KARI`z さん プロフィール

  •  
KARI`zさん: 油屋/KARI`z
ハンドル名KARI`z さん
ブログタイトル油屋/KARI`z
ブログURLhttps://ameblo.jp/aburaya11/
サイト紹介文語る生活記。
自由文エラーダ万歳!!
「ギリシャ捜しの旅」を続けるカメラ小僧の語る人間臭つき生活記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/02/05 12:48

KARI`z さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • zoom 00 5M/空の抱擁
  • 5Ⅿすっかりと冬の雨の日曜日。アツコさんどこにいるんか?今朝で5か月である。プライドは高いが寂しがりやのアツコさん。そして、スーパー寒がり。寒がってないか心配である。だからといってそんな事ブログに書いてどうするのだろう。本当に悲しくなるね。15。嫌いになったね。いかんせんアツコさんはもう居ないんだ。 [続きを読む]
  • zoom 31 Diary 2018
  • Diary 2018/2019/2020自分用ダイアリー完成。暫く規正のダイアリーを購入使用していましたがどうしても大安だの友引だの等が見るたびに虫さんが現れる為今年は久しぶりに自制。それも、ざっくりと5~6年は書き込める。とりあえず、3年作成。で、早速何冊か頼まれてお一人は何と10年ダイアリー。飽きるよね?多分?絶対飽きるよー??作る限りは、飽きられポイが無いように1年毎に、絶対飽きません!もうこれは、ダイアリーではなく [続きを読む]
  • zoom 31 SAKU/土曜日の花
  • さくさくさいているさくはずなのであるもうとっくにさいている悲しみの花慈しみの花我を忘れた花喜びしか知らぬ花あの日あの時確かに見ていたうっすらと静けさに漂うがごとく咲いていたあの花をもうそんな花の事さえも忘れてしまったのだろうかさくさく眠りにつく前にたどり着く前にもう一度見たいと思う見たいと思う [続きを読む]
  • zoom 28 Olive Leaves Tea/オリーブの葉茶
  • オリーブの葉の茶を作る。冬前にもう一度剪定し沢山の葉をお茶にしようと思う日曜日。もうめちゃくちゃ凄い成分がたんまりこんのオリーブの葉々。血糖値まで下がるという。古代から薬とされていたとの事である。今年は実が穫れないゆえに枝や葉で戯れさせて頂きますである。ギリシアに帰りたいよね〜ギリシアの冬はたまらない!夏の存在が薄れてくる今昨今ギリシアの野暮臭いが最高に感じられる本当に愛すべき季時である。遺跡横の [続きを読む]
  • zoom 27 手のひらの緑/Atelier Green
  • レモンバームとミントの茎を剪定して余ってしまった葉々を他の葉たちと、瓶差ししてみた。画材台に水物は厳禁であるのだが葉たちがかもしだす香りに負けてしまった。なんといい香りでありましょう。オリーブの土をしこたま作った時から我が家の小さなバルコニーもとい物干し場は、ハーブが続々と増えたのである。なんでやろ?ディールくんにブラックバシリコやん。ジャーマンにグレープフルーツハーブレモンバームちゃん。スペア [続きを読む]
  • zoom 26 Easy or Difficult
  • 困難である。容易である。簡単なことは問題ではなくトラブルが生じた、プロブレムだ!とは到底に脳内判断されないのでしょう。ややこしくかつ少々やかなり難易度といった問題が生じた時、人は本当に様々なリアクションを持す。偉そうにつらつらと書き込みしている本人も、大層傍観するとなかなかに楽しいほどに見応えタプタプなリアクションを持していると思われる。まず、パに来る。アでもなく、サでもなくひたすらにパ行なので [続きを読む]
  •  zoom 25 光と闇、そして雨の中に/Hight Tone City
  • 小さな密室にてオークの手触りのひどく滑らかな文机机には不釣りな無機質なパイプ椅子が一脚。白い壁白い床眩しくはないが朝の光が白い壁を一層に白くしている。机より横たわれる寝床かソファーがほしくなる冷たくもない温もりも満ちきらぬ小さな空間。白い麻のシャツとわりにゆったりとした麻のズボン適度に日焼けし使いならした茶サンダル部屋に広がる光のせいで白髪に見える男の腕に緑色の大玉のブレスレットが光っていた。不 [続きを読む]
  • zoom 23 Secret Sky/ヒミツにするべきコトは、
  • ヒミツにするべきコトは、?墓場までもってゆく。?ありません。?ココだけの話なんだけどね推進実行委員。?親友だけには。だが、実際その正反対の立場になると、ばれてしまった場合、?許せない。?信用されていなかったと悲しい。?シャッター速攻閉める。?右に同じで許す。惚れた相手、旦那、妻、親友女友達、男友達、同僚、親さまざまな関係立場、かかわり具合によって異なりではあるのであろう。ヒミツにするべきコトは、 [続きを読む]
  • zoom 21 Aishiteru No Natsu/アイシテルノ夏
  • 日曜日の次は月曜日で月曜日の次は火曜日である。当たり前のようにである。そう当たり前のような日々にたくさんたくさんのキラキラが光り輝いているのである。アイシテル。アイシテル。アイシテル。ただでさえ湿気に占領された蒸せかえる空気の中で毎秒いつも思っている。いつもよりもかなり熱気あぷあぷの夏である。皆様どうぞ爽快かつ美しき夏を!ハッピーワンダフル〜サマー??を! [続きを読む]
  • zoom 20 いのち救うモノ、うすれ行く記憶
  • 夢を見た。やっと、逢えた。なのに体の中に空いたデッカイ穴はやはりそこにあった。消えてなかった。私のいのちを救ってくれたモノは私の記憶の中にだけ生きている。小さないのち。だけれども地球のように大きい存在。居ないという事実に朝の訪れと共に打ちのめされる。打ちのめされて打ちのめされてどんなに凸凹になろうがデカイ穴は埋まらない。前に進んでいるのかはい上がっているのか何がなんかよく分からない。ただ、ただ、 [続きを読む]
  • zoom 18 ひまわり/Ηλίανθος
  • ひまわりの花好きだ!この花にそう告白する方多いのかな?一本気に太陽に向かいぐんぐん。で、パカッドドーンと咲く。目が合うとミケーネの獅子のように何もかも見据えられてあんたちゃんとしとるんか!?訊かんといてぇぇぇください。たんび、こわなるのである。が、ひまわりの背中は好きである。一生懸命生きている方に出会うとひまわりの背中と重なる。湿気に占領された空気の中ひまわりはんは実に矍鑠と咲いてはる。あたいもが [続きを読む]
  • zoom 16 スケジュール帳/agenda
  • ?始まりのスケジュール帳を買う。日々現れる細やかな数字を意を決して細やかに記していこう!今年は夏休みの宿題はよやるぞ!的な感じである。あくまでも数字。予定ではない。行動は自由にである。が、新品週単位を意気揚々と買うてしまったから外側のビニールが外側ビニール袋とピッタリコンで熱溶けしていて拭いてもとれん紋様つき。あかんやん!で交換してもらいにいったら商品みんなそんな感じ。あかんやん、無印ちゃうやん [続きを読む]
  • zoom 16 夢言つらら
  • 数字は好きだけど数学や計算はストレスの元である。なのに油画の制作の工程に絶対に通過過程として数字出しがある。きゃあー何ミリ何センチも〜ええやん適当で。言いたくなるのです。暗室の液作りや保温測定相手が水や液体となると何の苦もない。数字書くのは嬉しいのだがキャンパスに正写形成するのは性格のいい加減さと向き合ってるみたいでちょっと嫌な作業である。いつも、制作する時、している時必ず傍にアツコさんが居た。真夜 [続きを読む]
  • zoom 14 360°
  • 右か左か後ろか前か上か下か悩んでもせいぜい右か左かであろう。迷ってもやはり左か右かであろう。同じ品の中からヒトシナ選びなさい。これは、迷う悩むの段階を逸脱してパニックである。微妙にラベルの剥がれているモノ中身が少々に多く見えるモノ形が一番美しいモノ好きなように選択すればよいのである。が、そのモノによっては一生末永く共に生きるモノもある。大概が、パニくった挙句に自問するのである。ほんまに要るん?そ [続きを読む]
  • zoom 13 Old Green New Green/古葉新緑
  • 新しい1日である。昨日ギリシアの友が役割を果たし終えた動物達は肉体から離れた後虹の橋を渡りそれは、美しい世界に行くんだよ。どんなに辛い苦しみを持した最期でも彼らは皆、虹の橋を渡るんだよ!本当かどうかは定かではないがそうだったら素敵だなとそうだったらいいなぁと思うのである。我が家の小さな緑たちも新しき芽吹きの時を持している。と同時に古き葉たちが色を失い始める。切ないが世のバランス上必要なことな事なの [続きを読む]
  • 「あ」の居る部屋 / 留守番
  • https://youtu.be/G83BaMD6DLcどこもかしこも「あ」の居た場所である。せめて、今何処に居るのかさえわかれば、心落ち着くのだがである。「あ」が居るけど居ない部屋。留守番だと思うのである。アツコさん早く帰ってこないかな。彼女が居ない時間。されど、時間は時間なのである。たまんないなぁ [続きを読む]
  • オリーブの花咲く朝に/Silence Monday Morning
  • 5月15日午前6時27分アツコさん旅人になりました。4月の始めに余命三か月と宣告され二つの悪性の癌と診断を持してからひと月半。アツコは、二つの悪性がん細胞を見事に消し、転移なしである。最後の最後の2日半で全てのがん細胞を自分の頭以上に腫れきった腫瘍を見事に消し去りました。人間で申せば約半月僅かなスポイトでの水とスープのみの体力のない状態から彼女はファイターであり戦士となり生きることを決して諦めない尊すぎる姿を [続きを読む]
  • zoom 12 Rainy Day
  • 雨の日は、お好きでしょうか?雨の日といっても、春夏秋冬それぞれに違う感触を持す。そして、雨についても、様々な降り方がある。だから、一概に雨の日がといっても即答できないものであろう。雨の日に涙を流すのは同調しているようで心地よいことのように思える。雨の日に涙を流すことは悲しすぎるような気もする。湿気が多すぎて。涙かか滴だかわからないから傘忘れちゃって。言い訳には困らなそうである。どんな雨の日が。お [続きを読む]
  • zoom 10 岩の力
  • 免疫力というものを生まれて初めてその力を絶大に信じてもっと強くしようとしている。風邪をひいたとしても風邪ひいたっと思ったうちに 治っていた。擦り傷ができた、ヨ‐チン塗ったら瘡蓋剥がしたくてウズっていた。若いということは生きるという行為に純粋に集中できる事なのであろう。勿論、個々に持すあらゆることに対する免疫力の差もあるのだろうが。息の仕方について呼吸の力のことについて考え [続きを読む]
  • 1.夜の木/NIGHT TREE
  • つまらないな。でも、すんごく涼しいな。ん、なんかさわさわするな。内なる声をブツブツと脳内に響かせていた。煙草に火をつけて気配漂う上を見上げるとコバルトブルーの夜の空に黄緑色の異国の木の葉々たちがそよそよさわさわと揺れていた。自分の真上だけが湿度のない異国の夜の森になっていた。といえる世界をつくれるから写真は止められないのである。止められないからつまんないな〜も止まんないのである。息をする間もない [続きを読む]
  • 過去の記事 …