モンライダー さん プロフィール

  •  
モンライダーさん: 嘘-たわごと
ハンドル名モンライダー さん
ブログタイトル嘘-たわごと
ブログURLhttp://monrider-kai.blog.jp/
サイト紹介文甲斐バンド、甲斐よしひろの音楽に対する想いを・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/02/16 00:13

モンライダー さんのブログ記事

  • たわごと〜Fever
  • 「Fever」曲のタイトルとはかけ離れた曲の旋律は、詞を際立たせていた手法の一つなんだろうか。狭い音域で繰り広げられる曲の世界は、愛や恋に身を焦がすものだけど、曲のながれとしてはタイトルとは程遠い。けれど、それは甲斐の曲にある詞をはっきり聞き取れる魅力を遺憾なく発揮し、目立たないけれど、魅力ある曲になってるような気がする。 [続きを読む]
  • たわごと〜嵐の明日
  • 「嵐の明日」「風の中に火のように」が主題歌になった番組をそれとなく見てた時、気になって仕方のない曲が挿入歌として使われていた。この当時は結構甲斐から離れていた時期でもあったので、その曲が「嵐の明日」と言うことに気が付くのは時間がかかっていた。そんなことはどうでもいいけれど、曲自体、数年ぶりに名曲だなと感じていた。うっかりすると「風の中に火のように」よりもインパクトがあった。曲の展開が予想しない方 [続きを読む]
  • たわごと〜絶対・愛
  • 「絶対・愛」2拍子の曲と言えば、バンド時代に「ダイナマイトが150トン」があった。カバー曲ながら、バンドには正にうってつけの曲だったし、何よりライブ映えして甲斐バンドはライブバンドということを現していた曲だった。「ダイナマイトが150トン」をまたやろうとしたわけじゃないだろうけど、「絶対・愛」も2拍子の感じの曲だったし、キレが増していた。演じてのテクニックが色濃く、それでいてKAIFIVEの成熟さがよく出ていた [続きを読む]
  • たわごと〜月に泣く
  • 「月に泣く」この曲はヤッチの曲。改めて聞いても、ヤッチは歌がうまいなあと思う。しっかりしたボーカルで、しかも声色も甘い。技術的にどうかは分からないけど、下手なボーカリストは食われてしまいそう。ヤッチの歌いこなしとその特徴は、ギターワークと比例してると感じる。歌いこなしもそれ相応のものがないとギターに特徴は出ない。音楽に詳しくない者がヤッチを知ることはなかった。KAIFIVEがなかったら知ることもなかった [続きを読む]
  • たわごと〜影
  • 「影」シルエットを影と称してタイトルに持ってきた。優しくほのかな旋律の中で、際立つ言葉はしっかり紡がれている感じがする。KAIFIVEはしっかりしたプレーヤーの際立つテクニックとパワー、それと豊かな個性でハードなロックを作り上げてるユニットというイメージがあった。多分、それはKAIFIVEのデビューの鮮烈さがそうさせているんだろうけど、そんなイメージは強さも生み出していた。だから、この曲のような優しくほのかな旋 [続きを読む]
  • たわごと〜切ない痙攣
  • 「切ない痙攣」この曲も「涙のアドレス」と同じだった。詞においての言葉の紡ぎ方が強く、バンド時代のロック詩人がハードロックの世界に入り込んでハードロック詩人になったようでもあった。それでいて、歌詞の言葉やフレーズにはバンド中期に使われていたようなところも散りばめられ、KAIFIVEの向こう側にバンドの姿が透けて見えるようなところもあった。この曲は進行が平たんだけに目立たなかったけど、この曲が収録されていた [続きを読む]
  • たわごと〜涙のアドレス
  • 「涙のアドレス」ダーティというわけじゃないけどアンダーな旋律は、力強い運送で結構印象的ではあった。そうしたアレンジとか音的なことよりも、この曲を聴いてると甲斐バンド時代のアルバム『MY GENERATION』の頃に良く甲斐が言ってたロック詩人になりたいということを思い出してしまう。印象的というより強く感じたこの曲の歌詞は、意外とそれまで書かれることのなかった言葉が散りばめられていたような気がする。『MY GENERA [続きを読む]
  • たわごと〜落下する月
  • 「落下する月」甲斐の曲はアルバムを通して、、、ということが多かったため、うっかり見逃してしまうことが多い。KAIFIVEもアルバム3枚目となると、様々な状況と想いの変化があったのか、表面的にはそれほど感じなかった揺らぎがあった。アルバム『嵐の明日』がKAIFIVEの最後のアルバムになるとは思わなかったけど、当初の驚きのKAIFIVEの感じが驚かされたものから落ち着いてきてしまっている感じがあった。それはアルバムを通し [続きを読む]
  • たわごと〜風の中の火のように
  • 「風の中の火のように」この曲が出た当時は若干甲斐から離れていた。甲斐がどうのではなく、会社の仕事が激しくなってたからで、甲斐に振り向く時間が持てたのは週末だけだった。そんな週末のある日、雑誌で甲斐と誰かの対談が掲載されていたのを偶然に見つけて思わず読んでいた。なんでもTV番組の主題歌を依頼されていた甲斐に対して、「翼あるもの」のようなスケールの大きい曲を、と期待されていた。シングルを買ったわけではな [続きを読む]
  • レコードジャケット〜かりそめのスウィング
  • 柳の下の2匹目のドジョウは狙わない、そういってこの曲は発表されたらしい。「裏切りの街角」以降、甲斐バンドは都会の喧騒を秘めながら活動を本格化していったと思うけど、そうした喧騒を現したくてレコードジャケットにしたかもしれない。「かりそめのスウィング」は歌詞をよく読んでいくと、アレンジも併せてそうしたことが表されていくけれど、この曲の良さは音楽的にセンスがあって理解度が深くなければわからないモノだった [続きを読む]
  • たわごと〜アルバム『LOVE JACK』
  • アルバム『LOVE JACK』甲斐が長くバンドを続け、ソロになって、、、という流れの次にハードロックバンドを作ることは予想できた人なんかいないだろうな。だって、流れがまるで違うもの。ファーストアルバム『幻惑されて』が出てきた時は呆気にとられて何とも言いようがなかった。甲斐にはこういう一面があるんだなという驚き。これがどう展開していくのかという観点からは、セカンドアルバムは大事だったかもしれなかった。同じよ [続きを読む]
  • たわごと〜ノーヴェンバー・レイン
  • 「ノーヴェンバー・レイン」雨、舗道というワードも甲斐の持ってる引き出しに必ずあるもの。このワードを出すと郷愁めいたバンド初期のような様相になるけれど、この曲も例外じゃなかった。KAIFIVEというそれまでにないエッセンスに満ちたユニットは、それでいてバンドらしきところが出てきたのはそういうところに触れて曲を書いたからだろう。こういうキーに触れると、甲斐はいい曲を作る。でも、KAIFIVEという新たな局面に出て間 [続きを読む]
  • たわごと〜?
  • 「?」ハードロックという感じはしなかったけど、アルバム「LOVE・JACK」の中では、、1,2を争うほどお気に入りの曲だった。欲を言えば、もっとギンギンしてテンポアップしていてもよく、ドラムを前面に出してもよかった。この曲は後に甲斐がソロでセルフカバーしてたけど、こっちの方が圧倒的にいい。テクニカルなプレーヤーがギンギンにロックしてる感じは、ギラついたものが欲しかったと思うけれど、詞の紡ぎ方が興味をそそり、 [続きを読む]
  • たわごと〜TWO
  • 「TWO」歌詞を読んでると、この曲のタイトルが「TWO」とされたことは分かる。相手に向かって、生きるっていいことだろ、から生きるっていいことだぜと変わっていく様は、自分にも言い聞かせてるような展開になってる。これって、モチーフ的には甲斐そのものなんだけど、曲として昇華させていくとバンドの世界、しかもバンド中期のものになってることに気づく。演奏してるのはKAIFIVE。KAIFIVEに何故バンドのモチーフを持ち込むんだ [続きを読む]
  • たわごと〜サーフ・ムーン
  • 「サーフ・ムーン」甲斐のHPタイトルの一部は、この曲から来てるんじゃないのかと思ってるところがある。サーフ=波、ムーン=月というワードは、星と並んで、甲斐が好んで使うワードなんだけど、単に日本語や英語だけはなく、様々な表現を使って語彙力豊富なところが出てる。それでいて目立たない感じもするけれど、KAIFIVEを結成しても当然のようにそこは変わらなかった。ただ、その言葉を乗っけるビート感が違っていたんだけど [続きを読む]
  • たわごと〜ブラック・サンドビーチ
  • 「ブラック・サンドビーチ」加山雄三の曲とは同名異曲だけど、加山雄三に大きな影響を受けていた甲斐だから、こういう曲が出てきてもおかしくはなかった。しかし、それをKAIFIVEでやったこと自体が結構不思議なことだった。まるでソロ第2期に出てきそうな感じがあったからね。KAIFIVEはハードロックで、というのもこの辺りからおかしくなっていた。このユニットが持っていたビート感が緩んで、元の場所へ戻ろうかというような感じ [続きを読む]
  • たわごと〜甘い復讐
  • 「甘い復讐」KAIFIVEセカンドアルバムに収録されていたこの曲。先行してシングル「幻惑されて」に収録されていた。ファーストアルバム「幻惑されて」に収録しきれなかったのだろうか。でもセカンドアルバム「LOVEJACK」収録の中では、最もKAIFIVEの匂いがした。KAIFIVEの匂いは、やっぱりファーストアルバムからくるハード感が強い。ビート感が違いからだろうと思うけど、そのビート感を軟化させてしまうと、どこかソロかバンドの [続きを読む]
  • たわごと〜シー・スルー
  • 「シー・スルー」バンドの匂いも残しつつ、それより甲斐ソロ第2期の匂いがしてるこの曲。KAIFIVEの曲というイメージがあまりわかないのだけれど、それでも演奏が良いな。全体的なイメージを曲名で表したという感じだけれど、そのイメージなのか季節的には夏という感じがし、でもそこにはKAIFIVEというハードなイメージがついてこないな。 [続きを読む]
  • たわごと〜四月の雪
  • 「四月の雪」KAIFIVEが出てきて、このユニット独特のバラードってなかった気がする。あってもカバーだったりして、実はそこが気になっていた。刻まれるビートがしっかりしていて、KAIFIVEでなければ「四月の雪」のようなバラードは出てなかった。バラードでいて、しっかりビートもボーカルもアピールできている。モチーフの良さも手伝い、しっかりした曲というイメージが今でもあるね。なんというか、この曲を聴いてると落ち着くも [続きを読む]
  • たわごと〜ブラック・パラノイア
  • うっすらだけど、バンドの匂いも感じられる。ただ、演奏そのものはKAIFIVEでないとできなかっただろうし、詞的にもハードロックのエッセンスが見え隠れしている。バンドになかったこのビート感はKAIFIVEのものだろうし、でもどこかバンドの匂いがするんだよ。この曲が出た時期は、甲斐から離れていた時期というのもあって、曲の向こう側にあるものが見えないのだけれど、泥臭さが抜けたようなこの曲は意外にお気に入りの曲だったり [続きを読む]
  • たわごと〜ラブ・ジャック
  • 「ラブ・ジャック」アルバム『LOVE・JACK』の先行シングルだったこの曲は、何故かカタカナ表記だった。ファーストアルバム『幻惑されて』で醸し出されたKAIFIVEの雰囲気は、重層でありながらキレの良さが真新しいもので、それまでバンドやソロで甲斐が演出したものの中にはなかったものだった。じゃあ、その次は、、、と思ったところに出てきたこの曲。かなり重層感が強くなった感じのアレンジには、かつてのバンドのエッセンスが [続きを読む]
  • レコードジャケット〜「裏切りの街角」
  • 甲斐バンドセカンドシングルが「裏切りの街角」だった。この曲が出た当時、ボクはまだ中二で、音楽業界とか芸能界とかそういうところにはほとんど興味がなかった。たまの休みの日中、昼飯を終えてなんとなくTVを見ていたら、顎をしゃくるよに白いシャツ来て、懸命に歌ってたグループが目についた。アイドル音楽番組だったと思うけど、当時は雑多な音楽と今でいうバラエティ番組が多かった。ほとんどが、歌謡曲とフォーク、そして演 [続きを読む]
  • たわごと〜アルバム『幻惑されて』
  • アルバム『幻惑されて』甲斐が‘KAI FIVE’というユニットを組んで発表したアルバムの第一弾。思わずハードロック路線か!と思ったほど、ショックはあった。詞もメロディもビートも、それまでのものとは明らかに違い、甲斐が全く別の人物に見えた。これはそれまで見せなかった甲斐の一面だったんだろうな。でも、プロのテクニシャンであるミュージシャンが甲斐の元に集まったなという感じも持てたような気がしてる。このま [続きを読む]
  • たわごと〜OH MY LOVE
  • 「OH MY LOVE」この曲はジョンレノンのカバーだったか、、、ボクの記憶も怪しくなった。でも、ハード路線で攻めてきた甲斐が、こういう方面にいくとは展開的に読めなかったものの、どこかそういう匂いがしたのも確かだった。音楽という世界には疎くても、こういう匂いは結構なお気に入りでもあるよ。確かにカバーだし、最初から甲斐がこういう曲が書けるとも思わない。でも、訳詞は甲斐じゃなかったっけ。メロディと演奏 [続きを読む]
  • たわごと〜顔役
  • 「顔役」甲斐って、バンド時代の後期からこの曲のような世界が好きで、似たような曲があった気がするよ。この曲もバンド時代から演奏されようとして曲らしいけど、KAIFIVE登場によってようやく陽の目を見たという感じになった。こういう曲の世界はハードボイルドという虚構の世界でありながら、作り方によっては非常に面白そうな世界でもある。けれど、あくまで曲としての表現になるわけだからギターにしてもドラムにしても、かな [続きを読む]