kenmorehills さん プロフィール

  •  
kenmorehillsさん: サイゴン・トリビューン
ハンドル名kenmorehills さん
ブログタイトルサイゴン・トリビューン
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kenmorehills/
サイト紹介文ベトナム・サイゴンでの生活や趣味の旅行の思い出を思いつきと出来心で書き綴るページ
自由文ベトナム・サイゴンでの2004年4月から2007年3月までの3年間の生活での思い出や現地情報満載です。また、旅行で訪れた場所やグルメの情報も細かく掲載中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/02/03 22:23

kenmorehills さんのブログ記事

  • 1995年08月 台北・コタキナバル旅行 Part 06
  •  東一排骨總店で夕食に排骨飯を食べた後は、長春路にある温莎堡視廳理容名店(ウィンザー理容院)へ行きました。ウィンザー理容院は、ホットタオルによるリンパマッサージや足圧マッサージなどで知られる高級マッサージ店です。リンパマッサージと足圧マッサージを含めた全身マッサージに足裏マッサージと耳掃除のオプションを加えた2時間位のコースを選び、仕事で疲れた身体をリセットすることができました。リンパマッサージは [続きを読む]
  • 1995年08月 台北・コタキナバル旅行 Part 05
  •  華華大飯店にチェックインして一休みした頃には夕方になっていましたので、台北車站南側の漢口街一段や南陽街にあるお店から探して夕食にしました。補習班(予備校)の乱立する漢口街一段や南陽街は、学生向けのB級グルメの飲食店が狭いエリアにひしめき合っていますが、以前にも立ち寄ったことのある排骨飯の老舗「東一排骨總店」に入りました。「東一排骨總店」は、たくさんの看板が並ぶ通りの中でも、一際目立つ緑で縦文字の [続きを読む]
  • 1995年08月 台北・コタキナバル旅行 Part 04
  •  華華大飯店 Hotel Flowers Taipeiのある台北車站南側の漢口街界隈には、台北に一人で訪れたときの定宿としていた氾美飯店 Pan American Hotel(現 城美大飯店)、懷寧旅店 Keymans Hotel、華華大飯店 Hotel Flowers Taipeiなどなどの中級ホテルがいくつかあります。漢口街一段とその南側にある南陽街は、補習班(予備校)やB級グルメの飲食店が立ち並ぶ学生街で、好きなおかずを選べるお弁当屋さんや一度は試してみたいスナック [続きを読む]
  • 1995年08月 台北・コタキナバル旅行 Part 03
  •  台北での滞在先は台北車站南側の漢口街一段界隈にある華華大飯店 Hotel Flowers Taipeiを選びました。華華大飯店は、ペリカン石鹸グループのホテルとして、日本国内の予約先で宿泊予約を入れることができましたので、出発当日の朝にFAXで宿泊予約を入れておきました。当時は、自宅からインターネットにアクセスできる環境は整っていませんでしたので、海外のホテルへのFAX予約も個人旅行の手段の一つでした。当日朝のFAX予約でし [続きを読む]
  • 1995年08月 台北・コタキナバル旅行 Part 02
  •  桃園国際空港から台北市内へは、國光客運のリムジンバスを利用しました。税関を通り抜けて到着ロビーへ出ると、左側に國光客運の台北車站行きバスに乗るための行列ができていました。台北二泊分の両替をした後にその列に並んで、順次出発する台北車站行きのバスに乗り込みました。5年ぶりに訪れた台北は至る所で工事が進んでおり、発展著しい台北の街並みを眺めながら終点の台北車站へ向かいました。当時はアメリカのグレイハウ [続きを読む]
  • 1995年08月 台北・コタキナバル旅行 Part 01
  •  1995年8月には台北とマレーシアのコタキナバルを廻る一人旅をしました。当初の目的地はボルネオ島でしたが、当時は日本からボルネオ島への直行便がありませんでしたので、台北でトランジットしてボルネオ島の北の玄関口のコタキナバルへ向かうルートを計画しましたが、台北とコタキナバルの空路が週2便しかありませんでしたので、それに併せて往路復路共に台北でのストップオーバーとなりました。マレーシアは、首都クアラルン [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 10
  •  旅行最終日は、インターコンチネンタル・ソウルの隣の現代百貨店の地下食料品売り場でキムチなどの買い物をして、金浦空港で昼食後、大韓航空国内線で済州空港へ向かいました。済州空港到着後に成田行きの大韓航空に乗り継いで日本へ帰りました。3泊4日で済州島とソウルを駆け足で廻りましたが、済州島ではThe Shilla Jeju 済州新羅ホテル、ソウルではInterContinental Seoul インターコンチネンタル・ソウルと超高級ホテルを [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 09
  •  InterContinental Seoul インターコンチネンタル・ソウル(現Grand InterContinental Seoul Parnas グランド・インターコンチネンタル・ソウル・パルナス)は、江南区にある超高級ホテルで、現在は周囲にCOEXなど施設が立ち並ぶソウルの副都心を形成するホテルの一つです。広々とした客室は、豪華な家具とシックな内装でが特徴で、独立したシャワーとバスタブが独立したバスルームが備わっていました。翌朝の朝食ブッフェは、和 [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 08
  •  イテウォンでのショッピングの後は蚕室(チャムシル)にあるロッテワールドへ行きました。ロッテワールドは1989年オープンの屋内型遊園地で、「ロッティとローリー」をマスコットキャラクターとしています。待ち時間もほとんどなく3時間程度の時間で一通り廻って、チケットに付いていたバウチャーを利用して園内のロッテリアで夕食にしました。ロッテワールドで遊んだ後は、ソウルでの滞在先のInterContinental Seoul インター [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 07
  •  イテウォンには近くに龍山米軍基地があり、外国人向けのお店が軒を連ねるショッピング・エリアで、革製品専門店やスポーツショップが軒を並べます。当時はローレックスの時計やルイビトンのバックなど偽ブランド品を扱うお店もありましたが、日本よりも格安で革製品オーダーメイドができるお目当のお店「甲富(カブ)シューズ」に真っ直ぐ向かいました。1990年にソウルを旅行したときにAVIREXのアメリカ空軍仕様の革ジャンを購入 [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 06
  •  ソウル到着後は、イテウォンとロッテワールドを廻るコースを指定しておきましたが、市内観光の定番の免税店にも立ち寄りました。まだまだ内外価格差という言葉もあった時代でしたので、高級ブランド品を海外の免税店で日本より安価で購入するのが海外旅行の楽しみでした。有名ブランド品を数多く扱う東海免税店やロッテ免税店に立ち寄りましたが、東海免税店で済州島のカジノで潤ったお金で腕時計を購入しました。昼食は、イテウ [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 05
  •  3日目は、朝から韓国国内線を利用して済州島からソウルへ移動しました。済州空港では仲間の1人がピストル不法所持者と間違えられて、航空機搭乗前にトラブルに巻き込まれましたが、出発が少し遅れただけで、無事ソウルへ向けて飛び立つことができました。当時の大韓航空国内線は、座席ごとのイヤホンがなく、機内サービスの音楽は機内のスピーカーから直接流れていました。済州空港からソウル金浦空港までは、およそ1時間のフ [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 04
  •  2日目は、朝食すぐにリゾートホテルのプール泳いだ後に済州島の一日観光に出かけました。観光した場所はあまり良く覚えていませんが、トルハルバンで知られる済州石文化公園やお化け坂のトッケビ道路などを廻り、昼食には海鮮チゲを食べました。午後には、済州市内にある済州グランドホテルのカジノでゲームを楽しみました。ルーレットでは、ビギナーズラックにも恵まれ、少ない費用で長時間楽しむことができました。夕食は、プ [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 03
  •  済州島での滞在先は、済州島の南側に位置する中文リゾートにあるThe Shilla Jeju 済州新羅ホテルでした。新羅ホテルはソウル市内の高台にそびえる各国の要人なども利用する超高級ホテルですので、リゾートホテルでありながら格調高い雰囲気がとても気に入りました。夕食はホテル到着前に、オンドル部屋のある料亭のようなレストランで、伊勢エビの刺身を中心とした海鮮料理を食べてきたので、ルームサービスを利用して、一緒に行 [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 02
  •  成田国際空港と済州島までの往復には、大韓航空のチャーター機を利用しました。イベント会社のチャーター機でしたので、チェックインカウンターではなく、北ウイング5階の特別室入り口でのチェックインでした。また、機内食は特製弁当と飲物という今までに経験のないこともありましたが、サテライトでは通常の便名表示と案内がありました。大韓航空には初めての搭乗で、ほとんど揺れを感じない離着陸で、パイロットの技術の高さ [続きを読む]
  • 1993年08月 済州島・ソウル旅行 Part 01
  •  1993年8月には職場の同僚と韓国の済州島とソウルを回る旅行に行きました。同僚の友人が勤めるイベント会社がチャーター機を利用しての済州島ツアーを企画していたので、そのツアーに参加しながら、さらに韓国国内線を利用してソウルまで足を延ばしました。済州島は、朝鮮半島の南に位置する小さな島で、自然景観が美しい韓国屈指のリゾートですので、済州島のリゾートホテルや韓国料理などを満喫できました。また、ソウルではロ [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 15
  •  シドニー滞在の最後のディナーには、1989年のホノルルと1992年のニューヨークとワシントンD.C.に続いて4番目に訪れる店舗となったHard Rock Cafe Sydneyに行きました。1980年代に高校・予備校・大学生活を送った私たちの世代にとって、Hard Rock Cafe ハード・ロック・カフェのスウェット・シャツやTシャツは洋楽のビルボード全米トップチャートとともに流行の最先端でした。有名アーティストの楽器や衣装が飾られたハード・ロ [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 14
  •  シティー・セントラル駅近くの画廊に立ち寄って一休みした後には、シドニー1日観光の仕上げとして、シドニー・エクスプローラーバスを利用して、ハーバーブリッジ北側やミセスマッコーリー・ポイントを廻りながら、Kings Crossへ向かいました。南半球最大の歓楽街キングスクロスのメインストリートDarlinghurst Roadは、パブ、カフェ、レストランがお土産店など様々なお店が建ち並び、アルコールやドラックであまり近づきたくな [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 13
  •  シドニー湾クルーズの後は、ロックスをぶらぶらしながら、ハーバー・ブリッジのパイロンに上りました。当時はハーバー・ブリッジのブリッジクライムはありませんでしたので、パイロンの展望台からの眺め穴場スポットのようでした。現在はパイロンの展望台も有料で展示館もあるようですが、当時は無料で誰も通らない鉄の階段を利用して展望台に上がりました。展望台はとても狭いですが、間近で見られるハーバー・ブリッジの迫力や [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 12
  •  シドニー・タワーの展望台の後には、次の観光のシドニー湾クルーズのためにCircular Quayまで歩いて行きました。サーキュラーキーは、シドニー湾クルーズ各社のチケット売り場や地元の人々の交通手段となるフェリー乗り場があります。シドニー湾クルーズで代表的なCaptain Cook Cruisesを利用しましたが、たくさんの種類のクルーズの中からJCBデスクで短い時間でシドニー湾を廻るクルーズ予約しておきました。コースは、サーキュ [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 11
  •  シドニー滞在は1日だけでしたので、市内の主要な場所を急ぎ足で廻りました。まずは、宿泊先のOxford Koala Hotelからハイドパークに沿って、Sydney TowerのあるPitt Street Mallへ歩いて行きました。シドニー・タワーは、南半球ではニュージーランドのオークランドにあるスカイタワーに次ぎ2番目の高さを持つタワーで、最上部にはシドニー市内を一望できる回転レストランもあります。大型ショッピングセンターWestfield5階の [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 10
  •  ゴールコーストでの5日間のリゾートライフを満喫したあとは、再びクーランガッタ空港からEASTWEST Airlinesでシドニーへ戻りました。シドニーでの宿泊先を迷わないように、ゴールドコーストのJCBデスクで、Oxford Koala Hotelを予約しておきました。Oxford Koala Hotelは、ハイドパーク南側にある格安ホテルで、シドニー中心部へは徒歩圏内で、ホテル前には空港行きのリムジンバスのバス停もある立地条件の整ったホテルでした。 [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 09
  •  西暦2000年のミレニアム・イヤーにオーストラリアに留学していた頃には、大学のキャンパス内や街の至る処のエスプレッソ・バーなどがありました。エスプレッソ・マシンでいれた「ロング・ブラック」「フラット・ホワイト」「カフェラテ」「カプチーノ」などの美味しいコーヒーがオーストラリアでは定番で、メルボルンのカフェ・ストリートで飲むコーヒーの美味しさは格別なものがあります。しかし、ゴールドコーストとシドニ [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 08
  •  ゴールコースト滞在中は、レンタルサイクルで海岸沿いを中心に走りましたが、クーランガッタ空港のある南側やワーナーブラザーズ・ムービー・ワールドのある北側にはサーフサイド・バスを利用しました。サーフサイド・バスは、中心部のカビルモールやブロードビーチのパシフィック・フェア・ショッピング・センターなどを起点に南北に運行していたので、乗り換えをしながらあまり当てもなく乗車していました。観光客用の路線では [続きを読む]
  • 1993年1月 Gold Coast & Sydney旅行 Part 07
  •  ゴールドコーストの郊外には、テーマパークのWarner Brothers Movie Worldがありましたので、カビルモールのツアーデスクで往復のバス、パークチケット、ランチバウチャーがセットになったパッケージを購入して、丸1日楽しんできました。ワーナー ブラザーズ映画のテーマ パークですので、ハリウッド映画のセット、スタントマンのショー、アニメLooney Tunesのキャラクターパレードなど見所は満載でした。事前の情報収集をして [続きを読む]