harosheep さん プロフィール

  •  
harosheepさん: ひつじ的住まいズム!
ハンドル名harosheep さん
ブログタイトルひつじ的住まいズム!
ブログURLhttp://harosheep.hamazo.tv/
サイト紹介文スタイリッシュで人に優しく地球にやさしい住まいづくりを目指す、浜松の建築士です。
自由文浜松市住宅を中心に建築設計をしています。住宅設計の日々の中で出会った人、物、出来事をつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/02/17 22:35

harosheep さんのブログ記事

  • 新しい素材がデザインを変える
  • 先日、熱海へ日帰り旅行に行きました。この秋オープンした、熱海のカフェ COEDAHOUSE(コエダハウス)へ。↑相模湾を望む標高150mの素晴らしいロケーションアカオハーブ&ローズガーデン内にできた、建築家 隈研吾氏設計のカフェです。建物中央の象徴的な木組みの柱は樹齢800年を超えるアラスカヒノキを49層組み合わせて作られています。その木組みと4本の小さな支柱で、屋根が浮いたような軽快なフォルムが美しい↑コーナーの支柱 [続きを読む]
  • 改めて、長期優良住宅のメリット・デメリット(5)まとめ編
  • メリットの最後五つ目は、「設計者、施工者の技量、知識を量れる」です。決まり事が多いということは、やはり技量、知識が必要です。省エネ計算や耐震性能をしっかり設計すること、それをしっかり施工できることは単純に住まい手に取って良いとこだと思います。ただ、長期優良住宅は、その為の検査がありません。ですから、認定申請を行ったからといっても、建物が長期優良住宅になっているかどうかはわからない、ということです。 [続きを読む]
  • 改めて、長期優良住宅のメリット、デメリット(4)
  • ③省エネ性能、耐震性能が数値により明確になる。長期優良住宅において、省エネ性と耐震性についてはある程度比較しやすい数値が示されています。まず耐震性。建築基準法を「耐震等級1」とし、おおよそ、その1.25倍を「耐震等級2」、およそ1.5倍を「耐震等級3」としています。耐震等級は3が最高等級で、耐震等級2が長期優良住宅です。省エネ性は、等級1〜4まで別れており、最高等級の「等級4」が長期優良住宅の認定基準です。省エ [続きを読む]
  • 改めて、長期優良住宅のメリット・デメリット(3)
  • 長期優良住宅のメリット。次は②一定以上の住宅性能が、認定により確保されること平成20年に公布された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により、住宅の性能として重要な「劣化対策」「耐震性」「省エネ性」「維持管理」などの項目についてある程度の高い性能で認定します。ここで私は「ある程度の高い性能」と言っているところがポイントなのですが、これは工務店、設計者、お客様など、人によって何を基準に高い性能と考 [続きを読む]
  • 改めて、長期優良住宅のメリット・デメリット(2)
  • ①税金・金利優遇 これは、インターネットで、「長期優良住宅のメリット」と検索すると、まず出てくる内容ですが。インターネットなどで調べると、まず、これらの税金、金利関係のことが出てくると思います。 代表的なものとして5つ。かんたんに説明すると 1.住宅ローン減税の所得税控除対象限度額が、4,000万円→5,000万円に。2.登録免許税の税率が、引き下げられる。3.不動産取得税の控除額が上がる。4.固定資産税の1/2減額の期 [続きを読む]
  • 改めて、長期優良住宅のメリット・デメリット(1)
  • 「長期優良住宅」って、プレファブメーカーや、工務店がやるものでしょ?って思っている方。設計事務所もやっていますよ(^^)僕の場合、設計事務所ということもあり、かなり特殊なケースもありますが、基本的には、専用住宅の場合、長期優良住宅で提案しています。住宅は、がっちり、しっかり、ふんだんにお金をかけて造れば、納得がいく良いものが建つ。。。確率は上がります^_^。しかし、ほとんどの方が、なるべくコストをかけず [続きを読む]
  • 京都旅行記 町家カフェ「マドグラ」
  • 京都旅行でのこと。夕食へ向かう途中の住宅街の道すがら、たまたま見つけたカフェ「マドグラ」二条城のすぐ東側の裏通りにあります。夕食の予約時間まで30分ほどあったので、コーヒー一杯。町家を改装した雰囲気の間口の狭いお店。特別内装にお金をかけている感じはないけれどセンスがイイ!映画のフライヤーや絵葉書をさりげなくレイアウト。ゴダールなどのヨーロッパ映画がテーマみたい。インテリアで思ったこと。なんか、温か [続きを読む]
  • 音楽スタジオ設計3つのポイント
  • 先日、新規に音楽スタジオの設計契約をいただきました。市街地に建つスタジオ設計には様々な注意点があります。こういった設計で、僕が注意していることから3つほど。まず、市街地の音楽スタジオと聞いて気になるのは遮音。単純に建築単体で考えると、何dB減衰した。。。ですみますが、音のストレスは、立地、周辺環境や時間帯の影響が大きいです。また、室内環境のためか、外部への音漏れかによっても全く変わります。過剰設計、 [続きを読む]
  • 魂は細部に宿る
  • 建築設計事務所を主催する傍ら、週に1時間だけ浜松日建工科専門学校の建築計画Ⅰの講師しています。僕のミッションは、一年生に住宅のプランニングを教えること。後期に入って、テーマは「細部計画」。学生に教えることは、普段設計の実務をしていて当たり前になっていることを振り返ったり、忙しさの中で後回しになっていたセオリーの根拠を見詰めなおす良い機会にもなっています。建築の仕事の中でも、「建築計画」は幅広いスキ [続きを読む]
  • 浜北の増築工事 完成引渡し
  • 浜北で年明けから設計していた住宅の増築工事が完成しお引渡ししました(^^この住宅は、なかなか面白くて、今のご主人の先代、先々代から、約40坪の住宅をおよそ半分づつ壊して建替え、また半分が古くなると壊して建替えをしています。「伊勢神宮か!(^^;」と突っ込んでますが、この発想はなかなか良くて、全部壊して建替えるより、かなり引越しも楽なので良いです。ただし、問題となるのは、既存住宅を増築するときの構造基準。近 [続きを読む]
  • 続けることの重要性
  • 先日、萩丘の多国籍レストラン ロバノミミで月一回行われているベリーダンスイベント、「アラビアンナイト」に行ってきました。8年前から僕がカメラマンを担当させていただいているイベントです。今年も残すところあと、2回となりました。このベリーダンスイベントは、まだ、人前で踊る機会が少ない初心者の登竜門的なベリーダンスイベントです。アラビアンナイトの見どころは、最初は踊りなれていない雰囲気ですが、一年間通して [続きを読む]
  • ワイン教室 〜地球温暖化で・・・〜
  • 毎月恒例の「ワインハウス新美 ワイン教室」。今回のテーマは「今、ワイン業界で話題のワイン」いつもながら新美先生は、テーマ設定も楽しいし、講義内容も資料もしっかり作りこんでるなぁ。と。もちろん、講義用にセレクトされているワインもすごくおいしいです(^^補足の資料として、「ワインベルト」の話をしていただきました。こういったテクニカルな資料も、僕的には楽しいです。さて、地球温暖化が何か?ですが。昔は、イギ [続きを読む]
  • 太陽光発電&蓄電池システム 2 ◆
  • 今回、太陽光発電発電+蓄電池を導入のため、エコキュート、IHクッキングヒーターも交換します。ウチはもともと都市ガスで、ガスコンロとガス給湯器の組み合わせ。これが古く、いつ壊れてもおかしくない。取り替えれば約40〜50万円かかります。これまでここまで考慮すると、太陽光発電と蓄電池を導入する意味が増します(^^もともと長期的なコストメリットがあるシステムですが、さらに短い期間でイニシャルコストの元がとれ、10年後 [続きを読む]
  • 増築工事の現場検査
  • 先日、浜北で上棟した増築工事。増築部分は15坪くらいのコンパクトなものなので屋根葺き、耐力壁があっという間に終了。それに合わせて現場確認です。今回の大工さんも初めて一緒に仕事をします。大工さんはひとりひとり、持っている技倆、知識、経験が違いますし、もちろん性格も。そういった初めて関わる人たちと一定のクオリティの建築をするのが、建築設計事務所のスキルの特徴だと思います。世の中は、文化が進めば進むほど、 [続きを読む]
  • 芸術の秋 スサイタカコさんの世界
  • 鴨江アートセンターで行われていたスサイタカコさんの展示を見て来ました。スサイタカコさんのゆかいでカワイイ、独特の世界観。インテリアデザインとしても楽しくて大好きですワークショップで参加者が造ったキャラクターがスサイさんの展示空間に加わり空間が変わっていく面白さ。アーティストが作品の一部を参加者に委ねていく。アーティストはあくまでも枠組みとルールだけ作り、それがどう影響していくかを見守る。都市計画と [続きを読む]
  • 浜信 創業スクール
  • 9月から、浜松信用金庫、浜松商工会議所共同主催の「創業スクール」に通っていますこれは、だいたい週一回、土曜日1日の講義を、8回で行われます。先日、第三回の「マーケティングの基礎知識」建築に限らずどんなビジネスでも非常に大切。僕の仕事は建築設計ですが、建築設計は、設計の勉強を、床屋さんは床屋の技術、花屋さんは花の知識、車屋さんは車の知識を・・・勉強していれば、お客さんのためになるか?というと実際は違い [続きを読む]
  • 住宅リノベ3期工事
  • 6月に引き渡した古民家改修の住宅。ゆっくり引越しをしていて80%くらい引っ越せたようなので??予定していた3期工事へ。と言っても、今回大規模リノベーションエリア外の床の張替えや、押入れの天井修理など。写真はリノベーションと関係ない部屋の既存の部材こう言ったステキな造りがたくさんあって。。。部材も活かして、リデザインしたい。リノベーションも本気で取り組むとタイヘンだけど、創作意欲の湧いてくる空間ですねぇ [続きを読む]
  • 住宅の耐震診断
  • 掛川市で木造住宅の耐震補強計画の契約をいただいたので、早速、現況調査です。まずは天井裏に潜りました。↑疲労コンパイの図かなりでっかい和風住宅なので、天井裏空間も広めですが、それでも、梁を渡って調査するのは大変な体力を使います。精密診断の為の調査はチェック項目も多くて、時間もかかります。午後いっぱいを使って、有る程度調査を進めたかったけど、体力切れで来週に持ち越しです天井を踏み抜かないように、垂木に [続きを読む]
  • 豊橋市役所は見晴らしがいいねぇ
  • 先日、シープの設計対応地域を「浜松市を中心に東は掛川市、西は愛知県東部」とご案内をしたら、すぐに、掛川市のリノべーションと、豊橋市の新築店舗併用住宅と、キレイに端と端をお声かけいただきました(^^引き寄せですかねぇ。これから同時に設計していきます(^^工事が始まると大変そうですが・・・頑張ります。早速、豊橋市役所で法律関係の調査。天気も良かったので、最上階13階の展望フロアへ。とても気持ちいい景色で [続きを読む]
  • 歴史から何を学ぶのか?
  • なぜ、歴史を学ぶのか?歴史から何を学ぶのか?ドイツの哲学者ヘーゲル曰く「我々が歴史から学ぶことは、「人間は歴史から学ばない」ということだ」人間の愚かさこそ学ぶべきこと。これを、人類が前に進む為のポジティブな言葉としてとらえるか、ネガティブに受け止めるかは様々として・・・・なんつって(^^;あえて難しいことを言ってみましたが〜もうちょっと平たく、建築的に歴史から何を学べるか。盆と正月は、毎回日帰り旅行 [続きを読む]
  • 人に伝えるのが一番の学び
  • 僕が所属している異業種交流組織のBNIやらまいかチャプター。この夏でメンバーも37名となり、盛り上がっています^_^BNIの詳細はHPなどで見ていただくとして。BNIは具体的にビジネスを活性化するためのプログラムなのですが、僕は4月から9月末までの半年間 エディケーションという役職を担当しています。これはメンバーの教育係のような役目で、一番の仕事は毎週の定例会で5分間の学習コーナーで話すことです。もちろん僕も学びの [続きを読む]
  • チプシーパーティ vol.7
  • 浜松のベリーダンス衣装店バチャータ主催のベリーダンスイベント 「チプシーパーティvol.7」。カメラマンとして写真撮影を担当させていただきました。 チプシーパーティは、スタジオの垣根を越えて交流できるベリーダンス発表会イベントです。今年も各スタジオからたくさんのダンサーが出演し盛り上がりました。各スタジオ主催のハフラもそれぞれカラーがあって楽しいですが、このチプシーパーティーも暖かい雰囲気のハフラで楽し [続きを読む]
  • 基礎配筋検査
  • 浜北で始まった、住宅の増築工事。基礎配筋の検査へ。こちらは、増築工事で、ほぼ平屋。標準仕様の、2階建て新築の基礎配筋が使えないので、今回用に変更しています。小さな増築ですが、念入りに。建築の難しいところは、施工する会社の材料の仕入れ具合、時期的なものや、職人の得意不得意技量などにより、微妙に施工結果が変わるところ。設計では、その幅を見込んでおく必要があります。アウトはもちろんいけないけれど過剰設計 [続きを読む]
  • 刺身定食
  • 夏ですね。梅雨らしい梅雨が来なかろうと、認めざるを得ない。こんな時でも、仕事は過密で、遅くまで業務が続くわけですが、この時期は、頑張っても、通常の80〜90%に効率が落ちるわけです。ここで夏バテとかは業務上マズいので、食事だけはしっかりとりたいと思っています。食欲が落ちるこの季節に食べるためにはパッと「食べたいなぁ」と思ったものを素直に食べる。遅くに打合せが終わり、そのまま、刺身が食べたくなったので、 [続きを読む]
  • 用途変更 〜コンバージョン〜
  • 僕は、建築設計事務所として、住宅設計の他にパン屋さん、ケーキ屋さんなどの飲食店舗や、福祉施設などの小規模施設の設計を中心に建築設計を行なっています。さて、先日、「用途変更」の申請業務の依頼をいただきました。用途変更と言うのは、既存の建築物が建築されたときの用途から別の用途に利用するときに必要な申請手続きです。今回の用途は福祉施設。福祉施設は、大きく分けて、子供の施設、高齢者施設、障害者施設等に分け [続きを読む]