samurai-nadeshiko さん プロフィール

  •  
samurai-nadeshikoさん: インターナショナルスクールへ転校?!
ハンドル名samurai-nadeshiko さん
ブログタイトルインターナショナルスクールへ転校?!
ブログURLhttps://ameblo.jp/samurai-nadeshiko/
サイト紹介文10歳の息子が公立小学校からインターナショナルスクールへ転校してみて・・・ってどんなの?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2009/02/07 11:57

samurai-nadeshiko さんのブログ記事

  • You are who you are、自分を友達と比較させると生産性が悪くなる
  • ルールを守ることは大切です。 でも、ただルールだから守りなさい、 それが決まりだから、いい子だから、 人に迷惑をかけてはいけません、 って、押し付けすぎてない? で、何か問題が起これば、 「人間は迷惑をかけないでは生きられません」って、 スピリチュアルの声を聞きなさいって、なっちゃうでしょ。。。 子どもたちはそのルールを守る意味を理解できてる? 大人の言うことを聞くなとは言ってないけどね、 もっと自分 [続きを読む]
  • How to グローバル子育て ”子供を子供扱い 1”
  • グローバル子育てはどんなでしょう? 日本は他の国と比べ、子供を子供扱いし過ぎる国だと思うんです。 「まだ子供だから...」 みたいなこと、よく言いますよね。 例えば、こちらから子供に挨拶しても、返事もしない子が多いです。 ビックリなのは、その場にいる親が何も言わないことです。 まだ子供だから挨拶できなくてもいい、なんて思ってるんでしょうかね。 欧米では、幼児が ?ハロー”、?センキュー”、?グッドバ [続きを読む]
  • 教育の「革命」なのです 教育は 全く別のものにならねばなりません
  • 私達は自分の才能を うまく生かせていません 大多数の人は人生において 自分の才能が何なのかわからず そもそも才能があるとも思っていません 何の取り柄もないと思っている人に 出会うのは珍しくありません 自分の仕事を 楽しめない人が大勢います この人達は人生を黙々と 耐えて生きるだけです 耐えながら 週末が来るのを待つのです 一方で 仕事が大好きで 他のことをするなんて考えられない人もいます でもこのような [続きを読む]
  • 子ども時代の「好き」花咲く素晴らしさよ
  •  小島慶子 子ども時代の「好き」花咲く素晴らしさよ 大事なのは、自分が何を好きかをちゃんとわかっていて、その時のベストな選択をしたら後悔しない、という生き方ができるかどうか。 どんな学校を出たかなんて、その人のコアな部分にはほとんど影響を及ぼすことはできないのだと思います。 たとえ親でも子どもの脳みそにまで手を突っ込むことはできません。 いつ何を好きになるかは彼ら次第なのです。 むしろその摩訶不思議 [続きを読む]
  • 家庭でできるグローバル教育、タダだからお試しあれ〜
  • 勉強は教えてもらうものなのか? 中学生の部活でさえも、先輩から教えてもらうもの、先輩は後輩に教えるもの、という価値観がいまも濃く残っているんだなぁと思いました。 2、イジメって気づかないで加害者になってるかもしれない、でもそれにも気づけない理由はなに? 私も中学生時代は厳しい部活をしてたから、何を言わんとしてるのかはわかるけど、 それって必要?  今の時代、ネットで簡単に情報は出てくるし、youtube [続きを読む]
  • 重力にさえも〜20年
  • 20年前の母と息子、 昨日の母と息子、 滅多にない母と息子の画像をみて、 20年を思う・・・ よく大きくなってくれました、 よく大きくしました、 ふたりともよく頑張りました、お疲れ〜 重力にさえも逆らって大きくなる子どもと、 逆らえないものには従順すぎる大人(笑) ーーーーー アメンバーのご申請をいただきましたみなさま、 申し訳ございませんがこちらをご確認の上、 メッセージをいただけますでしょうか? アメ [続きを読む]
  • アメンバーのご申請に際してのお願い
  • アメンバーの皆様、ご申請いただきました皆様、ありがとうございます。*一度、アメンバーになっていただいても、読者登録いただけていない場合や、コメント欄をご活用いただけない場合には、すでに情報が必要なくなられていることと判断させていただき、勝手ですがアメンバーの解除させていただいております。アメンバー記事とはいえ、個人的な情報が流れてしまうことも危惧しております。ご無礼で誠に申し訳ございませんが、実際 [続きを読む]
  • グローバルってなに?理解するのって難しいね
  • つづき 海外に行かせるのなら中学生からでは遅い・ 混沌とする将来を生き抜く教育とは? お互いがどこをどう理解すればいいの? ん・・・だからさ、例えば小さい頃、クラスメートに海外の人がいても上にも下に見ないでしょ、ただ友達じゃない? 肌の色が違うとは思うかもしれないけど、 そういうのは、やっぱり経験しないとわからないから、帰国生が国内生に伝えられると思うんだよね、 国内生も日本らしさを伝えられるよね、 [続きを読む]
  • 小2の考える、テストは必要かどうか? 自分の意見を持つ練習です
  • 考える、自分の意見を持つ練習〜 小学2年生編です。 Do students need to be tested? はじめは、 は? 何言ってるの? となりますね、はい。 テストがないと、頭が良くならないんだよー テストはいるに決まってるじゃないー 大人になったときに困るよー Q そうだよね、でもさ、普段はすごくお勉強できるのに、テストだと緊張してお腹が痛くなっちゃうお友達とかいない? いるー こないだなんかねー うちのクラスにもいるよ [続きを読む]
  • 帰国生入試できる〜”インターからICU高校へ”
  • 国内インター生の皆さま、朗報ですーーー 国内インターからICU高校は帰国生受験ができるようになったそうです  https://icu-h.ed.jp/admin/pdf/Apr2019-Boshuyoko.pdf っていつから? 去年もですか? 5年前、息子と行った説明会で「国内インターから受験できますか?」ってお伺いしたら、一般受験できますか?なのよ? 「国内インターってもね、色々ありますからねー」みたいな、 恐ろしいご対応だったのに a_英検 2級、TOE [続きを読む]
  • Ready〜 準備ができた子どもの伸びはものすごーい!
  • Ready、 準備ができた子どもの伸びはすごい 小5から英語を始めて中学生になった生徒さんがReadyです 英語はできるようになりたいという気持ちはあるけど、人に見られるのは嫌、 性格的に引いてしまう、他の人に譲ってしまうタイプ、お母様のご希望もあって、プライベートレッスンが始まりました。 何もかも嫌ー みたいな思春期が訪れたらりしながらも、レッスンを続けてきてくれて、 その当時は、聞こえた英語も聞こえなく [続きを読む]
  • 「グローバルに勝てる」裕福層ママの子育てを聞いていると編
  • こちらのつづき 裕福層ママの子育てを聞いていると デビ夫人だとあれだから、 いつもキラキラしてらっしゃるキラキラ夫人の本音 ここ(日本)で勝負させようと思ってる人なんていないわよー ご子息はもちろんみなさんインターから海外です、 寮もいいけど設備がね、壁も薄すぎてね、 って、プール付きの大豪邸が増えていく 就職に有利とか困るという考えは存在しませんから、 人に好かれるスキルは必要だけど、 使われるスキ [続きを読む]
  • 裕福層ママの子育てを聞いていると
  • インターにもどこにでもですね、 裕福層? セレブ層? リッチなママはいらっしゃる。 世界中にお家があって、 ZOZO社長のプライベートジェットも、 ああいう使い方ならあってもいいかもね、 と、さらりと話されます そんなママと話していると、 ウチなんか全然よ、って何が全然なのかわからないけど うん、うん、と頷いてたら、 ここ(日本)で勝負させようと思ってる人なんていないわよー あーた、なに言っちゃってるのよー [続きを読む]