くうたれ さん プロフィール

  •  
くうたれさん: くうたれ音楽勘
ハンドル名くうたれ さん
ブログタイトルくうたれ音楽勘
ブログURLhttp://kuutare.exblog.jp/
サイト紹介文音楽、映画、宮崎のグルメ情報を中心にしたブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/01/22 06:52

くうたれ さんのブログ記事

  • 橘通もみじの肉麺
  • うどんを超えたオリジナルの麺料理といえる肉麺を出していた「肉麺もみじ」が閉店し、その本店といえる「橘通もみじ」でランチとして肉麺が出される様に成りましたので、早速ランチに行って来ました。場所が変わっただけで店員さんも同じなので、当然の如く肉麺も以前と変わらぬ肉麺でした(肉麺の詳細は「肉麺もみじ」を御参照下さい)。肉麺はつけ麺だけなので、寒い時期には敬遠される方もあるかもしれませんが、温かいつ... [続きを読む]
  • モヒカン故郷に帰る
  • 沖田修一監督の映画「モヒカン故郷に帰る」を観ました。モヒカン頭の田村永吉(松田龍平)は、デスメタルバンド断末魔のヴォーカルを務めていたがバンドは売れず、同棲する恋人でネイリストの金沢由佳(前田敦子)の収入で暮らしていた。由佳の妊娠発覚で永吉は結婚を決意し、広島県の戸鼻島の実家へ報告の為に7年ぶりに由佳と共に帰る。田村家は酒屋で、永吉の母春子(もたいまさこ)が切り盛りし、父治(柄... [続きを読む]
  • ブレードランナー2049
  • ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の映画「ブレードランナー2049」を観ました。21世紀、人類はタイレル社が開発した人間と見分けの付かない人造人間レプリカントを労働力として使用する様に成ったが、自意識を持つレプリカント達は反乱を起こし、人類の支配を逃れ潜伏する者が現れ始める。その為、人類は潜伏する反乱レプリカントを探し出し殺処分する、ブレードランナーを組織した。2022年に反乱レプリカント達は核爆弾... [続きを読む]
  • ホルモン道場まるじん
  • 皆さん牛肉はお好きですか?僕はもちろん好きですが、年齢を重ねるにつれ、焼肉ではカルビやロースよりも、ホルモンを中心とした内臓ばかりを好んで食べる様に成って来ました(子供の頃から内臓大好きなんですけどね)。正直いって焼肉では内臓だけあれば良い、という境地(笑)に至っている僕が、ここが宮崎のホルモンの聖地と太鼓判を押すお店を紹介します。それは「ホルモン道場まるじん」(宮崎市大坪町)です。まるじん... [続きを読む]
  • イレイザーヘッド
  • デヴィッド・リンチ監督の映画「イレイザーヘッド」を観ました。公開当時(1977年)の米国フィラデルフィアの工業地帯の町が舞台。印刷工のヘンリー・スペンサー(ジャック・ナンス)が自宅アパートに帰宅すると、向かいの部屋の女性(ジュディス・アンナ・ロバーツ)から、恋人のメアリー・エックス(シャーロット・スチュアート)がヘンリーをディナーに招待していると聞かされる。早速ヘンリーはメアリ... [続きを読む]
  • 土竜の唄 潜入捜査官REIJI
  • 三池崇史監督の映画「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」を観ました。現代の関東地方が舞台。谷袋署の交番に勤める警察官の菊川玲二(生田斗真)は、セクハラ行為を行ったスーパーの店長吉岡(小宮孝泰)を拳銃で脅したとして抗議を受ける。吉岡は市会議員でもあり、署長の酒見路夫(吹越満)は玲二を懲戒免職にしてしまう。怒りをあらわにする玲二であったが、直後に酒見署長は玲二を潜入捜査官に任命する。玲... [続きを読む]
  • estudio
  • 宮崎の老舗フレンチ・レストラン「パリサンク」が、少し前からディナー部門を別な場所で別の名前で始められていますので、コース料理の一例と共に紹介致します。ちなみにパリサンクは基本的にウエディング会場と成っている様です。では、そのディナー用のお店とは「estudio(エストゥディオ)」(宮崎市橘通東2丁目)です。宮崎市のメインストリートに面したオープンな作りのお店に成っており、目の前で調理を見な... [続きを読む]
  • マッキー
  • S.S.ラージャマウリ監督の映画「マッキー」を観ました。現代のインドが舞台。花火師の青年ジャニ(ナーニ)は、向かいの家に住むマイクロ・アーティストのビンドゥ(サマンサ・プラブー)に想いを寄せ、彼女に頻繁にアプローチを掛けていたが、なかなか相手にされずにいた。ある日ビンドゥはNGO活動への寄付を募る為に建設会社社長のスディープ(スディープ)を訪ねるが、スディープはビンドゥに魅了さ... [続きを読む]
  • イン・ザ・カット
  • ジェーン・カンピオン監督の映画「イン・ザ・カット」を観ました。公開当時(2003年)の米国ニューヨークが舞台。高校教師で作家のフラニー(メグ・ライアン)は、レポートの指導を行う為に生徒のコーネリアス(シャーリーフ・パグ)とバーで会う。フラニーはバーの地下にあるトイレに向かうが、途中の暗がりで性行為に及ぶ男女を見掛ける。フラニーからは男の顔は見えなかったが、手の刺青が印象に残った... [続きを読む]
  • 森の中のパン工房Verde
  • 今や天然酵母パンの名店と呼ぶに相応しいVerdeが、少し前から移転してましたので、新たなお店(名前というかキャッチフレーズが少し変わっています)を紹介したいと思います。その名も「森の中のパン工房Verde」(宮崎市高岡町浦之名)です。森の中なんて名前ですが、ちょっとした集落の中にあります。地図(上記の住所を すると表示されます)からだと随分分かり難い場所に思えるかもしれませんが、周辺... [続きを読む]
  • 燃えよドラゴン
  • ロバート・クローズ監督の映画「燃えよドラゴン」を観ました。公開当時(1973年)の香港が舞台。国際情報局は、南シナ海に浮かぶ要塞島で武術道場を開くハン(シー・キエン)が犯罪組織を率いていると睨んでおり、諜報員を島に送り込んでいたが、諜報員達は皆消息不明と成り、ハンの犯罪の証拠を掴めずにいた。ハンが世界各地から武術家を島に招待し武術トーナメントを開く事を知った情報局のブレイスウェ... [続きを読む]
  • ザ・マスター
  • ポール・トーマス・アンダーソン監督の映画「ザ・マスター」を観ました。1950年代(2012年公開)の米国が舞台。第二次世界大戦で海軍の一員だったフレディ・クエル(ホアキン・フェニックス)は、大戦中にアルコール依存症と成り、オリジナルのカクテルを作って飲む様に成っていた。終戦後、フレディは様々な職業に就くが、行く先々でアルコールによるトラブルを起こしてしまう。ある日フレディは、... [続きを読む]
  • 肉麺もみじ閉店
  • いきなりですが何と、あの肉麺もみじが早くも閉店してしまうというのです。しかも今週いっぱいの予定というではありませんか。僕が知る限り、非常に繁盛していたと思うのですが、あまりの早さに残念です。しかし御安心下さい、肉麺自体が食べられなくなる訳では無いのです。写真は豚肉麺で、トッピングは期間限定のへべすです。で、肉麺自体が無くなる訳では無いというのは、単体の店としての肉麺もみじは閉店して... [続きを読む]
  • アトリエの春、昼下がりの裸婦
  • チョ・グニョン監督の映画「アトリエの春、昼下がりの裸婦」を観ました。1960年代(2014年制作)の韓国の農村が舞台。著名な彫刻家のジュング(パク・ヨンウ)は病気療養の為に都会から農村へ越して来ていたが、病気により創作活動がままならず、彫刻から離れて暮らしていた。ジュングの妻チョンスク(キム・ソヒョン)は炊き出しの奉仕活動に参加していたが、そこで美しいミンギョン(イ・ユヨン)に... [続きを読む]
  • クローバーフィールド/HAKAISHA
  • マット・リーヴス監督の映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」を観ました。現代の米国ニューヨーク・マンハッタンが舞台。ロブ・ホーキンス(マイケル・スタール=デヴィッド)は恋人のベス・マッキンタイア(オデット・ユーストマン)を残して、1人日本へ転勤する事と成り、家族や友人が集まってロブの送別会が開かれる。送別会の途中でロブとベスは口論と成り、怒ったベスは帰宅してしまうが、そ... [続きを読む]
  • テイキン・オフ
  • 米国のピアニスト、ハービー・ハンコックのアルバム「テイキン・オフ/ハービー・ハンコック」を紹介します。ハンコックの記念すべき初リーダー作です。シカゴで生まれ育ったハンコックは、7歳でピアノを習い始めると直ぐにその才能を発揮し、11歳の時にはシカゴ交響楽団とモーツァルトの協奏曲を演奏しています。しかしハンコックは、そのままクラシックの道に進む事無く、次第にジャズに傾倒していきます... [続きを読む]
  • ザ・タウン
  • ベン・アフレック監督の映画「ザ・タウン」を観ました。現代の米国ボストンが舞台。ボストンのチャールズタウンは全米屈指の犯罪多発地帯として知られ、住民達は自分達の町をタウンと呼んでいた。タウンに暮らすダグ・マクレイ(アフレック)はプロのアイスホッケー選手を目指した事もあったが、現在服役中の父スティーヴン(クリス・クーパー)と同じく犯罪に手を染めていた。ダグは、ジェム(ジェレミー・レ... [続きを読む]
  • ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣
  • 本多猪四郎監督の映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」を観ました。無人探査船ヘリオス7号が木星探査へ向かうが、出発から4ヶ月後、宇宙空間で不定形の輝く物体に侵入され、物体に操られる様に進路を変えて地球へ戻る。カメラマンの工藤太郎(久保明)は取材旅行からの帰り、乗っていた航空機が南太平洋上にあった頃、ヘリオス7号と思われるカプセルがパラシュート降下しているのを目撃す... [続きを読む]
  • 最後の晩餐
  • マルコ・フェレーリ監督の映画「最後の晩餐」を観ました。公開当時(1973年)のフランス・パリが舞台。レストランのオーナーシェフのウーゴ(ウーゴ・トニャッツィ)、判事のフィリップ(フィリップ・ノワレ)、航空機パイロットのマルチェロ(マルチェロ・マストロヤンニ)、テレビ・ディレクターのミシェル(ミシェル・ピコリ)という4人の初老の男達は、家族に行く先も告げず、フィリップの別荘に集ま... [続きを読む]
  • ジャズ・ギター
  • 米国のギタリスト、ジム・ホールのアルバム「ジャズ・ギター/ジム・ホール」を紹介します。ホールの記念すべき初リーダー作です。1955年にロサンゼルスに進出してプロとしての活動を始めたホールは、チコ・ハミルトンのグループに参加して名を上げました。そして、1957年にジミー・ジュフリーのトリオへ移ると共に録音したのが本作です。26歳での初リーダー作は、順調な滑り出しといえるでしょう... [続きを読む]
  • 妻への家路
  • チャン・イーモウ監督の映画「妻への家路」を観ました。1970年代(2014年公開)の中国が舞台。教師のフォン・ワンイー(コン・リー)は、夫のルー・イエンシー(チェン・ダオミン)が右派分子として収容所に送られており、舞踏学校に通う娘のタンタン(チャン・ホエウェン)と長年2人で暮らしていた。ある日、ワンイーとタンタンのもとにイエンシーが脱走したとの知らせが入る。タンタンはバレエで主... [続きを読む]
  • リストマニア
  • ケン・ラッセル監督の映画「リストマニア」を観ました。19世紀の欧州を元にした架空の世界が舞台。ピアニストのフランツ・リスト(ロジャー・ダルトリー)はダグー伯爵(ジョン・ジャスティン)の妻マリー(フィオナ・ルイス)のピアノの家庭教師を勤めていたが、マリーと不倫関係に陥っていた。リストはマリーとベッドに居るところをダグー伯爵に見付かってしまい、マリーと共にピアノに縛り付けられ、そのまま線路の... [続きを読む]
  • ハンナ
  • ジョー・ライト監督の映画「ハンナ」を観ました。現代のヨーロッパ及びモロッコが舞台。15歳のハンナ・ヘラー(シアーシャ・ローナン)は、フィンランドの人里離れた森の中の山小屋に父のエリック(エリック・バナ)と2人だけで暮らしていた。エリックはハンナに、近接格闘術、サバイバル術、語学などを教え込み、ハンナは父を凌駕する程の能力を獲得していた。ハンナが2歳の頃、母親のヨハンナ(ヴィッキ... [続きを読む]
  • ブリングリング
  • ソフィア・コッポラ監督の映画「ブリングリング」を観ました。現代の米国カリフォルニア州アゴーラヒルズが舞台。容姿に自信が無く友人も居ない高校生のマーク(イズラエル・ブルサール)は、転校した高校でレベッカ(ケイティ・チャン)と親しく成る。レベッカは窃盗の常習犯で、鍵の掛かっていない車から金品を盗むなどし、マークも行動を共にする様に成る。マークの裕福な知り合いが旅行に行く事を知ったレ... [続きを読む]
  • 宇宙の騎士
  • 米国のグループ、TOTOのアルバム「宇宙の騎士/TOTO」を紹介します。1978年に発表されたTOTOの記念すべきデビュー・アルバムです。TOTOは当時既に活躍していた若手スタジオ・ミュージシャン達が結成したグループで、その中心人物はデヴィッド・ペイチ(キーボード、ヴォーカル)です。デヴィッド・ペイチは、編曲家兼ピアニストとして米国西海岸の音楽界で重鎮であったマーティ・ペイチ... [続きを読む]