touchy さん プロフィール

  •  
touchyさん: Rock Hard in a Funky Place
ハンドル名touchy さん
ブログタイトルRock Hard in a Funky Place
ブログURLhttp://rhfp.sblo.jp/
サイト紹介文奈良に住む30代前半の筆者が、日々の雑事や映画の感想を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/02/12 08:31

touchy さんのブログ記事

  • ゲットアウト
  • 映画「ゲットアウト」を観賞。てっきり黒人差別に関する社会派ムービーなのかと思っていたんですが、まったく路線が異なるものでした。いや、ある意味差別ではあるのかもしれません…。核心に迫るとネタバレになるので伏せておきますが。前評判で「怖い」という話は聞いていましたが、いや本当に怖いです。ここで言う怖さとは、気味の悪さと同義かな。表面上は常識的だけど何か異常な人達の、得体の知れない不気味さが何とも言えま [続きを読む]
  • 昭和残侠伝
  • 映画「昭和残侠伝」を観賞。この手の任侠映画はまともに観たことがありませんでした。ちょっと脂っこくてお腹にもたれそうだったので…。この度はAmazon Primeで目にとまったので「一度ぐらい観ておくか」というノリで観賞。いや〜、なぜもっと早く観なかったのか。健さん、むちゃくちゃ格好良い。最近の邦画でよくある聞き取りづらい滑舌の悪い呟く台詞ではなく、演劇のようにはっきりとした台詞。そう、リアリティなんぞ求めてい [続きを読む]
  • シュレック フォーエバー
  • 映画「シュレック フォーエバー」を観賞。王道の予定調和ばかり観てますが、シュレックも鉄板。ゴタゴタ文句付ける人もいるかもしれませんが、娯楽の方程式に基づいてお金をかければこうなるという良い見本だと思います。こういう書き方すると商業主義的な批判にも取られるかもしれませんが、好意的に受け止めています。さて今作ですが、泣けます。毎回ホロリとくるんですが、割とガチで泣いてしまいました…。そして最後は安定の [続きを読む]
  • Mr.ノーバディ
  • 映画「Mr.ノーバディ」観賞一言で書くと「不思議な映画」でした。主人公であるニモ・ノーバディの回想の中でストーリーが進んでいきますが、彼の人生は様々な分岐があり、それらがパラレルに展開されていきます。混乱しそうですが、映像美も相俟って、その訳の分からなさを楽しめる映画でもあります。時間が無かったので、前半だけ観て別の日に後半を観たのですが、これが良くなかった。映画を観終わったあとでじっくり考えたとき [続きを読む]
  • イエスマン
  • 映画「イエスマン」観賞。「イエス」と言い続けることで人生が好転したという、実話に基づく映画。この映画のサマリーを一読しただけでおおよそ筋は想像できるシンプルなストーリーです。あまりにもご都合主義に過ぎるとか、批判される向きもあろうかと思いますが、観ていて文句無しにポジティブになれるので個人的には非常に楽しめました。かく言う私も腰が重いタイプで、特に若い頃は誘いを断り続けて友人を無くしたこともあるの [続きを読む]
  • ゴッホ 天才の絵筆
  • 映画「ゴッホ:天才の絵筆」を観賞。ゴッホの作品、弟テオに向けた手紙や各種エピソードを紐解きながらゴッホの軌跡を辿るドキュメンタリー作品です。ドキュメンタリーなので当然ですが、ひたすら台詞で合間に絵が紹介される感じ。こう書くと退屈に思えるかもしれませんが、生前売れた絵が一枚だけだったというゴッホの心を垣間見るには良い作品だと思います。ただし、眠たいときに観るのは禁物です。。。評価:★★★☆☆  [続きを読む]
  • 地獄の黙示録
  • 映画「地獄の黙示録」を観賞。いわゆる古典的な名作と言われているものです。ずっと観たいと思いつつ、長い時間と重たそうな内容に二の足を踏んでいましたが、今回は週末を映画の日にして思い切って観てみました(←大袈裟)。冒頭から一気に引きこまれました。カーツ大佐を狂気に陥れたものの正体はなんだったのか?それはミッションの間に起こる出来事がすでに雄弁に語っていました。それが最後のくだりになって、小難しい談義。 [続きを読む]
  • NPGライブ@ビルボードライブ大阪
  • 行ってきました。ビルボードライブ大阪。といっても、来日中のNew Power Generationのライブを観てきた訳ではなく、はるばる九州から来阪された、NPG Prince Site管理人のキッドさんに会うため、前オフだけに参加してきたのです。ぶみさんに手配いただき、キッドさんが泊まられているホテルで集合。最後の東京イベントでお会いしてから約15年ぶりの再会なので、本当に感無量でした。その後千房に移動して、後から来た関西勢含め合 [続きを読む]
  • The Rainbow Goblins - 虹伝説
  • 「The Rainbow Goblins」をAmazonで購入。叔母か叔父が持っていたと思われ、私が小学校低学年ぐらいの頃に祖父の家で読みました。ストーリーはまったく覚えていないんですが、とにかく印象的な絵が強烈に記憶に残っていたものです。先日、ふとしたことでこの作品の紹介が目に止まり、思わずAmazonでポチッ。翻訳版は絶版で中古しか無かったので、勉強も兼ねて英語版を選びました。改めて読んでも、というか今読んだ方がグッときま [続きを読む]
  • ジェイソン・ボーン
  • 映画「ジェイソン・ボーン」観賞。アクション映画の中でもっとも好きなボーンシリーズの最新作ということで期待して観ました。しかし、「ボーン・アルティメイタム」を見たのが10年近く前なので、「あれ?ジェイソンって今何やってるんだっけ?」「この人誰だっけ?」といった感じで出だしから混乱しました。やはりこのシリーズは続きで観た方がいいですね…。観ているうちに段々と記憶が蘇ってきて普通に楽しめましたが。過去のボ [続きを読む]
  • イミテーション・ゲーム
  • 映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [Blu-ray]」を観賞。絶対に破れないと言われたナチスドイツの暗号「エニグマ」の解読に貢献した数学者、アラン・チューリングを描いた作品で、実話をベースにしています。以前に暗号に関する本を読んだときにエニグマに関することも書いてあったので背景知識はバッチリ。主演はドラマ「シャーロック」が当たり役となったヴェネディクト・カンバーバッチですが、シャーロ [続きを読む]
  • テッド
  • 映画「テッド」観賞。古き良き映画の体を取った導入部分から、現実的な展開になっていくくだりで既に引きこまれました。一緒に観ていた奥さんは主人公のダメ男っぷりに腹が立つとイマイチだったそうですが、私は感情移入しまくりでした…。期待していたより笑いは低空飛行で、感涙の方が多かったです。昔、ぬいぐるみに名前を付けて大事にしていた頃を思い出したりして。評価:★★★★★  [続きを読む]
  • マッハ!無限大
  • 映画「マッハ!無限大」を観賞。トニー・ジャーの出世作「マッハ ! 」はこの手のアクション映画で一番好きだったので、今作もなにげなく期待したのですが、CGやワイヤーを全面的に解禁したんですね。個人的にはトニー・ジャーの超人的な身体能力を堪能したかったのですが、残念ながら「普通の」アクション映画になっていました。普通といっても十分に凄いレベルではあるんですが、似たような格闘が繰り返され、それがまたしつこい [続きを読む]
  • SING/シング
  • 映画「SING/シング 」を観賞。正月用に、何も考えなくていいものを観たかったのと、この手の映画は鉄板の方程式があるから安心して観れるので選びました。案の定、安定の面白さでした。動物たちが主人公ですが、中身は歌モノで、耳なじみの良いヒット曲が次から次へと披露されます。主人公のコアラが個人的には少しイラッとするんですが、子供にも安心して見せられる良作だと思います。AKB?みたいな典型的ガールズグループが日本 [続きを読む]
  • ミッドナイト・イン・パリ
  • 映画「ミッドナイト・イン・パリ」を観賞。予備知識ゼロで、何となく観てみました。イメージ画像でゴッホの絵があったので、ゴッホが関係あるのかなと思ったのですが、ゴッホは出てきませんでした。前半は地味な映画だなーと思っていましたが、途中から少しファンタジーな展開に。中々軽妙でチャーミングな内容で、結構引きこまれました。後で知ったのですが、監督がウディ・アレンだったのですね。評価:★★★★☆  [続きを読む]
  • 月に囚(とら)われた男
  • 今年の正月は家でゆっくり過ごすと決めたので、色々映画を観てみたいと思います。まずはずっと観たかった映画「月に囚(とら)われた男」を観賞。SFとしてはそれほど斬新ではない展かいなので、後半になるとほぼ筋は読めます。それを差し引いても、結構感情移入しますし、最後まで飽きずに楽しめました。見せ方が上手いんだと思います。細かいですが、月面で活動しているときは重力が小さいのを表現しているのに、コロニー内は普通の [続きを読む]
  • Amazon primeに入ってしまいました
  • ついに…、Amazon primeに加入してしまいました。Amazonはよく利用するものの、法人税を払っていない海外企業に金を落とすのはシャクだったので今まで距離を置いていたのですが、ついに誘惑に負けました。何だかんだいって、サービスや使い易さが断トツですので…。せっかく入ったからと、Amazon musicを聴きまくったり、Fire TV Stickを購入して、プライム特典の見放題映画を観ました。Fire TVはiPhone同様、取説は無いに等しいペ [続きを読む]
  • きっと、うまくいく
  • 映画「きっと、うまくいく」を観賞。インド映画はちょっとクドくて…、というイメージを持っている貴方。これは最高にお勧めです。笑いあり、涙あり、という謳い文句をここまで地でやるか?というぐらいの爽快度。観終ったあとの清々しさは、これぞ王道の予定調和!と言いたくなるものです。途中から筋は読めるのですが、そんなことは全然問題ではありません。個人的に大好きな映画のオールタイム・ベスト10に入れてもいいかも。と [続きを読む]
  • シン・ゴジラ
  • 怪獣度:★★★★☆映画「シン・ゴジラ」を観賞。私は小学生のとき、ゴジラが大好きでした。恐竜も好きでしたが、怪獣も好きで、大百科みたいな本が愛読書。しかし、映画はほとんど見たことがありませんでした。小学校の下校時間になると、よく怪しいオジサン達が校門前でゴジラ映画の案内を配布していましたが、私はそれを横目で見るだけ。どんなものか興味だけがむくむくと育っていたのです。父親が厳格で、TVを見る時間は限定さ [続きを読む]
  • ティファニーで朝食を
  • ゲンナリ度:★★☆☆☆映画「ティファニーで朝食を」を観賞。今更私が語るまでもない名作だと思いますが、個人的には最後まで観るのがしんどい映画でした…。恐らく女性の多くは楽しめるような気がします。主人公の奔放さに主人公の境遇や純粋な性格故の悲しみといった共感を得るのでしょう。しかし、心の狭い私からしてみると、観ていて段々腹が立ってくる始末でして…。街並み・ファッション・文化など歴史的な映像としての価値 [続きを読む]
  • エイプリルフールズ
  • 娯楽度:★★★★★映画「エイプリルフールズ」を観賞。奥さんが観たがっていたので一緒に観ました。まったく期待していなかったんですが、序盤からこのテンションで大丈夫?と息切れを心配してしまうほど目まぐるしく展開されるオムニバスで非常に楽しめました。笑いのツボは個人的にぴったりで、ところどころに入る人情のくだりにもホロリとさせられます。ちょっと自分でも涙もろ過ぎじゃないかと思うぐらい、泣きポイントありで [続きを読む]