クン・プー さん プロフィール

  •  
クン・プーさん: クン・プーのタイ料理食べ歩き&まいぺんらいレシピ
ハンドル名クン・プー さん
ブログタイトルクン・プーのタイ料理食べ歩き&まいぺんらいレシピ
ブログURLhttp://mueangthai.blog44.fc2.com/
サイト紹介文自称タイ王国広報委員のクン・プーがタイ料理を食べ歩く超主観的ブログです。タイ料理レシピも適宜うp
自由文料理のお味だけでなく、お店の雰囲気なんかもそえちゃいます。
ときどき近隣国の料理も登場します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/02/15 13:46

クン・プー さんのブログ記事

  • 【タイ料理】新宿「スアータイ」でムーガタの巻
  • サワッディクラップ壮絶!猛烈!超超ひさしぶりぶりの更新ですね!!全国9千万プーファンのみなさまお元気でしたか!(モニター前でどん引きしているみなさんの顔が浮かんでいます)プーは毎日タイ料理食べてましたよ〜 なので元気元気のサバーイディージャ〜寒くなってきたので コンロを使ったタイ料理が食べたくなり 行ってきました新宿スアータイ今回は タイスキでもチムチュムでもないのですよムーガタなのです!キューピ [続きを読む]
  • [ タイ料理屋】渋谷「ダオタイ肉横丁店」まとめて超音速UPドゥ
  • サワッディクラップイサーンが生んだ超音速料理人 Pインソンのいるダオタイ渋谷肉横丁店お店が満席でも彼は余裕でこちらに話しに来たりしますなぜって?Pは超音速でタイ料理を作ってしまうからです!ほんといつも驚愕のスピードで美味しさを提供してくれますでは何日か分をまとめてご紹介ドゥ!ソムタムラオパラーの深みとプリックの辛さが超音速で口からお尻へ突き抜ける!青パパイヤのタムタム具合や味のバランスはもちろんナイ [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】蒲田「アミーゴ」でノスタルジックごはん
  • サワッディクラップ秋なのに早くも気温は冬将軍的な今日この頃...すっかり意気消沈のプーですそんなプーを暖かく迎えてくれるのは馴染みのタイ料理屋さんオンリーというわけで 蒲田の名店アミーゴへピットイン壁がタイ人ぽくてほっこりします〜こちらアミーゴでは レギュラーメニューにはないお持ち帰り料理が冷蔵庫にあることがありますこれは主に蒲田で働くタイ人用のもので その時々でメニューが違うので楽しい嬉しい美味し [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】小岩「マイホーム」こそエコ減税だろの巻
  • サワッディクラップ西暦2017年(仏歴2560年)の夏もいままさに!風前の灯火明日から寒くなっていく日本に絶望しかない8月31日です...われわれの明日への希望はもはやタイ料理のみですということで 泰古式戦艦プマトは小岩マイホームへ向け旅立った(イミフごめんご)看板なんて使い回しでいいんです上から紙貼っちゃえば使えるんですこれぞリアルエコ!こういうお店はほんとエコ減税してやれくださいよ!病んだ心も落ち着きますサ [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】田端「ポム タイ料理」で南部料理満喫♪
  • サワッディクラップ尊敬するエスニカンぱいせんの記事←を見てから行ってみたいと思っていたお店「ポムタイ」に行ってきました〜田端駅からは万里の長城へ登るような階段を上がらなければここには到達できないもはや途中でテントを張って一晩過ごそうかと思わせる勢いの心臓破りのきっつい階段途中で何度「もう無理!無理!無理!」と言ったことだろうしかし美味しいタイ料理を食べるためには苦労は厭わないプーはがんばったよ頂上 [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】大崎「バンコク食堂 ポーモンコン」新時代の幕開け
  • サワッディクラップ今を去ること数年前 荏原町のはずれにあったポーモンコンその起源はブリーラム県出身のモンコン夫妻のお店 それを「初代ポーモンコン」と プー勝手に命名そんなある日 とある日本人青年コックがモンコン夫妻に直訴して弟子入りをしたその時代を「ポーモンコン+(プラス)」と呼ぶのはなにを隠そうこのプーその後 モンコン夫妻は故郷ブリーラム県に帰ってしまう訳なのですが お店を彼は引き継ぎ 数年の間 [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】行徳「サイアムクイジーン」で食べまくりんぐ
  • サワッディクラップ一件目のタイ料理屋を後にしたブラプーご一行が向かった先は 行徳の「サイアムクイジーン」おいしいタイ料理屋の目印 ママチャリも標準装備店内は一面タイの彫刻品で飾られていて 昔ながらなタイ料理屋の雰囲気席は6卓30席くらい、視界には仏壇なし王様なし、テレビでは民放がサバーイに流れる空間結構すごいの飾ってあってびっくりしますさらに驚いたのはメニュー数、なんと140種くらいあるのよ、麺類もスタ [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】南行徳「プアンタイ」へ〜ブラプーご一行
  • サワッディクラップ織姫と彦星が年いちできゃっきゃうふふな日も終わっちゃいましたね☆☆あ〜ん..プーの彦星はどこにいるの〜〜!!という訳で プーの彦星は今年も現れそうにないので いつものようにタイ料理を食べましょう行徳付近のタイ料理屋をハシゴするべく ブラプーご一行がまず訪れたのは 南行徳のプアンタイお隣はインド料理屋というエスニックタウンぶり王様も偉いお坊様もしっかり飾られていますメニューは60種くら [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】渋谷「ガパオ食堂」にお忍びで
  • サワッディクラップ渋谷の喧噪から少し離れた坂の途中にガパオ食堂の支店ができてましたというわけで早速ピットイン渋谷といえばプーの街 センター街はプーの庭 悪そな奴とタイフェチな奴は大体友だちなわけです店内の壁はクンピー色テーブル類はウッドテイスト個室的な席もあるしロケーションもシャレオツだしこりゃ間違いなくクン・プー・デートナビ推奨店王様や仏壇はデートナビ店にはありませ〜んメニューは80種くらいと豊富 [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】池袋「R..」でいけふくろうについて考える
  • サワッディクラップ池袋にはふくろうが何羽いるんだよ!てか いけふくろうってどこにいるんだよ!いけふくろうで待ち合わせした人にはきっと分かってもらえるはずそんな ふくろう疑惑渦巻く池袋で 時間を持て余したプー丸井で夏のお洋服でも買おうかしら〜♪なんてね〜という訳で丸井の裏手(大体ね)にあるタイレストラン「R..」へ行ってみたのでRプー読者のみなさまならもうお分かりですねタイ料理屋へ続く階段 登ろうが下ろ [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】錦糸町「サバイチャイ」でガパオ炒め
  • サワッディクラップ初対面の方に自己紹介するときに タイ料理が好きなんです〜 とよく言う事があるんですが そんなとき相手から返ってくるのが「パクチーあまり得意じゃないんですよ〜」とか「パクチーモリモリのお店 こないだ行きましたよ!」とか...なんだかパクチー料理の話しに置き換えられてしまうタイ料理をまったく知らない方ならまだしも タイ料理好きなんですという方からも同じような応えが多いのが非常に残念タイ [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】五反田「ラーンナー」初訪問ジャオ
  • サワッディジャオ昼はオフィス街 夜は歓楽街に豹変する街 五反田そんなアダルティな街にタイ北部料理を出すお店があると聞き 馳せ参じ早漏 いや 候(下品で御免)その名も「ラーンナー」おお!北を期待させる店名でござる王様あり 仏壇あり 北部的装飾物ありメニューは100種まではないけどけっこう多いそして タイのデザートが充実しているのがインプレッシブdeオフィスレディカモン!店内は女子会やリア充カポーたちに  [続きを読む]
  • 「第18回 タイ・フェスティバル2017」の総まとめ(前編)
  • サワッディクラップ トゥックターンニッポン最大級のタイフェスティバルといえば 近年40万人の来場者数(2日間)を誇る年に一度の東京・代々木公園のタイフェスティバル!2001年のタイフードフェスティバルを起源とするこのタイフェスティバルですが 今年で第18回目になります2001年にはまだまだタイ料理やタイについては 日本での認知度は低かったのですが いまやかなりの認知度になり 街にはタイ料理レストランが溢れてい [続きを読む]
  • 第18回タイ・フェスティバル2017 公式パンフレットの巻
  • サワッディクラップ明日からはじまる第18回タイ・フェスティバル2017居ても立っても座っても転がってもいられない8千万(←てきとー)タイフェチのみなさま!とりま 落ち着いてパンフレットでも見てみましょうそれでは公式パンフのA面から見ていきましょうサムネ画像は するとおっきくなっちゃうよ!今年は日タイ修好130周年という素晴らしい年まさにそれが今回のタイ・フェスティバルのテーマなのです!そしてもちろん!タ [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】バンコク「ラーイ ロット」でカーオチェー
  • サワッディクラップタイのソンクラン時期の風物詩的存在の料理といえばこれ!を食べてきたのでご紹介〜バンコクのサミティヴェート・スクムウィット病院の真正面にある食事処ラーイロットこちらのお店は藤井伸二先生著「バンコク街角の食事処」で紹介されているお店なのです!モスグリーンのかわいい店内は入りやすいですねお目当ては オススメメニューの一番上に書いてある 「カーオ・チェー・チャーウ・ワング」 280バーツです! [続きを読む]
  • 【タイ料理屋】武蔵小杉「バカソウル アジア (BAKASOUL ASIA)」の巻
  • サワッディカップバカーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!あんたなんかもう知らないんだからね!!バカ...(by ツンデレ子)という妄想ストーリーが思わず浮かんでしまうキャッチーな店名「バカソウル アジア」へ行ってきました店内はタイな小物で装飾されてます我らがシリポン様のVCDが流れる空間メニューは30〜くらいで1000円未満の設定、見える範囲には仏壇なし&王様なし、タイ人コックと日本人コックのハーモニー、ホー [続きを読む]
  • タイの楽園 南の島 サムイ島へおいでよ!2017 part6
  • サワッディカッポムサムイ島の魅力発信レポも今回でラスト。それでは今回も張り切ってお伝えしましょう!メーナム地区唐人街にある美味しい食堂「ゴーセーン」さん!場所はリングロードから曲がってすぐ。唐人街のメイン門を正面に見て1本右側の路地(この路地にも唐人街の門があります。)こちらには南部料理目当てできました!ゲーン・タイプラー魚の内臓を醗酵させた南部特有調味料を使ったスープです。こちらのゲーンタイプラ [続きを読む]
  • タイの楽園 南の島 サムイ島へおいでよ!2017 part5
  • サワッディクラップさーて今日のサムイ島はなにがあるのかな〜と毎日楽しいサムイ島!まずはメーナム地区にあるローカルなタラート(市場)からです。メーナムソイ7(ジェット)市場というところです。おかずや生鮮食品をはじめとするタイ人の生活必需品メインの市場。日中も開かれているのでふらっと立ち寄れる便利な市場です!こちらで買って食べたラープ・ペッ(家鴨肉のスパイシー和え)がすっごく辛かったんですが、すっごく [続きを読む]
  • タイの楽園 南の島 サムイ島へおいでよ!2017 part4
  • サワッディクラップサムイ島の魅力を発信する旅もパート4になります!サムイ島といえば南のリゾート地、リゾートに不可欠なのはゆったり過ごせる快適なホテルです。前半2泊したメラティも最高に快適でしたが、後半2泊の今回ご紹介する「マイ サムイ ビーチ リゾート&スパ」も快適でサバイなホテル!ホテルは島の北西先端部に近いところにあります。お部屋はウッディ&ホワイトを基調としていて、ゆったりとスペーシー。落ち着い [続きを読む]
  • タイの楽園 南の島 サムイ島へおいでよ!2017 part3
  • サワッディクラップサムイ島シリーズも早パート3ですね。今回も観光に食にばっちりお伝えしますよ!周回道路(リングロード)東サイドを南から北へ車で走っていると、小高い山の上にビューポイントを発見。緊急ピットインです。高い場所から一望するサムイの海と空も最高ですねー!ラッドコー・ビューポイントという所なのでしょうか。チャウエン方面に下りて行く途中の山頂です。山を下って行くとバンコク病院があります。その真 [続きを読む]
  • タイの楽園 南の島 サムイ島へおいでよ!2017 part2
  • サワッディクラップサムイ島の魅力をニッポンのみなさんへ伝える旅に出たプー。今回は、サムイ島の周回道路(リングロード)に沿って探検です!まずはナトンタウンへ。ナトンはタイ本土から船が着く港町です。ローカルな雰囲気の食堂やお店が並んでいます。散歩するにも良い感じ。散歩をしていると地元のタイ人に人気の食堂を発見!タイ料理大好きプーとしては入らずにはいられません!ジョークとガオラオルワッドムーのお店です。 [続きを読む]
  • タイの楽園 南の島 サムイ島へおいでよ!2017 part1
  • サワッディクラップ数ヶ月前のこと、プーにミッションが下った。とぅるるるるるとぅっとぅるー(携帯の鳴る音)プー「ハロー」H氏「ハロー!クンプー!突然だがサムイ島の魅力を日本のみなさんに広めて欲しい!」プー「OKなカッポム!えいえいおーー!!」という訳で今回から6回に渡り、タイの楽園 サムイ島のサバイな旅シリーズのはじまりなのです♪まずはサムイ島についてプキペディアを紐解こう。「サムイ島は、タイ南部スラー [続きを読む]