自然画伯 さん プロフィール

  •  
自然画伯さん: 散歩日和
ハンドル名自然画伯 さん
ブログタイトル散歩日和
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sanpo_wako/
サイト紹介文散歩やジョギング途中の身近な自然、残したい風景を写真やスケッチで紹介しています。
自由文自然の中を歩いたり、走ったりすることで人間としての五感をいつも感じるように、心がけています。心に残る風景を皆さんと共有できたら幸いです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/01/30 14:45

自然画伯 さんのブログ記事

  • 森からの贈り物
  • 落ち葉の季節が始まりました。我が家の裏側は斜面林になっていて、大きな樹木が覆いかぶさるように茂っています。そして毎年この時期になると大量の落ち葉が降り注ぎ道や庭や車を埋め尽くしていくのです。半端な量ではなく、家が埋まってしまうと言う... [続きを読む]
  • 晩秋の旅路
  • 奥多摩日原林道の渓谷です。夏でも冷たい日原川。やがて唐松谷林道から雲取山への分岐、ブナ坂まで約5時間の行程です。静かな晩秋の山歩きの後は、山小屋で温かい鍋を作ります。水彩画のHPもご覧ください。http://sanpo.html.xdomain.jp/... [続きを読む]
  • 記憶に残る日々を
  • この時期になると、季節の進み具合というか冬に向かって急速にスピードアップしてそして年末へ一気にころがりこんでいく。毎年のことながら一年の経つ速さに溜息しか出ません。毎日の空気の変化や樹々の色づきを観察しながら、記憶に残る毎日を過ご... [続きを読む]
  • 山から感じること
  • 連休中は大学生の娘のリクエストもあって山の日に奥多摩山行。残念ながら雲の厚い曇天日でしたが、湿った樹木のフィトンチッドと山の氣で体が浄化され心地よい気分でした。初日は東京都最高峰雲取山まで登る予定でしたが、あまりのガスで絵にもならない山風... [続きを読む]
  • 私の好きな場所
  • 関東地方の梅雨は明けたと気象庁はおっしゃいますが、7月29日現在、梅雨本番のようです。蒸し暑い土曜日、朝起きたら気軽な山へ行きたくなり、遅い出発でも行ける山、そう、奥武蔵の二子山882.8m駅で言えば飯能から西武秩父線芦ヶ久保駅から1時間位... [続きを読む]
  • 今年は豊作の桃
  • 長年庭にある桃の実が今年は少ないだろうとたかをくくっていたらとんでもなかったです。今朝(6/24)起きて外に出てみたら数珠つなぎの桃の実の重さに堪えかねた枝が垂れ下がり歩行の邪魔になるほどでした。とりあえず、まだ熟していない桃をも... [続きを読む]
  • カルガモの子育て?
  • 百獣の王ライオンは我が子の実力を試すためガケに落とし、這い上がってきた根性のある子だけを育てたと伝えられる故事のことで、そこから転じて、子どもの躾の為に心を鬼にし、厳しく接することを言うそうですが、このカルガモ親子はどうでしょう。... [続きを読む]
  • 新緑の山巡り
  • 山梨県韮崎から茅が岳へ登山。ここは百名山で有名な作家深田久弥先生の終焉の地。頂上からは360度南アルプスをはじめ、いろいろな山々が遠くまでくっきりと見渡せました。好天の中、多くの登山客で混雑していましたが、隣の金ヶ岳では静かな頂上で... [続きを読む]
  • 東京大仏
  • 春の気持ちの良い午前中、所要で板橋方面へ。途中、赤塚公園の池では太公望がいっぱい。ここで日がなぼーっとしているのもいいかもです。近くの板橋美術館では「絵画は告発する」となんとも迫力ある展示会が催されていました。池袋モンパルナス界隈に... [続きを読む]
  • 初春の小川
  • ここは東京都東久留米市黒目川の上流。黒目川は東村山市、小平霊園内のさいかち窪に源を発し、埼玉県新座市、朝霞市を流れ新河岸川へ合流します。鷺や鴨等、水鳥が憩うとてもきれいな川です。子供たちが水遊びできるくらい暖かな気温。最近はあまり見な... [続きを読む]
  • 青春の古本街「神保町」
  • もうはるか昔、神田神保町で働いていたことがありました。所用で懐かしの街へのんびり昔を思い出しながら古本屋めぐりです。でも今のようにスポーツ店は多くありませんでした。駿河台下、すずらん通り、さくら通り、よく歩いたな…。小学館と集英社は... [続きを読む]
  • 年の瀬に思うこと
  • 休日の楽しみ、散歩ジョギングでのこと。変なネーミングですが自然観察を兼ねて身近な自然と季節の変化を肌で感じ取れるようにゆっくりゆっくり、歩を進めます。小さな畑にはもうシソ科の“仏の座”が薄紫の可愛い花を咲かせています。早春の花なのですが、... [続きを読む]
  • ドラマティックな雲海の流れ
  • 標高約1600mの奥多摩の山小屋からの風景。早朝からの雨上がりの午後、絶え間なくガスが流れ、山々の風景は刻一刻と変化し、まるで海に浮かぶ島々のように錯覚します。翌日の日の出は、一日の晴天を祝福するかのように神々しく輝き、富士も威風堂々... [続きを読む]
  • 秋日和そして収穫の秋
  • 久し振りの秋らしいさわやかな一日まずは午前中、和光の川まつり準備のお手伝いに、ここの川は地元の方達の長年の尽力によりきれいな川に生まれ変わり、今日も形の良いアユが何匹も捕れました。子供たちの川をテーマに描いた絵が素晴らしい!その後... [続きを読む]
  • ふえる野良ネコ
  • とうとう我が家近辺に野良猫が4匹になってしまいました。その原因は私の餌付けにありました。軽い気持ちから餌を庭先から与え、1匹の雌猫が去年4匹の子猫を生みましたが、最後まで生き残ったのが1匹の雄猫。今年はその母猫がまた3匹の子猫を生み、現在... [続きを読む]
  • 散歩花図鑑
  • 散歩しながら花の名前を覚えるのも楽しいひと時です。まず我が家の朝顔からランタナこれもいろんな花の色があって楽しい。八重のクチナシ いい香りです。キバナコスモス夏の風物詩 ムクゲ最後の二つは名前を調べるの苦労しました。... [続きを読む]
  • 避暑地の山
  • 富士山は7月1日がお山開き。これにあわせて奥多摩・雲取山へ山はすっかり夏模様。ホトトギスや鶯の鳴き声が深山の趣です。富士山は黒っぽく、頂上付近に筋状にわずかに雪が残っています。近くには富士独特のつるし雲が見事です。富士山頂はかなり荒れ... [続きを読む]