ken さん プロフィール

  •  
kenさん: aberration
ハンドル名ken さん
ブログタイトルaberration
ブログURLhttp://aberration-photo.com/
サイト紹介文私的なつぶやきと写真のサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/01/25 22:18

ken さんのブログ記事

  • 勘違い
  • Leica MP  Summarit 5cm f1.5   ILFORD DELTA400ここのところ涼しかったせいか、もうすぐ夏も終わりのような気がしてたけど、まだまだ暑さはそう簡単に終わってはくれないらしい。もうちょっとの我慢かな。 [続きを読む]
  • お盆
  • EOS-1V TAMRON SP AF Di 90mm 1:2.8 MACRO Adox CMS20Ⅱ久しぶりに家族が揃った。願うのはいつまでも皆が健康でありますように・・・。 [続きを読む]
  • 曖昧な記憶
  • EOS-1V EF24-105mm 1:4 L IS USM   Adox Silvermax普段の整理が悪いので、良く探し物をする。昨日も買ったはずのものがどうしても見当たらず、探し疲れてソファーに寝転びながら、何処に仕舞ったのか考えていたら、「そもそも俺は本当にそれを買ったのだろうか? 本当は買ってなくて自分で買ったつもりになっているだけなのではないか?」と思い始めて、どんどん自分の記憶に自信がなくなって来た。結局探していたものは、思い [続きを読む]
  • 修理
  • EOS-1V EF24-105mm 1:4 L IS USM   Adox Silvermaxお気に入りのBEESAを修理に出した。寂しいけど、調子よくなって帰ってくるのを待つしかない。EOS-1V EF24-105mm 1:4 L IS USM   Adox Silvermax [続きを読む]
  • piano
  • EOS-1V EF24-105mm 1:4 L IS USM   Adox Silvermaxいつかはやってみたいと思っていたピアノ。教えてくれる人が見つからないので、独学で練習することにした。もちろんピアノなど買えるわけもないので、ピアノの音がでるキーボードで。指が自分の思い通りに動かないし、指が吊りそうになる。ゆっくり気長に・・・・。 [続きを読む]
  • 浸食
  • Leica  MP  NOKTON Classic 35mm f1.4   Ektar100先日、道端で出会った光景蔓性の植物には恐怖に似た感情を持つことがある。Leica  MP  Summarit 5cm f1.5  Ektar100 [続きを読む]
  • 笑って許して
  • BESSA R2M NOKTON Classic 35mm f1.4  DELTA100テレビやネットで芸能人や有名人が、どうでも良いような事に対して謝っている姿に時々違和感を感じる。謝る必要がないのでは?と思うこともしばしば・・・・。その事に直接関係のない司会者やコメンテーターが、偉そうにコメントする姿にはちょっと笑えてくるし、中には「お前がそれを言うのか?」と突っ込みたくなることもある。こんな事を書くと叱られるのかな?・・・笑って許し [続きを読む]
  • 睡蓮
  • Leica MP  Tele-Elmarit 90mmf2.8   EKTAR100睡蓮を撮りたいと思うのだけど、毎年あまり撮れないでいる。結局今年も近くの池で撮っただけ。 [続きを読む]
  • 長い夏
  • Rolleiflex 2.8F  Xenotar80mm/F2.8  ILFORD DRLTA1006月が終わらないうちに、梅雨明けしたみたいです。暑さは昔から苦手ですが、今年はいつもの夏より長くなりそうです。 [続きを読む]
  • 眼鏡
  • Rolleiflex 2.8F  Xenotar80mm/F2.8  ILFORD DRLTA400毎年夏になると、眼鏡が鬱陶しく感じる。でも、なぜかコンタクトにする気にはならず、36年間ずっと眼鏡です。 [続きを読む]
  • LED化
  • BESSA R2M NOKTON Classic 35mm f1.4  DELTA100引伸し機の電球をLED電球に変えてみた。プリントの調子とか変わるかと思ったけど素人目には解らない。露光時間も少し長めの方が作業がし易いと思ったので、少しW数も落としてみた。光源ムラが出るのが心配だったけどそれも無さそうなので安心した。良い感じ。 [続きを読む]
  • 居心地の良い場所
  • Rolleiflex 2.8F  Xenotar80mm/F2.8  ILFORD DRLTA400長く同じ場所に居るといつの間にか居心地が良くなってしまったりするけど、そんな時こそもうその場所を離れる潮時なのかもしれない。 [続きを読む]