ご飯大好きお父さん さん プロフィール

  •  
ご飯大好きお父さんさん: ご飯の味方(おいしい富山本舗)
ハンドル名ご飯大好きお父さん さん
ブログタイトルご飯の味方(おいしい富山本舗)
ブログURLhttp://oisiitoyama.blog96.fc2.com
サイト紹介文富山の「無添加の美味」と「四季」を発信しています。
自由文富山市でラーメン店「万里」を経営しています。
ご飯のおかず と称される黒いラーメンです。

お店ではラーメンを販売していますが、日本人の原点はお米だと思っています。
近頃お米の消費が減ってきたそうなので少しでもご飯の応援が出来ればと思っています。

でも、麺のことも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/01/30 16:35

ご飯大好きお父さん さんのブログ記事

  • 鹿児島「天文館  こむらさき」
  • 昔の実食レポカテゴリー「鹿児島のラーメン」-1鹿児島のラーメンにはこれといった共通項が少ないために福岡や久留米に比べると残念ながら知名度は高くありません。しかし、それは単にマスコミ受けしないとか、素人受けしないなどといった程度の理由に過ぎません。鹿児島のラーメンはとにもかくにも旨い!何と言っても超繁忙店でもほぼ無添加で勝負している所があっぱれ!  とプロの私が絶賛、断言します。というわけで、味の素を [続きを読む]
  • 鹿児島「天文館  こむらさき」
  • 20歳代の頃外国航路のタンカーに乗船していました。日本石油の油槽部門の会社で母港は鹿児島県喜入(きいれ)、日本最大の石油備蓄基地といえばご記憶の方もおいででしょうか?貨物船などは賑やかな港に入港しますが、タンカーは危険物を運ぶためへき地での入港が多いのです。例えばアフリカの小さな町で沖の投錨で荷卸し、の場合上陸し、町で唯一の酒場に出かけると町には街灯もなく真っ暗。TVなどで見るアメリカ系黒人とは全く違 [続きを読む]
  • 本物の 「海苔の佃煮」発売開始
  • 店頭表示商品を仕込む時間が無くなってきて品薄状態が続いています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。そこで比較的仕入れ等の時間のかからない商品ということで久しぶりに海苔の佃煮を作りました。海苔の佃煮に使うのは「アサクサノリ」です。他には岩ノリ、アオサノリなどがありますが、これらは香り、風味はあっても旨みはありません。ですから韓国海苔(岩海苔)には化学調味料が欠かせませんまた、アオサノリが板海苔に混 [続きを読む]
  • 担々麺 −山菜Ver.
  • 6月下旬は担々麺です。折しも山では山菜シーズンもたけなわ低い山ではもう終わりを告げたところもありますが、今回は山採りのフレッシュな山菜を取り入れて仕立てました。そぼろにはヨシナ(ミズ、カタハ)青味にはミツバそしてススタケ(ネマガリタケ)いずれも純富山産。お口直しにパインを添えて提供いたします。例によって辛さは小辛であつらえてお出しし、今回は「麻辣油」をご用意しました。麻油といえばごま油の事ですが、 [続きを読む]
  • 特製ワンタンメン
  • 6月上旬はワンタンメンです。今までにも幾たびか登場したメニューですが、今回はワンタンに少々手を加えてゴージャスな味わいに仕立てました。熱くて火傷しそうなくらいですが喉を通過する頃にはその違いはどなたにもお解りになるはずです。文字通り雲を呑む  「ワンタン」 そのままの食感をあっさり仕立ての和風ラーメンに乗せました。肉と野ブキ自家漬け込みの高菜麺は太麺です。6月4日(月)よりスタート  2週間の予定です [続きを読む]
  • 排骨麵 能登健康鶏もも肉のパイコー
  • 五月下旬は久しぶりのパイコーメンを能登健康鶏のもも肉でご用意しました。もっちりとしていながら、ふうわりとした揚げたてのパイコーはどなた様にも納得していただける美味しさです。今回はシンプルにこのままです。2週間6月1日までの予定で明日21日(月)よりのスタートです。期間限定「パイコーメン」  850円土日祝を除く平日のみ、昼夜OK麵の追加一玉 200円 [続きを読む]
  • 山菜
  • 今年はなかなか山に行けません。その少ない機会でようやく出会えた「あづき菜」全国に自生している山菜ですがどういう訳か飛騨高山地方でだけやたら珍重されており大人気だというので一度食べてみたかったものです。おひたし、天ぷらで食べました。マメ科の素朴な味わいです。続いて春には必ず食べる菜飯。ウコギ、コシアブラ、ハナイカダ、どれもそれぞれ個性があって春の香りを満喫できますが最近凝っているのが「リョウブ」美味 [続きを読む]
  • 蒙古タンタンメン
  • 五月上旬は蒙古タンタンメンです。真っ赤に見えいかにも辛そうですがこれで小辛。当店での小辛表示はお子様でも食べられる辛さと言う意味です(小人の辛さ)溶き卵がたっぷりと入って程よい辛味とまろやかさが後を引く味わいとなっております。いつも通り基本味は小辛ーーー1            中辛ーーーー2            大辛ーーーーー3  でうけたまわります。食べるラー油も添えますのでお好みで調節ができ [続きを読む]
  • 連休期間の営業について
  • 陽光輝く大型連休が始まりました。今年はカレンダーの日めぐりが丁度当店の定休日とぴったりと重なります。なので4月29,30(土、日)は営業5月1,2(火、水)は定休日で連休5月3,4,5,6、(木、金、土、日)は営業連休後の7,8(月、火)はお休みを頂きます。限定メニューはその後に再開いたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 八王子ラーメン 完売御礼
  • 予想以上の出足で八王子ラーメンが終了してしまいました。有難くもありまた申し訳なくもございますが一旦今回はそういう事でご容赦願います。和風ラーメンといったジャンルにも様々なカタチがありまたこれまでも幾たびか取り上げてまいりましたが当店独自のカタチが採れる時が来たらレギュラーメニューに加えたいと思っております。それが何時になるのかは解りません。その時が現在の限定メニューの休止時かなと思います。ともあれ [続きを読む]
  • 東京 八王子ラーメン
  • 四月下旬は和風仕立ての「八王子ラーメン」です。あっさり醤油味で玉ねぎのみじん切りを散らしたその独特の景色が徐々に人気アップして知名度上昇中。今回はバラ煮込みチャーシューを巻かずにカットします。麺は太麺を使用。タケノコとスナップエンドウをあしらいお約束の玉ねぎをたっぷりと乗せて完成。新玉ねぎは水晒しで乗せるのでちっとも辛くなく、甘味があります。と言う訳で辛味は別皿です。完熟の柚子と盛夏の青唐辛子で作 [続きを読む]
  • 桜の塩ラーメン  月下の夜桜
  • 今年もこの季節がやって来ました。豪雪の冬から待ちわびた桜の春です。今回は麺によもぎを練り込んでよもぎ麺とします。細麺です。よもぎには中国産と国産とがあり国産はとても高価ですがここはやはり譲れませんね、国内産一択です。さわやかな色合いにしようとよもぎを控えめにすると風味が出ません。なのでここまで濃厚な色にしてよもぎの風味香る麺になりました。淡麗濃厚塩スープにも相性抜群です。今回はサクラダイの中でも一 [続きを読む]
  • フキノトウ
  • 我が家の春はフキノトウから始まります。塩ラーメンにフキ味噌を添えるのはすっかり春の定番になりましたが店内でも同時に販売をします。フキノトウは例年、早いものは12月頃から採取ができます。畑や田んぼのあぜ道などですが、私は雪の多い場所での採取しかしません。その分始まりは遅くなりますが雪の多い場所の物は苦味が少なく香気が強いからです。農地の物は農薬なども気になりますしね。人様にお出しするのに安全なものだけ [続きを読む]
  • イノシシの塩ラーメン
  • 3月後半はイノシシです。イノシシの骨でスープを取りイノシシの肉を乗せるという至ってオーソドックスな仕立てとなります。イノシシの二段引きスープはシンプルでいながらコクのある出来となりました。猪チャ−シューは脂の乗った12月の頃のバラ肉をラム酒に漬け込んでから焼き上げました。ただでさえ最も美味しいとされる時期のものを香り高く焼き上げたものです。青菜とタケノコを乗せカタチを整え、ラムレーズンを乗せて完成。 [続きを読む]
  • 冬 セキレイを養う話
  • 雪と氷に閉ざされる雪国では小鳥や昆虫にとって越冬する事はまさに命がけです。昆虫は餌もない状況で冬を耐え春を待ちます。小鳥も餌が乏しいのは同じですが植物性の餌を食べるスズメやメジロ等はまだ何とかなるとしても肉食と言うか虫を食べる種類の鳥は過酷を極めます。ツバメは普通冬を避けて南に移ると聞くと単純に寒さを逃れると思いがちですが、これはやや不正確で実際は餌となる虫がいなくなるからと言うだけなのです。その [続きを読む]
  • 塩ラーメン  (春の磯香そば)
  • 雪の多かった冬もそろそろ勢いがなくなりそうです。富山の待ちわびた春の訪れは海から到来ワカメ、アオサノリ、そして今回の主役ナガラモ(アカモク)です。柔らかいナガラモを細かく刻みスープに浸すと緑変し、春の海の香りが広がります。これに合わせるのがカワハギ。カワハギの身をすり身にして豆腐とすり合わせてひろうず(飛竜頭・がんもどき)を作ります。具にはギンナン、枝豆、人参、ススタケ(以上富山産)加賀レンコン、 [続きを読む]
  • もうひとつの芋煮ラーメン(カレー)
  • 美味しい芋煮鍋を食べたら〆でどんな麺を楽しむか?大いに悩ましいところです。うどんは定番の美味しさでしょうし、冷たく冷水で絞めた蕎麦でつけ蕎麦を楽しむのもオツなものです。でも上に乗せる具として考えるのならやっぱりラーメンが一番。山形では前述したように庄内地方が豚肉で味噌味山形市方面で牛肉で醤油味と大きく特徴が分かれています。でも最近では若い人たちの間でそんなことにこだわらない新しいスタイルが流行りだ [続きを読む]
  • 山形  「芋煮ラーメン」
  • まず、最初にお断りしておきますが山形県に普通に「芋煮ラーメン」が存在する  と言う訳ではありません。 (在るのか無いのかも存じません)山形名物の芋煮をラーメンに乗せた  という意味合いです。つまり山形芋煮がまず在り、少なくとも今回の芋煮ラーメンは私の創作です。山形の芋煮が乗ったラーメンという事です。美味しい芋煮を仕込みます。美味しいダシをたっぷりと取って美味しい里芋を用意します美味しい国産牛肉を加 [続きを読む]
  • 山形県の芋煮
  • 山形県では寒くなると戸外で「芋煮鍋」が盛んに行われます。このルーツは北前船の頃に遡るそうです。その頃はもちろん船にエンジンなんかありません。帆船です。帆船は基本  風力で進みます。ところが山形では最上川をさかのぼる必要がありました。そこで剛力の人足が両側から綱で引っ張って遡上したそうです。やがて日が暮れ冷気に包まれる頃疲れた体からは汗も引き身震いするほど寒くなります。そこで体を温める為に皆で河原で [続きを読む]
  • イノシシ肉の黒麻婆ラーメン  2018ver.
  • 雪も積もり本格的に寒くなってきました。いよいよ温もりメニューの発動です。まずは二回目の登場となります黒麻婆ラーメン。たっぷりのイノシシのひき肉で作るのは前回と同じ。 普通ひき肉に下ろすのは肩肉などの 硬い部位を使います。 脂が無いのが普通です。 でもこの肉は12月時の最も美味しい時期の物程よく脂が乗っています。美味しさはすでに約束されたも同然。 富山県も刻々と情勢は移ろい、猪の骨がしばしば入手でき [続きを読む]
  • 一日だけのメニュー
  • 思ったよりも早くオマールエビが無くなってしまいました。次の予定は15(月)なので明日12(金)は欠品となりますがせっかくオマールを楽しみにしていただいたお客様に申し訳がなく、かつまた塩ラーメンの具材やオマールのコンソメなどがまだ在庫がありますので明日1月12日(金)のみの臨時企画として「あん肝味噌の塩ラーメン」をご用意しました。スープはオマールのコンソメと丸鶏スープのWスープ具には能登健康鶏のもも肉を特殊 [続きを読む]
  • 2018 新年最初の限定メニュー
  • 年末から正月明けまで忙しく過ぎてしまい新年のご挨拶はおろか、コメントのお返事まで書けずじまいでもう、10日になろうとしております。改めて あけましておめでとうございます。     本年もよろしくお願いいたします。さて、明日10日(水)より限定メニューを再開いたします。お正月気分がまだ残っているのでおめでたいエビをご用意しました。料理店時代も新年宴会に度々登場したオマールエビです。生きたまま箱で入荷いた [続きを読む]
  • 2017年度 限定まとめ 3
  • こうして振り返ってみると一年なんかあっという間。でもその裏に試行錯誤、試作の連続でうずもれたメニューも沢山あるんです。2018年はそんな埋もれてしまった試作にも、もう一度違う角度からアプローチしてみたいと思います。  9月 前半 自家製ベーコンエッグのタンメン  自家製ベーコンを炒めて脂を引き出す そこに野菜を加えて炒め 卵を落として半熟で仕上げる 添えるのはMixハーブ。ゴージャスな香りとともに。 後半 [続きを読む]
  • おせち
  • 今はもう声高に叫ぶことはなくなりましたが、かつては”無添加食生活のすすめ”を提唱していました。化学調味料を受け付けなくなるとほとんどの加工品が食べられなくなりますが無添加生活で一番困るのが冬です。例えば、皆大好きな「おでん」 市販の練り物はまずNG。そこですり身から自作しますが、市販の練り物がダメとなるととても寂しいおでんになります。次におせちです。かまぼこや伊達巻も自作する羽目になります。以前に小 [続きを読む]