kittylove さん プロフィール

  •  
kittyloveさん: アンティークジュエリー☆ROWAN
ハンドル名kittylove さん
ブログタイトルアンティークジュエリー☆ROWAN
ブログURLhttp://antiquejewel.blog123.fc2.com/
サイト紹介文ロンドンから英国のアンティーク・ジュエリーの数々をご紹介します。
自由文ビクトリア時代のジュエリー、とくにカメオ、モーニング・リングおよびメメント・モリのアイテムを多く扱っています。店主ロワンは、24年にわたるアンティーク・ジュエリー収集販売の経験を活かし、著作「19世紀のカメオ」を出版しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/02/04 07:09

kittylove さんのブログ記事

  • Ref NJ3 ロッククリスタルのイアリング
  • 可愛らしいジョージア時代のロッククリスタルのボタンでできたイアリングで、1800年代のアイテムです。銀台にフォイルした天然のロッククリスタルを、クローズドバックでセッティングしています。もとはボタンだった証拠がフィッティングの部分にみられますが、のちに金のワイヤがつけられています。大きさは1.2×1.2cmで、耳につけると日のひっかりに反射して美しく輝きます。【価格 495ポンド】 [続きを読む]
  • Ref NJ1 18世紀のトパーズのモーニングリング
  • 高品質で重量感のある高カラットの金のモーニングリングで、1761年の刻印があります。うずまき型の指輪本体に、裏側をフォイル下金色のトパーズを切り落としで、クローズドバックにセットしています。インペリアルトパーズと呼ばれるこ貴重な石は、天然のトパーズとして人気があります。沈む夕日の色から、17世紀のロシア皇帝にちなんでつけられた名前です。型の部分には、ローズカットのダイヤモンドをフォイルしてクローズドバッ [続きを読む]
  • Ref BY2 ダマスクス ローズの指輪
  • ミニチュアの肖像画で、象徴しているのは、モデルになっているひとの性格に由来しています。この指輪はフランス製で、1780年代につくられたものです。水彩画がえがいているのは、魅力的な若い女性で、黒い背景にドーム型のクリスタルガラスで覆ってあります。 彼女の顔立ちは18世紀のフランス宮殿の様式で描かれており、肌は青白く頬はあかく、唇が深紅に塗られて、頬にはほくらがみられます。 ローズピンクのガウンを消えて、レー [続きを読む]
  • Ref BY3 ジュリア―ノのカフリング
  • 高カラットの金のカフリングで、ふくろうの形をしています。1900年代のアイテムです。カフリングには、「C & AG 」のマークがあり、 Carlo and Arthur Giulianoを表しています。Carlo Giuliano (1831-1895)はイタリアの金細工職人で、1860年代に妻とともにロンドンにでてきて、Frith Streetでワークショップをひらき、ユニークなジュエリーを作り出しました。 1895年に彼が亡くなると、息子のCarlo JosephとArthur Alphonseが後を [続きを読む]
  • Ref BH5 ルネッサンスのカメオリング
  • ルネッサンスのハードストーン、アゲート石を使ったカメオで、1600年代のアイテムです。カメオをのちに高カラットの金の指輪台にセットしています。カメオで描いているのはキューピッドで、仮想ようの薪の山の上で、蝶を燃やしているところで、愛の苦しみを表しています。指輪のサイズは N and 1/2 で、前面部分は1.6x1.6cmで、状態は完璧です。「価格 1850ポンド」 [続きを読む]
  • Ref BC5 Ecce Homo Salvatoris Mundi
  • ユニークな魔除けの金の指輪で、1760年代のアイテムです。中央には、ファセットをつけたクリスタルの下に、フォイルして「C」の文字をセットしてあり、かまぼこ型の指輪本体には、黒いエナメル地に金文字で、ラテン語のモットー : Ecce Homo Salvatoris Mundi が描か絵rています。世界の救世主キリストを見よ、という意味です。 このようなモットーから、この指輪をつけるひとを邪悪から守り、魔法の力が宿ると信じられていました [続きを読む]
  • Ref BC2 ガーネットのハエのイアリング
  • チャーミングなイアリングで、1870年代のアイテムです。ドーム型のカボションカットのガーネットを、金台にセットして、まわりをローズカットのダイヤモンドでハエを描き、目の部分は小さなガーネットを銀台に埋め込んであります。大きさは3.6?で、幅は最大部分で0.8?です。たいへん良いコンディションです。【価格 1650ポンド】 [続きを読む]
  • Ref BC1 Sacre de L'amitie
  • 精巧につくられた水彩画のミニチュアで 1790年代のアイテムです。内側には Sacre de L'amitie - 'の文字が彫られており、「友情に捧ぐ」という意味です。描かれているのは、羊飼いの格好をした女性で、花の入ったバスケットを乗せた台のそばにたち、純粋のシンボルである羊に草をあたえている姿です。裏側には、ひとふさの茶色の髪の毛を編み込んだうえに、ECのイニシャルが描かれています。ペンダントの両側ともにドーム型のクリ [続きを読む]
  • Ref CA2 クリスタルのメメントモリのスライド
  • 高カラットの金でできた、メメントモリのスライドで、1680年代のアイテムです。このジュエリーは、故人をしのんでつけられたもので、1700年代を中心に着用され、人生の短さをめにみえるかたちで象徴していました。このスライドは、中に茶色の髪の毛を編み込んでいれ、そこにエナメルの骸骨と十字にくんだ骨がえがかれ、金糸で刻まれた故人のイニシャルABがみられます。コンパートメントは、ファセットをつけたクリスタルで覆われて [続きを読む]
  • Ref CA6 ペーストのリヴィエール
  • かわいらしい色とりどりのペーストのリヴィエール型ネックレスで、ジョージア時代、1800年代のアイテムです。金のリヴィエールは、エメラルドとルビーのペーストをフォイルして、切おとしでクローズドバックにセッティングしてあります。長さは38?あり、同じかたちのぷらスプがついています。 輝きの美しいジョージア時代のペーストで、状態も完璧です。【価格 2200ポンド】 [続きを読む]
  • Ref VH7 アメジストのペンダント型イアリング
  • 大変クオリティの高いアメジストのペンダント型イアリングで、1840年代のアイテムです、高カラッとの菌を連結させて、ファセットをつけた紫色のアメジストをオープンバックでセットしてあります。大きさは、6.4cmあり、幅は最大部分で1.2cmあります。耳につけると、可愛らしく揺れて、状態も完璧です。「価格 1500ポンド」 [続きを読む]
  • Ref VH2 ガーネットとアゲートの指輪
  • 可愛らしいジョージア時代のお花の形の指輪で、1800年代のアイテムです。金の指輪本体に、 肩の部分をfleur-de-lisの形にして、中央にアゲートを配置し、その周りをフォイルしてフラットカットにしたガーネットをクローズドバックにセッティングして囲んであります。 指輪のサイズはJ [日本サイズ9号]ですが、サイズの調整が可能です。 中央のお花の部分は1.2x1.2cmで、大変よいコンディションです。「価格 650ポンド」 [続きを読む]
  • Ref GW2 エナメルのイアリング
  • 高カラットの金の丸形イアリングで、1800年代のアイテムです。金のお花のオーナメントに、ロイヤルブルーの下地で、まわりを白いエナメルで囲んであります。産業革命前のフランスで、ジュエリーの着用が禁止されていた時代には、軽くて繊細な金のジュエリーがファッショナブルになりました。ギリシャやローマの古典的なドレスにあうように作られたものです。このイアリングの大きさは3.1?で、幅は6?あります。この時代特有のうし [続きを読む]
  • Ref GW6 ラヴバード
  • チャーミングなジョージア時代のラブトークンのブローチで、「愛の鳥」を描いています。1820年代のアイテムです。ローズカットのダイヤモンドをちりばめた2羽のラブバードが、ダイヤモンドの台座にとまっていて、ふたつの胸のあいだにルビーのハートをはさんでいます。ラブバードは生涯の伴侶えを意味しており、人間の愛の質を示しています。ブローチ部分は金台で、ローズカットのダイヤモンドは銀台にセットされています。大きさ [続きを読む]
  • Ref GW4 In Love be Loyal ポジ―リング
  • 高カラットの金のポジ―リングで、1680 - 1700年代のアイテムです。かまぼこ型の指輪の外側は、お花と葉の模様のモチーフが彫刻されています。内側には斜体字で、めずらしいモットー「 In love be loyall 」と製作者のマークが彫られています。 指輪のサイズは L and 1/2 [日本サイズ12号]で、幅は3?あります。重量感のある品質の高い指輪で、状態も完璧です。【価格 1950ポンド】 [続きを読む]
  • Ref MW1 ジョージア時代のガーネットの指輪
  • 可愛らしい小さなジョージア時代の指輪で、1800年代のアイテムです。高カラットの金のリブ網模様の指輪本体の中央に、ファセットをつけてフォイル下Hessoniteガーネットをセットし、オールドカットのダイヤモンドを銀台にセットしたものを肩の部分にあしらっています。指輪の裏側は光線のデザインです。サイズは L [日本サイズ11号]で、ガーネットの部分の大きさは、1.6×0.6?あります。光の輝きが美しいジュエリーで、たいへん良 [続きを読む]
  • Ref MW2 天使の指輪
  • 高カラットの金の指輪で、1870年代のアイテムです。ラファエルの天使を色彩豊かなエナメルで描き、のちに指輪としてつくりかえられたものです。指輪のサイズはJ [日本サイズ9号]で、前面部分は1.8×1.8?あります。たいへんクオリティが高く、良いコンディションです。 【価格 650ポンド】 [続きを読む]
  • Ref FD7 18世紀のポルトガル製の指輪
  • 重量感のあるポルトガル製のお花の形の指輪で、1780年代のアイテムです。18世紀に新しくブラジル製の色石が使われるようになり、ジュエリーの世界に虹色の輝きが用いられるようになりました。18世紀のポルトガルのジュエリーも、光とその輝きを最大限引き出せるようなデザインが多く用いられ、とくに着用したときにキャンドルのひかりにうまく反射するように作られました。この指輪は、ファセットをつけたアメジストを金台にセット [続きを読む]
  • Ref FD3 ペーストのリヴィエール
  • 素晴らしいジョージア時代のリヴィエール型ネックレスで、1820年代のアイテムです。大きさの異なるリヴィエールは、大きめの無色透明のペーストをフォイルして、切り落としで銀台にクローズドバックでセッティングしています。ネックレスの長さは36?で、石の大きさは前面の大きい部分は1.6×1.2?、後方の小さい部分は0.6×0.8?あります。クラスプ部分も同じペーストでできています。首周りにしっくりとなじみ、ペーストもオリジ [続きを読む]
  • Ref FH1 ねこのブローチ
  • 高品質の18金をもちいたブローチで、1910年代のものです。横たわったねこは、エメラルドの目をして、ローズカットのダイヤモンドをの首輪をしています。あそんでいる毬は真珠です。ブローチの大きさは、3.2×1.2?で、とてもよくできていて状態も完璧です。 【価格 1100ポンド】 [続きを読む]
  • Ref FH2 ディケードリング
  • 高カラットの金をもちいたディケードリングで1840年代のアイテムです。ディケードリングの名前は、指輪本体に10個(ディケード)の粒の装飾してあることが由来で、ロザリアと同じような使われ方をしました。 祈祷者が'Hail Mary' (アベマリア)と唱えるたびに粒のひとつをさわり、 中央のベゼルの部分にくるとき 'Our Father' (われらが父) となります。ベゼル部分にはエナメルで信仰と希望と慈善のシンボルである、ハートに金の涙 [続きを読む]
  • Ref FH3 青いエナメルとダイヤモンドの指輪
  • ビクトリア時代の18金をつかった綺麗な細工の指輪で、1837年シェフィールド製のホールマークがあります。ロイヤルブルーのpエナメルをほどこし、オールドカットのダイヤモンドと真珠をセットしています。裏側輪ロケットになっていて、コンパートメントがついてます。指輪のサイズはN [USサイズ 6 and 1/2]で幅は最大部分で6?あります。たいへんクオリティが高く、 状態も完璧です。【価格 750ポンド SOLD】 [続きを読む]