MATHMATH さん プロフィール

  •  
MATHMATHさん: 授業がんばりMATH
ハンドル名MATHMATH さん
ブログタイトル授業がんばりMATH
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tamusi22
サイト紹介文毎日の算数授業奮闘記やふとした呟きを綴っていきます。
自由文家族と算数教育と酒と料理を愛する小学校教師の,授業奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/01/29 14:58

MATHMATH さんのブログ記事

  • グラフを使って
  •  「たけしさんが自転車で公園に行きます。」とだけ板書・視写します。そしてすぐに短冊黒板に書いた「問いかけ」だけを5つ貼っていきました。これだけでは子どもたちは問題に取り組むことはできません。そこで,「今から,必要な情報を見せるので,見たらすぐに5問に取りかかりましょう。」と言いながら,小黒板に書いた「グラフ」を見せました。子どもたちはそのグラフを見ながら,問題に取り組んでいきます。 最初の2問は, [続きを読む]
  • 将棋の駒
  •  空前の将棋ブームです。「ヒフミン」や「藤井4段」の影響であることは間違いないでしょう。私は高校時代将棋に熱中していたこともあり,このブームは大変喜ばしく感じています。ちなみにみなさん「ヒフミン」などといっていますが,当時私が最も尊敬していた棋士がこの加藤一二三先生で,その影響で私は「居飛車党」でした。加藤先生の将棋の本はほとんど持っていたのです。 さて,将棋といえば「駒」があります。ご存じのよう [続きを読む]
  • おもてなし2(学ぶ会から)
  •  先週の土曜日に,「算数を学ぶ会」が行われました。県レベルを超えた研究会を1ヶ月後に控え,授業者の方とともに,発表者の先生からも提案がありました。この日は県内5名の発表者のうち,3名の方がお見えになっていました。もうすでに「プレゼン」の準備が進んでいる方から,資料ができあがったところ,など進捗状況は様々ですが,どれも参考になる実践ばかりでした。 授業は3年生の「分数」で,同分母分数の足し算を考える [続きを読む]
  • おもてなし1(準備会から)
  •  先週、県レベルを超えた研究会を運営していくための「準備会」が行われました。小・中・高校・大学の算数・数学部会の会長・副会長・事務局長が集まって、運営についての確認や検討を行う会です。何度かやってきましたが、いよいよ今回が最後の会となります。 大会は、2日間にわたって行われます。1日目は「全体会」や「講演」がメインです。県外から参加される先生方のために、「交通案内」「受付」「お弁当」などの件につい [続きを読む]
  • グラフの特徴
  •  比例のグラフの特徴をまとめていきます。前時に4種類のグラフ(和一定,差一定,比例2種)が正しいかどうかを確認します。4つめのグラフは,縦軸の目盛りを子どもたちが自由に取るので,間違いもありますし,正解でも同じ傾きには見えないものがあります。それを確認した後,座標に点だけを取ったものを見せ,「このグラフはどの表でしょうねえ。」と尋ねました。これは,「年齢と身長」を表したグラフです。それが分かった後 [続きを読む]
  • グラフへ
  •  比例についての学習をさらに進めていきます。運動会等の関係で4日ぶりの算数の授業となったため,前時までの復習からスタートします。最初は「表から式」を作る練習です。比例関係が見えているものは特に簡単にできます。これまでに使っていた表に加え,別の表を見せて考えさせましたが問題なく作ることができました。 次は,表を見せずに「関係を表す文」から式を作る問題です。こちらになるとできる者とできない者が大きく分 [続きを読む]
  • 比例の判定
  •  前時までに,ともなって変わる2つの量を表した「表」の中から,「変わらないもの」を見つけ,それを「y= 」の式にしていくことを学習しています。前日の最後には,比例関係にあるものの式を考える活動を『ノートにしゃべろう』にしてありました。まずそれを確認し,他の「比例関係」にある表についても同様に式化していきます。 3つの表を式化すると,どれもシンプルな「かけ算」の式になっていることが見えてきます。ここで [続きを読む]
  • m法はどうなるの?
  •  某小学校の初任者研修の授業に呼ばれています。以前いっしょに勤めていた校長先生からのお願いで,引き受けています。その授業の事前研究のために私の学校に学年主任と共にやってきました。 授業は,3年生の「重さ」の導入場面ということで,放課後1時間くらい,私の教室で検討会を行いました。その授業については,後日実際の研究授業・授業研究会の際に報告したいと思います。 さて,指導案が「重さ」になっていたので,全 [続きを読む]
  • 自主研究会研修2(お金の出し方)
  •  自主研究会2本目は3年生の「足し算と引き算の筆算」です。筆算の学習をした後の「活用」として「お金の出し方」を考える問題でした。今年の夏の「セミナー研修」でよく似た授業を見ました。https://blogs.yahoo.co.jp/tamusi22/40429263.htmlこのときは,「気持ちのよいおつりを出そう」と直接的ではありませんが,硬貨の枚数を意識させよう,とするしかけ含んだ課題にしていました。しかし財布の中身がはっきりしないまま考え [続きを読む]
  • 自主研究会研修1(円の活用)
  •  先週の土曜日,翌日に「運動会」を控えているというのにもかかわらず,某公立小学校の自主研究会に参加してきました。(この日から10週連続で週末は研修が予定されています。)夜行バスを使っての大移動です。この学校は,もうかなり前から「自主研究会」を行っていることで有名な学校で,一度行きたいと思っていたのですが,なかなかその機会がなく,今回思い切って参加することにしました。授業は3コマありますが,算数はそ [続きを読む]
  • 実験・実測で
  •  6年生としての「比例」の学習を進めていきます。前時に「ともなって変わる2つの量」を表した「表」を見つけていく活動を行いましたが,2種類のものだけは結論がはっきり出ていませんでした。水槽に水を入れる場合の「水の量」が増えたとき,「深さ」「重さ」がどう変わるのかを考える問題です。そこで今日はまずそれをはっきりさせます。 前時の「予想」では,圧倒的に「両方比例する」という意見でした。その理由を「絵」を [続きを読む]
  • 「比例と反比例」導入
  •  「比例と反比例」の単元に入ります。導入では「ともなって変わる量」を意識させるため,スライドを用意しました。いろいろな場面で,時間の経過後の図を作りました。最初の図は,水槽に水を入れていく絵ですが,2枚目は1枚目より多く入っています。同様に,ろうそくの絵ではだんだん短くなっていく様子を見ます。このような絵を見せながら,「変わっていったものはなんだろう。」と発問して見つけさせ,それらの2つの量を「2 [続きを読む]
  • 追いつき算
  •  「変わり方を調べて」の第2時は「追いつき算」です。前時同様,問題文ではなく,図を使って問題の意味を確認します。何分後にスタートしたのかを示さないまま追いつく時間を「予想」させ,それを検証していくパターンです。 8分,10分,13分という予想が出たので,それで追いついているかどうかを計算で確かめます。どれもまだ追いついていないことが分かりました。先に出たまゆみの計算がややこしいようです。「出発」がどの [続きを読む]
  • 出会い算
  •  「速さ」の単元の延長として,小単元「変わり方を調べて」があります。これは古典算と言われる問題を表を使って解決させようとする単元です。 この日は「出会い算」です。ただし今回は,「問題文」を書かず,情景図で問題を理解させます。まず2人のキャラクターを登場させ,歩く速さ(分速)を知らせておきます。次に学校と家の絵を描き(私,絵心ありません),その間の道のりは示さないまま,「2人は何分後に出会うでしょう [続きを読む]
  • 実生活との関連(入試問題から)
  •  「今まで算数を学んできた中で,実生活において算数の考え方が活かされて感動したり,面白いと感じた出来事について簡潔に説明しなさい」 上の問題は,某難関中学校の「受験問題」に出題されたものだそうです。そのような学校の入試問題と言えば,「難問・奇問」と言われるものを想像するのですが,このような「粋な問題」もあるんだと感心しました。 さてこの問題に対して,「頭のよい小学生たち」はどのように答えるでしょう [続きを読む]
  • いろいろな速さ
  •  単元の最後は「いろいろな速さ」を考えていきます。 「どっちが早いかな。」といいながら,2つの小黒板を見せました。これは「印刷機」の印刷の「速さ」を比べる問題です。特に難しいところはありません。単純に1分間に印刷できる枚数を計算すれば分かりますので全ての児童が短時間にできました。一応「十字」(四マス関係表)で立式の意味を確認しておきます。 さらに,このような場合「分速80枚」とは言わず「毎分80枚」と [続きを読む]
  • 学力向上フォーラム
  •  先日,校務出張として「学力フォーラム」に参加してきました。校内で「学力向上推進員」になっているためですが,もう何度も参加しているのでやや食傷気味です。 今回も,「学テ」で上位常連の県から講師を呼び,講演がありました。もちろん毎回人は変わっていますが,内容は似たり寄ったりです。おおむね,「地域全体で,授業スタイルを統一している」「めあて・まとめをしっかり書く」などです。もちろん「授業力向上のための [続きを読む]
  • 教育実習生の授業(評価授業)
  •  教育実習生の授業最後は「評価授業」と言われるもので,管理職や教育実習全体の担当の先生なども参加して研究授業・授業研究会を行います。 この日は「表からきまりを見つける」ことを「めあて」とし,問題を板書・視写しました。前日までと違うのは,合計を求めるのではなく,差を求めることになっています。何も考えずに自力解決させるとほとんどの児童が問題文を読んでいないまま進めることになるでしょう。 そこでまず,前 [続きを読む]
  • 教育実習生の授業(表へ)
  •  教育実習生の授業2時間目です。「場合を順序よく整理して」の第2時で,問題は前時と同じ「二元一次連立方程式」になる問題です。第1時は「自由に解決」させ,試行錯誤で取り組みました。そんな中でもノートに「表」に近い表現をしている児童が何人もいました。それを電子黒板で写し,「表にかいて答えを見つけよう。」という「めあて」を設定し,問題文を板書・視写しました。私の授業とはかけ離れていますが,算数授業の基本 [続きを読む]
  • 「中途半端」
  •  左の問題は,試行錯誤で答えを見つける問題です。その試行錯誤のスタート地点は「0と30」「1と29」「15と15」がほとんどで,一部に「10と20」などがいる程度です。ところがそんな問題に対して,「中途半端」な所から考え始める児童がいました。 それが右の児童です。なぜか「8と20」から考え始めているのです。この場合,合計が28で30になっていないので間違っていることが分かります。するとこの児童はここから,「18と12」 [続きを読む]
  • 文章題に向かう子どももたち
  •  教育実習生の授業をみました。自分のクラスの子どもたちを自分が授業をしない立場で見る,というのは滅多にないことです。我がクラスの子どもたちがどんな考えをしているのか,じっくり拝見することにしました。 この日の授業は,左のような「場合を順序よく調べて」の導入場面です。中学生であれば「連立方程式」で解く問題ですが,小学校ではいろんな場合を調べ,表にまとめて考えることになります。ただ,導入のこの時間は, [続きを読む]
  • 教育実習生(場合を順序よく)
  •  新学期早々から「教育実習生」が来ています。例年は地元の私立大学から2週間の実習にやってきて,「2種免許」を所得します。今年は,県外の大学から1種免許を取るために来られるので4週間という長さになっています。どうして本校に来たのかというと,「母校」だからです。9年前に本校を卒業されたそうです。私は本校で8年目になりますので,私が来る少し前まで在籍していたのかと思う,「歳をとるはずだなあ。」と感じてし [続きを読む]
  • 学テ報告書B問題
  •  全国学力・学習状況調査報告書のB問題からです。以前に新聞報道があったとき,意外に正答率が低かった「仮平均」の問題についてです。[]私はこの問題はもっとできるのではないかと思っていました。それは「なぞり問題」と言われる出題方法だったからです。ところが実際にはかなり低い正答率になっていました。 報告書ではその改善に向けた取り組みについても述べられています。それによると,「測定値の平均を工夫して求めるよ [続きを読む]
  • 学テ報告書A問題
  •  職員室に帰ると私の机の上にダンボールが置かれていました。何かと思って中を開けてみると,「全国学力・学習状況調査報告書」が入っていました。私はもう長い間学校の「学力向上担当」になっているので慣れっこになっているのですが,他の先生方にとってはどうなのでしょうか。毎年「回覧」はするようにしているのですが,記憶のどこかに残っているのでしょうか。 このブログでは,新聞報道の時も少し綴りましたので,それらも [続きを読む]
  • 速度の関係
  •  秒速,分速,時速の関係について学習する時間です。 基本中の基本と言える分速を求める問題を出題します。子どもたちはすぐにできています。一応「十字」(四マス関係図)をかいて,式が正しいことを確認します。ここまで5分足らずでできています。 ここで問題文の「分速」の上に画用紙で書いた「時速」を重ね,「第2問,やってみてください。」と出題します。子どもたちは予想通り2通りの解決方法をしてきます。一つは,問 [続きを読む]