モンライダー さん プロフィール

  •  
モンライダーさん: 嘘-たわごと
ハンドル名モンライダー さん
ブログタイトル嘘-たわごと
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/monrider/
サイト紹介文甲斐バンド、甲斐よしひろの音楽に対する想いを・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/02/16 00:13

モンライダー さんのブログ記事

  • たわごと〜?
  • 「?」ハードロックという感じはしなかったけど、アルバム「LOVE・JACK」の中では、、1,2を争うほどお気に入りの曲だった。欲を言えば、もっとギンギンしてテンポアップしていてもよく、ドラムを前面に出してもよかった。この曲は後に甲斐がソロでセルフカバーしてたけど、こっちの方が圧倒的にいい。テクニカルなプレーヤーがギンギンにロックしてる感じは、ギラついたものが欲しかったと思うけれど、詞の紡ぎ方が興味をそそり、 [続きを読む]
  • たわごと〜TWO
  • 「TWO」歌詞を読んでると、この曲のタイトルが「TWO」とされたことは分かる。相手に向かって、生きるっていいことだろ、から生きるっていいことだぜと変わっていく様は、自分にも言い聞かせてるような展開になってる。これって、モチーフ的には甲斐そのものなんだけど、曲として昇華させていくとバンドの世界、しかもバンド中期のものになってることに気づく。演奏してるのはKAIFIVE。KAIFIVEに何故バンドのモチーフを持ち込むんだ [続きを読む]
  • たわごと〜サーフ・ムーン
  • 「サーフ・ムーン」甲斐のHPタイトルの一部は、この曲から来てるんじゃないのかと思ってるところがある。サーフ=波、ムーン=月というワードは、星と並んで、甲斐が好んで使うワードなんだけど、単に日本語や英語だけはなく、様々な表現を使って語彙力豊富なところが出てる。それでいて目立たない感じもするけれど、KAIFIVEを結成しても当然のようにそこは変わらなかった。ただ、その言葉を乗っけるビート感が違っていたんだけど [続きを読む]
  • たわごと〜ブラック・サンドビーチ
  • 「ブラック・サンドビーチ」加山雄三の曲とは同名異曲だけど、加山雄三に大きな影響を受けていた甲斐だから、こういう曲が出てきてもおかしくはなかった。しかし、それをKAIFIVEでやったこと自体が結構不思議なことだった。まるでソロ第2期に出てきそうな感じがあったからね。KAIFIVEはハードロックで、というのもこの辺りからおかしくなっていた。このユニットが持っていたビート感が緩んで、元の場所へ戻ろうかというような感じ [続きを読む]
  • たわごと〜甘い復讐
  • 「甘い復讐」KAIFIVEセカンドアルバムに収録されていたこの曲。先行してシングル「幻惑されて」に収録されていた。ファーストアルバム「幻惑されて」に収録しきれなかったのだろうか。でもセカンドアルバム「LOVEJACK」収録の中では、最もKAIFIVEの匂いがした。KAIFIVEの匂いは、やっぱりファーストアルバムからくるハード感が強い。ビート感が違いからだろうと思うけど、そのビート感を軟化させてしまうと、どこかソロかバンドの [続きを読む]
  • たわごと〜シー・スルー
  • 「シー・スルー」バンドの匂いも残しつつ、それより甲斐ソロ第2期の匂いがしてるこの曲。KAIFIVEの曲というイメージがあまりわかないのだけれど、それでも演奏が良いな。全体的なイメージを曲名で表したという感じだけれど、そのイメージなのか季節的には夏という感じがし、でもそこにはKAIFIVEというハードなイメージがついてこないな。 [続きを読む]
  • たわごと〜四月の雪
  • 「四月の雪」KAIFIVEが出てきて、このユニット独特のバラードってなかった気がする。あってもカバーだったりして、実はそこが気になっていた。刻まれるビートがしっかりしていて、KAIFIVEでなければ「四月の雪」のようなバラードは出てなかった。バラードでいて、しっかりビートもボーカルもアピールできている。モチーフの良さも手伝い、しっかりした曲というイメージが今でもあるね。なんというか、この曲を聴いてると落ち着くも [続きを読む]
  • たわごと〜ブラック・パラノイア
  • うっすらだけど、バンドの匂いも感じられる。ただ、演奏そのものはKAIFIVEでないとできなかっただろうし、詞的にもハードロックのエッセンスが見え隠れしている。バンドになかったこのビート感はKAIFIVEのものだろうし、でもどこかバンドの匂いがするんだよ。この曲が出た時期は、甲斐から離れていた時期というのもあって、曲の向こう側にあるものが見えないのだけれど、泥臭さが抜けたようなこの曲は意外にお気に入りの曲だったり [続きを読む]
  • たわごと〜ラブ・ジャック
  • 「ラブ・ジャック」アルバム『LOVE・JACK』の先行シングルだったこの曲は、何故かカタカナ表記だった。ファーストアルバム『幻惑されて』で醸し出されたKAIFIVEの雰囲気は、重層でありながらキレの良さが真新しいもので、それまでバンドやソロで甲斐が演出したものの中にはなかったものだった。じゃあ、その次は、、、と思ったところに出てきたこの曲。かなり重層感が強くなった感じのアレンジには、かつてのバンドのエッセンスが [続きを読む]
  • レコードジャケット〜「裏切りの街角」
  • 甲斐バンドセカンドシングルが「裏切りの街角」だった。この曲が出た当時、ボクはまだ中二で、音楽業界とか芸能界とかそういうところにはほとんど興味がなかった。たまの休みの日中、昼飯を終えてなんとなくTVを見ていたら、顎をしゃくるよに白いシャツ来て、懸命に歌ってたグループが目についた。アイドル音楽番組だったと思うけど、当時は雑多な音楽と今でいうバラエティ番組が多かった。ほとんどが、歌謡曲とフォーク、そして演 [続きを読む]
  • たわごと〜アルバム『幻惑されて』
  • アルバム『幻惑されて』甲斐が‘KAI FIVE’というユニットを組んで発表したアルバムの第一弾。思わずハードロック路線か!と思ったほど、ショックはあった。詞もメロディもビートも、それまでのものとは明らかに違い、甲斐が全く別の人物に見えた。これはそれまで見せなかった甲斐の一面だったんだろうな。でも、プロのテクニシャンであるミュージシャンが甲斐の元に集まったなという感じも持てたような気がしてる。このま [続きを読む]
  • たわごと〜OH MY LOVE
  • 「OH MY LOVE」この曲はジョンレノンのカバーだったか、、、ボクの記憶も怪しくなった。でも、ハード路線で攻めてきた甲斐が、こういう方面にいくとは展開的に読めなかったものの、どこかそういう匂いがしたのも確かだった。音楽という世界には疎くても、こういう匂いは結構なお気に入りでもあるよ。確かにカバーだし、最初から甲斐がこういう曲が書けるとも思わない。でも、訳詞は甲斐じゃなかったっけ。メロディと演奏 [続きを読む]
  • たわごと〜顔役
  • 「顔役」甲斐って、バンド時代の後期からこの曲のような世界が好きで、似たような曲があった気がするよ。この曲もバンド時代から演奏されようとして曲らしいけど、KAIFIVE登場によってようやく陽の目を見たという感じになった。こういう曲の世界はハードボイルドという虚構の世界でありながら、作り方によっては非常に面白そうな世界でもある。けれど、あくまで曲としての表現になるわけだからギターにしてもドラムにしても、かな [続きを読む]
  • たわごと〜報酬(名ばかりで愛しいビックマウスブルース)
  • 「報酬(名ばかりで愛しいビックマウスブルース)」ビートの利いたスリル溢れるスピード感を感じるドラムが印象的な曲ではあったけど、ボーカルが入るとビート感が従来のものに落ち着いてしまうところが面白かった。報酬をわけまえと読ませていたことがミソだったけど、お金にまつわる曲を書いたのはこれまでになかったし、ユニークな世界でハードロックを感じさせるものだったから、余計に面白かった。この曲もまた、KAIFIVEでな [続きを読む]
  • たわごと〜ヒーリングタイム
  • 「ヒーリングタイム」この曲の作曲は、リードギター担当の多奈加 裕千だった。この曲になってようやく甲斐以外のメンバーが曲作りに一役買っていた。作詞と作曲、どちらが先だったのかはわからないけど、それまでの甲斐には見られなかった要素が散りばめられている。直接的には作詞は甲斐ということになっているけれど、ハードロックのエッセンスを出そうとしたら、甲斐以外のメンバーの力が必要だった。そしてそれが如実に出た曲 [続きを読む]
  • たわごと〜悪戯な干渉
  • 「悪戯な干渉」この曲が収録されているアルバムを最初から聞いてると、KAIFIVEというユニットの特徴を表現することに努めていたように思えた。これだけリズム感溢れるドラムとギター。パワフルなドラムは強烈だったし、ソリッドなリードは、当然だけどそれまではなく、それだけ魅力あるメンバーを集めて一つにしたんだという面を前面に出していた。やっと、このユニットの主役である甲斐にオハチが回ってきた感じがしたけれど、詞 [続きを読む]
  • たわごと〜LOVEPOTION
  • 「LOVEPOTION」KAIFIVEはユニットだから、甲斐以外のメンバーが歌うことは、今となって思えば当然のことなんだけど、甲斐の活動のいきなりの急展開に驚いていたから、当時はそんなことも思いつかなかった。詞とメロディを聞いてると、甲斐にもハードロック路線の曲が書けたんだと妙に感心するけど、この曲に関してはボーカルを取った田中ヤッチの歌のうまさと甘さに感心しきりだった。甲斐とはまるでタイプの違うヤッチ [続きを読む]
  • たわごと〜ラブ・シュール
  • 「ラブ・シュール」オリジナルアルバム『幻惑されて』を通して聴き、この曲を感じると、本当にハードロックの世界にきてるんだなあと思う。アレンジはともかく詞の紡ぎ方は如何にも甲斐らしいと思いつつ、こんなに言葉数が多かったかなあとも思うね。こういう世界はより好き嫌いがはっきりするものだけど、当時はまだ何が何だかわからない感じだった。甲斐のそれまでの変遷は甲斐への想いに縛られ過ぎて、解放されていない感じだっ [続きを読む]
  • たわごと〜幻惑されて
  • 「幻惑されて」KAIFIVEのことなどほとんど知らない頃に聞いた割には、かなりの好印象だった。アレンジが秀逸ということもあるけれど、楽器の一つ一つの音色が低重心で下から響いてくる感じが強く、そこに艶めいた歌詞が見事にハマっていた。先行シングルと言ったって、同名のアルバムより1日だけ先行した曲だったけど、チャート自体がどこまで行ったのは分からない。売れると売れないは名曲とは何ら関係ないけれど、この曲は知る人 [続きを読む]
  • レコードジャケット〜バス通り
  • 「バス通り」この曲でロックを志していたなんて、多分誰もわからないだろう。甲斐本人がそれを言っていたのだけど、真意はひょっとして本人にもわからないかもしれない。デビュー曲なんて、こんなものかもしれない。右も左も分からない者が、曲を書いたはいいけれどどう表現していくのかは取り巻きの勝手な思いだけが動かしていく。仕方のないことかもしれない。アマチュアコンテストで「ポップコーンをほおばって」を歌う甲斐みて [続きを読む]
  • レコートジャケット〜アルバム『らいむらいと』
  • 甲斐バンドは、市民権を得てなかったロックを志していたのだと甲斐よしひろは語っていた。しかし、それはどう表現していっていいのか、音的にも詞的にもアレンジ的にも何もわからず、周囲にしたってロックといえば海の向こうのやばい音楽といった程度の認識しかなかったと思う。後に階段を少しずつ上り、ロックしていったと思うけれど、後の世界しか知らないと甲斐バンドのスタート模様には随分と解離性を感じるものだと思うね。何 [続きを読む]
  • たわごと〜グッド・フラストレーション
  • 「グッド・フラストレーション」この曲、というか『KAIFIVE』という名を新聞広告で見た時、これは甲斐が何かしたなと思ったけど、この曲が収録されていたアルバム『幻惑されて』を聞いた時、何が起こったんだというのが率直な感想で、バンドでもソロでもなく、まったく違うスタイルで現れたのには驚かされた。この頃はもう自分は若いサラリーマンで仕事に忙しい最中であり、音楽を楽しもうという時間すら取れなかった時代。それで [続きを読む]
  • たわごと〜アルバム『エゴイスト』
  • アルバム『エゴイスト』様々な要素が含まれていたアルバムだった。個人的に前作『Chaos』がお気に入りだったこともあって、一口にロックといってもそれまでのものとは次元の異なる世界で演じていくものだと思っていた。ところが、、、それまでのロック調、アコースティックが似合いそうなもの、他への提供曲のカバーもあれば、セルフカバーもあった。様々な要素とやり口で、自分にはまだそれまで見せてない世界もあるということを [続きを読む]
  • たわごと〜TWO MOON JUNKTION
  • 「TWO MOON JUNKTION」この曲のフルバージョンは、今だ聴いたことがない。シングルで当時のレコードのB面にライブバージョンが収録されているらしいけど、今となっては聞こうとする興味はない。2つの月が交わるとき、、、不吉な感じ満載のこの曲のタイトルは、どこかの映画から持ってきてたような気がする。多分、この時は明らかに甲斐は次へのステップを考え、それまでと全く次元のことをお考えていたんだろう。 [続きを読む]
  • たわごと〜エゴイスト
  • 「エゴイスト」この曲というかこの曲がタイトルとなるアルバムの頃は、個人的なことから甲斐から離れ始めていた。特に甲斐を聞かなくなったとかということではなく、あくまで個人的な理由で。だから、よく曲を聴いてる時間的な余裕もない時代だったかもしれず、ライブに至っては遠ざかっていたような気がする。甲斐はこの曲の後、驚くような変貌を遂げていくのだけれど、この曲の意味を深く知ろうとすればそれは感じられたのかもし [続きを読む]