cpakickboxer さん プロフィール

  •  
cpakickboxerさん: プロキックボクサーと公認会計士の二足のわらじ
ハンドル名cpakickboxer さん
ブログタイトルプロキックボクサーと公認会計士の二足のわらじ
ブログURLhttps://ameblo.jp/cpakickboxer0024
サイト紹介文現役プロキックボクサーでもある公認会計士が綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2009/02/03 11:07

cpakickboxer さんのブログ記事

  • 中国での株式売買
  •  私の嫁はベトナム人、私は日本人、ある時、中国の株式売買について勉強したくて、普段使っている銀行さんで話をしてみた。日本だと株取引の専用口座を作って、証券会社に訪問をすると思うが、中国では銀行が株の取引きを仲介をすると言われた。私の中国語能力が低いため、真相は違うかもしれない。 そこで、出来る株式の内容を聞いて見た。中国人の方が取引できる銘柄と外国人が取引できる銘柄の数が違い、中国人よりも外国人 [続きを読む]
  • 散歩
  •   息子は、同居人のショコラと夕食後、一緒に散歩をします。最近では、息子(1歳2か月)がリードを掴んで一緒に散歩をしています。 我々の中では、ショコラが長男、息子は次男というような呼び方をしますが、2人の関係はどんな感じなのでしょうか?我々には分からない2人の特別の関係があるのかもしれません。 [続きを読む]
  • 嫁とのデート
  •  いつも週末は、息子中心の生活となっており、リフレッシュが必要と、嫁が企画してくれた。お手伝いさんに息子の世話をお願いして、昼から飲茶を食べたり、映画を見に行ったり、嫁とデートを楽しんだ。 よく嫁とのマンネリを解消するために2人でデートをするのが良いと聞いたりしていたが、息子と一緒にいる方が良いでしょうと消極的な考えであったが、実際嫁とデートをしてみると、新鮮で良い感じになるので、これは良いことだ [続きを読む]
  • 嫁からの一言
  •  嫁とは普段英語で色々な細かいことまで色々話す。その中で、子供の世話にについて、私が真面目過ぎるところが嫌のようで指摘される。 土曜日と日曜日は極力仕事を入れず、嫁と息子と3人で過ごす。過ごすと言っても朝7時か8時頃に息子が起き、2人で世話(嫁は料理、私はパンツを替えたり、彼と遊んだり)をし、やっと朝食が終わると直ぐに昼食の時間ぐらいになる。外で食事をしようと嫁が作った息子用の料理を持って、外で昼食 [続きを読む]
  • 家族の絆からの学び
  •  家族というのは、夫(私)、妻、息子君の3名を意味するわけであるが、息子君の場合は、嫌であれば泣き叫び、楽しかったら笑っているので、その状況状況で、対応をしていく。一番息子君に良い状態として、私も育児に率先して参加(平日は出来る限り定時で上がれるように頑張り、土、日は予定を入れず、家族で過ごす。)し、妻とお手伝いさんという布陣で彼には挑んでいる。お蔭で、誰もストレスでおかしくならず、普段から笑いが [続きを読む]
  • やっぱそうじゃん。
  •  産後のつらさに共感してくれない夫への怒りと不満をSNSで吐き出している主婦の方が非常に多いという記事を見た。 やっぱそうじゃん。私は外国人の妻を持っており、外国人男性は日本人男性よりはるかにジェントルマンで、外国人女性は、色々夫がやってくれることを期待というより要求してくる。 ベトナム人の妻と円満にいくためには、私は思考から変えた。変える前は、冷たいだの色々言われたが、今となっては、笑い話になって [続きを読む]
  • 中国と日本の違いあるある
  • 中国と日本では、認識がかなり違うが、普段なにげなことにも違いがあり面白い。☆英語の使い方・日本の場合、日本語の会話の中に英単語をちりばめる。・中国の場合、中国語の会話の中で、ワンフレーズを英語で会話する。例えば、你好(こんにちは。)、Would you do me a favor? (お願いがあります。)我要什?(私は何々がしたい。)⇒個人的には、中国の英語の使い方の方がかっこいい。発音もかなりうまい。 ☆美容整形後の街 [続きを読む]
  • 未知との遭遇。
  • 毎朝の日課として、朝外へ息子は出かけますが、今日は、何と未知との遭遇が!固まったまま動かなくなった息子。その前方には、集団のおばさま方が、大音量のスピーカーから流れる音楽に合わせ、ダンスをしている。息子にとっては、結構インパクトあったようで、しばし固まっていたようです。 [続きを読む]
  • お隣のお隣の廃墟
  •  我々が入居している会社のオフィスビルの隣の隣に40階建てほどのこの廃墟ビルが建っている。私が赴任する随分前からこの廃墟の状態だという。 オーナーがビルを建てようとして、骨組みが出来たところで資金が底を突いた聞いた。それからこのように放置されている。もし、この廃墟が崩れて、我々のビルの方へ倒れてきたら、我々のビルに絶対届く。 これは大きなリスクですが、何か対策は打つ予定あるのだろうか?といつも思う [続きを読む]
  • 家族のホームタウン
  •  息子(1歳)が、ベトナム旅行中、風邪で体調が良くなかったが、広州へ戻った途端、風邪も直り、いつも通りたくさん食事をするようになった。彼の国籍は、日本とベトナムであるが、血が半分入ったベトナムに行っても体調似は合わず、広州が彼に合っていることを実感した。普段は広州にいるので、その気候に合っているのは当たり前で、1歳と小さいので環境に合わせるには体に大きな負担が掛るのは、それは当然であるが、彼のホー [続きを読む]
  • 国慶節休暇
  •  国慶節休暇は、ベトナムのダナン・フエへ家族旅行へ行き、本日から仕事再開。家族旅行と言っても、私の両親と私家族3人と嫁の異父兄弟とその父親という日本とベトナムの合作であった。嫁の異父兄弟のナム君はもう14歳。ナム君は、エレベーターに乗ったのも今回が初めてという自分の村から出たことがないというサプライズ及び嫁と再会したのが、10年ぶりということで、ここには1つのストーリーがあり、私の息子からしたらナム君 [続きを読む]
  • 国慶節
  •  中国では、10月1日〜8日まで国慶節休暇で、前日が9月30日の土曜日で法的には振替出勤日であるが、遠くの故郷に帰る方もいるので、実質国慶節休暇が始まっている。 昨日あたりからメールの連絡がかなり少なくなった気がする。 嫁と息子は一足早く、休暇のためベトナムへ戻った。最寄りの地下鉄駅まで見送ったが、帰り道、明日まで1人なので気楽な気持ち反面、寂しさがこみ上げた。毎日居るのに、少しの間でも、寂しくなるのか [続きを読む]
  • ヤフージャパンの検索
  •  中国でヤフージャパンの検索が出来なくなり、不便さを感じる日々であるが、他の検索エンジンのGooなどを使い何とか対応をしている。 元々日本ではGoogleを使っていたが、中国では赴任した時から使えないため、ヤフージャパンを使っていた。慣れていたため、検索が使えなくなった時、調べ物とかがとかく不便になり、他の検索エンジンを使いながらこなし、大きな支障は特にないが、不便さを感じる。 中国当局がネット規制を強化 [続きを読む]
  • ウナギ料理
  •  広東省の恵州でウナギ料理を注文したら、これが来た。広州でも日本料理店が乱立しており、ウナギのかば焼きはいつでもどこでも食べられる。 ここのウナギ料理は、ウナギをぶつ切りにして、色んな調味料で料理をしてくれる。今回は、酒蒸しのような料理であった。やはりうなぎ、見た目が違っても、味はウナギなのであるが、見た目が違う過ぎるため、面食らう。 白身魚のようにいっぱいは食べられなかった。 [続きを読む]
  • 恵州
  •  広東省にある恵州のリゾート地に社内旅行で3泊行ってきた。土、日を挟んで行く社内旅行で、通常は全員が参加であり、数か月前から計画をしているが、中国人スタッフの中には行きたくない者もおり、露骨に分かるような理由で、参加せず、有休消化をしたりする。合理主義というか個人主義というか。そんな奴らは気にもせず、息子がもうすぐで1歳になるので、嫁と息子も参加し、良い思い出になった。 ホテルに併設されている。子 [続きを読む]
  • 息子の成長。
  •  あと10日で1歳になる息子君。数秒であるが、自分で立つことが可能になってきた。移動はハイハイであるが、つたえ歩きをし、どこでも行こうとする。歩けるようになるのも時間の問題かもしれない。 彼は私に話しかけてくるが、お腹がすくと「ナイナイ(奶奶)」と言ってくる。ナイナイ(奶奶)は中国語(普通語)で母乳という意味で、この単語の意味は分かっているようだ。現に食べ物を上げると、収まる。 しかし、別の単語「プ [続きを読む]
  • 嫁の大学進学。
  •  嫁(ベトナム人)が広州のJinnan大学の3年生に合格をした。私も今年日本の大学を卒業予定なので、何かと大学に縁のある年である。 嫁は、ベトナムでは短大を卒業しているが、大学へ編入を考えていた矢先私と結婚となったため、大学進学は1つの夢となっていた。Jinnan大学では、外国人の中国語クラスを時間がある時に受けていた。息子を妊娠してからは、通学が遠ざかっていたが。 そして、先週の土曜日に、大学進学テスト(中 [続きを読む]
  • 子供との触れあい
  •  今月9月21日で息子さんは1歳を迎える。1年があっという間に過ぎたような感覚であるが、スマートフォンの画像フォルダーには、息子の写真だらけになっている。 息子とは触れ合えば触れ合うほど彼の性格なども分かってくるので、触れあいの時間を優先して取る様にしている。仕事で出来るのであれば、定時で退社し、彼との触れ合いに時間を割くようになった。それでも、8時半頃には眠ってしまう為、毎日会える時でも数時間だけで [続きを読む]
  • 中国人スタッフとの信頼関係
  •  中国で仕事をしているととりわけ一緒に仕事をしている中国人スタッフから中国人の思考の神髄を学ぶことが多い。今までの中国人スタッフは、大小は個人差が当然あるが、自分がまず大事で、お客様や会社は二の次、自分の思考・思いを優先させる。そのため、私の役目は、お客様や会社のマイナスがでないように管理して、指示をする。中国では、総経理(事務所長)の肩書にはスタッフは弱く、私の指示にはむかうまでは誰もしないた [続きを読む]
  • 脳裏に刻まれたニュース
  •  一生忘れない記憶となるニュースが飛び込んできた。それは、ET-KINGのTENNさんの遺言の公開である。奥さんに当てられた遺言内容である。ある男性と幸せになることを願っているという優しい思いと苦悩からの決断をしたことが強く読み取れる。家族は、3年も我慢をし、そこから遺言を公開された思いもニュースが強く伝わってくる。たとえ、奥さんだった人が芸能界から消えるようなことになっても。これからも忘れることなく、ニュ [続きを読む]
  • 産休前と産後で激変。
  •  中国での我々の会計の仕事では、従業員が女性であることが多く、弊社の事務所の比率も2:8程度で女性である。会計には女性が勤務するケースが多く、面談をして、良いと思い採用すると女性比率がここまで高くなっていた。特に気にしているわけではないが、会計業界はやはり女性が多い。 中国人の女性は共働きが多く、労働法規則でも妊娠・出産の女性従業員には厚く法的に守られている。妊娠してから子供が1歳になるまで通常は労 [続きを読む]
  • 0歳からの教育(In 広州)
  •  息子さんは、10か月目であるが、「早教」という早期教育があり、体験入学。6か月目から3歳までが対象のクラスが週2回(1回45分)あり、いつでも教室を利用できる。クラスの部屋は、4つほどあり、それ以外に遊べるスペースが多く用意されており、息子さんも大変気に入り、帰ると抱き上げると体をねじり帰るのを嫌がるほど。 クラスは、色々な器具を使って体を動かせ、他の生徒さんと一緒に何かを持つだの、他の子供さんとも交流 [続きを読む]
  • 家族の大切さ
  •  今まで、家族を持つまでは、自分勝手な行動をしていた。家族がないから気軽に一番の優先は自分がしたいことであった。転職もあまり気にせずしていたように思う。給料もあまり気にしていなかったように思う。 家族が出来てから、特に外国人の妻を持ってからは、よりお金の重要性というのを感じるようになった。お金の重要性は、国によって感覚が全然違うことを海外に過ごしながらとても実感している。 そんな中で、家族全員が [続きを読む]
  • 大学の単位取得
  •  産業能率大学に4年生として再入学(再編入)して、はや4ヶ月が経とうとしている。順調に単位を取得しており、卒業に必要な20単位中、12単位を取得することが出来た。単位取得合格通知が来ると嬉しいものだ。 勉強は、心理学、ビジネス関係、会計系と多岐に渡る。社会人になって勉強となる教材もあるので楽しみながら勉強できありがたい。 スクリーングと言って、一部通学で単位を取得する部分があるが、それも無事完了。あと [続きを読む]
  • 息子さんに思う事。
  •  息子さんを見ていると、身体的な私の特徴と同じ特徴を見ることが出来る。足の親指の形とでかさ、歯が生えてきたが、上の前歯の2つの大きさ、形など。私の小さい頃の体型とよく似ていること。色が白く、髪の毛の色も薄く、とても体が大きかったので、外国人の子供と言われ、私はチャーリーブラウンというあだ名であったそうであるが、息子さんも同じで、でかいでかいとよく言われる。身体的な共通点を見つけては嬉しくなるのとDN [続きを読む]