bassara さん プロフィール

  •  
bassaraさん: ふきのとうの広場
ハンドル名bassara さん
ブログタイトルふきのとうの広場
ブログURLhttp://fukinotouhiroba.blog96.fc2.com/
サイト紹介文"合唱団ふきのとう"の交流の場です。東京中野区にて、毎週土曜日の夜に練習をしている、混声合唱団です。
自由文練習の事、飲み会の事、演奏会の事などなど書いてます。団員の交流の場ですが、お友達の方や入団希望の方も覗いてみて下さい。
http://fukinotouto.ld.infoseek.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2009/01/29 18:29

bassara さんのブログ記事

  • 汗だく指揮者より
  • 私のやってる曲の場合、指揮には(過剰なくらいでいいので、テンポ・リズム・強弱・和音・表現など)"敏感"に反応して下さいませ。そうしてくれないと、私は"逆放物線的"に増大する過剰なオーバーアクションで(気付いてくれー!と)踊り続けなくてはなりません(流石に本番でそれは格好悪いですしね?!)。・・・いや、脱線。そうじゃなくって、"敏感な(声での)反応"は、(拙い)指揮を神経を込めて見ていないと出来ないと思う [続きを読む]
  • 2018年5月26日メモ
  • 27日のレクは、他団の練習のため、参加できないsima-sです(T_T)皆さま楽しんできてくださいませ。ボイストレーニング・「みぞおち」フッフッフッと息を吐くとツンツンと出て来る箇所。高い音や速い音程のとき、ココ使います。身体に余裕が無いと、大きなフレーズは歌いきれません。・「ドレミレド(速く)」「ミファソファミ」「春に」の「えだのさきの…」から、テンポを落として、音程を確認しながら歌う。これをしっかり済ませ [続きを読む]
  • 2018年5月19日メモ
  • (5月21日、「エーデルワイス」音訂正の、また訂正しました。sima-sの記憶違いがMatubara氏より指摘あり。Danke)『光る砂漠』2章3章4章を続けて曲創りしました。『恋の詩でも読んだあとのように』「わたゆきが」テナー声を「前に」出さずに「後ろへ」ホワンと何しろこの辺は「舞いとリズム」。ポッキリポッキリにならないで。Sop.「雪に楽しい思い出でも」から、急にpになって「見つけたんでしょうか?」表情も楽しく。テナー( [続きを読む]
  • 2018年5月12日メモ
  • ボイトレ・「オナカを使う」とき、3点(丹田、胃の辺り、みぞおち)、使いやすい箇所は人によっても場合によっても違います。・ボイストレーニングについて、本も色々出ています。が、方法論だけで終わらないこと。時代とともに方法論も変わってきますし、自身の身体も年と共に変わってきます。自分に必要な方法は自分で見つける。・「みぞおち」試しにちょっと咳をしてみると、指で軽く押していたところがクッと押し返される、ソ [続きを読む]
  • 2018年5月5日メモ
  • 業務連絡〜(追記)・5月27日レク、参加申し込み(申込書に参加費添えて)締切は19日ですが、会場連絡のために人数確定必要なので、参加希望でまだ申し込んでいない方はなるべく12日までに、InoueさんMiyataさんAbeさんにお伝えください。・7月13日(金)夜 聖母病院「AveMariaの夕べ」 演目は「みやこわすれ」と「春に」光砂漠第1章「再会」曲創りです。(難しい曲は音取りで終わってしまったりしがちですが)詩情を表現するこ [続きを読む]
  • みやこわすれ(補足)
  • ちと、補足します。^ ^一昨日の練習でやりたかったのは、全体として、0. 練習番号0,1,2,3とします。1と2は、(二番までの歌の)歌詞の一番と二番です。1. 十六分音符を正確な長さ(短さ)でリズムを譜面に書かれている通りに正確に歌って下さい。2. スラーの付いているフレーズは音量も歌い方もそのような弧線を描いて、スラーの付いていない".本当に歌いたい言葉"と対比させてください。3. 女声のリードを受ける男声はコーラスの [続きを読む]
  • 2018年4月28日メモ
  • ボイトレ「みやこわすれ」で。「C先生が聴いていて気になったいくつか」28頁(最初の頁)下段「むこーう」の最後の音程が微妙に暗く、歌が終わりそうに聞こえます。ピアノ伴奏無しのとき、何を頼りに歌っていますか?頼るのは自分です。テンポを「ハメていく」だけでは×。歌っていれば気持ちが動くと共にテンポはわずかでも伸び縮みします。「運動の中で呼吸する」歌を、どう読んでいくか、どこで一致して合わせるか。「せ!つ! [続きを読む]
  • ベースの音取り
  • ヒカサバの音取りがいまいちの状態です。 特にベースはなかなか厳しいです。 Mさんの音源データをICレコーダーに読み込んで練習会場に来る道すがらぜひ聞くようにしてください。 それと練習終わっての帰り道でももう一度聞きなおしてください。 それでかなり音が取れるようになると思います。 ヒカサバの命運はベースの音取りにかかってきているようです。 今しっかり音を取っておかないと曲作りは出来ません。 ベースの根 [続きを読む]
  • 「恋の詩でも読んだあとのように」
  • 書き忘れていました4月21日の練習で、ヒカサバ「恋の詩でも読んだあとのように」に練習番号付けたのでした。□1…10頁下段アルト「わたゆきが」□2…12頁ソプラノ「ゆきに」□3…13頁女声「それをいつまでも」□4…全パート「こころたのしくて」□5…15頁アルト「わたゆきが」矢澤宰の日記から(結核病院に入院中)『1960年(15歳〜16歳)12月27日一日中雪だった。寒い。ふるさとの歳の末を思い出すような、好きな人がたずねて来る [続きを読む]
  • 「光る砂漠」矢澤宰のこと
  • 昨日、U先生より「光る砂漠」についての、資料を出して、とのお言葉あり。前からHPなど見ていたのですが、とりあえず、資料より先に、そのリンクを貼らせて頂きます。矢澤宰の世界「生命の詩人 矢沢宰」他に、ウィキペディアにも「矢澤宰」あります。必要な情報をまとめたプリントを次回作るつもりでおります。何回かに分けて出すかも。(追記)矢澤宰の略年表と、某人の「光る砂漠」曲紹介文を、機関紙に載せて頂くことにしまし [続きを読む]
  • 「光る砂漠」矢澤宰のこと
  • 昨日、U先生より「光る砂漠」、とりわけ「矢澤宰」についての、資料を出して、とのお言葉あり。前からHPなど見ていたのですが、とりあえず、そのリンクを貼らせて頂きます。矢澤宰の世界「生命の詩人 矢澤宰」必要な情報をまとめたプリントを次回作るつもりでおります。何回かに分けて出すかも。機関紙に載せてもらおうかとも考えていますが。何かの本にあったのだけど「ベッドに縛り付けられるだけの延命など無意味だと誰でも頭 [続きを読む]
  • 2018年4月21日メモ
  • 業務連絡〜・ヒカサバ、練習は残りの曲順にやっていきます。次回から第2章「恋の詩でも読んだあとのように」に入ります。見てきてください。・団指揮、4月28日もArakiさん、「みやこわすれ」「わが抒情詩」やります。「みやこわすれ」は7月「AveMariaの夕べ」にやるかもです。(5月は3回Sayuriさんの予定です。)・(先の事ですが)6月9日はU先生お休み、Sayuriさんもお休み、Arakiさんは遅くなります。練習は「愛唱歌集」中心に [続きを読む]
  • 誕生花
  • 今日の誕生花、「みやこわすれ」だったようです。以下、引用。《ミヤコワスレ 花言葉 由来》「しばしの憩い」「別れ」「短い恋」・・・いずれも、佐渡へ島流しとなった順徳天皇の故事(後述)にちなむ。《ミヤコワスレ 誕生花日付》4月21日(民放の日)の誕生花そのほかにも、3月11日(ピンク)、6月23日、8月1日などの誕生花とされています。《ミヤコワスレの故事》この花の名前にまつわるこんな伝説がある。鎌倉時代に承久 [続きを読む]
  • 2018年4月14日メモ
  • ボイストレーニング・発声の訓練方法は時代と共に少し変わってきたものもあります。「オナカを使う」点にしても「丹田より下」ばかりでなく、上中下(みぞおち・おへそ周り・丹田)を使い分ける方が良いかも。特にみぞおち(軽く咳をするとピッと突き出る箇所)、高音を出すときにはココを使うと良いかも。・あごを(出さずに)引きましょう。(特に高音出すとき)・ヒカサバより「海辺で」の29頁「ほうせきのように」バスは口でが [続きを読む]
  • 2018年4月7日メモ
  • U先生お休み、団指揮のみの練習でした。『わが抒情詩』予告とおり、「半音と全音、はっきり」のため、階名読みで音程確認しつつ、すぐ歌詞で歌いました。33頁第33小節「歌っておれはあるいているが」までやりました。出だし「くー・−らあい」出だし、指揮見て。男声(女声もですが)音程は合っているのだけど音色がイマイチでハモリが来ないところあり。『みやこわすれ』今日もしつこく(?)途中の和音を鳴らしてみました。「うす [続きを読む]
  • 今日の みやこわすれ
  • 遠いあの日、・・・。飲み会で、佐渡に流された上皇が都を偲ぶ歌だぜっ!と、熱弁を振るっていたのだけど、「とどかない」、「ときめいて」とか「ただただせつなく」などの詩から、がこちゃんや誠くんが、恋の要素もあるんじゃね?と言ってたのだけど、・・・帰り道に何となく、、、初恋のもどかしさ、初恋のプラトニックな感じと通底するんじゃないか!と・・・、これからしばらくは、遠い昔の初恋のことを歌っているとして練習し [続きを読む]
  • 2018年3月31日メモ
  • 団指揮の新譜が出ました。・(Sayuri)木下牧子 組曲『地平線のかなたへ』より「春に」「サッカーによせて」・(Araki)千原英喜「わが抒情詩」一つ下の記事に団指揮自身が載せた中学生の演奏、私も貼りたいと思っていました!是非皆さま聴いて下され。https://www.youtube.com/watch?v=qYNNvuVwmbE「階名読みから始めるので、必要な人は階名をメモして」とのことで、参考までに、移動ドで読むなら、初めは♭1個調(ファをドと読 [続きを読む]
  • わが抒情詩
  • 本日楽譜を配りました「わが抒情詩」のオススメの音源です。↓https://youtu.be/qYNNvuVwmbE中学生の演奏ですが素敵です(我々はもっと大人の歌に出来る可能性も秘めていますよね)。四月七日、私は「みやこわすれ」、「わが抒情詩」とHappy Birthdayをやるつもりです(時間があればIrish Bressingもやるかも知れません(虹雪も?))^_^;Bassara [続きを読む]
  • 2018年3月24日メモ
  • 業務連絡〜・機関紙3月号出ました。・部の所属一覧表出ました。・3月31日も団指揮Arakiです。・4月7日 先生は別団演奏会のため練習は団指揮のみ。 新曲Araki1曲、Sayuri2曲、もう次回3月31日にも配布されるとのこと。 4月7日にはパトリを決める話し合いの時間もとります。・ヒカサバ、団指揮 以外のステージの希望曲、今月中くらいに練習部長まで。ボイトレ団指揮「みやこわすれ」30頁上段2小節目までじっくりさらい、2回 [続きを読む]
  • 2018年3月18日ムジカ後のメモ
  • 3月23日(金)ムジカ合唱講座修了式場所:ミューズ音楽院 初めての方は、当日午後6時半、JR代々木駅「東口」改札出入口付近に、Okada委員長が待っててくれてますので、一緒に行ってください。(代々木駅ホーム、新宿方面と反対側の端の階段を降り、左に曲がった先にある小さい改札。改札過ぎてさらに階段を降り、昇った先に出入口あります)Irish Blessing 譜面もつのも可。2番前半は「ウ〜」で、2番のサビ「Until we meet again [続きを読む]
  • (無題)
  • 「再会」でのベースの音取りはちょっとヤバい状態。  今までの演奏曲では半音ずれていても破綻するまでは行かなかったけれど、ヒカサバではけっこう曲へ与えるダメージが大きいです。 せっかく今までにないほどしっかりしたパート用の音取り音源が出来あがっているので毎日聞きこんで絶対に間違いのない音程を取ってくださいね。  音取り音源を聴いた後はyoutubeの合唱演奏も聴いて他パートとのハーモニーも感じてください。 [続きを読む]
  • 3月18日ムジカ前夜のメモ
  • (既に連絡済ですが念のためダメ押し書きます)午後3時5分前(2時55分)に、滝野川会館201リハ室前に集合。ステージはバラケ立ち。今日、各自の立ち位置を決めました。(1)Irish Blessing 譜面持ってもいいですが、指揮見てね。譜面持つ場合は、『愛唱歌集』にはさんで、持ちましょう。「草原の別れ」も一緒に入れて、持ってステージへ。(2)ほらね指揮者が交代する、そのときからピアノ前奏始まります。次のステージ 合同演 [続きを読む]
  • 練習報告
  • 連絡3/18ムジカ祭り演奏曲①Irish Bressing の1番のみ②ほらね(計5分45秒)服装は自由リハ15:00〜15:30その5分前にリハ室201前集合ラスト出番でそのまま全体合唱に入るので、「草原の別れ」「小さな空」「ふるさとのうた」(後の2曲愛唱曲集にある)も歌うので楽譜用意しておくこと。(17日にも練習予定)ヴォイストレーニングどの母音も同じ幅での発声を意識して。声を出す時、顔の前面でなく後の方を意識して。(といってこもるの [続きを読む]
  • Irish Blessing
  • Irish Blessingですが、23日のムジカ修了式では、一番を歌った後、二番の前半はwoo(ウー)などにしようと考えています。18日にも(一番のみ)歌うことになりましたので、折角ですから(短いですしとても素敵な詩なので)一番の詩は覚えてしまって下さい。両日とも、譜面を持っても持たなくてもいいです(持つ場合も確認程度にして指揮を直視しながらでお願いします)。BassAraki [続きを読む]