santen1 さん プロフィール

  •  
santen1さん: サイバーサンクチュアリ人協会福岡筑紫教会
ハンドル名santen1 さん
ブログタイトルサイバーサンクチュアリ人協会福岡筑紫教会
ブログURLhttps://ameblo.jp/santen1/
サイト紹介文異端の世界平和統一家庭連合(統一教会)に反対します。文亨進様に従い、再臨主の教えを守ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/01/27 06:47

santen1 さんのブログ記事

  • 先祖解怨・先祖祝福式について
  • 日本サンクチュアリ協会HPhttps://www.sanctuary-jp.org/にて、「先祖解怨・祝福式のご案内」の記事が出ています。 サイバーサンクチュアリ人協会の方で先祖解怨・先祖祝福を申請される方は、サイバーサンクチュアリ人協会HPのhttp://santensjp.wixsite.com/sanctuaryjp/blank-2こちらから申請書をダウンロードしてサイバーサンクチュアリ人協会総務まで送付をお願い致します。 [続きを読む]
  • 2代王様の安全のために祈りましょう
  • 真のお父様に帰ろう!『三代王権・こころのサンクチュアリ教会』神の王国の「鉄の杖」20-2<後編>2018年7月11日 韓国語説教 より 「だから、そのような脈絡で見たら、実はソロスが我々について非常に脅威を感じることは実は当たり前です。当たり前です。サタンが再臨主と再臨主が立てた王家を恐れなければならないでしょ、事実。だから、あなた達が2代王に対して祈祷しなければなりません。あ!?祈ってくれるのですか?しないの [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法137
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 第六条この憲法に定める上院議員および下院議員、州の立法部の議員、ならびに天一国合衆国および各州のすべての行政官、司法官および王らは、憲法を支持するという宣誓または宣誓に代わる確約により、この憲法を擁護する義務を負う。以 上 天一国合衆国憲法を分割しましたが最初から最後まで載せました。ブログを見て下さった方のお役に立てたなら幸いです。 今後は載せた方がいいと思う [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法136
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 第四節天一国合衆国は、この連邦内のすべての州に対し、共和政体または共和制君主のいずれかを保障し、侵略に対し各州を防衛する。天一国合衆国は、州の立法部または(立法部の召集ができないときは)執行部の要請があれば、州内の暴動に対して各州を防護する。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法135
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 2.連邦議会は、天一国合衆国に属する領土またはその他の財産を処分し、これに関して必要な一切の準則および規則を定める権限を有する。この憲法中のいかなる規定も、天一国合衆国または特定の州の請求権を害するように解釈されてはならない。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法134
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 第三節1.連邦議会は、新しい州がこの連邦に加入することを認めることができる。新しい州の加入を認める過程は、外国との条約を承認する手続きに準じるものとする。天一国の王は、新しい州の加入を認める最終的な権限を有する。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法133
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 3.1州において、その州の法律によって役務または労務に服する義務のある者は、他州に逃亡しても、その州の法律または規則によってかかる役務または労務から解放されるものではない。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法132
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 2.いずれかの州において反逆罪、重罪その他の犯罪につき告発された者が、裁判を逃れて、他の州で発見された場合には、その逃亡した州の執行部が要求しかつ逃亡先の州の執行部がその要求に同意をすれば、当該犯罪につき裁判権を有する州に移送するために、この者を引き渡さなければならない。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法130
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 第五条第一節各々の州は、他のすべての州の一般法律、記録および司法手続きに対して十分な信頼と信用を与えなければならない。連邦議会は、一般的な法により、これらの法律、記録、および司法手続を証明する方法ならびにその効果につき、規定することができる。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法128
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 第三節大統領は、随時、連邦議会に対し、連邦の状況に関する情報を提供し、自ら必要かつ便宜と考える施策を推奨することができる。大統領は、非常の場合には、両院またはいずれかの一院を召集することができる。大統領は、閉会の時期に関し両院の間で意見が一致しないときは、自ら適切と考える時期まで休会させることができる。大統領は、大使その他の外交使節を接受する。大統領は、法が忠 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法127
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 5.大統領と行政機関世論を形成する意図をもって(偽旗作戦)天一国合衆国の市民に対するテロのための秘密の活動を行うことを禁じられる。「偽旗」という疑いはいかなるものも、監察総官による調査を受ける。「偽旗」は、天一国国民に対して戦争を仕掛ける行為とみなされる。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法124
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 2.大統領は、上院の助言と承認を得て条約を締結する権限を有する。ただし、この場合には、上院の出席議員の3分の2の賛成を要する。大統領は、大使その他の外交使節、および、この憲法にその任命に関する特段の規定のない官吏であって、法律によって設けられる他のすべての天一国合衆国官吏を指名し、上院の助言と承認を得て,これを任命する。ただし、連邦議会は、適当と認める場合には [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法123
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 第二節1.大統領は、天一国合衆国の軍隊および現に天一国合衆国の軍務に就くため召集された各州の市民軍の最高司令官である。大統領は、行政各部の長官に対し、それぞれの職務に関するいかなる事項についても、文書によって意見を述べることを要求することができる。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法122
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 9.大統領は、職務遂行に先立ち、次のような宣誓または宣誓に代わる確約をしなければならない。「私は、天一国合衆国大統領の職務を忠実に執行し、全力を尽くして天一国合衆国憲法を維持し、保護し、擁護することを、厳粛に誓います(または確約します)。」と。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法121
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 8.大統領は、その職務に対して定期に報酬を受ける。その報酬額は、その任期期間中、増額または減額されない。大統領は、その任期中、天一国合衆国または州から他のいかなる報酬も受けてはならない。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法120
  • 天一国合衆国憲法 (以下前回の続き) 7.大統領が罷免され、死亡し、辞職し、またはその職権および義務を遂行する能力を失ったときは、その職務は、副大統領に委譲される。連邦議会は、大統領と副大統領がともに罷免され、死亡し、辞職し、または執務不能に陥った場合について、法律により、いかなる官吏に大統領の職務を行わせるかを定めることができる。その官吏は、執務不能の状態が解消される時または大統領が新しく選出さ [続きを読む]