dakkichan さん プロフィール

  •  
dakkichanさん: だっきたんぐる
ハンドル名dakkichan さん
ブログタイトルだっきたんぐる
ブログURLhttp://abcdmeno.blogspot.jp/
サイト紹介文二十歳になった重度自閉症(正確には自閉傾向のある広汎性発達障害)の息子の日々、その他。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/01/22 19:06

dakkichan さんのブログ記事

  • 着替え違い
  • あだきち君、昨日のショートステイに、私のロングトレーナー風ワンピースを着て行ってしまいました。だいたい下の写真のような感じですが、これよりもう少し丈が長いのです。引用元 Amazonどう見ても女性用の服を着て通所してきたあだきち君、職員さんたちに大ウケしていたようです。あだきち君を送り出した、おとーさんの話では、「ちゃんと着替えて、コートを着たのを見届けてから、鍵その他を取りに書斎にちょっと戻った間に、 [続きを読む]
  • ショートステイ・他
  • ひさびさの更新です。あだきち君は、本日はショートステイ。いつもお世話になっている介護施設で、一泊してきます。どっさりの着替えと、日課になっている日記帳や漢字練習帳と、おやつを持って、出かけていきました。ショートステイは、いまの暮らしのなかでの大きな楽しみになっているらしくて、「明日、お泊まりだよ」と教えると、表情がウキウキします。昼間の日課は、日帰り通所のときと大きく変わらないのですが、大きなお風 [続きを読む]
  • あだきち君と概念学習・・・
  • 大晦日だったか元日だったか忘れたのですが、大きな書店で、こんな本を見つけました。自閉症児のことばの学習―話せるようになってからの概念学習久保田小枝子 (著), 石井聖 (著)  コロロ発達療育センター思わず手に取ったのですが、定価がなんと五千円。私にとっては、迷わず購入できる金額ではありませんでした。中を見てみると、言葉がいろいろに分類されていて、下位概念から上位概念へと学習を進めていくような形になってい [続きを読む]
  • ゆっくり過ごすお正月
  • 日の出だか夕日だか分からない怪しい太陽勉強昨日は元旦でしたが、少しだけあだきち君と本を読んだり、言葉の練習をしたりしました。読んだのは、この本。B J ノヴァク (著), 大友 剛 (翻訳)「えがないえほん」早川書房Kindle版もありますが、紙の本を買いました。あだきち君は、活字は好きですが、絵本が苦手です。絵の理解が難しいだけでなく、複雑な色や形の情報を不快に感じている様子もあります。かといって、内容的に難しい [続きを読む]
  • あだきち君とiPadと言葉の練習
  • あだきち君(二十歳・自閉傾向のある重度広汎性発達障害)が、iPadでマインクラフトをしていたので、声をかけてみました。私「あいぱっど?」あ「あいぱっど」私「あいぱっどで、あそぶ」あ「あいぱっとで、あそぶ」復唱しながら、あだきちくんは、にこにこしています。意味が分かるのだと思います。二語文まで行けたので、もう一語、足してみました。私「ぼくは?」あ「ぼくは、あいぱっどで、あそぶ」表情はよいままですし、力強く [続きを読む]
  • あだきち君とお絵かき・障害者のアートの世界
  • ■あだきち君日記今日は、あだきち君、年内最後の施設通所の日です。明日から一週間ほど、冬休みになります。年末は、とくに出かける予定もありませんので、自宅でゆっくり過ごすことになりそうです。昨日は、施設でお絵かきの時間があったそうで、一枚持ち帰ってくれました。もともと自由に絵を描くということが難しかったあだきち君は、小学校のころに、お絵かき歌のような決まった図形パターンをいくつか覚えたことで、お絵かき [続きを読む]
  • あだきち君日記と、我が家のウィルス性胃腸炎事情
  • ■今日のあだきち君今日のあだきち君は、早朝から、上機嫌でした。理由は分かりませんが、空が晴れ上がっていたからかもしれません。晴れた日には、通所している介護施設で、お散歩をすることが多いようです。昨日の連絡帳には、お散歩に出たものの、公園のブランコが子供たちで混雑していて、乗れなかったと書いてありました。それでも特に不機嫌な様子もなく帰宅しています。ブランコは大好きですが、強いこだわりではなくなって [続きを読む]
  • 障害年金のこと
  • ■BGMと、今日のあだきち君椎名林檎「人生は夢だらけ」二十歳になったあだきち君ですが、とくに変わることもなく、今日も元気に介護施設に出かけていきました。心のなかにどんな夢があるのか、家族にも分かりませんが、日々、わりと楽しそうに暮らしていることは間違いありません。お迎えの時間まで、まだありますので、椎名林檎の曲をききながら、今日もブログを書こうと思います。■国民年金と障害年金おとーさんと二人で、あだ [続きを読む]
  • あだきち君、二十歳になりました(障害年金・国民年金について)
  • ■ちょっとさみしい誕生日あだきち君の誕生日は、クリスマスイブ。これまでずっと、毎年のバースデーケーキは、クリスマス仕様でした。でも今年は、コンビニ(ファミマ)のショートケーキになりました。あだきち君と私(おかーさん)以外の家族が、次々とウィルス性胃腸炎でダウンしてしまい、食事もできない状態でしたので、ホールケーキを買えなかったのです。お祝いは、大晦日あたりに延期になりそう。あだきち君本人に、二十歳にな [続きを読む]
  • 今朝のあだきち君
  • 癇性なあだきち君本文とは何の脈絡もないブロッコリーの絵。いま描いた。今朝のあだきち君は、なんだか、とっても神経質でした。和室の照明を私がつけると、飛んできて、即座に消したり。今朝はどうやら、蛍光灯が気に入らないらしいのです。私は目がとても悪いので、早朝の薄明かりの中では何もできません。再度照明をつけると、すぐまたあだきち君が飛んできて、消してしまいます。数回、消す、つけるの攻防を繰り返したところで [続きを読む]
  • コツコツ更新再開…の予定
  • ■更新再開だいぶ心身の調子がもどってきたので、ぼちぼちここのブログも更新再開しようと思うのですが、ブランクが開きすぎたせいで、なかなか文章がまとまりません。先に、「物語のなかの病気」のほうの更新を始めました。寝込んでいる間に読んだ小説や漫画の記事を、少しづつでも書いていくつもりです。書かないと、読んだことを忘れてしまいそうなので。(´・ω・`)■掃除をした…い体調が悪いことを言い訳にして、整理整頓&掃 [続きを読む]
  • 二十歳の誕生日の準備
  • あだきち君はもうすぐ二十歳来月には誕生日を迎える、あだきち君。重度の知的障害のあだきち君にとって、成人することは、どんな意味を持つのだろうと考えてみていますが、答えは出ません。それでも、大切な節目として、何か心に残るお祝いがしたいなと思います。プレゼント候補できれば、今後のあだきち君の生活や、気持ちの支えになるものを贈りたいのですが、これがほんとうに難しいのです。あだきち君は、基本的に、食べ物いが [続きを読む]
  • あだきち君の近況
  • ひさびさに、更新します。あだきち君の近況十一月に入って、だいぶ寒い日も増えてきましたが、あだきち君(もうすぐ二十歳)は元気です。平日は介護施設への通所(10:00〜15:30)と、行動援護という福祉サービスを利用しての外出(三時間)が活動のメインとなっています。いい表情で帰宅してくることがほとんどなので、たぶん、この生活を気に入っているのだと思います。療育はお休み中今年の八月に、私(おかーさん)が体調を壊してから、 [続きを読む]
  • 発熱
  • ■今日のあだきち君と、ほげ子さん二日ほど前から、ほげ子さんが熱を出してダウン。学校を休んでいます。熱が高いのでインフルエンザを疑って検査をしてもらったけれど、陰性。溶連菌感染症ではないかということで、安静にして様子を見ているところ。あだきち君は、いたって元気で、何かに感染した様子はありませんが、念のため、介護施設のほうには事情を伝えて起きました。うちの子供たちは、なぜか、週末、土日に病気になること [続きを読む]
  • 読書(少し読んだ)メモ・有間しのぶ「その女、ジルバ」
  • 有間しのぶ「その女、ジルバ」Twitterかどこかで目に入った、電子本サイトの広告が気になって、お試し版を読んでみたら、そのまま一気に引き込まれて、既刊分をKindleでダウンロードして、読了。なんか、このパターン多いです。いいのか悪いのか…まあ、いい作品に出会うこともあるから、いいことにしておきますか。(ネット広告のカモと言われても仕方が無いorz) (あ、でも電子本マンガの広告って、たいてい、グロいですよね。残 [続きを読む]
  • 更年期+うつ病クエスト
  • ちょっと小康状態■神経があるから痛いのよね…無料の写真サイト pixabayで、「痛み」というキーワードで検索をかけてみたら、上の写真が出てきました。針金で作った、人のアタマ。なぜこれが「痛み」なのかは、分かりません。でも、むき出しになっている針金が、このヒトの痛みを感じる神経系をも兼ねているのだとしたら…と考えてみたら、とたんに痛そうに思えてきました。( _ _ ).。o○■天候と体調この金、土、日と、ほげ子 [続きを読む]
  • どうしたら平和になるのか、知ってる人はいるのだろうかと
  • pixabayで「平和」で検索したら、この猫さんが出てきました朝、絵画教室の駐車場に車を止めたら、ぐらぐら揺れました。地震です。教室が終わって車に乗り込み、運転をはじめる前にiPhoneを開いて眺めていたら、死者を出したO15感染についての続報や、「日本列島を核で海に沈めるべき」という北朝鮮の声明などが、目に飛び込んできました。別に今日に限ったことではありませんが、おだやかな、心温まるような話は、なかなか見当たり [続きを読む]
  • 読書(できてない)メモ 益田ミリ「今日の人生」
  • 紙の本は極力買わないようにしているのですが、(少し早めの終活の一環として)益田ミリ氏の「今日の人生」は、電子本が出ていないようなので、誘惑に負けそうになっていて、つらいです。(´・ω・`)ネット上で、少し見られるようなので、指をくわえつつ、そちらを眺めています。みんなのミシマガジン「第1〜47回 今日の人生」http://www.mishimaga.com/kyonojinsei/047.html自分の"今日の人生"は、どんなだっけ。言葉にするのが難し [続きを読む]
  • 漫画メモ 「ボールルームへようこそ」
  • 「ボールルームへようこそ」という漫画に、ハマりつつあります。やりたいことも、取り柄も自信も、主張したい自己もない平凡な少年(中三)が、路上でカツアゲされている最中に、なぜかダンスと出会ってしまい、周囲を巻き込みながら、踊る自分を突き詰めていく…そんなお話です。埋もれていた天才性が見いだされて、目を見張るほどの成長を遂げていくという物語が「楽しい」のは、なぜなのか。自分はそんな天才性とは無縁だと思って [続きを読む]
  • 短歌の日記 2017年9月11日
  • Twitterに流しているものを、記録しておきます。いわゆる備忘録。昨今の健忘っぷりを思うと、気づかずに全く同じ歌を詠む可能性が、なくもないので。(´・ω・`)------------------------------------- 肝臓をお皿にのせてGOT GPTらの数値を語る人の血を嫌うマダニと人の死を厭うヒアリの異種恋慕譚ながつきのあかいゆうひにうらぶれた脳をかざして薔薇色にするうつせみの人のたましい膨らまし夜空にあげてて堕ちるのを見る錆びか [続きを読む]
  • うつ病クエスト…いまさらながらマインドフルネス
  • 鬱で受診した初日に、精神科の主治医さんが、私に言いました。「どんな抗鬱剤よりも、ちゃんと寝ることのほうが、効果が高いんですよ」というわけで、とにかく最優先で睡眠を整えることにしました。病院で処方されている抗鬱剤(レメロン錠…ミルタザピン)と、睡眠薬(ゾルピデム錠)は、「ねる前」に飲むようにとの指示ですので、夜の九時半と時間を決めて、そのあたりに飲むようにしています。九時半に飲むと、だいたい十時過ぎから [続きを読む]
  • 知的障害者「愛護」デー??
  • pixabayで「愛護」で検索して出てきた画像…Twitterで流れてきて知ったのですが、今日(9月10日)は、知的障害者愛護デーという日なんだそうです。この文字列を見たとたん、なんともいえない違和感を覚えたので、いったいどういう経緯で制定された「デー」であるのかを、ネット検索で調べてみました。すると、あちこちに、この「デー」に関する説明がありました。【牛タンの日】9月10日は何の日?【まとめカレンダー】https://matome [続きを読む]
  • 読書というより抜き書き日記「生の技法」
  • pixabayで「人口」と検索したらなぜか出てきたお写真…借ります。ほんとうに、すこーしづつ、読み進めています。安積純子 立岩真也 岡原正幸  尾中文哉  著生の技法―家と施設を出て暮らす障害者の社会学(生活書院)そのまま引用すると、ディスプレイではとても読みにくいので、適当に改行を入れます。------------------------------------- まとめよう。世間の人々が代表する文化は、たくみに、自立生活に関わる人々を排除する [続きを読む]
  • ひどいシブァ神(ラクガキ)→バザーに出す就労継続支援施設の品→短歌
  • 何も見ずに描いたシヴァ神らしきなにかもうすぐ、ほげ子さんの学校の学園祭があります。そのバザーに出す品物を、さきほど宅配に出してきました。バザーへの献品は三種類以上、全家庭のノルマとなっていて、未使用・新品に限るとのこと。自宅には適当な品物がなく、いまは買い物にでる体力もないので、売れそうな品物をネットで探して、取り寄せました。三つの品物のうち、一つは、障害者の方が制作販売しているアクセサリーにしま [続きを読む]
  • 「生の技法」の拾い読み…
  • pixabayからお借りした、にゃんこ。本文とはとくに関係ない。外出中の読書は疲れてしまうので、なるべく控えているのですが、病院の待ち時間があまりにも長いので、「生の技法」をまたちらちらと拾い読みしていました。(前回の読書記録 → 切れ端読書日記 「生の技法」をちょっぴりだけ読んだ)読んだところから、少し引用。「車椅子で介助してくれてる女の子がいるんだけど、いつも駅に行くときに『上げてください』って言うわ [続きを読む]