アー君 さん プロフィール

  •  
アー君さん: アー君の毎日
ハンドル名アー君 さん
ブログタイトルアー君の毎日
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/a169a1203
サイト紹介文読書、ランニング、毎日の出来事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2009/02/13 12:07

アー君 さんのブログ記事

  • 山崎ナオコーラ「母ではなくて、親になる」
  • 2018/4/16山崎ナオコーラ「母ではなくて、親になる」ナオコーラさんに子どもが生まれました🎉その1歳になるまでの育児日記とよべるかは、個々の判断によると思いますが!さて、ここまで客観的に子どもを見られる、自分を見つめられるナオコーラさんは、すごいと思う。でも、ナオコーラなんて名前で、こんな育児日記を書いたと分かったら(しかもデビュー作は“人のセックスを笑うな”)将来、子どもがいじめられるんじゃな [続きを読む]
  • モーパッサン「女の一生」
  • 2018/4/10モーパッサン「女の一生」新庄嘉章 訳昨年、映画を観ようと思い、せめて原作を読んでからと購入したまま、映画も観ず、本も積読本となっていました。😓モーパッサンなど難解と思い込んでいたものが、自分の無知を証明してしまいました。夫の重なる浮気、息子の放蕩に借金、母の死、父の死、無くなった資産、一人不幸を背負ったジャンヌに(少しは自立心持てよって言いたくなりますが)徳富蘆花「不如帰」の浪子を [続きを読む]
  • ケイト・ビーズリー「ガーティのミッション世界一」
  • 2018/4/8ケイト・ビーズリー「ガーティのミッション世界一」井上 里 訳様々なミッションを自分に課して世界一の小学5年生になりたい、元気いっぱいの女の子ガーティ。ところが、有名映画監督を父に持ち、有名女優とも知りあいの女子転校生がやってきて、クラスの注目はすべてその転校生に集まりだした…この年代の女の子の思い込みや感受性って、ここまで強いのか!と。に比べて、その頃の自分は毎日なにも考えず、ただただバカみ [続きを読む]
  • 荻原 浩「海馬の尻尾」
  • 2018/4/6荻原 浩「海馬の尻尾」幼いころから虐待を受け、義父を暴行してから少年院→ヤクザの道を進んだ及川頼也は、アルコール依存症治療の目的と称して組の頭に8週間の約束で病院に隔離されてしまう。敵対する組織の一人を殺してしまった及川にとっては、身を隠すにはちょうどいいと思ったのだが…要塞のような人里離れた病院と称した建物。組長と教授とその背後に見え隠れする国の陰謀。「明日の記憶」を思い出す脳の障害がテー [続きを読む]
  • アレックス・シスラー「チョコレート・アンダーグラウンド」
  • 2018/3/25アレックス・シスラー「チョコレート・アンダーグラウンド」 金原瑞人訳選挙で〈健全健康党〉が勝利!チョコレートやその他甘いものはすべて禁止という〈チョコレート禁止法〉が制定され、すべての甘いものは店から家から、強制的に撤去された。子どもたちが集まる〔日本的にいうと〕人気の駄菓子屋は、政府が作った味気ないお菓子ばかり。こんな法律にガマンのできないハントリーとスマッジャーは、子どもながらに反旗を [続きを読む]
  • 映画「ウイスキーと2人の花嫁」
  • 映画「ウイスキーと2人の花嫁」2016/イギリスウイスキーをこよなく愛する住民たちが住むスコットランド沖の小さな島。トディー島。第二次世界大戦中、ウイスキーの配給が止まってしまった。島民全員が虚脱状態の中、すぐ目の前にNYに向かう5万ケースのウイスキーを積んだ貨物船が座礁した。さぁ、島民たちのとった行動は…ウイスキーがなければ婚約はもちろん、結婚式も挙げられない!史実だそうです。テンポがいいので、グイグイ [続きを読む]
  • 黒野伸一「あさ美さんの家さがし」
  • 2018/3/21黒野伸一「あさ美さんの家さがし」付き合っていると思い込んでいた年下の社員に振られて退職した元銀行員のあさ美さん32歳。転職先は場末のキャバクラ「濱乙女」振られた相手が、新人社員と結婚してタワーマンションに住んだことを知ったあさ美さん、その上をいくタワーマンション購入を目論むが…あさ美さんから派生していろいろな人物、出来事へと繋がっていきます。若いシングルマザーの多いキャバクラの実態、保育園 [続きを読む]
  • 荻原 浩「ギブ・ミー・ア・チャンス」
  • 2018/3/17荻原 浩「ギブ・ミー・ア・チャンス」元ロッカーの売れない演歌歌手、やたら目立ってしまう元力士の探偵、いまは電車客席乗務員の元CA、ゆるキャラをまかされた運動神経ゼロの市職員、作家をあきらめられない主婦、現状から抜けられないまんがアシスタント…それぞれほしい ギブ・ミー・ア・チャンス? [続きを読む]
  • 角田光代「菊葉荘の幽霊たち」
  • 2018/3/15角田光代「菊葉荘の幽霊たち」高校の同級生男子が住みたい、と言ったアパートに学生の男の子をみつけ入りびたった失業中の典子。古びたアパート「菊葉荘」住んでいる住民は謎ばかり…この浮遊感!今や社会派のような角田さんですが、この頃の今日のことしか考えないような世界が好きだった。 [続きを読む]
  • 高森美由紀「みさと町立図書館分室」
  • 2018/3/5高森美由紀「みさと町立図書館分室」本好きが惹かれる題名です。小さな町の小さな図書館、職員は派遣の遥のほか男女1名の3名。遥は独身の33歳、母が亡くなってから退職した父親と2人暮らし。図書館で起こる様々な出来事、父との生活。主題が、いまいち分散している部分はありますが、日常を綴る女性の気持ちにいらついたり、納得したり、やさしい文章に好感が持てます。高森さんは「おひさまジャム果風堂」というこれまた [続きを読む]
  • 畑野智美「ふたつの星とタイムマシン」
  • 2018/3/2畑野智美「ふたつの星とタイムマシン」フツーに現代っぽいのに、タイムマシンが登場したり、超能力やロボットはあたりまえ。パラレルワールドな現実的SF短編集。過去ミライ 熱いイシ 自由ジカン 瞬間イドウ 友達バッジ 恋人ロボット惚れグスリ の7編こんなこと出来るといいなと思うけど、あると怖そうな現実感。 [続きを読む]