asahimame さん プロフィール

  •  
asahimameさん: ピアノ教室の風景
ハンドル名asahimame さん
ブログタイトルピアノ教室の風景
ブログURLhttps://asahimame.exblog.jp/
サイト紹介文旭川市でピアノを教えています。黒柴犬ナナコが家族として加わり、当ブログも新たな展開の予感が!?
自由文ピアノブログのつもりではじめたら、いつの間にか昆虫や鳥などの話題が多くなってしまいました。そして黒柴犬ナナコが登場。これからどうなる?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2009/01/28 12:30

asahimame さんのブログ記事

  • 勝手に開花宣言
  • 神楽岡公園の開花標準木とは関係なく、毎年、近所の桜で勝手に開花宣言しているワタクシ。。。どうやら今日、出しても良さそうです。午後2時ごろの段階では、ちょっと微妙だっが(^_^;)このあと晴れたので、ちゃんと咲いたんじゃない??? [続きを読む]
  • 鍵盤の底まで弾いたところで・・・
  • ピアノは、メーカーによるクセがすごいっ(千鳥ノブ風)コチドリ。。。・・・私が普段使用しているピアノは、ヤマハのフルコン。先日リサイタルで使用したピアノは、スタインウェイ。スタインウェイはヤマハと比較して、音の出はじめがちょっと浅い気がする。スィートスポット(もっとも音が響くポイント?)も、ヤマハと比べてちょっと浅いと思う。もちろん、個体差(と言っていいのか?)はある... [続きを読む]
  • 共鳴
  • ショパンとシューマンは、共に1810年生まれ。ピアノの大家であるところも共通するけれど、作風はまったく異なる。同時に、テクニカルな違いも大きい。シューマンはドイツの伝統的な奏法で、ショパンはのちのロシアピアニズムに通じる近代的ピアノ奏法だったと思うのだが、それはダンパーペダルの効果にも表れているように思う。シューマンの作品は、ペダルをタイミングよく上手に踏まないと、音が濁りやすい。... [続きを読む]
  • 目的は?
  • 今日の目的は、ヒメギフチョウだった。目的達成〜カタクリにヒメギフチョウ。ゴールデンコンビ。・・・ピアノを弾く目的、ピアノを習う目的は何?弾く人は、聴いている人を心地よい演奏を届けるべく、努力をすることが大切なのでありまして。結局それは、人に対する思いやりとやさしさ。美しい音色をお届けしたい。より良い音楽を提供したい。聴いてくださる方のために、一生懸... [続きを読む]
  • やはり音色
  • 手前味噌で恐縮だけど、、、今回のリサイタルでは、ピアノの音色が美しかった、響きが多彩だった、という旨のことを、多くの方から言っていただいた。もっともこだわっていることだけに、素直に嬉しい。ワタクシ、褒められたら伸びるタイプだけに(こら)コヒオドシ。当ブログでは久々の登場か?いつも言っていることだが、弦楽器も管楽器も打楽器も声楽も、より美しく響かせるべく音作りをす... [続きを読む]
  • 流派
  • 今日から仕事再開ってことで、ピアノの話をば。。。弾く時も教える時も、もっとも大切にしているのは、音色、響き。指が速く回る、というのは二の次。ただ速く弾いても音色が美しくないと聴き心地がよくないし、そういう弾き方は限界が早い。逆に美しく響かせることを基本にしていた方が、最終的に速い動きも滞りなくできるようになっていくもの。速く動かそうとすると、本能的に手の甲の側、伸筋を酷使してし... [続きを読む]
  • 今季初ヒメギフ
  • ヒメギフチョウの探索に行って参りました、、、が、、、今季初撮りは、翅が破れていた・・・羽化してそれほど日が経っていないだろうが、、、やはり厳しい、自然界。でもこのあと、元気よく遠くへ飛んでいきました。さて、明日から仕事再開。いつもの日常が戻ってくる。次の目標に向けてがんばろう。 [続きを読む]
  • リサイタル、無事終了!
  • リサイタル、無事に終了いたしました〜!聴きに来てくださった方、お手伝いをしてくれた方、調律師さん、ホールのスタッフの方、などなど、すべての方に感謝いたします。本当にありがとうございました!差し入れもたくさんいただきました♪お花スィーツお酒謎の風船(笑)こちらもありがとうございました!3度目の今回がいちばん、自分が出したい音色を出せたかな?聴いてくださっ... [続きを読む]
  • 放っていおいても、、、
  • 一生懸命に練習して弾けるようになったのに、、、ちょっと弾かないとすっかり忘れてしまった・・・(^_^;)これ、ピアノではよく聞く話。でも、そんなに忘れない人もいる。忘れる人と忘れない人の違いは、もちろん実力もあるだろうが、奏法による影響もかなり大きい。ウチに来て奏法を変えた生徒がよく言うのは、、、「以前の弾き方で弾いていた曲は全然覚えていないけど、ここに来てから弾いた... [続きを読む]
  • マヒワ
  • マヒワのメス。渡りの時期に遭遇する頻度が高い気がする。図鑑によると、大雪山などの標高の高い針葉樹林で繁殖するものと、北方圏から渡って来るものがいるらしい。北方圏とは、シベリアとかカムチャツカあたりか?つまり、ロシア。ロシアといえば今年、サッカーのワールドカップがあるのだが、、、・・・この時期に監督解任、、、かぁ(^_^;) [続きを読む]
  • 黄昏時のキレンジャク
  • 待ちに待ったキレンジャクにやっと会えた!!!黄昏時だけに、こんな感じ。。。でも、これで気分良くリサイタルに臨めそうですwww・・・欲を言えば、もっと明るい時間帯に、ちゃんと撮りたいな〜まだしばらく滞在してくれるだろうから、明日以降、がんばろ〜・・・むしろピアノの練習をがんばれって?(^_^;) [続きを読む]
  • 美意識
  • 楽器を美しく響かせる。ピアノも例外であるはずがない。生徒に教える時も、自分が弾く時も、いちばん大切にしていること。耳を育てる、とよく言うが、美しい音色を聴き分ける、というのがもっとも大切なことなのでは?音楽はどこまでも美しくなければ、ね。コブシの花芽。散策の衝動に駆られる、旭川の美しき早春。でもリサイタルがあるから、我慢、我慢。。。・・・我慢してないか... [続きを読む]
  • 花鶏・・・
  • ・・・と書いて、アトリと読む。。。北帰行の途中、今頃の季節に立ち寄ること多し。このあとロシアへの長旅が残っている。旭川でゆっくりしていってね〜ラーメン美味しいよ(違) [続きを読む]
  • 雲雀
  • 春告鳥、とは、ウグイスの別名。でも、旭川にウグイスが到着するのは、もう少し先。春を告げるには、ちょいと遅い。私にとっての春告鳥は、ヒバリ。今年もおかえり。長旅お疲れさま。今日は曇り空ゆえ、美空ヒバリとはいかなかったけれど、元気な姿を見られたので満足。 [続きを読む]
  • 好きこそものの上手なれ
  • ピアノに限らず他の楽器も、スポーツもそうだと思うが、、、それそのものが好きにならないと、練習が苦痛になることも。我ら指導者がレッスンで最優先に行うべきことは、ピアノの素晴らしさ、演奏することの楽しさを生徒に伝えること。好きになれば、自ら進んで弾くようになるもの。ピアノを好きになってもらうには、レッスン中のダジャレ・・・は言わなくて良いが、やはり指導力が問われる。ユーモアはセンス... [続きを読む]
  • 環境を変えて練習してみる
  • ピアノは自分の楽器を持ち運べない。その場にあるピアノを弾かなければならない。もちろん普段から色んな環境のピアノで練習できるに越したことはないが、ホールを借りるとお金がかかる、人ん家のピアノを借りると迷惑がかかる。。。でも自宅でだって、ピアノそのものは無理だが、本番を想定し、周囲の環境をある程度変えて練習することは可能。照明の明るさを変えて練習するとか。眼鏡やコンタクトを外し... [続きを読む]