nori さん プロフィール

  •  
noriさん: 山の風 花が揺れ
ハンドル名nori さん
ブログタイトル山の風 花が揺れ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/iyominamiboso
サイト紹介文山を歩いてお花の写真を撮るのが好きです。食べることも大好き!千葉県南房総の話題もありますよ♪♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/02/07 09:12

nori さんのブログ記事

  • 月山登山
  • 7月29日、山形の友人に月山を案内していただきました。折しも台風12号が日本列島を東から西に横断していましたが、前日の山形は晴れ、最上三十三観音の一番札所である天童の若松寺にお参りし、見晴らしの良い展望所に建つ鐘を打ち、余韻が響く中、手を合わせお祈りしました。山形市に向かう途中、近くで雨が降ったのでしょう、大きな虹のアーチが見えました。夜は、花小路の浜なすという粋な料亭で、季節の美味しい郷土料理をいた [続きを読む]
  • 焼石岳(2)
  • 雪渓を越えていくと、シラネアオイが咲いていました。銀明水に到着。美味しい水を飲んで休憩しましたが、雨が降ってきて雨具を着ました。雨と霧の中、長い雪渓を登ります。ミツバツツジイワカガミキバナノコマノツメ でしょうか。ハクサンイチゲそして8時、姥石平に到着。遠くの展望はまったくありませんが、足元のお花は美しいです。ユキワリコザクラヨツバシオガマとユキワリコザクラそして焼石岳山頂に向かいました。イワウメ [続きを読む]
  • 焼石岳(1)
  • 6月9日、ひめかゆ温泉に宿泊し、6月10日、4時に朝食のお弁当をいただき出発。宿の方には早朝にもかかわらずありがとうございました。尿前林道から中沼登山口駐車場に入り、5時、歩行開始し焼石岳を目指します。緑豊かな原生林の中、次々にお花が現れてきました。スダヤクシュ30分程で中沼に到着。リュウキンカの黄色が鮮やかです。リュウキンカミズバショウも群生しています。ハクサンチドリ上沼周辺にはコバイケイソウが花開いて [続きを読む]
  • 須川高原の花々(2)
  • 名残ヶ原から賽の河原方面への道は、緑あふれる自然林です。オオカメノキモウセンゴケ賽の河原は、荒々しい岩場となっています。ミネズオウイワカガミワタスゲにわかに青空が現れました。気分も晴れます。ミネザクラオレンジと赤のショウジョウバカマミズバショウも群生しています。一周して須川温泉に到着。青空の下、露天風呂に入りました。竹の樋から豊富なお湯が流れ入る、源泉掛け流しの素晴らしい温泉です。空を眺め、手足を [続きを読む]
  • 須川高原の花々(1)
  • 6月9日、朝一番の新幹線に乗り水沢江刺へ。レンタカーで、中尊寺などを廻る予定でしたが、天気予報で栗駒山が曇り〜晴れ、とのことで、栗駒山登山に変更し、須川高原温泉に向かいました。しかし須川高原温泉到着時は、雨とガスで視界がほとんど無く、車中で待機していましたが、山頂はあきらめ、とりあえず湿原まで散策することとし歩行開始しました。しかし何と、歩いて行くとお花が次々に現れ、素晴らしい散策となりました。ウラ [続きを読む]
  • 谷川岳(西黒尾根〜天神尾根)(2)
  • 西黒尾根の最後の急登を行き、ザンゲ岩を超えると、雪渓が出現します。雪渓上はひんやりとした冷たい空気が流れ、気持ちよく歩きます。そして9時5分、歩行開始して4時間、谷川岳山頂トマの耳に到着。トマの耳からオキの耳を見る。360度の展望を楽しみながらオキの耳へ向かいます。ミツバオウレンオキの耳からトマの耳ハクサンイチゲが白い花が眩しいです。奥の院でお参りし、お昼休憩をして下山します。肩の小屋へ肩の小屋直下の雪 [続きを読む]
  • 谷川岳(西黒尾根〜天神尾根)(1)
  • 6月2日、天気予報は晴れ、エーデルワイスとハクサンコザクラに会いたくて、谷川岳に登りました。前夜遅く、湯檜曽温泉永楽荘に素泊まりし、源泉掛け流しの透明な温泉で暖まり、4時起床し出発。5時5分、ロープウェー駅から歩行開始し、西黒尾根を登ります。エゾハルゼミやホトトギスの鳴くブナの樹林帯は緑が眩しいほど美しく、朝一番のつらい登りを癒してくれます。足元には小さなマイズルソウが咲いています。樹林帯を抜け、天神 [続きを読む]
  • 沼津アルプス
  • 5月27日、OB会で沼津アルプスに登りました。昔からの友人7名が沼津に集合しワンデイハイクを行いました。8時15分頃の沼津駅発のバスに乗り、海岸沿いの道を行き、終点の多比で下車。海を背に、北に縦走が始まります。10分程登ると、大平山の分岐が現れ、山道が始まります。大平山 山頂は広々とした樹林の中にあります。大平山から北へ進路を取り、縦走していきます。ウメバガシの樹林の中を、岩が混じる細い道を行きます。ウメバ [続きを読む]
  • 三島のうなぎ
  • 沼津で会合があり、その前に三島で下車し散策しました。駅前の楽寿園では花のイベントで賑わっていました。富士山からの湧水が小浜池となり、今は渇水ですが、今年は7年に1度の満水が期待できるかもしれないとのことでした。隣の白瀧神社では豊富な湧水が川に流れ込み街を流れていきます。その後、三島大社でお参りし、三島名物のうなぎを食べに行きました。清冽な湧水にさらされたうなぎで、臭みは全く無く、ふっくらと柔らかく、 [続きを読む]
  • 青い海の一日
  • 5月20日、友人の船に乗り海に出かけました。天気は晴れ、北東の風5m、気温は20℃と凉しめの中、港を出発。青空と青い海が美しいです。半島を周りながら風を切って進みます。風が遮られた静かな海に到着。ここで船を停め海に入ります。海の水は透明で美しく、海草が揺れ魚が泳ぎ、別世界が広がっています。少し潜って岩陰を探して行くとサザエが!1時間程遊んだ後、船を岸に接岸し上陸しました。さあ、火を起こし、冷えた体を温め、 [続きを読む]
  • 潮干狩り
  • 1年に1度はどうしても行きたいと楽しみにしている潮干狩りに、5月13日、行ってきました。久津間海岸の天気は曇り、南西の風8mと強風でしたが、砂地にしゃがみ込み、掘っては採り掘っては採り、ある所にはかたまってザクザクとアサリがあり、時の経つのも忘れ夢中で掘って2時間。見つかるとつい嬉しくてどんどん採ってしまい、バケツにたっぷり2杯採りました。計量すると12kgと過去最高で、少し欲張りすぎたかと思いましたが、充実 [続きを読む]
  • 吉祥如意
  • 公園のベンチで待ち合わせ、のんびり空を眺めるのもいいものです。ゴールデンウィーク後半、風が心地よく、日比谷のバラは満開でした。家族のお祝いに中華料理を食べ、デザートの後に出てきたお饅頭、お皿に「吉祥如意」の文字が書かれていました。新たなスタートをきった君へ、思いがかないますように。 [続きを読む]
  • ハマヒルガオ
  • 今日は風が強く、房総の海は白波が立っています。砂浜ではハマヒルガオが咲き始めていました。初夏の砂浜を彩る可愛いお花、以前より少なくなっているようにも見えますが、大切に残していきたい自然です。 [続きを読む]
  • 高宕山
  • 4月29日、高宕山に登りました。お天気も良く、7時5分、高宕第1トンネルから歩行開始。林道はモミジの新緑が美しく、川沿いの道にはウグイスやカジカの声が響いています。暗いトンネルを通り抜けると、外の緑が一層眩しく感じます。高宕大滝の近くのウツギの花には、蝶がたくさん集まって来ていました。緑濃い山道を登り、8時50分、高宕山山頂に到着。房総の山懐からの展望は緑一色で、鋸山や伊予ヶ岳など南房総の山が見えます。高 [続きを読む]
  • 燧ヶ岳 山スキー
  • 4月21日、5時30分、ひのえまたで朝食のお弁当をいただき出発。御池の駐車場にはすでに5〜6台の車がいました。身支度を整え、スキーにシールを付け、6時20分、出発。天気は快晴、ブナ林を登り始めます。樹林帯の急な登りを過ぎると、広沢田代です。広々とした田代(夏は湿原)は気持ちよく、振り返れば会津駒が見えます。次の樹林帯の登りは急登で、左側から巻いて行くことにしました。だいぶ登って行くと、日光連山が見えました。 [続きを読む]
  • 塩原渓谷遊歩道散策し、檜枝岐へ
  • 4月20日、檜枝岐へ行く途中、友人と塩原で待ち合わせし、塩原温泉ビジターセンターから、塩原渓谷遊歩道のやしおコースを散策しました。箒川沿いの道には新緑が芽吹き、アカヤシオは例年より早く、もう散ってしまったものもありましたが、まだまだ美しいアカヤシオが見られました。川の水は緑色で、布滝という滝が白く映えていました。この道はスミレが多く、名前に自信がありませんが、エイザンスミレタチツボスミレナガバノスミ [続きを読む]
  • 身延山の桜
  • 3月31日、以前から一度行きたかった身延山に行きました。東京発7:03の新幹線で静岡へ、身延線ワイドヴューふじかわで9:38身延駅着。前夜に突然決めたのですが、東京駅で指定が取れて座ることができました。車窓からは、沿線に桜が満開を迎え、ゆったりと流れる富士川、おおらかな山並みが美しい眺めでした。身延駅からはバスで身延山久遠寺へ。大きな山門をくぐり中に入ります。長い階段がそびえるように続いています。菩提梯287段 [続きを読む]
  • 公園の桜
  • 3月29日、近くの公園の桜が満開を迎えました。毎年、この桜を楽しみに、この時期は早起きして散歩します。歩きながら、昔家族で遊んだことなど思い出し、あー、今年も咲いてくれたかと、毎年変わらずに、美しい花を見せてくれる桜に感謝します。桜はいいですね。 [続きを読む]
  • 千鳥ヶ淵の桜と乾通り
  • 3月25日、日比谷から皇居の畔を歩き、千鳥ヶ淵へ。桜は満開の一歩手前、というところで、お堀にせり出すように伸びた桜は見事でした。お天気も良く、多くの人で賑わっていました。見頃の時期に、お天気で、お休みで、という貴重な機会に巡り会い、今年もここに来ることが出来、ありがたいことです。その後、皇居の乾通りが一般公開されているとのことで、坂下門から乾門まで通り抜けしました。初めて入りましたが、とても素晴らし [続きを読む]
  • 伊予ヶ岳の山桜
  • 里ではソメイヨシノが満開ですが、山も山桜が点々と咲いてきています。伊予ヶ岳山頂の山桜も見頃を迎える頃と思い、朝、ウグイスの鳴く中を登りました。南峰から北峰から1年で1週間ほどしか見られない、貴重な展望です。とても美しくて、しばらく眺めていました。里に降りれば、田植えの準備が始まっています。いい季節になってきました。 [続きを読む]
  • 栄福寺の枝垂れ桜
  • 3月24日、朝、栄福寺の枝垂れ桜を見ました。背の高い一本の木から四方八方に枝が垂れ、上から下まで見事な花をつけ、満開と言っていいと思います。軽やかで豪華で、ひとつの宇宙を表現しているような、素晴らしい桜です。今年もこの時に巡り会えて良かった。良かったです。 [続きを読む]
  • 蝌蚪の紐とシュンラン
  • 近くの谷津田に春を探しに行きました。田んぼもハンノキもまだ眠っているように見えますが、春は始まっていました。春の小川はさらさら流れ、蝌蚪の紐(かとのひも)がたくさん見られました。そして、もうオタマジャクシが生まれていました。日当りの良い斜面ではシュンランが咲いています。里山の春は美しいです。これから賑やかな季節がやってきますね。楽しみです。 [続きを読む]
  • スハマソウ
  • 3月7日、スハマソウの咲く頃ではと出かけました。今年は寒いので例年より遅いのか、花が減っているのか、白い花が少しだけ咲いていました。小さくて弱々しくて可憐な花です。今年も出会えて良かった。ヤマルリソウスミレオニシバリ 黄色い小さな花をつけた木で、今回初めて名前を知りました。シカにも出会いました。田んぼのわずかな水たまりにはカエルの卵が。春の息吹きが始まっています。自然は素晴らしいですね。また歩きにき [続きを読む]
  • 伊予ヶ岳のウグイス
  • 3月4日、久しぶりに伊予ヶ岳に登りました。麓の梅林では、今年初めてのウグイスの鳴き声を聞きました。まだ慣れないような鳴き方もありますが、透き通る声が響いていました。マムシグサが咲き、スミレが咲き、山頂からの景色は春霞がかかっていました。山に登り汗をかき、すっきりしました。山や自然に元気をもらったように思います。 [続きを読む]
  • 柴又帝釈天
  • 柴又帝釈天に初詣に行きました。柴又駅下車するとすぐに、参道の両側には店が建ち並び、寅さんの下町風情が感じられます。立派な山門をくぐり、勢い良く流れ出る御神水で清め、瑞龍の松が廻る本堂に上がってお参りしました。帝釈天は、災いから守ってくださるとのこと。今年一年の無事をお祈りしました。右手から奥へ行くと彫刻ギャラリーがあり、見事な彫刻を拝見しました。欅の木に精密に彫られた貴重なものです。お参りした後、 [続きを読む]