MATHMATH さん プロフィール

  •  
MATHMATHさん: 授業がんばりMATH
ハンドル名MATHMATH さん
ブログタイトル授業がんばりMATH
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tamusi22
サイト紹介文毎日の算数授業奮闘記やふとした呟きを綴っていきます。
自由文家族と算数教育と酒と料理を愛する小学校教師の,授業奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/01/29 14:58

MATHMATH さんのブログ記事

  • いろいろな四角形作図
  •  5つの条件を使って,いろいろな四角形を作図していく時間です。教科書では1時間扱い(四角形の作図は扱わない教科書もある!)ですが,作図技能を高めたり,図形の見方を鍛えたりするためにもしっかり活動を取り入れます。先ず前時同様,一般四角形の作図を確認しておきます。四角形の場合,コンパスよりも分度器を使いたがる傾向が見られるのですが,意図的にコンパスを使っての作図をさせておきます。 また「裏技」というこ [続きを読む]
  • 四角形の作図
  •  先ず前時の三角形の作図練習をします。6つの問題を出しましたが,それぞれ3種類の作図と,出題の仕方を組み合わせた6問です。子どもたちは結構うまく作図しています。コンパスを使うとき,机の上や下敷きをしいたままの人がいたのでそれは指導します。途中で,「ウとカはいっしょや。」と気づいた児童は,きちんと数字を見たり,出来上がりをイメージしながらやっている証拠でしょう。 続いて,四角形の作図に移ります。電子 [続きを読む]
  • 作図
  •  合同な図形を作図していきます。シンプルに課題を伝え(「作図」という言葉は指導),作図すべき三角形の情報も全て示しています。しかも,作図する用紙には,底辺BCを示しています。自力解決としてはかなり容易になっています。ただし自分のやったことについては,ナンバリングをしながら説明することを要求しました。 5分程度の時間で,分度器を使って作図する方法は出てきました。ただし,コンパスだけで作図する方法は出 [続きを読む]
  • 時間不足から(+α合成)
  •  指導計画では,前時に「四角形を対角線で三角形に分けたときの合同」を終わり,「合同な図形の作図」に入ることになっています。しかし前日が「短縮授業」だったため,「平行四辺形とひし形を2本の対角線で4つの三角形に分けたとき」のことが確認できないまま,作業だけで終わってしまいました。その作業は後5分あればできていたと思うのですが,できていないものは仕方ありません。ではどうするべきか考えました。 前時の残 [続きを読む]
  • 短縮授業(対角線と合同)
  •  合同の概念を学習しましたので,四角形を対角線で分けたときの形を合同の視点で見直す時間です。 「この長方形を一本の直線で分けて,合同な形にするにはどうすればいいかな。」と尋ね,対角線を引き出します。もちろんその他の切り方もありますが,ここでは脇に置き,今日の活動(こういうのはめあてではない)を規定します。 対角線はそれぞれ2本引けるので,隣同士で役割分担をして調べていきます。図形は印刷して与えてい [続きを読む]
  • 学テ解説書
  •  4月に行われた「全国学力・学習状況調査」の「解説資料」が送られてきました。毎回のことですが,あまり目を通されていないのが現状ではないでしょうか。同様のものが「秋」にも送られてきますが,こちらの方は「正答率」などの結果と共に,改善するための指導についての示唆も示されています。今回のものは,問題自体の意図や説明だけで,この問題に対する結果などは全く示されていないので,ほとんどの人が見ていないような気 [続きを読む]
  • 隣の学校へ(かさ調べ)
  •  先週の木曜日に,隣の学校(同じ中学校に進む)の校内研修に招かれ,参加してきました。新任2年目の若い先生の授業を見せていただきました。 2年生の「かさ調べ」で,量感を養うための活動をする場面でした。教科書には,1Lと思う量を量らせてみたり,身近なもの(鍋など)が何Lになるのかを調べたりする活動になっています。 この日も,先ず2人組になって1Lと思う量を量り取らせます。ただしこのときの「容器」は自由 [続きを読む]
  • 合同の性質
  •  前時に合同を導入しましたので,この日は性質や性質を使って考えていく場面です。 まず,前時の最後に話題となった,「二等辺三角形の分割」で,合同になる切り方と合同にならない切り方を確認します。合同にならない方は,図形を回して底辺を変えてみると,「これはだめだ。」と判断できるのですが,回さないとだまされてしまいます。また,合同になる方も,ぴったり重ねるためには「裏返す」という操作をしなければならないこ [続きを読む]
  • 「合同」導入
  •  5年生初めての「図形領域」単元の「合同」に入ります。導入はいつもの「カミナリ形」ですが,子どもたちはこれを見て「カミナリイレブン」と名づけたのでそのまま進めていきます。 最初,形を見せただけで3人の児童に,「点と点をつないで2つを分けてください。」というと,見事に同じ形になる切り方を示してくれました。これは過去の実践でも全く同じで,子どもというのは本来,そんな切り方をしたいものなのでしょう。その [続きを読む]
  • 置き換え
  •  「同じものに目をつけて」の第3時は,「置き換え」の問題です。ここはこれまでのスローペースから一気にスピードアップします。 問題を視写させればすぐに「自力解決」します。しかし時間は5分ほどにしておきます。(それでも私には長いくらい)この段階で解決しているのは4名ほど。ほとんどの児童が「1500÷2」と,問題文にある数字を使って「計算」で求めようとしていますが,十分に題意が伝わっていない面もあります。こ [続きを読む]
  • 水無月研修3(足し算・指導案)
  •  某研究会3本目は3年生の「大きな数の足し算」でした。先の授業と同様に,決められた答えになる計算を考える問題です。1〜9までの9枚のカードで四桁同士の足し算筆算を作り,和が10000になるものを考えるのです。 この日の研究会は,立て続けに3本の授業が行われました。受付をしてすぐに指導案を読み始めて2本目の途中まで読んだ時点で最初の授業が始まりました。つまりこの授業を観ているときは指導案に目が通せていな [続きを読む]
  • 10周年(一担任・授業人)
  •  本ブログ「授業がんばりMATH」は,今日7月10日で,10周年を迎えました。自分自身の算数実践の「記録」として始めたものですが,我ながら長く続いてるな,と感じています。自分の実践を「発信」し続け,たくさんの方が読んでくださっていたり,時折このブログを通じて交流できたりしているのが長く続いている原動力だと思っています。本当に感謝したいと思っています。 さて,今日のような「節目」の時には自分自身のつ [続きを読む]
  • 水無月研修2(3口の足し算)
  •  某研修会2本目は,2年生の「足し算と引き算の筆算」の活用授業です。授業会場に行くと,誕生日の数字を利用した数字遊びが行われていました。私は授業前のプレ活動だと思っていたのですが,実はもう既に授業は開始されていたのです。 三口の足し算で,答えが20になるものを考えることからスタートです。(指導案では和が10からになっていたが,これも( )書きであったので予定通りと言えるのかもしれません。)この問題 [続きを読む]
  • 大雨の影響は
  •  週末から各地で大雨が続きました。皆様の地域ではどのような状況でしょうか。当地は,金曜日に「大雨警報」が出たため,学校は臨休となりました。そのような状況の中で,翌日の土曜日に予定していた「算数を学ぶ会」についてどうするべきか思案していたのですが,夕方になっても警報が解除されない状況見て,いつも参加してくださっている先生方には,「土曜日,11時時点で警報発令していれば中止する」という旨のファックスを [続きを読む]
  • 水無月研修1(角速度)
  •  先週の土曜日,某研究会に参加してきました。3本の授業がみられ,大変素晴らしいものばかりでした。特にシンプルな教材の中に奥深い内容が隠れているものばかりでした。今回は教材を中心に自分なりの教材研究をしてみたいと思います。 1本目の授業は,5年生での「速さ」です。現行の学習指導要領では6年生での内容ですが,来年度からは5年生に移行していく内容です。今回は試験的に,単位量あたりの学習の終末に速さ導入の [続きを読む]
  • 飛び込み授業(魔方陣)
  •  3年生の担任の先生が,筑波の方へ1週間研修に出かけました。そのため教務から補教を頼まれましたので,新しい学校でもこれまで通り,「授業をやらせてください。」とお願いをして飛び込み授業をしました。 題材は「魔法陣」です。もうかなり前に研修で学んだものです。[] 1から6までのカードと,6ます・三角形の魔法陣を見せて,適当にカードを入れさせます。各辺の合計を計算させた後,「今日はどの辺も,足し算をすると [続きを読む]
  • 同じものに目をつけて繰り返し
  •  文章題単元「同じものに目をつけて」を進めます。前時に1時間かけで問題の考え方を全体に伝えました。「今日は,昨日の話し合いがみんなに伝わっているかどうかを確認します。」と言って,前時と同じ構造で数字の違う問題を出しました。いわゆる「適用題」です。 すぐにできる者が7割に増えました。試行錯誤でやっていた児童は,今日も移行策後でやっています。2名だけは前時の話が伝わっていない様子です。約5分で9割の児 [続きを読む]
  • 「同じものに目をつけて」導入
  •  啓林館独自の「文章題」単元である「同じものに目をつけて」に入ります。相殺や置き換えというタクティクスを学ぶ学習と言えるでしょうか。 この手の文章題は,典型的な「問題解決型」で進めます。知識・技能的に新しいことは全くありませんので,これまでに身につけていることと「イメージ」を使って問題に立ち向かってほしいものです。そのためいきなり「めあて」として「自分の力で答えを見つけ,分かりやすく説明する」を設 [続きを読む]
  • 計算の間の関係
  •  「式と計算」の単元最後は,「計算の間の関係」を学習します。この学習では,□を使った式がイメージできなければなりません。いきなり黒板に「めあて」を書きます。「お話に合うように式を作ろう。」ですが,これだけでは子どもたちには分かりません。すぐに「お話」も板書します。簡単なお話になっています。「では,このお話を式にしてみてください。」と突き放しました。ここですぐに動く者と全く動けない者に分かれます。動 [続きを読む]
  • 某附属小研究会2(立体ブロック)
  •  某附属研修2本目は,2年生の「どんな計算になるのかな」です。いわゆる「式に表す・式を読む」の類いの授業のなのですが,大変面白い教材を紹介してくださいました。 左を見ればブロックは5個のように見えます。しかし実際は6個です。なぜなら,中央のブロックだけ2段に積まれているのです。 ブロックを並べてその数を式などを使って表す授業・教材はたくさんありますが,このように「立体」に積んだものを数えさせようとする [続きを読む]
  • 某附属小研究会1(プログラミング)
  •  先週の土曜日に,某国立大学附属小学校の研究会に参加してきました。もう何度も足を運んでいる学校ですが,今回は「保護者」(この学校に子どもさんを入学させようと考えておられる保護者の方のようです)の方も参加していました。 1本目の授業は3年生の「足し算と引き算の筆算」で,「筆算マシーンを作る」という課題でした。典型的な「プログラミング教育」で,新学習指導要領で大きくうたわれていますが,内容がはっきりし [続きを読む]
  • 某市研修会(クッキー問題)
  •  先週の木曜日に,某市の算数研究会に招かれて参加してきました。県内第2の都市ですので,参加された先生もかなりの数になっていました。この地は約10年前に県レベルを超えた研究会をされた地域で,そのころよく通っていたので知っている先生も何人かいらっしゃいました。その時授業をされた若い先生が,部会の部長をされていたのも年月を感じてしまいますが,そのように研究大会を経て,算数に携わってくださっていることはあり [続きを読む]
  • 黒石
  •  碁石問題で,黒石の数を考えていきます。既に前時に「自力解決」は終了しています。それでもまず「問題文」はきちんと板書します。終末に「発展」させるためにそうしたのですが,結果的には意味のないことになってしまいました。 子どもたちのノートに示された「図」をスキャナで取り組んで,大画面に映します。その図を見てどのような「式」なのかを考えていく展開です。この日は前日と逆で「図から式」を考えるわけです。 最 [続きを読む]
  • 式の読み方
  •  左は「式のよみ方」という小単元で,見開き2ページ,2時間分の教科書の内容です。1時間目は並んだイチゴの数の求め方で式と図を対応させようとする問題です。適用題は,式と買い物の内容を考えさせます。2時間目は,正方形状の並んだ碁石の数の数え方に進みます。 まず最初の「イチゴの数」ですが,与えられた式と図を対応させるのではなく,自分で主体的に「式を見出し」「図で説明」しようとする場面が必要でしょう。そこ [続きを読む]
  • 計算の工夫
  •  前時に,計算のきまりが小数でも成り立つことを学習しました。これで目的は達成しているのですが,教科書やテストにはこれを使って「計算の工夫」をさせようとしています。しかしこれは,きまりのイメージがきちんと入り暗算力のある児童にとっては「工夫」になりますが,そのどちらかを持ち合わせていない(或いは両方)児童にとっては「苦痛」でしかありません。したがってあまりやりたくないのですが,テストもあるのでさらに [続きを読む]