キャプテン・アルフレッド さん プロフィール

  •  
キャプテン・アルフレッドさん: 今日のキャプテン・アルフレッド
ハンドル名キャプテン・アルフレッド さん
ブログタイトル今日のキャプテン・アルフレッド
ブログURLhttp://captain-alfred.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文オートバイを中心としたガレージライフを送っています。
自由文マッハ,RZ,DX,ハスラー,T250そしてラビットと、気が付けば、2ストマシンばかりに囲まれていました。又、旧い単車には旧いトランポを…という事でトヨタ・スタウトに乗っていますが、やはり普通にはいきませんねぇ〜。必然的にスローライフを送っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供346回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2009/01/20 19:55

キャプテン・アルフレッド さんのブログ記事

  • スタージスへの道
  • ハーレー乗りにとって聖地と言えば、スタージス!とは言え、アメリカ・サウスダコタ州。劇的に遠い道のり…。そんな感じで画像はアミガ/ATARI ST用ソフト『Harley-Davidson:The Road to Sturgis』(’89年,Mindscape)! スタージスまでの道のりを題材としたレースゲームな訳ですが、ポリスに捕まったり、美女の誘惑…。オフィシャル感漂う気合の入ったパッケージの割りに、ゆるい空気感が堪りません! 変わり映えのしない背景( [続きを読む]
  • 代車・満喫!
  • 未だにその面白さが判らない愛車・V230ですが、紹介する時って大概“何か壊れた系”の話題…。今回は助手席側のパワーウインドゥ故障。外車にありがちなパワーウインドゥレギュレーターの樹脂パーツが破損。運転席側も数年前に逝っていたので、慣れっこです。 そんな感じで、ここ数日は代車を満喫!代車と言えば、軽自動車やリッターカーが定番ですが、今回はなぜかフルカスタムのエエ車(下取車?)!画像や車種を晒すと前所有者 [続きを読む]
  • 20周年記念カラー
  • 今年で初代モデル発売から20周年を迎えたヤマハ・YZF-R1ですが、画像は先日発表された鈴鹿8耐4連覇を目指すヤマハ・ファクトリーのマシン! すでに全日本選手権を戦っている青の初代R1カラー(左画像参照)に続き、鈴鹿8耐では白/赤の初代R1カラーを採用。 スポンサーのモンスターエナジーに配慮した黒帯や初代・白/赤の特徴である赤シートが見送られた所為で、やや分かりにくいのですが、荒々しい“YZF”ロゴが初代の証!やっ [続きを読む]
  • アタリ富士
  • ATARIと言えば、富士山を連想させる企業ロゴ“アタリ富士”でお馴染みですが、上画像はアーケードの名作「ポールポジション」(オリジナル:ナムコ)のトッパー。 トッパーとは、筐体の上部に取り付けられるポップの様な物ですが、最初から装着されなかったり、汚損や破損で廃棄されていたり、欠品している事が多いアイテム。 それ故に未装着のデッドストックが残っていたりもする訳ですが、基本的には蔑ろにされがち。とは言え、 [続きを読む]
  • Tropical Microbus
  • 以前、カッコいいクルマとして「Renault Estafette」を紹介(過去分参照←6年前!?時間経つの早ッ)しましたが、やっぱり気になります! 上画像は整備風景ですが、フロント廻りごとゴッソリ!整備性がいいのか、悪いのか、何とも言えませんが、システマティックではある。未だ出会ったことは有りませんが、筋金入りのEstafette乗りなら予備のユニットを常備していそうな気がします。 そんな感じで画像は’60年に発表された観光仕 [続きを読む]
  • ロシアW杯開幕
  • サッカー4年に一度の祭典、ワールドカップがロシアで開幕!前回、ブラジル大会ってついこの間の様な…五輪にしてもW杯にしても、年齢と共に開催スパンが短くなっている気がする! そんな感じで画像は、開催国ロシアの前身・旧ソ連チームが4位と躍進した’66年イングランド大会の様子。西ドイツとの準決勝ですが、コイントスの行方は…なショットだと思います。個人的に試合前のコレ好きです。 ちなみに使用しているコインって、主 [続きを読む]
  • 浅間スペシャル
  • 画像は1955年に浅間高原で開催された第1回全日本オートバイ耐久レースを制したYA-1!オートバイを作り始めたばかりの新参・日本楽器が優勝&上位を独占…。グランドピアノでお馴染みのスタインウェイが急にMotoGPに参戦して、1-2-3するようなものなのか、当時のニュアンスは判りませんが、兎に角 凄い事だったに違いない! ちなみに上画像はヤマハコミュニケーションプラザに展示されている復元車ですが、写真で見る実車のハンドル [続きを読む]
  • 第1回 浅間部品交換会
  • 「浜名湖24スワップミート」からDMが届きました!なんと次回は浜名湖を飛び出し、オートバイレースの聖地・浅間での開催(詳細については、左画像を )!? どういう経緯で浅間なのかはさておき、地元を離れての開催って、何気に凄い!お客さん的には主催がどうであれ関係無いのですが、地元以外も盛り上げよう…という浜名湖24スワップミートの意気込みは素晴らしい!! ポンポンの故郷・浜松の実行委員会がオートバイレー [続きを読む]
  • Love Bus
  • ラブバス…と聞くと、真っ先にショッキング・ブルー「LoveBuzz」(ニルヴァーナのカヴァーVer.よりもオリジナルの方がヤバイ)の印象深い巡回フレーズが頭の中を回り始めますが、画像はかつてマニラ市内を走り回っていた『Love Bus』! これはマニラ市内の新しい交通機関として、メトロマニラ・トランジットコーポレーションが1978年に導入したバスで、かのイメルダ・マルコス元大統領夫人のアイデアから着想(命令?)。 決められ [続きを読む]
  • OPEL BLITZ
  • オペルのBLITZ(ブリッツ)と言えば、第二次大戦中にナチス・ドイツの武装親衛隊や国防軍の輸送用トラック(左画像参照)のイメージが強いのですが、画像は、’50〜60年代に作られたBLITZのバス! 大戦時代とは打って変わって、めっちゃピースフル!上画像のバス運転手の横柄な雰囲気が広告的に如何なものかと思いますが、フロントマスクやボディラインが平和そのもの。 すでにGMの子会社だったオペル(1929年よりGM傘下!)だけに [続きを読む]
  • コンビニへお買い物
  • 「コカ・コーラ」の冠レースに「伊藤ハム」カラーのマシンが優勝し、「ampm」カラー、「カップヌードル」カラーマシンのマシンが続く…。コンビニでの買い物を連想する面子ですが、メインスポンサーが明確でとても華やか! そんな感じで画像は’93年鈴鹿8耐の様子。TT-F1マシンレギュレーションでのレースが最終年となった同年は、カワサキ(ラッセル/スライト・ZXR-7)が悲願の初勝利!その後、カワサキについては、現在に至る [続きを読む]
  • EL252
  • 現行モデルだとヤマハ・YZF-R3、古くはホンダ・CB77など、250?モデルをベースとした排気量拡大版・自動二輪モデルが存在していますが、400?以下のモデルで車検が…って、購入意欲が失せる輩も多いはず! そんな感じで画像は、それ系自動二輪の極み「カワサキEL252」(輸出モデル)!見た目は日本国内でも販売されていたエリミネーター250LXですが、名前の通り、252?!?カワサキの輸出モデルと言えば、Z440やGPz305(左画像参照 [続きを読む]
  • Rupp Industries
  • デューンバギーで海辺を走りたい…って、妄想をこれからの時期 描き始める訳ですが、上画像は’59年から’78年にかけて、ミニバイクやゴーカートを製造してきたRupp Industries社によるミニ・デューンバギー(’71年発売)! 同社のミニバイクやゴーカート以外の製品について、恥ずかしながらよく知らなかったのですが、ミニバイクの人気が失速し始めた70年代前半から、生き残りをかけたヘンテコな乗り物を数多く製造していた模様 [続きを読む]
  • ハウラー浪漫
  • 画像は1979年トヨタ・ハイラックスの広告。ヤマハとのコラボによる専用デカールがおごられた“Yamahauler”カラーが何とも誇らし気なのですが、ボンネットの“Y”ロゴについては、少しやり過ぎっぽいきもします。とは言え、生粋のヤマハ好きならコレくらい気合を入れたいモノです。黄色いヤマハ車しか積みません…みたいな感じが堪らん!? [続きを読む]
  • A型が過ごしやすいB型
  • おめでたい席に行ってきました。やっぱり、結婚式って、エエもんですねぇ〜。そんな感じで、親友・ブラックマン氏がついに結婚! ブラックマン氏とは、同じ中学・高校・大学。社会人になっても、交流のあった勝手知ったる仲。彼は臨海学校に修学旅行、スキー教室、いつも班長か部屋長に選ばれる様な堅実なヤツだった。それ故に結婚が遅かったのかも知れない。 とは言え、堅実そうに見せかけてB型らしい(いい意味で)テキトーな一 [続きを読む]
  • CXトライク
  • ポリスが使用している3輪と言えば、現行のクッシュマンとか、いにしえのハーレー・サービカー(左画像参照)くらいしか浮かびませんが、画像はCX500をベースとしたポリス向けトライク! ソロについても、ポリスに納入されていた様ですが、如何にもサービカーの後釜ライクなCXトライクがポリス用に製作されていたのは興味深い。メーカーのラインで製作していたとは思えませんが、アメリカだけでなくオランダでも採用されていた [続きを読む]
  • 蒲郡大会2018・その2
  • 蒲郡大会の魅力って、やっぱりプロ野球が近い!フェンスの低さもありますが、通路がフィールドと全く同じ高さというのも、ダイレクト感を増長させています。外野の通路に立っていると実際に守っているみたい…!? 手を伸ばせば、届きそうな選手たち(実際に届く)。鳴り物もなく、静かな球場に響くのは選手たちの声!この雰囲気、幼き日に西宮球場で観たパ・リーグの試合(西武戦以外)に似てなくもない。 という訳で、蒲郡大会は [続きを読む]
  • 蒲郡大会2018
  • ウエスタンリーグ公式戦・中日-阪神。通称・蒲郡大会に行ってきました…が、阪神が中日に零封。あまりにも不甲斐ない。まぁ2軍戦なんで結果はどうでも良い…と、言い聞かせながらも、やっぱり悔しい。 高山・西岡・俊介など、1軍でお馴染みの選手を間近で見れるのは嬉しいのですが、2軍で苦戦しているのを観るのは、何とも複雑です。敵ながら9回をしっかり抑えた又吉もしかり…。 そんな事より、注目は蒲郡市出身の中日・伊藤 康祐 [続きを読む]
  • SAIAD
  • GT750をベースとしたカフェレーサー「GT750S Vallelunga」など、独自の限定車をイタリアで企画・販売していたスズキのディストリビューター・SAIAD社ですが、広告がどれもシャレオツです。 [続きを読む]
  • 50th Anniversary Hot Wheels Cars
  • ホットウィールは今年で生誕50周年!記念モデルが続々と登場している訳ですが、もうミニカーは…と、足を洗い気味の諸兄にオススメのアイテムが画像の最初期Ver.の復刻版。 1stモデル(上画像参照)から人気の5機種(クーガー,カマロ,へミバラクーダ,ビートル,マスタング)が復刻され、例のコレクターズボタン付き。これまでにもこの種の初期パッケージモノは幾度となく登場していますが、節目の50周年!ドアのゼッケン風“ [続きを読む]
  • 週末は蒲郡球場
  • 以前、蒲郡球場で今週末5/27に開催されるウエスタン・リーグ公式戦(蒲郡大会)を勝手に告知(過去分参照)していましたが、オフィシャルで発表され、前売り券(300円!)が発売されていました! 今年で39回目を迎える伝統の蒲郡大会ですが、今回は何と言っても我らが阪神タイガースがやって来ます。前回、阪神が蒲郡にやって来た’15年には、現在 一軍で活躍する江越や梅野らのレフトスタンド3連発が飛び出し、心の六甲おろし( [続きを読む]