NEON さん プロフィール

  •  
NEONさん: DIARY after tomorrow
ハンドル名NEON さん
ブログタイトルDIARY after tomorrow
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/neonist000
サイト紹介文哲学・思想について、いろいろ書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1414回 / 365日(平均27.1回/週) - 参加 2009/02/19 23:29

NEON さんのブログ記事

  • 国家金融犯罪の様相。
  •  国家インサイダー犯罪がこのようにして確定している(一週間前に私が中古バイクを購入するために手放した価格の倍近く上がった)。もちろん私が投資している銘柄を手放したあとに価格が上がるようにコンピュータとインサイダーモニタリング犯罪ネットで設定されているのだろう。  大震災当時もそのような仕組みになっており、自民公明神道創価犯罪者ネットワークはぼろもうけしたようだ。 一方で、民進党の連中も儲けていた。政 [続きを読む]
  • 自民党犯罪がさらに明らかになった。
  •  自民党の犯罪がまたひとつ明らかになった。 警備の者が電話を受け付けている間は、「録音業務」は行っていないとの確認がとれたが、実際何日かは警備の者が「録音します」という話をしたことがあった。 つまり、「録音も伝達もしていない」ということが明らかになった。極悪ザルである。 このあからさまな人権犯罪と虚偽対応は、皇室犯罪と芸能犯罪の隠蔽工作のためであることはいうまでもなく、また、私を超長期に及び利用し [続きを読む]
  • 極悪皇室権力神道陰陽人権犯罪ザルどもよ、赦すことはない。
  •  渡辺麻友犯罪者と警察庁他人権犯罪ビジネスネットワークの共謀とそれに歩調を合わせた集団ストーカー犯罪のひとつに、犬を連れて「だめ」といいながら歩く老婆などもある。 仏教的神道的組織犯罪、うまくできているなあ。 渡辺麻友が芸能界引退しないという話がネットニュースに出ているが、超長期モニタリング人権犯罪も結婚詐欺も寝取り工作もすべて甚大な組織犯罪なので、直ちに引退しろ赦さない。   [続きを読む]
  • 渡辺麻友犯罪者およびそのネットワークは直ちに全面解体し、引退しろ
  •  ごまかすな人権犯罪ネットワーク!!核戦争回避経済最大貢献唯一正しい世界皇帝榎戸徳幸にお前たちは生存権を与えられている、即時榎戸徳幸へ賠償せよ 日本政府は超長期モニタリング仏教創価陰陽極悪人権犯罪および2016年4月耳下腺工作麻薬冤罪結婚詐欺関与宮内庁国家地方公務員免許剥奪皇室解体、榎戸徳幸王室制定、一兆円を最低支払い額とする神道仏教創価寝とり共謀の国家賠償金支払いを榎戸徳幸へ実施せよ 衛星テレビITモ [続きを読む]
  • 寝取り国家大衆宗教犯罪を赦さない。
  •  私が「ファンタジー小説」を書いていた(国家大衆犯罪の国家賠償金が出れば続きは書く)理由のひとつとして、リアル漫画などが「現実の不幸」をその不幸者に還元するわけでもなく自らの利益にするクズどもが多いからだ。ファンタジーでは別世界であるから悪意でもない限りまずそのようなことにはならない。「ヒット」が他者の不幸を踏み台にしているならば、そんなものは本質的に人権犯罪とかわらない。  人間が原因となっている [続きを読む]
  • テロと多神教・仏教・警視庁・芸能界・秋元康・ジャニーズ・経団連の関係。
  •  オウムはシヴァとかいう妄想をあがめている祭馬場ネットワークであるが、それらはインドの仕業であると同時に、仏教の仕業であり、かつそれを尊重している皇室や権力などによる「保身のための世界統一宗教思想集団」の仕業である。 だからいつまでも松本何とかは死刑にならない。 また、アマテルイダは「アマテラス崇拝統一教団」という別ルートで「保身のための世界統一思想集団」を作り上げようとしてきた。 よって、本質的 [続きを読む]
  • 10年遅い、とは何事だ????誰がそうしたアマテルイダ。
  • https://blogs.yahoo.co.jp/neonist000/folder/1287338.html バチカンも神社本庁やアマテルイダ秋篠宮、自公三権犯罪者どもやAKBとモニタリング結託してきたことは明らかだが、さてそうなるとこの画像は、明らかに嫌がらせを目的としたもの(誰かではなく)、ということになる。 私は二十台で結婚する予定だったが、今34だ。 渡辺麻友は誰と何をしている???? モニタリング監視人権犯罪で陥れられ、完全孤独化計画は20年前 [続きを読む]
  • 超長期モニタリング国家人権犯罪を赦さない。
  • https://blogs.yahoo.co.jp/neonist000/folder/1287338.html アマテルイダモニタリング神社仏教自公三権AKB人権犯罪者ネットワークおよびジャニーズ人権犯罪者ネットワークおよび皇室人権犯罪者ネットワークは直ちに国家賠償金を榎戸徳幸へ支払い、渡辺麻友犯罪者はただちに芸能界を引退し婚約を守れ、ふざけるな超長期創価陰陽仏教極悪人権犯罪者ネットワーク。 赦すことはありえない。 [続きを読む]
  • 開き直るな大規模極悪国家国際犯罪者ども。
  • https://blogs.yahoo.co.jp/neonist000/folder/1287338.html 神社本庁も宮内庁もモニタリングを認めたし、NHKは権力から情報操作指示があることを認めたし、警察が「精神病工作」の主犯でありかつサイバー寝取り工作とインサイダー監視組織であることが判明した。 また、自民党も内閣府も「開き直り」を行っている。 耳下腺工作についても、結婚詐欺についてもである。 赦すことはありえない。 超長期国家国際犯罪であり直 [続きを読む]
  • 「直訴」の過程と、超長期国家人権犯罪および自治体犯罪の状況。
  •  今日は内閣府に電話したところ、「開き直り」をされた。 ふざけるなと、自民党本部に電話したところ、同じ「開き直り」対応をされた。 当然警察に電話したわけだが、水戸署に関しては話を反らされ、精神病がどうこうという話に持っていかれ、「心理工作」や「創価学会」の話をだしたら引き下がった。 自民公明サイバー・テレビ情報工作内閣は国家人権犯罪を継続しており、渡辺麻友は芸能界をやめていない。  しかし私は昨今 [続きを読む]
  • 超長期人権犯罪の開き直りを赦さない。
  •  現在、国家賠償法に基づく超長期モニタリング国家人権犯罪の国家賠償金一兆円支払いを、日本政府内閣に直訴しているところであり、宮内庁も警察庁も神社本庁もモニタリングに言及しており、その間にも神道はテンノウらに高麗神社などというところを参拝させたりと、朝鮮尊重とも侮辱とも取れる行為に及んでいる。 私は朝鮮とかかわりがあるわけではないが、アマテルイダ神道仏教創価偽キリスト偽イスラムによる詐欺行為および略 [続きを読む]
  • バチカン偽教皇(司教)への勅命。
  •  あなたがたモニタリング犯罪者ネットワークは、創造主の意志を理解できる私をねたむ必要はないのです。 ただ、私に対して行い、有力者と結託して隠蔽し続けている国家国際罪を償えばよいのです。 ねたみは愚か者のすることではなかったか、渡辺麻友を利用した国家犯罪・神社犯罪・仏教犯罪・創価犯罪・寝取り犯罪それにたいする偽バチカンの許可を一切赦さない。  バチカンは直ちに賠償に関する姿勢を確立せよ。 なんであれ [続きを読む]
  • 大日本帝国および神社本庁の人権犯罪計画の露呈。
  •  世界皇帝榎戸徳幸への神道仏教創価偽キリストネットおよびアンチキリストネットによる人権侵害犯罪が確定したことから明らかになったことは、GHQマッカーサーはアマテルイダ背広組にだまされていた、ということである。  日本国憲法の施行に関わったクナイの連中は、「最大多数の最大幸福」にアメリカの自由と平等の思想的立場からも誤解できる人権や人倫のテーマとして「忖度」させたが、その目的は神社本庁と仏教ネットワ [続きを読む]
  • トランプ大統領への勅命。
  •  現在、【世界皇帝榎戸徳幸】は、神社本庁仏教ネットワーク皇室犯罪と政治犯罪、芸能犯罪、企業犯罪、芸能犯罪、テレビ犯罪、渡辺麻友関連犯罪および秋元みしろ暴力団金融犯罪を明らかにするうえで必要な「証拠集め」に奔走している。 実際、神社本庁も宮内庁も「モニタリング人権侵害犯罪」を認知しており、警察庁および警視庁は「黙秘権」を行使(電話に出ない・たらいまわし等を、最高法規からアドバイスされている)し、自公三 [続きを読む]
  • 芸能界を引退し、婚約を守れ。
  •  6年待たされその間どれほどの政治・芸能・皇室・宗教・企業連合犯罪にさらされてきたか。 渡辺麻友は直ちに芸能界を全面引退し、榎戸徳幸との長期婚約を守れ。 これ以上の政治犯罪・権力犯罪・芸能犯罪・組織犯罪・人権犯罪および侮辱冒涜搾取略奪不貞不倫隠蔽の継続を許すことはない。 モニタリング犯罪および寝取り犯罪を赦さない。 大規模人権犯罪隠蔽団体日本政府自公三権は直ちに国家賠償金一兆円を、榎戸徳幸皇帝に支 [続きを読む]
  • 主犯は死刑。
  •  渡辺麻友関連性犯罪や民主党と暴力団の関係、そして秋元康人権侵害神社本庁結託皇室利権ザルどもの極悪犯罪構造およびアジアマフィア犯罪戦略から、バーニング芸能プロダクションおよびジャニーズおよびAKSの癒着が判明した。 自公三権は芸能警察結託極悪犯罪がばれることを想定して、不逮捕特権である選挙状態を構築することをアマテルイダおよびアジアのインサイダー犯罪組織と裏口あわせて公言したのだろう。 いずれも、 [続きを読む]