ご飯大好きお父さん さん プロフィール

  •  
ご飯大好きお父さんさん: ご飯の味方(おいしい富山本舗)
ハンドル名ご飯大好きお父さん さん
ブログタイトルご飯の味方(おいしい富山本舗)
ブログURLhttp://oisiitoyama.blog96.fc2.com
サイト紹介文富山の「無添加の美味」と「四季」を発信しています。
自由文富山市でラーメン店「万里」を経営しています。
ご飯のおかず と称される黒いラーメンです。

お店ではラーメンを販売していますが、日本人の原点はお米だと思っています。
近頃お米の消費が減ってきたそうなので少しでもご飯の応援が出来ればと思っています。

でも、麺のことも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/01/30 16:35

ご飯大好きお父さん さんのブログ記事

  • 富山ブラックー黒の正譜
  • 私が達人のお店に初めて知人に連れていかれた時、真っ暗な夜道、街はずれまで車を飛ばすものだから内心恐怖すら感じたものでした。でも、無事() お店に着いたら真っ暗な田園地帯に大行列していたのです。ところが、初めて食べた時にはあまり解かりませんでした。その後、もう一度食べた時に衝撃が走ります。頭ではなく、舌と体で  です。なんだか毎日調理の仕事をしているにもかかわらず体が欲してるものがあったんだとその時 [続きを読む]
  • 鮭チャンチャン焼きの味噌ラーメン
  • 中国料理店時代のランチで秋冬にしばしば登場した人気メニューにチャンチャン焼きがありました。それを今回ラーメンに仕上げてみましょう。ところで味噌には手前味噌という言葉があるくらい10人10様の好みがあり、実は最大公約数の得にくい素材です。いかにラーメンに馴染む味に整え、10様に概をならすのかそこが味噌ラーメンのキモです。通常のチャンチャン焼きならば食べ慣れた味噌でも十分美味しくなりますがそれでラーメンに仕 [続きを読む]
  • 1日だけのハロウィンメニュー
  • 今年もこの季節がやってきました。鹿児島県の帰省があったので今回は一日だけの登場ですがその分念入りに仕込ませていただきました。麺は最近のデュラムセモリナ粉配合の平打ち細麺スープは濃厚丸鶏にムール貝のWスープ仕立て。自家製カレーのタネを入れてベースとします。キーマカレーをジャガイモ饅頭(和)に仕込むのはいつもと同じ。今回はムール貝をサイドに添えましょう。カードチリを角に見立てて添えました。登場するのは [続きを読む]
  • 太刀魚のしゃぶしゃぶ
  • 先日太刀魚が手に入ったのでしゃぶしゃぶにしてみました。三枚におろして軽く骨切りをし、骨と頭は焙ってダシを引きます。ダシにくぐらせてポン酢で頂きます。 卵も同様に。  「かんずり」をつけて食べるとさらにお酒が進みます。感想としてはちょっとあっさりしすぎかな?といったところでしょうか。機会を見て色々な魚でトライしてみたいジャンルですね。 [続きを読む]
  • 魚屋さんが無くなってしまった漁師町
  • 所用で浜に行きました。この町に来るのは久しぶり。以前は釣りやホタルイカ採りに度々来ていましたが最近はそんなことも無くなり立ち寄ることもありませんでした。かつては小さな港でしたが国の補助で大きく立派になっています。ところが地元のお母さんと話していて大変驚いたのが町の寂れようです。ここのお母さんがお嫁に来た頃町は活気にあふれ行商のおばさん達は毎朝魚をカゴに入れて担ぎ市内に出かけ、あるいはリヤカーで沢山 [続きを読む]
  • ネギラーメン第二弾「鶏肉とネギのラーメン」
  • 牛肉の炒めのネギラーメンがことのほか好評だったので第二弾チャイニーズDish by アジアン をご用意しました。スープは清湯ベースレモングラスとバイマックルー(こぶみかんの葉)を加えさわやかなアジアン風味にして、具材には能登健康鶏もも肉をシェルスライス地元産のマコモダケ柔らかくて旨い地元の長ネギなどをナンプラーの隠し味で中華料理に仕上げます。  葱爆鶏片湯麺(ツォンボウ チーペン タンメン)チャイニーズ [続きを読む]
  • 休業日のお知らせとお願い
  • おかげさまで塩ラーメンが完売いたしました。ありがとうございます。さて、来週の 10月15(月)より19(金) まで家内の郷里鹿児島県で法事がありますので休業させていただきます。10/20(土)から通常営業と致し、次回の限定メニューは22(月)より再開いたします。なお、10/31(水)はハロウィンの1DAYメニューを行う予定です。ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承のほどお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 「蓮」さん いよいよシュウマイ発売開始
  • あのシュウマイが今夜デビューします。とはいえ世間に広く出回る工場製品が当たり前になってしまった今日、手作りと言っても「別にそんなモノわざわざ食べなくっても」とか「いつも食べてるので満足してるからいいよ」とか「シューマイは好きじゃないし」なんて思う人が沢山いらっしゃると思います。ひとつお聞きしましょう。美味しい食べ物で驚いたことがおありですか?もう一度お尋ねしましょうか?食べ物で感動したことがありま [続きを読む]
  • 塩ラーメン  ラム&チキン エビのWスープで
  • 「蓮店主」の置き土産はまだまだ沢山ありますがそのうちの一つが今回のラム肉です。今まで美味しい羊肉を食べたことが無かった私ははっきり言って『え”〜っ?』と思いました。ところが彼もまたかつてはそう思っていたというのです。でも、北海道の美味しいラム肉にはまってしまい友人たちと(バイク仲間多数)バーベキューをする時にはラム肉を大量買いするほどになってしまった  というのです。それで、白状すると内心恐る恐る [続きを読む]
  • 味を継ぐ人ー4 「蓮」店主(シュウマイの話)
  • 先日「蓮」さんでシュウマイの仕込みに立ち会いました。これは中国料理店時代の当店の人気メニューだったものをこちら用にリニューアルする作業でした。家を建てる時に基礎や土台が重要なのは言うまでもありませんがもし、そこを端折って発泡スチロールやプラスチックなどで簡単にしたらどうでしょう?日数もかからず安価に出来ると言ったってとても安心して暮らせる家になどなりませんよね。味創りも同じです。味の素や発酵調味料 [続きを読む]
  • 本格手打ちそばの「福籠」(ふくろう)さん
  • 長野県戸隠で竹細工の店主に美味しい蕎麦店を訊ねたら「甘いツユ」と「辛いツユ」のどっちがお好みですか?と聞き返されたことがあります。その一言で長野県人の聡明さと、蕎麦への造詣の深さが解りました。美味しい蕎麦とは如何なるものかと語る前にまず、美味しいツユありきと私は思うのです。好みの分かれるところではありますが甘ったるいツユは断じて拒否したいのであります。濃いダシとみりんと醤油だけのカエシたったそれだ [続きを読む]
  • ネギラーメン 葱爆牛肉
  • 前回に続き今回も美味しい富山産ネギをピックアップしたメニュ−を。実はこの富山産ネギ、小杉の「蓮店主」の置き土産なのです。彼は20代前半から会社経営に携わって来たという経緯があり事業経営というスタンスに立って物事を進める事を得意としており部下の育成にはこう、仕入れにはこうといった確かな経験に基づいた知見があり、その熱意で県内を駆け回り季節に応じた旬のネギを定期的に入荷できるように手配してくれたのです。 [続きを読む]
  • 能登健康鶏のパイコー on the ネギラーメン
  • お馴染の「パイコーメン」の再登場です。数年前のラーメン特集号にこのご紹介をしたばかりに毎年数人がこれ目的てご来店されてその度に定番メニューではないとのお断わりをする羽目になっております。さ、今度こそやってますよ!とでもしかし、二週間だけの登場なんです。今回は地元の柔らかいネギをたっぷりと乗せます。下味をつけたねぎをどっさりと・・・巷間この下味をつけずにただ小口切りしただけのネギを多く乗せたものを「 [続きを読む]
  • シーフードカレー 麺の修正
  • デュラムセモリナ粉配合の麺は幾分固めになるからと昆布の微粉末を混入したのにその効果が感じられませんでした。むしろ半乾燥仕上げのためにかえってボソボソ感まで出る始末。そこでカットを変えて平打ち麺にしたところつるつる感が増していい感じになりました。期間半ばで変更するのは異例ですが美味しくなるのならいいかと後半はこのスタイルで行きます。断面が四角くなる麺の場合上下がのし面左右がカット面となります。つるみ [続きを読む]
  • シーフードカレーラーメン
  • お盆の休暇を3日間頂いて毎日仕込みをしていました。カレーはインスタントのルーやカレー粉だけで作ると誰がやってもどんな材料でやってもほぼ同じ味にしかなりませんが、スパイスを調合して作ると毎回違う味になりしかも材料の味がストレートに出るので飽きの来ない味になります。いつも通りまず、スタータースパイスから始めます。今回は有頭エビ、鯛の白子、タコ、イカ、白身魚それにカニ爪などを用意しました。  カニ爪にエ [続きを読む]
  • 味を継ぐ人ー3  「蓮」店主
  • 今では事情もいくらか変化してきましたが中国料理店時代に無添加を目指した頃は参考となるものなど全くの皆無でした。一冊数万円もする専門書ですら「化学調味料を少々」と当然のように書かれていました。ましてラーメンの無添加レシピなど存在しないかのようなそんな時代だったのです。真っ暗な闇夜を手探りで歩くようにしてどんなに遠くても必ずたどり着いて見せるそんな思いで精進してきました。でも見るからに大変そうで誰から [続きを読む]
  • 味を継ぐ人ー2 「蓮」店主
  • 私がラーメン専門店を始めた当初散々な悪口がネット上に毎日あふれかえりました。曰く「味が無い」「酸味がある」「旨みが無い」「高い」などなど数え上げたらキリがありません。今、「蓮」さんも同じようなことで悩んでいます。中には「ぼったくりだ」とまで言う人もいるそうで驚きました。思うに私のスタート時はまだ無添加という事への理解の浅さからくる批判が多かったのに比べて「蓮」さんでは一杯のラーメンが900円というこ [続きを読む]
  • ギョウザの思い出ーー-(味を継ぐ人)
  • 中国料理出身の私がラーメン専門店を志すきっかけは道路計画の都合だったり、その当時の無添加への無理解だったり色々ありますがどうせ専門店を目指すのなら今まで自分が食べた中で一番美味しいと思った味を再現してみようという思いからでした。でもそれを無添加で実践するのは今から思い返しても無謀でした。味の素で整えられた味をそれ無しで再現することの困難さ「それをやるのは時間がかかるから考え直しなさい」と何度も恩師 [続きを読む]
  • お盆期間休業日のご案内
  • お盆は繁忙期となります。期間限定メニューは8/3(金)でいったん終了させていただきお盆明けの店休日の次8/23(木)より再開を予定しております。現在はそれに向けて新配合麺の試行錯誤の最中です。7(火)14(火)は定休日で休ませていただきます。20,21,22(月火水)と休ませていただきます。明けて23(木)より通常営業とします。28(火)定休日 [続きを読む]
  • 鹿児島「天文館  こむらさき」
  • 昔の実食レポカテゴリー「鹿児島のラーメン」-1鹿児島のラーメンにはこれといった共通項が少ないために福岡や久留米に比べると残念ながら知名度は高くありません。しかし、それは単にマスコミ受けしないとか、素人受けしないなどといった程度の理由に過ぎません。鹿児島のラーメンはとにもかくにも旨い!何と言っても超繁忙店でもほぼ無添加で勝負している所があっぱれ!  とプロの私が絶賛、断言します。というわけで、味の素を [続きを読む]
  • 鹿児島「天文館  こむらさき」
  • 20歳代の頃外国航路のタンカーに乗船していました。日本石油の油槽部門の会社で母港は鹿児島県喜入(きいれ)、日本最大の石油備蓄基地といえばご記憶の方もおいででしょうか?貨物船などは賑やかな港に入港しますが、タンカーは危険物を運ぶためへき地での入港が多いのです。例えばアフリカの小さな町で沖の投錨で荷卸し、の場合上陸し、町で唯一の酒場に出かけると町には街灯もなく真っ暗。TVなどで見るアメリカ系黒人とは全く違 [続きを読む]
  • 本物の 「海苔の佃煮」発売開始
  • 店頭表示商品を仕込む時間が無くなってきて品薄状態が続いています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。そこで比較的仕入れ等の時間のかからない商品ということで久しぶりに海苔の佃煮を作りました。海苔の佃煮に使うのは「アサクサノリ」です。他には岩ノリ、アオサノリなどがありますが、これらは香り、風味はあっても旨みはありません。ですから韓国海苔(岩海苔)には化学調味料が欠かせませんまた、アオサノリが板海苔に混 [続きを読む]
  • 担々麺 −山菜Ver.
  • 6月下旬は担々麺です。折しも山では山菜シーズンもたけなわ低い山ではもう終わりを告げたところもありますが、今回は山採りのフレッシュな山菜を取り入れて仕立てました。そぼろにはヨシナ(ミズ、カタハ)青味にはミツバそしてススタケ(ネマガリタケ)いずれも純富山産。お口直しにパインを添えて提供いたします。例によって辛さは小辛であつらえてお出しし、今回は「麻辣油」をご用意しました。麻油といえばごま油の事ですが、 [続きを読む]
  • 特製ワンタンメン
  • 6月上旬はワンタンメンです。今までにも幾たびか登場したメニューですが、今回はワンタンに少々手を加えてゴージャスな味わいに仕立てました。熱くて火傷しそうなくらいですが喉を通過する頃にはその違いはどなたにもお解りになるはずです。文字通り雲を呑む  「ワンタン」 そのままの食感をあっさり仕立ての和風ラーメンに乗せました。肉と野ブキ自家漬け込みの高菜麺は太麺です。6月4日(月)よりスタート  2週間の予定です [続きを読む]
  • 排骨麵 能登健康鶏もも肉のパイコー
  • 五月下旬は久しぶりのパイコーメンを能登健康鶏のもも肉でご用意しました。もっちりとしていながら、ふうわりとした揚げたてのパイコーはどなた様にも納得していただける美味しさです。今回はシンプルにこのままです。2週間6月1日までの予定で明日21日(月)よりのスタートです。期間限定「パイコーメン」  850円土日祝を除く平日のみ、昼夜OK麵の追加一玉 200円 [続きを読む]