円月堂 さん プロフィール

  •  
円月堂さん: 司法書士円月堂の“それから、これから”
ハンドル名円月堂 さん
ブログタイトル司法書士円月堂の“それから、これから”
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/engetsudou/
サイト紹介文数年前、私はおそらく日本一有名な司法書士だった。 残念ながら極めて不名誉な理由で。
自由文司法書士試験に合格するまでの苦労と開業後のさらなる苦労を赤裸々に綴った著書「独立開業 ああ、本日も仕事なし」が出版されたのが平成15年の1月。

本の中での開業当初の私は、いつ廃業に追い込まれてもおかしくない状態だった。
それでも、現在に至るまで私は司法書士としてどうにか生きてきた。
私の“それから”と“これから”を簡単な文章で綴っていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/01/20 19:27

円月堂 さんのブログ記事

  • 待たされて
  • 昨日、私はいろいろなものを待っていた。ひとつは売買に関する仲介業者からのメールの返信。その返信がなければ次のプロセスに進めない。次のプロセスの締め切りは決まっているので、のんびりと待っているわけにはいかない。送ったのは先週の金曜の午後早い時間である。その日のうちに返信があってもいいほどなのに、土日が休みでないはずの不動産業者が火曜の夕方になっても返信しないとはどういうことか。たまたまLINEでもつ [続きを読む]
  • やすらぎの郷
  • 今日は家の近くで花火大会があるので、この日記に書いたとおり事務所に避難。http://blog.livedoor.jp/engetsudou/archives/911443.htmlせっかくだから、数日前から書きたかった題材を仕上げてアップする。今日の気分に相応しい文である。4月から放送されている「やすらぎの郷」というドラマがある。石坂浩二をはじめとして名の知れた高齢の役者が片っ端から出演していることへの興味(何人もの遺作になるだろう)や倉本聰作品と [続きを読む]
  • 細かいことが気になる(番外編)
  • 少し前から気になってしょうがないことがある。仕事とは全然関係ないのだが、このままではモヤモヤして仕事に支障が出かねない(ウソ)ので、ここで書いて発散させたい。前に書いたが、事務所にいるときはTOKYO FMを聞いていることが多い。TOKYO FMでないときも聞くのは民放がほとんど(見るテレビは大半がNHKなのだが)。そのため、必然的に様々なCMを耳にすることになる。中でも「スピードラーニング」のCM [続きを読む]
  • 意外と奥が深い氏名変更
  • 九州北部の豪雨被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。離婚に伴う氏名変更登記の申請書を作っていたときの話。途中で妙なことに気づいた。戸籍謄本の本人の欄には離婚の日でもある平成26年の日付の氏変更しか載っていないためそれを変更の原因日としたのだが、その戸籍には子も載っていて、そこには平成27年の日付で「母の氏変更」とある。氏変更は平成26年じゃないの?そこで戸籍謄本をあらためてじっくり見ると、全体の [続きを読む]
  • 亡霊退治(後編)
  • 前編はこちら。http://blog.livedoor.jp/engetsudou/archives/2055901.html私は「約30年も前に権利主体である会社が消滅しているのに仮差押だけが残っていて、何も知らなかった現所有者が処分もできずに困っている。当該仮差押は保護に値しないものである。裁判所も登記所も関係資料をとうに破棄していることが、何よりの証拠である。ついては至急抹消の嘱託をされたい。」という主旨の申立をし、さらに本人名義で情に訴える上申 [続きを読む]
  • 亡霊退治(前編)
  • 数ヵ月前、古い建物に付いた大昔の仮差押の登記を抹消する依頼を受けた。仮差押がされたのは約50年前。所有者の親の代の話で、現所有者は私に指摘されるまでその存在に気づいてもいなかった。仮差押権者は会社だが、現所有者は当然ながらその社名も事情も一切知らず、両親ともだいぶ前に他界しているので聞ける人もいなければ資料も一切ない。しかし、債権は当然時効にかかって消滅しているはず……と思ったが、「仮差押が残って [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度の話
  • 今週から始まった法定相続情報証明制度について、先日研修を受けてきたのだが、話を聞いてもよくわからない^^;これは、被相続人と相続人について集めた戸籍謄本などの束と一緒に相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を提出すれば、登記所がその一覧図をもとにした証明書を無料で発行してくれ、以後の各種の相続手続に関して戸籍謄本などの束の代わりとして利用できるということらしいが、メリットがあるのか甚だ疑問で [続きを読む]
  • 還付金顛末記
  • 堂々と言うことでもないが、稼ぎがたいしたことないので所得税はそんなに取られない。そのため、法人の顧客について源泉徴収されている税金は、ほぼ毎年確定申告の後でその多くが還付されてくる。早ければ3月中、多少遅い年でも4月の初めには還付される。ところが、今年は4月の後半になっても還付のお知らせが来ない。まさか不備でもあったのか?その前にe-taxの手続が正しくできていなかったのでは?あるいは、ひょっとして税 [続きを読む]
  • 「CRISIS」のクライシス
  • 今シーズンのドラマの中では結構見ごたえのある「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジ)の第2回で不動産の登記事項証明書が出てきたので、恒例のツッコミをしておく。世田谷区の奥沢七丁目の土地のようだが、「7丁目」とアラビア数字だったのはまだ許せるとして、不動産番号が「97221053761」というのは桁からして違うし、デタラメすぎ。世田谷なら「0109」で始まる13桁でなければならない。管轄の4桁以降の [続きを読む]
  • 細かいことで悩む3
  • このシリーズは、なんと約8年ぶりか^^;前2作はこちら。http://blog.livedoor.jp/engetsudou/archives/341649.htmlhttp://blog.livedoor.jp/engetsudou/archives/756081.html今回のテーマはウェブ上で表現するのは困難だが、やるだけやってみる。「□」は全角スペース、「_」は半角スペースだと思ってね。人様のお名前を記載した文書を常日頃作っているためか、人名の記載方法については人一倍気になる。主な論点はふたつ。 1. [続きを読む]
  • 守秘義務
  • ひょんなことから誰もが知っている世界的に有名な方のお仕事をさせていただくことになった。初めは同姓同名に違いないと思った。しかし、どうもそうではないようだ。打ち合わせの段階ではご本人と直接話したわけではないが、間違いなくその方とのこと。事前に送られてきた資料に記載された生年月日もウィキの情報と一致する。そして、今日面談してきた。やっぱり本物だーーーーーーーーーーー!昔からファンだっただけに少なからず [続きを読む]
  • 確定申告終わり&3.11の儀式2017
  • 先月の下旬から数年ぶりのエンドレスファイトに突入している。おかげでブログを書く暇も全然ない^^;そんな中、確定申告はどうにか終わらせた。ただ、e-taxをする上で今年からマイナンバーの記入が必要らしいということは承知していたが、決算書を仕上げてe-taxにアクセスしたら「マイナンバーカードが必要」みたいなことが書いてあり、こちらは通知カードでマイナンバー自体はわかっているもののマイナンバーカードは取得していな [続きを読む]
  • 時間差審判
  • 確定申告の帳簿つけ作業に飽きて、普段はほとんど読まない「月報司法書士」の2月号をなんとなく手に取ってページをめくっていたら、昔とあるメーリングリスト上で大ゲンカした同職が懲戒を食らっていたので笑ったw懲戒内容を詳しく書くと誰かわかってしまうのでやめておくが、やっぱりロクでもないヤツだったんだなあ。私と揉めたときも、基本的に関係ないのに横からギャーギャー文句を言ってきて、何なんだろうと思った。ある程 [続きを読む]
  • 野中政志君を励ます
  • 昨日、「野中政志君を励ます会」というものに出席してきた。野中政志君は、このたび東京司法書士会の会長選挙に立候補した旧知の同職である。  .本来なら「野中さん」と呼ぶべきなのだろうが、会の名に便乗して、ここでは「野中君」で通すことにするw野中君と私は開業時期が近く、登録番号はふたつしか違わない。当初、彼は私と同じ豊島支部で、1年目の支部総会後の懇親会で、年齢は私のほうがずっと上なのだがパッと見は同じ [続きを読む]
  • ない
  • 書く回数を増やすとか言ったくせにあまり書いてないな^^;通勤用のカバンを買い替えたくて半年以上前から探しているのだが、同じようなものが全然見つからない。見てのとおりいわゆるクラッチバッグというもので、ごく普通のものだと思うのだが。店頭でもネットでも、あるのは大半が取っ手のあるカバンで、クラッチバッグの扱いはほんのわずか。そして、そのどれもが絶望的なまでに小さい。実用性のまるでない一種の装飾品のようで [続きを読む]
  • がんばれ、厚生労働省!
  • 全然知らなかったが、飲食店全面禁煙を法律化しようという動きがあるんだね。おととい「ニュースウオッチ9」を見て快哉を叫んでしまった。生まれて初めて国の政策に対して全力でエールを送りたい。厚生労働省、がんばってくれ!しかし、飲食業界は「客が減るから」と集会を開くなどしてこの動きに大反対しているという。減るわけないだろうに。「吸える店」と「吸えない店」が存在していれば「吸える店」に客が流れるということは [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • ちなみに、年賀状の本文は2年前から数字以外同じwで、新年は年末よりも書くことがないんだよね。気分を変えるためにトップのキャッチフレーズを5年ぶりに変えてみた。といっても新作ではなく、未練のHPに掲載していたので、昔からの読者なら見覚えがあるかもしれない。自分でも忘れていたが、当時はほぼ月イチのペースでトップのキャッチフレーズを考えていたのである。HPの保存作業をしていて、「更新記録」のページにそれ [続きを読む]
  • 言うことなしの一年
  • 2016年も、もう終わり。言うことのない一年だった。「言うことなし」というと、普通は「非の打ちどころのない」とか「すばらしい」といった意味で使うものだが、残念ながらそうではなく、文字どおり「言うべきことが別にない」ということである。特によかったわけでもなければ、悪かったわけでもない。これを書くにあたって、一年の最後の日記をここ数年分読み返してみたが、去年を除くと当時の心境と現在のそれがほとんど変わ [続きを読む]
  • Xデー迫る
  • この日記に書いたとおり、現在は使っていない自宅PCのプロバイダ契約を解除することを決め、それに伴って消滅してしまう未練のHPからメイン記事である「無頼庵にて」をこのブログに移行する作業を進めていた。http://blog.livedoor.jp/engetsudou/archives/2021525.htmlそして、それ自体は先月末に完了した。それでも、「使用教材一覧」とか「悪魔の登記用語辞典」とか「円月堂の本棚」とか「コラム」とか、愛着のあるページが [続きを読む]
  • 外国人に関する覚書
  • 先日完了した案件は結構複雑だった。ブログのネタになりそうな要素がいくつも存在するが、今回はそのうちのひとつに絞って書く。所有者であり債務者でもある主役は台湾の人で、本国名で登記されている物件と日本名で登記されている物件が混在している。両親と共有の物件もあり、両親については登記後に住所が変わっているらしい。ただ、依頼された時点では物件の謄本ぐらいしかなく、詳しいことは何もわからない。それでも、まずは [続きを読む]
  • 常識を疑われますよ
  • 先日受託した設定案件はやや変則的なスケジュールで、先に金融機関の担当者が委任状など権利書以外の書類を本人からもらってきたのだが、それを受け取ってみたら、実印の向きが全部上下ほぼ逆さまに押されていた。「印鑑を逆さまに押してはならない」という法はないので、これでただちに申請が却下されることはないはずだが、登記所の印鑑照合作業の妨げになるのは確かである。こちらは印影が一致するかどうか確認する上で、印鑑証 [続きを読む]
  • “脱落”という名の社会復帰
  • あまり大きな声では言えないが、とあるオンラインゲームに少し前までのめり込んでいた。私のような被害者を増やしたくないので具体的なタイトルは挙げず、「戦国系のゲーム」とだけ言っておこう。内容は多岐にわたり、武将のカードを集める楽しみ、集めたカードを鍛えたり、スキルという特殊能力を付けてカスタマイズしたりする育成系の楽しみ、生産力を上げるための内政すなわち農園系の楽しみ、などなどいろいろあって、カードひ [続きを読む]
  • 熱狂したい
  • カープが優勝して広島の人たちが非常に盛り上がっている。25年ぶりなんだから、生粋の広島人だったら、そりゃうれしいよねえ。こういうニュースに接すると、熱狂している人が羨ましくなる。私なんか12球団のどこが優勝しようがまったく心が動かない。「ああ、そうなの」でおしまい。野球に限らず他のスポーツもそう。リオオリンピックも私にしては結構見たほうで、卓球などでそれなりに興奮もしたが、熱狂というには程遠い。だ [続きを読む]
  • 刑事裁判研修
  • 実は、去年から刑事裁判研修室の室員という会務もやっている。劇団がなくなって余裕ができたし、非司もいつまで続けるかわからないからねえ。今日は今年度の2回目の研修だった。「司法書士が刑事裁判?」と思うかもしれないが、検察に対する告訴状や告発状等の作成は明文で業務として認められているし、その範囲内での相談も受けることができる。そのため、東京会では毎年刑事裁判研修を行っている。通常、研修の講師は司法書士が [続きを読む]
  • 声を上げ続ける
  • 先日書いた「舛添都知事に言いたいこと」という日記http://blog.livedoor.jp/engetsudou/archives/2018402.htmlが一部ですごく評判が悪いのでw、少し補足する。その前に現国のテスト風に。問:この文章で筆者が一番言いたいことは次のどれか? 1.舛添氏を非難する必要はない。 2.政治家は国を富ませれば愛人を作ってもよい。 3.都税事務所の評価証明書の書式は最低最悪である。正解は、もちろん3。2の思想は一応自分の [続きを読む]