KILNAO さん プロフィール

  •  
KILNAOさん: Protect The Wild Things!
ハンドル名KILNAO さん
ブログタイトルProtect The Wild Things!
ブログURLhttps://ameblo.jp/kilnao/
サイト紹介文私日本人,彼ドイツ人,息子キ−ウィ−。ニュ−ジ−ランドらしいゆるフツ−な毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 57日(平均4.2回/週) - 参加 2009/02/07 14:20

KILNAO さんのブログ記事

  • ドイツで夏休み。パート4。
  • 一番下の次男は今週から幼稚園が始まり、彼も今週から仕事。でも長男と長女はまだ夏休み。長すぎる。あと2週間どうやって乗り越えようか。そして相変わらずブログサボり中な私。 彼の夏休み2週間。家族5人で旅に出ました。 私たち5人だし。子連れだし。子供たち3人まだ小さいし。そんなにお金ないし。そんな訳で私たちはいつもどこでもキャンプ専門。荷造りや準備には時間をかけない。洋服等の荷物は少なく。テントと寝袋さ [続きを読む]
  • ミュンヘン領事館へ。
  • 何度も心が折れそうになりながら頑張って書いた書類の数々。提出する為に在ミュンヘン日本国領事館に行って来ました。 今回提出した書類婚姻届外国人との婚姻による氏の変更届入籍届(子供3人分)ドイツの婚姻証明書と訳(自分で訳してOK)戸籍謄本自分のパスポート相手のパスポートと訳(これも自分で訳してOK)領事館職員方の丁寧で親切な対応のおかげでスムーズに必要手続き無事に終了しました。これで私たち日本でも正式に婚姻 [続きを読む]
  • 語学学校の手続き。
  • 夏休み満喫中でブログサボってます。 彼が夏休みに入る前に私がやらなくてはいけなかった事。それは9月からドイツ語を勉強する為に学校に通い始める手続き。 ドイツ語出来ない私。語学学校に行ってきました。すいません。。。私ドイツ語出来ません。。。と受付の女性に英語で伝えると。。。流暢な英語でノープロブレム!結局いつもこのパターン。 そしてインテグレーションコースか夜間クラスどちらにするか悩んでいた私。結局イ [続きを読む]
  • ドイツで夏休み。パート3。
  • 今週から下の長女と次男も夏休み。そんな大した予定もないのに何気に忙しい毎日。そして相変わらず暑い日々が続くここドイツ。夕方から川、湖、池に泳ぎに繰り出すのが最近ブームな私たち。市立野外プールもいいけど。大自然で泳ぐ楽しさを大発見。そしてもちろん無料。 これは余談ですが。これと対象的なのがニュージーランド。ニュージーランドの川や湖は大規模な酪農の影響で汚染されてしまって、危険で泳げないレベルの場所が [続きを読む]
  • 私は日本人。
  • ニュージーランドで過ごした20年の間に自分が日本人だというナショナルアイディンティティが自然な流れで薄れていった気がする。自分の居場所を見つける為に現地のニュージーランド人の中に溶け込もうと頑張っていた若かりし頃。大学生の時に彼と知り合い付き合い出した結果他の日本人の人たちと接する時間も少なくなり日本語を話す唯一の機会がたまに母親と電話で話す時ぐらい。そんな生活を長く続けると日本が大好きで日本人 [続きを読む]
  • 長女幼稚園最後の日。
  • 今日は長女にとって幼稚園最後の日。ドイツに来てから約半年間1日も休まず毎日元気いっぱい通いました。皆勤賞。よく頑張りました。ドイツに移住するに当たって、長女の事が一番心配だった私たち。私たち両親の前では内気で恥ずかしがり屋。そして新しい事に挑戦するのが苦手な子。ニュージーランドにいるときはドイツ語に全く興味がなく実際多少理解できても知らん顔。そんな彼女。ドイツに移住した事が良いきっかけになったよ [続きを読む]
  • 選択肢。
  • 私は選択肢がたくさんあればあるほどなかなか行動に出れなくなるタイプです。 今月中旬から地元の語学学校が生徒募集を開始するとの事で今2つのコースの内どちらを選ぶかで悩み中な私。短期集中インテグレーションコースか長期拡散夜間コース。もちろんインテグレーションコースに通うのが理想的。でも短期集中でがむしゃらになって勉強する必要があるのか考えてしまう。私が悩んでいる一番の理由は単純に必要に迫られてないから [続きを読む]
  • 餃子が食べたい。
  • 小さい頃から私の大好物の餃子。特に私のお母さんの作った餃子は世界一美味しい。そんな私も気がつけば3人の母親。子供たちも餃子大好き。でもいつも作る気になるまで時間がかかる私。1ヶ月前にレーゲンスブルグにあるアジア食品専門店に買い出しに行った時に買った冷凍の餃子の皮がずーっと気になっていた。でも餃子作りは手間がかかって面倒くさいからそのまま放置。今朝どうしても餃子が食べたくなって作り始めてもうお昼過 [続きを読む]
  • ドイツで夏休み。パート2。
  • 今週は下の長女と次男は幼稚園。彼らのお迎えの時間1時半までは長男と2人だけで過ごす快適で充実した夏休み第1週目。そして日本と同様に猛暑続きのここドイツ。それでも毎朝10時までには外に繰り出す私たち。昨日は朝から公園でバスケットボールとフィールドアスレチック。長男も私も汗だく。久しぶりの長男と2人きりの時間。楽しい。かなり貴重。そして今朝は卓球のラケットとボールを買う為に往復1時間半歩く。ここドイツの [続きを読む]
  • ドイツで夏休み。パート1。
  • ニュージーランドと日本は季節が真逆。おまけに私たちの住んでいた南島の田舎町は夏でも肌寒い日が多く、夏がちゃんと来ない夏が多い。そして天気予報も当てにならない。日本の夏がずっと恋しかった私。8年ぐらい振りに本当の夏をドイツで満喫する今日この頃。やっぱりこっちの方がしっくりするし、この夏が絶対また来るのであれば真冬の激寒も乗り越えられそう。長男は夏休みが始まりました。下の2人はあと1週間幼稚園。そして [続きを読む]
  • 長男の事。
  • 我が家の長男8歳。彼はとにかく体を動かすことが大好き。逆立ち、側転、ダンス。映画と音楽好きで記憶力が凄い。そして彼の定番一発芸。ワーム。面白い少年。最近教えてくれた彼の将来の夢はスポーツの先生になる事らしい。勉強の方はどの教科も全て平均点辺り。ごく平凡な小学生。家では下の2人にいつもちょっかい出して私たちに怒られてばっかり。でも、社交的で楽観主義。母親をいつも助けてくれて、親のいない所では妹と弟 [続きを読む]
  • ママ友。
  • この小さな田舎町でドイツ語ゼロの私が果たして友達を作ることができるのか。多分無理だろう諦めていた私。仕方がない。まずはドイツ語を頑張ろう。と思っていたそんなある日。スーパーマーケットである女性にいきなり声を掛けられました。それも英語で。買い物中に私たち家族が英語で話しているのを耳にした彼女。このチャンスを逃すまいと必死な様子。彼女はトルコ人。彼女の旦那さんはドイツ人。そして彼女は1人娘をマルチリ [続きを読む]
  • 専業主婦の私。パート1。
  • ドイツに移住して生まれて始めて専業主婦になった私。 私は毎朝6時頃起きて子供たちのお弁当作り。と言ってもかなりシンプル。サンドイッチ。人参スティック。バナナ。ナッツ。 それが終わると前日の食器等の片付け。 そんな事をしている間に子供たち3人が次々と起きて来ます。 そして朝食。ニュージーランドの定番マーマイトトースト。コンフレーク。 余談ですが、スーツケース4つでドイツに移住して来た私たち。その中の1つ [続きを読む]
  • 長女の事。
  • 幼稚園の先生を10年間していた私。先生としてはプロ。でも母親の立場で子育ては本当に難しいとつくづく思う。子供たち3人に振り回され気味な日々。試行錯誤の毎日。子供たちにイライラ、怒って後から反省する繰り返し。 私たちの子供たち3人基本とても良い子たちです。特に外では。。。でも家では3人一緒にいると兄弟げんかが頻繁に勃発します。長男が次男とグルになって長女にちょっかいを出すお決まりパターン。そして彼女 [続きを読む]
  • 奥が深いドイツ人。
  • 昨日は日曜日。以前にも書きましたがドイツではお店などはほぼ全て休業です。そして土曜日は次男の誕生日で1日中チェコで過ごした私たち。二日酔いでダウンの彼は寝ているし。子供たち3人は退屈過ぎて野生児に変身しちゃって言う事全然聞かないし。早く外に出してエネルギーを発散させないと。どこに連れて行こう。そんな時、私たちの住んでるアパートから徒歩3分の市立公園でpicknick im parkというイベントをやっている事を思 [続きを読む]
  • 次男の誕生日。
  • 今日は次男の4歳の誕生日。動物とPolizeiが大好きな彼のリクエストは動物園か水族館に行きたい。私たちの住んでる田舎町にはちゃんとした動物園はありません。小さなふれあい牧場みたいな所はありますが。そんな訳でちょっと遠出をする事にしました。まずはどこの動物園・水族館に行こうかと考えます。ミュンヘンにあるHellabrunn Zooはここから車で約2時間。Nuremburg Zooは1時間半。そして天気予報チェック。残念ながら天気が [続きを読む]
  • えっ?ドイツで内戦??
  • ドイツでもしかしたら内戦が起きるかもしれないという話を最近よく聞きます。そして護身用に銃を所持する人たちがヨーロッパで増えているという話も。 先日、彼の幼な馴染みが家に遊びに来た時の話。彼女はドイツの移民受け入れ大賛成派。そして私の彼は反対派。そしてもちろん話は移民問題へ。2人の目的はお互いに有意義な意見交換する事ではなさそう。相手の意見を聞いているというよりは自己主張をするタイミングを待っている [続きを読む]
  • ドイツがまだドイツのうちに?
  • 私の彼は高校生の時にろくに勉強もせず遊び呆けていました。そしてもちろん高校も卒業できず、退学。彼の将来が心配な彼の両親は仕方なく彼をニュージーランドに留学させました。そんな彼はまさに典型的なドイツが嫌いなドイツ人でした。 そんな彼が変わり始めたのは、やはり子供達が生まれた頃だと思います。子供たちにドイツ語やバイエルンの伝統文化を身につけて欲しい。家の居間にバイエルン州の旗を掲げたのもその頃でした。 [続きを読む]
  • ドイツで遂に結婚。
  • 健康保険なしの私。周りのドイツ人の人たちが聞いたら。えー?保険に入ってないのー?信じられない!何かあったらどうするの?と言われるでしょう。はい。本当にその通りなのです。 必要に迫られて結婚の準備を開始しました。まずは日本から取り寄せる必要書類のリサーチ。私の場合は、ドイツ在住の日本人でドイツ人の相手の方とドイツで結婚されたブロガーさん達のブログを読んで結婚に必要な書類、結婚式までの流れ等の情報収集 [続きを読む]
  • 日曜日はチェコの日。
  • 日曜日のドイツ。レストランやカフェ以外はほぼ全て休業です。これは法律で決められているそうです。でも大丈夫。心配ご無用。お隣の国チェコに繰り出せばいいのです。私たちの住んでいる町からチェコの国境町まで車で約25分。 ミステリアスでちょっと危険な匂いがする魅力的なチェコ。実は私チェコが大好きなんです。まだ子供達が生まれるずっと前。彼と行ったプラハ。何もかもが素敵でした。美しい街並み、そして風変わりでクレ [続きを読む]
  • 結婚しないと不便なドイツ。
  • ニュージーランドでは de facto relationship(事実婚)が認められています。私たちは今まで結婚する必要はないと思っていました。お互い仲良く一緒にいて幸せ。事実婚で十分。子供たちの親権にも関係なし。永住権も2人で申請取得。銀行の共同口座開設や生命健康保険関係ももちろん問題なし。ところがドイツは違いました。 まずここドイツの田舎町では正式に結婚してない2人が既が子供3人いるというのも稀なケースだったよう [続きを読む]
  • 難航する?家探し。
  • 突然前触れもなく私たちの元に届いた退去願い。 そして私の彼就職活動頑張りました。彼が希望していた条件にぴったり合った就職先が無事に見つかりました。ところが、勤務先は私たちの住んでいる町から車で1時間半の大きめな街。この際だからそっちに引っ越そうか。でも家賃高くなるし。子供たちも小学校と幼稚園に元気に通っていて毎日楽しそうだし。特に長男はクラスが変わったばっかりだし。そんな事で、違う街に引っ越すので [続きを読む]
  • 校長先生からの電話。
  • 特に大きな問題もなく物事がスムーズに進んでいた日々。子供達も小学校、幼稚園に毎日元気いっぱい通ってくれている。ようやく落ち着いてきたと思っていた矢先の出来事。 まず、彼の電話に長男の小学校の校長先生から電話がかかってきた。長男の事で話したい事があるので至急学校に来て欲しいとの事。帰って来た彼の話によると、彼が急いで学校に行くと校長先生、担任の先生、ドイツ語の先生が待っていて、ドイツ語がまだ少ししか [続きを読む]
  • 私の気持ち。
  • ドイツに移住する話が進み出し、周りの人からは、あなた自身はドイツに移住する事に対してハッピーなの?と聞かれる事が多々ありました。私自身、昨年の7月でニュージーランドで暮らして20年節目の年。ニュージーランドでやるべき事は全てやり尽くした。と思っていた矢先。そして、人生まだまだこれから。何か新しい事に挑戦したい。違う世界を見てみたい。不安はもちろんあるけど、何とかなるさ!ドイツかかってこい!そんなノ [続きを読む]
  • ドイツに移住の理由。
  • 子供達が生まれてから私たちに様々な転機が訪れ、それによって私たちの価値観や人生観がゆっくりと自然に変わっていきました。お金や物、地位にとらわれず自分たちらしく人生を楽しむ。ミニマルライフ。 私たちは大学卒業して1年間日本で暮らし、その後ニュージーランドに戻ってすぐ就職。働く事が当たり前。忙しい毎日。産休終わってすぐ職場復帰。家族で過ごす時間も週末以外はほとんどない。そんな生活を続けるよりも、お金は [続きを読む]