Mahalo! さん プロフィール

  •  
Mahalo!さん: 南房総 館山の観光・グルメ情報 『週末楽園くらし』
ハンドル名Mahalo! さん
ブログタイトル南房総 館山の観光・グルメ情報 『週末楽園くらし』
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/xcrjb733
サイト紹介文都心から90分の南国“Tateyama”での、週末スローライフについてのブログです。
自由文東京生まれ、都心在住の東京人が、南房総・館山で週末暮らしを始めました。ちょっと感動したソウルフードやロコグルメを中心に南房総・館山の魅力を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/02/06 16:04

Mahalo! さんのブログ記事

  • [房総みやげ 043] CRAZY PEANUTS 
  • インスタ映えを意識したという、ポップでカラフルな房総みやげ。日本一の収穫量を誇る千葉名産の落花生が、若い人にも目を引くポップでカラフルなスタイルになりました。房総の新しいおみやげの登場です!その名も、CRAZY PEANAUTS(1カップ¥540)でん六豆みたいにピーナッツを薄いクラッカーでくるみ、その外側を様々なフレーバーのクリームでコーティングしたといった感じ。このカラフルな『クレイジー・ピーナッツ』のフレーバ [続きを読む]
  • 【勝浦】 郷土料理・割烹料理 天平
  • 房州郷土料理が割烹店クオリティーでいただける名店。勝浦というと、子どもの頃に家族で海水浴に行った守谷海岸の思い出。(その頃は知る人ぞ知る隠れビーチといった感じでした。)大学生になると、春・秋はサークルのテニス合宿に、夏場はウインドサーフィンで毎週のように勝浦に来ていました。友人の別荘や保養所があったこともあり、社会人になってからも勝浦にはことあるごとに来ては、夜は飲み歩いていたものです。そんな縁の [続きを読む]
  • 【館山】 Restaurant Yamaguchi [ランチ編]
  • 本当は教えたくない、館山のとっておきのフレンチレストラン。観測史上最速で梅雨が明け、館山もすっかり濃密な夏の空気に入れ替わりました。今年の海の日3連休は、夏真っ盛りの海のレジャーを求めて、きっと例年より多くの人が館山に訪れるのではないでしょう。そんな館山で、これまで敢えて紹介してこなかった秘蔵のレストランを、今日はついにご紹介しようと思います。フレンチの名店『レストラン ヤマグチ』かつては、別荘や海 [続きを読む]
  • 日運寺のあじさい
  • 2万株ものあじさいで彩られる房州のあじさい寺。雨空の週末、房州のあじさい寺としてNHKのニュースでも取り上げられていた、「日運寺」に行ってきました。あじさいが両脇に植えられた細い参道の先には、より鮮やかな、色とりどりのあじさいが一面に咲き乱れていました。山の斜面のずっと奥までひろがるその姿は、息をのむほどの美しさです。あじさい越しの、雨に濡れる仁王門も、なんと厳かなことでしょうか。絵になりますね。仁王 [続きを読む]
  • [房総みやげ 042] びわみるく 
  • いちごみるくのサクマと、枇杷倶楽部が夢のコラボ。南房総の初夏の風物詩といえば、びわ。GW前に温室物のびわが出回り始め、GWが明けたちょうど今頃は、路地物のびわが美味しい季節になります。今年は、春に気温の乱高下があったこともあり、路地物より温室物の方が、実が大きくておすすめだよと、びわ農家のおやじさんがこっそり教えてくれました。でも、どちらも味は天下一品の美味しさでしたよ。この時季の南房総みやげには、も [続きを読む]
  • [房総みやげ 041] 房総伊勢えびの唄かきもち 
  • 伊勢えびの香ばしさが際立つ、軽やかなおかき。最近、道の駅をはじめ、土産物店に必ずと言っていいほど売られている房総みやげがこちら。鴨川 長登屋の『千葉県産 房総伊勢えびの唄かきもち』(税抜き¥350)。伊勢えびの漁獲量日本一の千葉県ならではのおみやげ。伊勢えびを贅沢に使用したかきもちだけあって、海老色の赤とシャンパンゴールドのちょっと豪華なデザインの袋。扇型にとじられた袋の上部が、まるで伊勢えびの尾のよ [続きを読む]
  • 【鴨川】 Café&Meal MUJI みんなみの里
  • 2018年4月27日、「みんなみの里」がリニューアルOPEN。1999年3月に開業した鴨川の 『総合交流ターミナルみんなみの里』が、先週金曜日に『里のMUJI みんなみの里』としてリニューアルオープンしました。これは、株式会社良品計画が、今年3月に鴨川市から「みんなみの里」の指定管理者に認定されたことを受け、無印良品のコンセプトに沿った改修を行ったもの。今後、良品計画は地域に根差した新形態の店舗展開を図っていくとのこと [続きを読む]
  • 【館山】 鏡軒ノ味
  • かつて館山にあったという伝説の西洋料理店が復活。明治期に、「神戸オリエンタルホテル」、「上野精養軒」で料理の修業を行った、館山出身の吉田十郎シェフが、大正4年に故郷館山に開店したという、『西洋料理鏡軒』。「上野精養軒」にも引けを取らない西洋料理店が南房総にあると話題を呼び、館山に避暑で訪れる東京のセレブリティーからも、海軍航空隊からも、もちろん地元館山っ子達からも、絶大な人気を誇ったレストランだっ [続きを読む]
  • MAX COFFEEの限定菓子
  • 千葉県限定のMAX COFFEEが、市原SA限定で菓子類を販売!アクアラインでなく、東関道(or京葉道路)〜館山道で館山に向かう際に、必ず立ち寄るのが市原サービスエリア。そんな市原SAの下りで見つけた、限定品をご紹介したいと思います。それは、千葉県民のソウルドリンクでもある「MAX COFFEE」味のお菓子。そもそも「MAX COFFEE」とは、かつて千葉県と茨城県だけで売られていた缶コーヒーのローカルブランド。練乳たっぷりの、まる [続きを読む]
  • 那古寺の桜
  • ちょっぴり京都気分も味わえる、館山界隈の穴場花見スポット。今から1300年前に開山した館山の名古刹、那古寺。今朝は早起きをして、ご利益スポットとしても有名な那古寺まで、桜を見に行ってきました。東京ではすでに葉桜となっているところも多く見られますが、、館山では今がまさに満開〜散りはじめといった感じ。館山近辺の桜の名所と言えば、館山城がある城山公園と大房岬が定番ですが、こちら那古寺もなかなか趣のある桜の名 [続きを読む]
  • 彼岸餅
  • お彼岸に食べるというだんごに、館山で初遭遇。春分の日だというのに、今日は真冬のような寒さでしたね。都心でも冷たい雨が一時期、雪に変わりました。ちょうど春の彼岸ということで、今日は、館山の 「ピース製菓」で見つけた『彼岸餅』なるものをご紹介したいと思います。『彼岸餅』(¥340)もち粉の白いだんごと、桜色のだんご、そして蓬が練り込まれた緑の草餅。そんな三色のだんごが、ゆるめのあんこで和えられています。 [続きを読む]
  • [房総みやげ 040] 房洋堂の限定焼菓子 
  • 房洋堂イオン館山店だけで買える絶品クッキー3種。先週は、ホワイトデーでしたね。百貨店の有名ショップや、東京では買えない京都や神戸のお取り寄せ品も良いですが、僕は、南房総のおいしいものをお返しにプレゼントするようにしています。(館山の宣伝にもなりますしね。)「ひふみのはちみつ」や 「中村屋のショコラ」、「いちご餅」、 「万賀のクリームぱん」などなど、南房総の美味しいものは、東京女子たちにも結構好評な [続きを読む]
  • 【館山】 五代目吉田米屋の甘酒
  • 創業90年の米屋が、南房総産のお米と米麹だけで造ったこだわりの甘酒。今日は桃の節句。そんな雛祭りらしく、本日は館山のおいしい甘酒をご紹介したいと思います。新鮮なお刺身や揚げ物がおいしい館山の人気店、「あさみ」の向かいのコメリを安房神社方面に曲がったらすぐ。 こちらが、甘酒で有名な『五代目吉田米屋』。甘酒は、飲む美容液とか飲む点滴といって巷では大ブームですが、こちらの甘酒は、砂糖や保存料を一切不使用、 [続きを読む]
  • 【館山】 鉄板居食屋 とんぼ 
  • お好み焼き、もんじゃに、ステーキまで。土日祝日限定のランチがお得。『鉄板居食屋 とんぼ』かつて 「ドゥメゾン・ウルーグー」があった場所で開店し、人気のお好み焼き居酒屋だった『とんぼ』が、館山市街の 「クイーンズ・シェフ」跡地に移転してきました。バイパスから近く便利な場所になったため、夜はもちろん、週末のランチも賑わっています。今日は、そんな『とんぼ』のお得でおなかがいっぱいになる、土日祝日限定ラン [続きを読む]
  • 「鯵さんがdeイタリアン」弁当 
  • 南房総の郷土料理や食材を、イタリアンにアレンジしたお弁当。『鯵さんがdeイタリアン』(¥550)南房総で見つけたお弁当。くじら料理で有名な「ぴーまん」が作っているようだから、おいしいに決まっているだろうと安心して買ってみたのですが、想像以上のおいしさでした。このお弁当、どうやら、日本食糧新聞社主催のFABEX(ファベックス)という国内最大級の業務用「食」の総合見本市の2017年度地方食材・調理法部門で、優秀賞を [続きを読む]
  • [房総みやげ 039] 鰻屋のからし茄子 
  • 南房総の新名物。絶品の「茄子のからし漬け」。あけましておめでとうございます。この時季の鏡ケ浦に浮かぶ富士山は、くっきりとピントのあった神々しい姿がお決まりだと思っていましたが、この正月の富士山は、輪郭が優しく滲み、まるで一幅の絵のような美しさでした。さて、本年最初のご紹介は、今一番ハマっている南房総の漬物。『鰻屋のからし茄子』(200g ¥400)。見た目は真っ黒の「茄子のからし漬け」なのですが、これが [続きを読む]
  • 【館山】 漁港食堂だいぼの朝ごはん 
  • 好きな干物や貝を選んで、自分で焼いて食べられる超充実朝ごはん。11月下旬の朝8時、『漁港食堂だいぼ』まで、週末ならではの特別な朝食を食べに行ってきました。なんと、今年から土日祝日限定で朝営業が開始され、朝食が食べられるようになったのです。網元「こがね水産」直営の食堂なので、おいしい干物と貝類が朝から浜焼きで食べられるという、ちょっと贅沢な朝時間が過ごせるんです。海の駅だった頃の『だいぼ』は、敢えてこ [続きを読む]
  • 大多喜の原木栽培椎茸
  • 房総の至宝!? その巨大さとおいしさに2度ビックリ。養老渓谷の「弘文洞跡」と「粟又の滝」のちょうど中間あたり、老川の交差点近くに、「養老渓谷やまびこセンター」があります。ここは、観光情報収集やトイレ休憩にも便利な施設。採れたての農産物や加工品の直売所や、定食や軽食が食べられる食堂も併設されています。広い駐車場の奥には、200万年前の見事な地層の崖と、葉がすっかり落ちてしまった柿の巨木が一本。美しい里山 [続きを読む]
  • 【大多喜】 和食処 清恵(きよえ) 
  • 大多喜名物の自然薯と湯葉が楽しめる食事処。『和食処 清恵(きよえ)』養老渓谷で昼食をとろうと思ったら、こちらがおすすめ。清澄養老ライン(千葉県道81号線)の「弘文洞跡」入口から、「粟又の滝」方面に向かってすぐ。葛藤エリアにある和食処です。ここでは、地元大多喜の名産である自然薯とおいしい湯葉がいただけます。房総と言えば海の幸のイメージが強いと思いますが、ここ大多喜では、本格的な山の幸が堪能できるのが魅 [続きを読む]
  • 養老渓谷の紅葉
  • 紅葉の名所、養老渓谷はこれからが見ごろ。例年は、南房総市の小松寺に紅葉を観に行くのですが、今年は24日に休みを取って、養老渓谷に足を延ばしてみました。 ☆「小松寺の紅葉」の過去記事はこちら。 https://blogs.yahoo.co.jp/xcrjb733/22700325.html https://blogs.yahoo.co.jp/xcrjb733/28030628.html https://blogs.yahoo.co.jp/xcrjb733/32299046.htmlまずは、小湊鉄道の養老渓谷駅の近くから、徐々に上流へと車を走ら [続きを読む]
  • 【館山】 Kitchen RICKY(キッチン リッキー) 
  • 館山では貴重な、遅めのランチにも対応できる洋食バー。最近、平日の東京での疲れや寝不足がたたって、週末の館山ではついつい二度寝をしてしまい、ランチが遅くなりがち。でも、13:30くらいにはラストオーダーになってしまう店がほとんどなので、ランチ難民になってしまうんですよね。そんな時、心強い味方がARKSの中にあるんです。『キッチン リッキー』ウッディーな店内には、JAZZが流れる雰囲気のいい店です。ランチのラストオ [続きを読む]
  • 鯛みそ瓦せんべい 
  • 南房総名物の鯛みそがほのかに香る、おいしい瓦せんべい。先日、台湾を旅行してきました。数年ぶりの台湾は、空前の日本統治時代ブーム。日本時代に建てられた古い建物は、おしゃれにリノベーションされ、工芸品やお菓子なども、かつて日本から伝わったものに脚光が当たっていました。そんなものの中に、台湾の人たちが、新幹線に乗ってでも、行列してでも買いに来るという、愛してやまないMISO SENBEIなるものがありました。それ [続きを読む]
  • Kumi アップルパイ 
  • 売り切れ必至。日持ちもするお土産向けのアップルパイ。僕は生クリームがあまり得意ではありません。でも、パイには目が無いので、昔から誕生日ケーキもアップルパイにしてもらっていました。そんなアップルパイ好きにとっても十分に満足できるものに、南房総でやっと出合えました。鋸南町にあるケーキ工房 Kumiの『アップルパイ』(3ケ入り ¥750)。ちょっと値段は高いですが、店頭に並ぶとすぐに売り切れてしまう人気のアッ [続きを読む]
  • 玉黄金らっきょう 
  • 驚くほど美味しい「らっきょう」は、館山が誇る名産品。子どもの頃は大嫌いだったのに、大人になるといつの間にかその美味しさに気づかされるもの。そのひとつに「らっきょう」を挙げる人も多いのではないでしょうか。僕自身も、いつしかカレーには欠かせないものになっていました。そしてもう一つの誤解が、「らっきょう」なんてどれも味に大差はないだろうという思い込み。僕は、館山の『玉黄金らっきょう』に出合った瞬間、「ら [続きを読む]
  • 超簡単! HOME MADE ハンバーガー 
  • 館山で手に入る食材で作るビーフ100%ハンバーガー。お盆休みの館山は、昨日まで天気が悪かったため、海を見る限り人出はいまいちだなぁと思いつつ、いざランチをしに街に出てみると、どこも大混雑。行列に並びたくないけど、どうしてもビーフ100%のアメリカンなハンバーガーが食べたい。ならば、自分で作ってみよう。館山で入手できる素材だけで、意外や意外、激ウマのハンバーガーができちゃいました。用意した食材は、・イオン [続きを読む]