ヒゲ教授/小澤明人 さん プロフィール

  •  
ヒゲ教授/小澤明人さん: ヒゲ教授の世界一分かりやすい就活授業
ハンドル名ヒゲ教授/小澤明人 さん
ブログタイトルヒゲ教授の世界一分かりやすい就活授業
ブログURLhttps://ameblo.jp/higekyojyu/
サイト紹介文さらばマニュアル!ヒゲ教授(小澤明人)が採用現場よりリアルを実況報告
自由文採用コンサルタントがお贈りする現場のリアル就活対策を! 
From RP就活プロモーション  https://www.facebook.com/brp.sp/timeline/?ref=aymt_homepage_panel
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/01/28 16:20

ヒゲ教授/小澤明人 さんのブログ記事

  • ●パラサイト就活「就社の意識」就活生より保護者
  • パラサイト就活…⇒親御さんが介入する就活のこと 何でも名前を付ければいいってもんじゃ無いよなぁ。「パラサイト」って言葉はイヤな言葉だな。。。。 ★─☆。o゚。★─☆。o゚。 毎年、保護者様向けの講演も山ほどやらせて戴いたけれど、、大人だから状況は話せは分かる。でも、、、我が子のことになれば別物になってしまうのが残念ッ 全国5大ドームで保護者向けセミナーをやるか! 就活生よりも親の方が「就社」の意識は強い。それは [続きを読む]
  • ●やりどころのない不満・転職・聞こえてくる声は
  • 「長く勤められる会社へ」そう思って新卒就活をしたのに結局、、、20代で転職する早期離職者が続々と出てくるのは何故だろう。 聞こえてくる声は「新卒就活に失敗したと感じる」 ?? とにかく早く就活を終わらせたかったからソコに決めた ?? 企業の規模や名前に振り回されていた自分に後悔 転職は決して悪いことじゃナイ。でも、、、また同じことを繰り返して何度も何度も職場を変える人も多いのが事実。 「人間関係に…」「尊 [続きを読む]
  • ●一本の問い合わせ電話に全身全霊を賭ける、それが経営者
  • この数ヶ月は各地で「採用戦略セミナー」に登壇させて戴いている。 経営者の方々採用担当者の方々へ今まで現場で培ってきたノウハウを全力でお話ししている。 スキルも経験も学びもチャレンジも大切だけど「最後は人が人を呼ぶ」聴講される方々の眼は真剣だ。就活も採用も同じだね。 翻って僕の親父も中小企業の経営者だった。新聞に数行の求人を出した日は一本の問い合わせ電話に全身全霊を賭けていた。 そして入ってきた新入社 [続きを読む]
  • ●ダメだよッ!出会いのためだけに参加するなんて…合説会場
  • 合同企業説明会の直前セミナー参加全企業のプレゼンを山ほどやって来た。 ホントは自分達で企業研究をしてから参加すべきだが…皆さん…ほぼやってこないから合説マッチング率が下がる。 だから、、、 就活生のためにも 参加企業のためにも 主催者のためにも全力でやってきた。 僕が企業研究で心掛けていることは業界本や会社案内そして企業HPすら全部過去のもの…ってこと。 経営者の心中にはきっと公開できない展望だってある [続きを読む]
  • ●土俵はウチの会社・土俵は自分ワールド…かりそめの恋愛
  • 連日の講演や研修会採用する側…と就職する側それぞれの思いを感じる毎日。 不思議なことだけどどちら側に行っても語っているのは同じこと…だと感じるのは何故だろう。。。 それは、、、採用する側も自分の悩みが真ん中で就職する側も自分の悩みが真ん中だから…互いが同じ土俵に乗っていないことが原因じゃナイかなぁ 土俵は社会土俵は時代思いを共有すれば同じ課題と、同じ目標が生まれるのに。 土俵は「ウチの会社」土俵は「自 [続きを読む]
  • ●最初のミッション!自由が認められる人になること
  • 待ってちゃ実現できない 「働き方改革」制度頼り仕組み頼りじゃ…他人事ッ!、、、少々、辛口な研修を企業内で実施させて戴いた。それがリアルな社会なんだよ。 ワイワイ騒ぎ過ぎなBlack or Whiteの中で働く経験が無い就活生はあまりにも「制度」に固執し過ぎ! 実現の肝は…「×自分自身」だから受け身で前進を期待するのはあまりに無謀だなと思う。 楽しく働くことが目標ならまず覚えることは…「働く楽しさって何だろう」「面 [続きを読む]
  • ●会社説明会、15分前〜その時を待つ就活生に
  • 会社説明会、15分前〜その時を待つ就活生に気を遣って話しかける人事さん。 緊張感の中でも会話が弾む人会話が弾まない人対応は様々で得手不得手もあるだろう でも… 楽しそうに会話に応じる人は…臨場感のある人今、一生懸命に生きてる人だから。。。社会の動きにも敏感で多くの言葉を知っている。他人との絡みにも積極的だ 反面… 会話が弾まない人まったく反応を返さない人さえも…いつも他人任せ、環境任せなのかな今もその場 [続きを読む]
  • ●ソレが未来志向の「企業研究」顔上げろってッ!!!
  • 「企業研究」、、、どうしたら上手くできますか? 極論で言います! 会社そのものを研究するのは50%、、、イヤ30%でもイイ。最後の最後は入らなきゃわからないことも少なくない…好きか嫌いか合うか合わないかそれは一人一人の感覚だしたまたま上に就いた上司との人間関係だってある。 「企業研究」の半分以上は時代の土壌で動く「業界研究」。 人口減進む高齢化変わるインフラ新しいイベント法律改正があれば生きてく術も変わっ [続きを読む]
  • ●社員の活きた顔、生命力を感じる声、ソコにあるか
  • 同じサービス同じ商品同じ業態を延々と続けていると時代は必ず追い越していくもの。 それはアッと言う間だよ! 皆さんより少しだけ長く生きてきたから沢山の変化を目の当たりにした。ふと気づくと…「あの人は今、、、?」じゃないけれど「あの会社は今、、、?」になっている。 だからこそ企業、企業と言う前に時代の矛先を感じることだ。普通に目の前にある企業はチョッと油断した途端に時代遅れの企業になるんだからね。 「安定 [続きを読む]
  • ●会社説明会の聴き方で判る”採用の眼”
  • 2019卒就活は、もう直前!既に「内々定」の声も聞かれる中…なのに、まだまだスタートラインに立てていない学生さんが目立つようになってきた。 明らかな違いはどこに表れるのか、、、採用担当者の目で語ろう。 ひと言で言えば、「集団の中の一人」という意識が言動に表れてしまう、、、ということなんだ。 業界セミナーや会社説明会就活対策講座の参加者も同じ。メモは取るけれど…話を振ると不意を突かれた顔で固まる。 つまり [続きを読む]
  • ●「ちょっと知っている…」の体験バリアと歪な職業観
  • 「ちょっと知っている」…の、体験バリアそれは結構手強いぞ 新卒なら「営業」、、っぽいバイトがまさにソレッ バイトに営業をやらせること自体が少々、荒っぽい企業だと言わざるを得ないし。。。 営業職はその企業の顔それなのに…バイトで新規開拓をするのならそこにあるノウハウは一夜漬けのマニュアル程度だろう。 ヘタな経験は社会を斜めに見ることに繋がってしまうのが残念だッ インターンシップを装った営業体験の求人がや [続きを読む]
  • ●面接の前!キャッチボールはあなたの第一投で決まる
  • 明日は面接「何を訊かれるのか…」心配で心配でしょうがなくなる。…ならどう見られているかに気遣いしたほうがイイね! ハロー効果この言葉、何処かで聞いたことがあるだろう。 一目惚れ採用、、、秒殺!不採用、、、最初の印象であなたへの質問は変化してくる。プロの面接官なら瞬時に質問内容を考える。 ? あなたに関心を持てなかったらよくある普通の質問  ? あなたに関心が持てたならその関心の在り処を深掘りして訊いてく [続きを読む]
  • ●”採る人事・育てる人事” どれだけ育つか残せるか
  • 会社選びには採用視点が欠かせない!…っと本気で思っているから僕は”現場主義の採用コンサル”として就活支援現場にも立つ。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ その人事さんは…育てる人ですか、採る人ですか? 人気もあって、規模も大きい大量採用がマストの人事さんの多くは”採ること”が年間の主業務。一年中、大汗かいて走り回っている。だから…入社してからの教育・研修はまた別の部署が担う。 それが悪いという訳じゃ無いけれ [続きを読む]
  • ●エピソードに迫力がないのは何故?―チャンスだピンチだ19卒②
  • チョッと出遅れて初めて自己PRに取り組んでいる人の大きな特徴は… 伝えたい自分をしっかり決めていないままエピソードから考えている。 だから、、、書いたエピソードにも迫力がない。表現が浅くて響かない。 無理、無理、エピソードなんて無いほうがいい。。。伝えたい自分が表現できるのなら具体的にしっかり書く。 そして…相手が喜ぶ自分は、その自分ですか?皆がみんな”快活で好青年”なんて…気味悪い σ(´ x `;*)  大 [続きを読む]
  • ●チャンスだ、ピンチだ…何かが足りない2019卒
  • もう3年目に入る就活スケジュール3月:エントリー解禁6月:選考開始 内定実態はともかく日程には慣れてしまった感がある。慣れてしまえば…だらしなくなるのが人の常  2019卒(現年生)は全体的に何かが足りない…っと大いに感じる2月だよ。 当の本人たちもきっと何だか、、、スカスカな思いがあるんじゃないかな!? インターンシップも選考の導線と分かっているから仕事体験よりも選ばれることが目的になる。 …で、足りないの [続きを読む]
  • ●僕たち就活アドバイザーにはヒントを貰うだけでイイ。それが一番喜べる
  • 新卒就活での経験はミドル転職・再就職にも大きな影響がある。  会社に対する見方 社会に対する見方 偏った職業観や就労観も最初の就活の取り組み方に大きく揺るがされる。 成功体験は大切だけどその成功をどうやって手にしたか…だな 就活に対策を持たずに結果だけ手にした人は働いてもやっぱり簡単に結果を出そうとする。上手く行かなければ…会社のせいになる傾向が強く頭にはいつも転職が浮かぶのは否めない。。。 本当の成 [続きを読む]
  • ●心から総合職志望で挑もうよ。現場から始まるからイイんだよ!
  •  現場はいいよなぁ。。。 悲喜こもごもの中に次に育つ仕事の芽がたくさん落ちている。 動いていることを感じて動いている人を感じて今、何が求められているかを種のうちに見つけることが出来る。  現場がいいよなぁ。。。 不満も、ありがとうもダイレクトに受け止めて自分に何が足りないのかを知ることが出来る。 現場にあるのはリアルそのものだから近道探しなんて役に立たない。 1年、2年、3年は…現場で経験を積む。全部噛み [続きを読む]
  • ●心から総合職志望で挑もうよ。現場から始まるからイイんだよ!
  • 現場はいいよなぁ。。。 悲喜こもごもの中に次に育つ仕事の芽がたくさん落ちている。 動いていることを感じて動いている人を感じて今、何が求められているかを種のうちに見つけることが出来る。  現場がいいよなぁ。。。 不満も、ありがとうもダイレクトに受け止めて自分に何が足りないのかを知ることが出来る。 現場にあるのはリアルそのものだから近道探しなんて役に立たない。 1年、2年、3年は…現場で経験を積む。全部噛み締 [続きを読む]
  • ●知らなかった喜びが夢を運んでくれるから
  • 「どんな仕事に就きたいの?」 そんなこと直球に訊かれたらハッキリ答えられる人はどれだけいるだろう…? それでもいつもそこに惑わされてずっと立ち止まる。 夢なら語れる ??Jリーガー ??ミュージシャン ??アイドル… 夢を夢で終わらせない人はもう動いてる人。失敗しても、成功しても思いが先で、もう動いてる人。 就職活動を目の前にして「自分はどんな仕事に就きたいのか」…考えているのなら本気の感情が湧くまでは [続きを読む]
  • ●ヒゲ教授の就活ビギナーズ講座
  • 物事は…大きな視点から見て焦点を絞っていくそして…小さな一歩から緻密に実践していく。 仕事でも就活でも採用でもプレゼンでも作戦でもなんでも同じ。 大学の就活講座があまり役に立たないと思ってサボりがちな人は、、、苦手なパーツだけ「答え」を求めている。 それでも通過してしまうのが売り手市場の悲劇だ 入社後の「こんなはずじゃ無かった」は大局的な視野を持てなかった人に多い。 ?? 業界・企業研究は社会の立ち位 [続きを読む]
  • ●欲しい人材・要らない人材・来て欲しくない人 (;゚д゚)アッ….
  • 難しいことじゃないんだ欲しい人材求められる人 飯処で一言 「ご馳走さま」と言って帰る人 足を踏んでしまったら 「スミマセン」と言える人 相手より先に 「オハヨウ」を投げる人 上手くなくても 「一生懸命」やってみる人 全然、難しいことじゃないのに忘れてる… *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 難しいことじゃないんだ要らない人材来て欲しくない人 ギュウギュウ電車… エリア確保に頑張る人 自分の未来…なのに 人真似で乗 [続きを読む]
  • ●3/1押し寄せる企業メール。遅れを取り戻したい就活生は
  • 3年生向けの就活対策講座に急に増えだした参加学生に大学関係者も唖然としている。。。 夏のインターンシップから滑走路に入った学生との大きな差。会社説明会がスタートしてESの提出が迫った時にその大きさにきっと付く。 その差を埋めていくのはかなり努力が必要だけど気付き始めたのなら幸いだ。一歩ずつ足を速めよう。 時間だけは戻せないから窓だけは全開にしておこう。 同じ情報を同じだけ同じように受け取れるのが…新卒就 [続きを読む]
  • ●しっかり働くことは人を幸せにすること。だからあなたは恐れずに
  • 当たり前の集団生活が送れなくなってきたような…。。。 東京を歩いて東京の電車に乗って流れるニュースを見て「ココ、ホントに日本なの!?」って残念な気持ちになることが多くなった。 自分のエリアに他人が入り込むことを凄く恐れて、猛烈に嫌がる人が多くなったね。 自分だけ良ければそれで全部が解決するとビックリするような振舞いをする人も増えてきた気がする。 人が人を呼んで人と人とが手を結ぶのが…「就職」 就活で試 [続きを読む]