asahimame さん プロフィール

  •  
asahimameさん: 村田ピアノ教室のブログ 〜北海道旭川市より〜
ハンドル名asahimame さん
ブログタイトル村田ピアノ教室のブログ 〜北海道旭川市より〜
ブログURLhttps://asahimame.exblog.jp/
サイト紹介文旭川市でピアノを教えています。黒柴犬ナナコが家族として加わり、当ブログも新たな展開の予感が!?
自由文ピアノブログのつもりではじめたら、いつの間にか昆虫や鳥などの話題が多くなってしまいました。そして黒柴犬ナナコが登場。これからどうなる?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2009/01/28 12:30

asahimame さんのブログ記事

  • 旭川から見える山といえば、、、
  • 大雪山の最高峰、旭岳。写りこんでいる鳥は、キジバトか?近くでアオバトの声も聞こえたので、それかもしれない。ところで映画「羊と鋼の森」では、旭岳は出てこなかったような・・・???十勝岳連峰ばかり。確かに、オプタテシケ、美瑛富士、美瑛岳、十勝岳、、、という山並みは美しい。だったらここで写真で出せば良いのだが、この日は十勝岳連峰には雲がかかっていたし(^_^;)今度... [続きを読む]
  • 地味なヤツ
  • カワトンボ、翅が透明な地味なヤツ。獲物を捕らえ、キショウブで休憩。黄色い菖蒲だから、キショウブ。翅が橙色の派手なヤツも写したけれど、背景がきれいじゃなくて、、、(^_^;)昨日の午前中に出現ポイントに行ってきたのだが、私が見たところ、地味なのと派手なのの比が、10:1くらい。そんなに差があったっけ??? [続きを読む]
  • 脱力は目的ではない
  • ピアノには脱力が必要。確かにそうなのだが、脱力はあくまで、ピアノを美しく響かせたり、弾きやすくするための手段。目的ではない。脱力しても、弾き方によっては良くない音が出るものでして。また、脱力の仕方を間違えて弾きにくくなることだってある。そして、脱力しない体の部位もある。脱力一辺倒だと、FUJIWARA原西のギャグのようになる。。。ピアノを弾くには背骨・・・はもちろん... [続きを読む]
  • 未知の世界へ
  • 地球は丸い、というのは今や常識。だがしかし。地球は平面である、と言われていた時代も長かった。中世のヨーロッパでは、大西洋を西へ進むと、その先は滝になっていて、魔物が棲んでいる・・・なんてことが本気で信じられていたそうな。でもそれは無理のないこと。科学が未発達なこの時代。飛行機もロケットも人工衛星もありゃしない。それを確かめる術はなかった。そこで登場したのが、コロンブス... [続きを読む]
  • 心地よいフォルテを
  • 当ブログでも何度か書いているが、大きい音を出そうとして、ピアノの鍵盤を底までしっかり、力いっぱい叩いても、良い音は出ない。雑音が混じるし、倍音が少ないため、音が伸びない。ハンマーが弦に触れる時間が長いと、弦の振動を減らしてしまう。振動が減るわけだから、必然的に減衰が早くなる≒倍音が少なくなる。力任せに鍵盤を底まで深く打鍵した時に起こる現象がまさにそれ。そういう音は、聴き手はびっ... [続きを読む]
  • 怒られました(^_^;)
  • めっちゃ怒られました。。。センダイムシクイに。。。きっとこの子は子育て中。近くに巣があったのでしょう。めっちゃ追いかけ回されました。。。コワかった〜〜〜www今時期、カラスが人を襲うのも、巣の中の我が子を守るため。子を思う親の気持ちは皆同じ。ちなみにセンダイムシクイですが。。。怒る理由がもう一つ。。。・・・ムシクイって呼ぶなーーー!!!ほんと、もっと良い... [続きを読む]
  • 音楽と競争
  • 恩田陸著の「蜜蜂と遠雷」は、ピアノの国際コンクールが舞台の長編小説。コンクールの参加者たちは、ライバル同士が火花を散らし・・・ではなく、お互いの演奏に刺激を受け、尊敬し、それぞれが高め合い成長してゆく・・・非現実的かもしれないが、実に感動的。「羊と鋼の森」同様、映画化求む。ドラマ化も良いっすねwライバルとは好敵手。他人のミスを喜んだり、他人の演奏に点数をつけたり、、、そう... [続きを読む]
  • ロシア・・・
  • ピアニストをもっとも輩出している国は、ロシアであることは間違いない。(ウクライナ、ベラルーシ等、旧ソ連の国々も含む)ラフマニノフ、ネイガウス(父子)、ホロヴィッツ、リヒテル、ギレリス、ソコロフ、プレトニョフ、キーシン、トリフォノフ、、、ほかたくさん。。。それはロシアのピアノの教育が優れているからに他ならない。近代的ピアノ奏法の生みの親とされるショパンとリストの伝統を受け継ぎ、それを発展... [続きを読む]
  • 羊と鋼の森、見てきました。
  • 羊と鋼の森、見てきました。とても良い映画でした。旭川界隈の知っている場所や見慣れた景色もたくさん出てきたし。ピアノに馴染みのない人でも楽しめると思います。みなさまもぜひ!映画の詳しい感想については、書かないことにしておきましょう。見てのお楽しみ、ということで。代わりというわけではないが、宮下奈都さんの原作のことをほんのちょっと。映画のロケ地は旭川市とその近郊だったが、原作... [続きを読む]
  • 子どもの練習時間
  • 今日は寒い、旭川。最高気温は13度にしかならないとのこと。雨も降り続く。散策できないから、今日はピアノの練習がはかどりそう。ん?パソコンの前に座ってブログ更新している場合じゃないって?・・・しますよ、午後から。。。生徒に練習時間をどれほど求めるかは、たいへん難しい問題でして。私は何時間しなさい、とかは言わず、テーマを与えるようにしている。長時間ダラダラ練習するより、短時... [続きを読む]
  • 長い目
  • さて、発表会が近い。今年は7月21日(土)開演は、午後1時00分。会場は、旭川市大雪クリスタルホール音楽堂。使用するピアノは、スタインウェイ。もちろん生徒には上手に弾いてほしいが、自分なりのベストを尽くしてくれれば。そして、発表会が良い思い出になってくれれば、ワタクシは満足。目先の結果を求めすぎると、、、いろいろと、、、ね。。。やはり、長い目で見なければ。キジバト... [続きを読む]
  • 上手な演奏と、魅力的な演奏と、
  • 行けなかったけど、1週間前のフジ子・ヘミングの旭川公演、素晴らしかった、と、何人かの生徒から報告が。皆が口を揃えて言うことは、「音が美しい」詳細なプログラムは聞いてないけど、ショパン、リストの大曲が並んでいたとのこと。・・・上手な演奏を仮に、音が正確でミスが少ない演奏、と定義すると、現在のフジ子・ヘミングは必ずしもそうではない。もちろん、年齢的なものはあると思う。女性の... [続きを読む]
  • 生まれながらの
  • 生まれながらおもしろい人っているよね。ふつうのことを言っただけなのに、なぜかおもしろい。こればかりは、才能っすね。。。マジメなワタクシは、おもしろいことなんてじぇんじぇん言えましぇん。。。コサナエ。。。キミの顔も、まぁまぁおもしろい。。。 [続きを読む]
  • 生徒ファースト
  • 一時期流行ったね、〇〇ファーストって。先生が生徒のことを第一に考えるのは当然のこと。生徒のために先生がいるのであって、先生のために生徒がいるのではない。生徒がピアノと良好な関係を築けるように導くのが指導者の重要な役割。時には厳しさも必要かもしれないが、厳しすぎてピアノが嫌いになったら何にもならない。逆に甘すぎてもいけませんwそこは指導者の腕の見せどころ。生徒が人前で演奏す... [続きを読む]
  • 一見弱々しいけれど・・・
  • 飛びモノ撮るのは難しい。小鳥もちょうちょも昆虫も。初夏に出てくるヒメウスバシロチョウ。羽化して間もないこの時期は、ほとんど止まってくれませぬ。。。半透明な翅に、弱々しい飛び方。見た目は儚いちょうちょだけど、元気が有り余ってます。。。偶然写った。。。今日の旭川は30度。ちょうちょを見倣って我々も頑張りましょね〜 [続きを読む]
  • またもや最初にごめんなさい、、、
  • ・・・わかりますよね?↓のmoreを すると、ヘビの写真が出てきます(爆)ということで、近所に咲いていたきれいなお花を。。。アヤメ???それともハナショウブ???カキツバタは水気の多い湿地帯にあるそうなので。、、、ということで、興味がありましたら、ヘビの写真をご覧くださいwヘビと言っても、今日のはなかなかカワイイと思うのですが??? [続きを読む]
  • そういえばコイツは、実の親が誰だか知らない・・・
  • カッコウが空を飛ぶ。遠くてわかりにくい・・・(^_^;)でも間違いなくカッコウ。鳴いてたから。声で間違えるはずがない。。。カッコウは他種の鳥の巣に卵を産み、その鳥に我が子を育ててもらうという、いわゆる托卵を行う。だから実の親はもちろんのこと、実の子のことも知らない。。。全世代が育児放棄。。。ちなみにここにはオオヨシキリがたくさんいる。このカッコウの育ての親も、オオ... [続きを読む]
  • 聴くのも見るのも、実物にはかなわない。。。
  • スクリャービン作曲 前奏曲集よりピアノ ディーナ・ヨッフェ実演でも聴いた、この作品。でも機械を通して聴くと、実際よりも音が硬く感じる。本当の音はもっとやわらかく美しく色彩豊か。ショパンも、アンコールのモーツァルトも、実に素晴らしかった。やはりホールに足を運ばなきゃね。ミヤマカラスアゲハ。実物はもっと美しい。写真でもきれいに写るが、臨場感に欠ける。それにし... [続きを読む]