201805第3週
  • 1.米大使館エルサレムに移転よく言えば「有言実行」とか「ブレない」などと言えるのかもしれないが、それに伴う抗議デモで既に何十人も死亡していることを考えれば、とてもそういうわけにはいかない。トランプがイスラエル偏重の政策を断行しているのは自身の支持基盤であるユダヤ教徒やキリスト教福音派に対していい顔したいだけ。そんな理由で世界を危険な方向へと持っていかれてはたまらない。頼むから中間選挙でボロ負けして [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201805第2週
  • 1.米トランプ、イラン核合意から離脱よくもまあ次から次へと秩序を破壊するものだ。イランが合意内容を遵守していたのかどうかが伝わってこないが、他の関係国がこぞって離脱に反対していたのだから、そうひどい状態ではなかったのだろう。仮にイランに問題があったとしても、国家間の約束を一方的に破棄していいわけがない。中東情勢はますます悪化し、石油をめぐり世界経済にも打撃となる。きっとトランプはどっかで戦争を起こ [続きを読む]
  • 復旧
  • ようやくパソコンが修理から戻ってきました。ハードディスクと電源ユニットの破損ということで両方とも交換することになり、ちょっとした新品が買えそうな出費になってしまいましたが、ハードディスクは完全にイカレたわけではないということでデータは全部移すことができたため、戻ってきてすぐにこれまでとほぼ同じように使えるようになったのは幸いでした。ソフトを入れ直したり各種の設定をまた一から全部やり直すことを避ける [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201804第4週
  • 1.財務省福田セクハラ次官、退職金5300万円こういう話を聞くと腹は立つが、それ以上に「自分は人生失敗したなあ」とつくづく思う。私なんか退職金ゼロだよ、ゼロ。やっぱ国家公務員ですよ。もちろん、簡単になれるものではないけど、いくらなんでも司法書士試験よりは難しくなかろう。世の中の仕組みというものをまったく理解していなかった、若さ故の過ちが悔やまれる。2.南北会談金正恩が歩いて38度線を越え、韓国大統 [続きを読む]
  • お知らせ
  • パソコンが突然壊れてしまいました。今週の原稿は8割方書けていたのですが、当面は更新できませんので、ご了承ください。 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201804第3週
  • 1.財務省福田事務次官、セクハラ疑惑で辞任報道されているとおりだよね。本人の言動もひどいが、「被害女性が名乗り出なければセクハラの事実があったとは認めない」という財務省の姿勢も非難されて当然。それにしても、今週は連日この問題ばっかりで、森友問題について全然報じられなかった。まさかとは思うが、それを狙ってわざと不祥事起こしてない?^^;毎週のように何かしら不祥事を起こして世間の目をそっちに向けさせる捨 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201804第2週
  • 1.財務省、森友学園側に口裏合わせを要請桁外れの値引きのつじつま合わせとして「トラック数千台使われたことにして欲しい」と要請し、森友側はそれを拒否したというから、もはや誰のため何のための値引きなのかもわからなくなっている。口裏合わせを頼みたくなる気持ちはわかるが、そんな筋書きが通用すると思ったのかね。トラック数千台といったら民族大移動レベルだよ。本当に行われていれば周辺への影響が大きく、それ自体が [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201804第1週
  • 1.天宮1号、制御不能により大気圏突入大型バス並みの大きさというから一部は燃え尽きずに地表に到達しないか気になったが、ちゃんと全部燃え尽きたようだね。まあ、ザクだって大気圏突入では燃え尽きたんだから大丈夫かwしかし、突入時は派手な火球となって地上からでも観察できたんじゃないかと思って映像を探したんだけど、全然見つからない。何故かなあ?2.加山雄三さんの光進丸が炎上、沈没加山さんのことは昔は何とも思 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201803第5週
  • 1.佐川氏証人喚問官僚的には満点の対応かもしれないが、人間としては最低である。大体、虚偽の証言には罰則があるけど、証言拒否は自由ってどうなのよ?刑事事件の被疑者にだって黙秘権はあるわけだけど、それと国会の証人喚問を一緒にはできないと思う。全部ひどかったが、中でも丸川と佐川の問答は茶番としか言いようがない。もっとも、「改ざんは政府の働きかけではなかった」というのはウソではないだろう。しかし、だったら [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201803第4週
  • 1.森友問題謎が多いので基本に立ち返ろう。どうして国有地の払い下げにあたり8億円もの値引きをしたのか?「1億まけて8億」ならまだわからんでもないが、「8億まけて1億」だからね。誰がどう考えても異常。政府は佐川個人の犯行にしたがっているが、財務官僚というエリート中のエリートが身の破滅になりかねない不正を何の見返りもなしにするもんかよ。つまり「忖度」では説明がつかない。大体、なぜ森友を優遇することが忖 [続きを読む]
  • ウィークリー雑感201803第3週
  • 1.森友問題「買受人は安倍首相夫人が名誉校長になっている学校法人であり、籠池氏は安倍首相と縁の深い日本会議にも関与している」などの記述を削除した。それが意味することはハッキリしてるよね。言いたいことは山ほどあるが、後日としよう(重要性から最初に持ってきたが、書くのに時間がかかるので最後にした。もう帰りたい^^;)。2.ティラーソン国務長官解任以前から不仲が取りざたされていたが、いよいよ北朝鮮との会談 [続きを読む]