茜 さん プロフィール

  •  
茜さん: 頑張りすぎないで、大丈夫だよ
ハンドル名茜 さん
ブログタイトル頑張りすぎないで、大丈夫だよ
ブログURLhttps://ameblo.jp/reiko0000/
サイト紹介文OSHO禅タロット占いと心屋式カウンセラーで男子二人母の日常。星野源さんのあれこれ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供394回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2009/02/21 23:54

茜 さんのブログ記事

  • できることは何もない
  • 小5次男と、あることで受診したときのこと。 血液検査やレントゲンのデータをもとに、詳しく説明。専門の先生なので、子どもにも私にもわかりやすい。そしてフレンドリー(←これ、大事)。 先生「次は春休みの予約してね。何か質問ありますか?」私「家庭で何かやっておいたらいいことや、気をつけることはありますか?」先生「んー、お母さんが家でできることは何もありません。普通に生活していたらいいですよー」 えー、そう [続きを読む]
  • 保護猫カフェ「ねこのおうち」さん
  • 保護猫カフェ「ねこのおうち」さんに、開店早々高2長男と行ってきました! ごはんタイムにこっそりと撮影。猫ちゃんがそばを通るだけで嬉しい、ちょっと踏まれたらもっと嬉しい? しなやかな動き、揃えた足先が優雅で、見ていて飽きないな〜鞄をクンクンしたり、猫じゃらしでちょっと遊んでくれたり。 1時間あっという間でした。猫のマンガもいっぱい、飲み物もついてお手頃価格だと思います。オーナーさま、ありがとうございます [続きを読む]
  • 四柱推命のバランスプチ鑑定していただきました
  • 四柱推命のバランスプチ鑑定モニターに応募してました。 峯本さんは風水薬膳茶アドバイザーさんでもあるので、どんな鑑定をされるのか、楽しみで。 ブログからコピーさせていただきました。 茜さんは陰の【金】の方です。磨かれて輝く宝石に例えられます。とてもきっちりされて誠実な印象で繊細なところがあります。外に向けてエネルギーを放つ、というより内面をより深く追求するタイプかな、と思いました。頭もとてもよく、小さ [続きを読む]
  • 昔も今も、残念なこと。明かしてしまえば軽くなる。
  • 怖くて発信できない人は、今はしなくていいってこと。昨日の記事、たくさんの方に読んでいただけたようで、ありがとうございます。してもしなくても、罪悪感。どちらにしても自分を責めたいという、からくり。それに気付いたらいいのにな、と思います。 家庭科の宿題で、土曜はご飯、日曜はお味噌汁を小5次男に作ってもらったのですが。これがすっごくイライラして、もう。 全部お任せではなく、家庭科の教科書を横に置いて、い [続きを読む]
  • 怖くて発信できない人は、今はしなくていいってこと。
  • 「SNSで、自分のことを知られるのが怖くて発信できません」という人。私も最初はそうだったので、わかる気もしますが。今日から発信し始めたとして、他者はそれほどあなたのことに注目してませんから。今の私、ブログの読者1411人、Facebookの友達662人、Twitterフォロワー137人。でも、毎日読んでくれている人は、実はそんなに多くないと思っています。私自身も、全員を読みに行くのはムリなので。「これ!」と思ったタイトルのも [続きを読む]
  • コウノドリ第9話 / たくさんの思いが詰まった言葉
  • 僕達は医者である前に人間だ。みんな将来に悩み、迷いながら生きている。最初に敷かれた道を歩み続ける者もいれば、一度立ち止まり、また歩き出す者、交差点にさしかかり違う道を選ぶ者もいる。近道を探す者もいる。誰も通りたがらない道を自ら選択する者もいる。僕達はこの先、どんな道を選ぶのだろう。僕にもきっと、選ぶべき道があるはずだ。(第8話ラスト) 第9話も、四宮親子のやりとりが秀逸。彼らなら、そう言うだろう、そ [続きを読む]
  • ”手術の後遺症⑤”
  • 藤河るりさんが描かれた、子宮全摘手術の後遺症。経験者ならではのいろいろを、詳しく漫画にしてくれています。一記事は短いので、読みやすいと思いますよ。 “手術で尿管の近くを触るので、どうしても症状が出ることがある”と、私も主治医から聞いてました。それを防ぐため、開腹手術前日に尿管ステント(カテーテルよりも細い管)を泌尿器科で入れてもらったのです。その痛みで、それから後はおセンチに家族に手紙書くどころじ [続きを読む]
  • 自分を下げておいて、 周りが上げてくれるのを実は期待してる人
  • 【「私なんて」って自分を下げておいて、周りが上げてくれるのを実は期待してる人】って、めんどくさいわー。 こんな言葉が出る人から、進んで離れたい。楽しくないもん。 そのままの位置でいいやん。って言っても、聞く耳を持たないんだよね。 あと、イラッとしたりモヤッとしたりの大本(おおもと)が、「眠い」または「お腹すいた」っていう人は、当たり散らす前に、何か対策を。 もしくはその状態を自覚しといてほしい。赤子じ [続きを読む]
  • 今したいことは、積極的にしておこう
  • お昼ご飯は卓上コンロにフライパンでお好み焼き♪と思って、13時頃帰宅するはずの長男を待つも帰ってこなーい!結局14時近くにやっと。テスト範囲の内容とか、いろいろ喋ってて遅くなった。スマホは部屋に忘れて連絡見てない。だってさー(ノ_-。)豚玉、一緒に美味しく食べたけど、晩ご飯作るの苦痛…(結局作って食べました ^^;;) ○●○●○●○●○●テスト終わりの長男とランチ?海老のトマトソーススパゲティ、オムライスビーフ [続きを読む]
  • ”女しか知らない女の話。千年続く家族をつくりたい。”
  • 子育てが辛いのではなく、子供が大変なのではなく、産後の体が心が大変なの。子宮は世界を見る目を変える。産後の子宮というのは、自然分娩だろうが帝王切開だろうが、全身打撲の交通事故と同じなんだ。 『運命の人に出会う!神婚のススメ』、いよいよ今日開催ですね。 子宮委員長はるちゃんのリブログは初めてするのだけど、きっとご存知の方も多いことでしょう。 女性だからこその目線、しかも「それ!そこが言いたかったの!! [続きを読む]
  • 12/27(火)京都Beトレ前のお話し会(カウンセリング&カードリーディングつき)
  • 12月の心屋塾京都Beトレ前に、忘年会を兼ねてお話し会を企画しました。今年最後に、茜のカウンセリングとカードで、自分と出会ってみませんか? ★12月Beトレ テーマは「嘘」 心屋仁之助「魔法のうたⅣ 生きる」 Amazon ちょうど今日、このアルバムを聴いていたところよ?そんなシンクロに背中を押されて、打ち明け話をひとつ。 実は今年、私が企画したランチ・お茶会に、ご参加がほとんどなかったのです(大汗)。それ以外の、 [続きを読む]
  • 「私のときは、そんなのしてもらえなかったんだからね!」
  • だからと言って、怒ってもいないし、悲観もしていない。こうだった&今もこんなところ、あるよねという、私にとっての事実なだけ。精密機器がオモチャのような、今の子ども達。師匠心屋仁之助さん、Happyちゃん、子宮委員長はるちゃん、さとうみつろうさんなどなど。心のゆるめ方を教えてくれる人がいて、それを知る人が全国各地にいる、今の状況って、希望があるし、よくなると信じたい。気をつけたいのは贔屓の引き倒し、のよう [続きを読む]
  • 自信がない子どもが多い理由
  • 子どもに自信なんてない方が、大人にとって都合いいに決まってる。 ・横並び、同じことを同じような出来で、時間内に終えられることが良いこと。・周りの人(親・先生含む)に迷惑をかけないで。・自分のことは自分で、最後までやり遂げる。 こんなことばっかり言われて、顔色を見る、ご機嫌取りの子どもを量産しておいて。 「最近の子は、自分で考えられない、指示待ち人間ばかり。そんなことでこれからどうするのか」って言われ [続きを読む]
  • 「生きろよ」という言葉の重さ / 「コウノドリ」8話
  • 星野源ではなく、コウノドリ四宮春樹としか思えない、役者源さん。 父親役の塩見三省さんは、2014年脳出血で倒れ、リハビリ後の復帰。演技に凄みが増した気がしました。人生は夕方から楽しくなる 星野源さんは2012年くも膜下出血で二度の手術。星野源、くも膜下出血から快復「病気が教えてくれたこと」 本当に、二人の共演には感慨深いものがありました。 「生きろよ」という言葉の重さを感じた8話。脚本では違うセリフが用意さ [続きを読む]
  • 孤独の先に、真の理解者や仲間がいる
  • 君に友だちはいらない東大の異才発掘プロジェクトROCKETの鳥山樹君と彼の母親、そして先生に見る「才能の伸ばし方」の秘訣とは? 才能開花するまでは孤独です。ユニークであればあるほど、既存のシステムにはおさまらず、理解者にもなかなか出会えない。 けれど、その孤独の先に、真の理解者や仲間がいる。 その景色を見失わなければ、前を向いて歩いていけると思います。(リンク先より) −−−−− 見てる、知ってる、考えてる [続きを読む]
  • 星野源、映画ドラえもん主題歌と挿入歌 / 宝物以上の、宝物
  • 来年3月3日(土)公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌と挿入歌を星野源が担当することが決定しました!挿入歌となる新曲「ここにいないあなたへ」は予告映像にて楽曲の一部が解禁されます。 【星野源コメント】「大好きな『ドラえもん』の長い長い歴史の中に音楽家として参加できることを、とても嬉しく思います。今回の新作映画『のび太の宝島』、そして『ドラえもん』という作品そのもの、すべてを生み出した藤子・F・不 [続きを読む]
  • 例えば迷路の抜け方ブログ。活用するかは人それぞれ。
  • 質問)出すのと入れるのは、どちらが先ですか?私の答え)あなたが今、どの状態かで、異なります。 「もう24時間、何も食べてないよ〜」なのか。はたまた「ついつい食べ過ぎるのをやめられない」なのか。 食べ物以外の、情報、愛情、お金も同じです。 −−−−−大抵の場合、このブログは昔の私のような人に宛てて、書いています。 他者から言われることを全部鵜呑みにして。必死で叶えようと、そうしなければ嫌われる!と、自分 [続きを読む]
  • ”★それ、意味はあるの?”
  • 「そんなことして、なんの意味があるの?」「なんのために、それをするの?」 「それやって、なにかいいことあるの?」 僕らが本当にしたいことに意味や理由なんてない ただ「やりたい」 それだけでいいんじゃないか? −−−−−さすが、ぢんさん。ブログの最後、泣きそうでした。 この、聞いてくる人が納得するような回答なんて、存在しないと思うのよ。 だって、裏の意味は「私なら、そんなことしないわ!」という、相手の否 [続きを読む]
  • 私にとって理解できない言葉「できるなら、かわってあげたい」
  • これ、長い間ダントツで「意味のわからなさ」ナンバーワンです。 育った家に、これを言う人がいまして。実母ですけど。発熱して寝ているとき。脚を縫う怪我をしたとき。記憶に新しいところでは(といっても6年前ですが)開腹手術の数日前。 しかも、気遣う・寄り添う風では全然なく。何ならドヤ顔、でかい声で言うんですよ。 「できるんやったら、私がかわってあげたいわー(ドヤッ)」 …できるわけないやん!何を言ってるのか、 [続きを読む]
  • ピノに罪はない
  • ピノ チョコアソート/バニラ・アーモンド味・チョコアーモンド味はチョコアソートだけだってー。そう言われると、食べたくなるなる(笑) 秋・冬でも、アイスとチョコは欠かせません♪ さすがにシャーベット系は敬遠、量は少なくても満足なので、こちらを選択。 あかねはピノののろいをといた!(ドラクエ風)2015年にこんな記事を書いていましたが、今もピノを見て微妙な気持ちになりますー。その理由も知ってるし、ピノに罪 [続きを読む]
  • 読んでいる人を寂しくさせない/「夜廻り猫」の優しい世界
  • 今宵もどこかで涙の匂い。「泣く子はいねが〜〜」。涙の匂いのするところに現れる夜廻り猫の遠藤平蔵。老若男女、犬猫問わず、涙する人とともに呑み、笑い、ときに励まし、ときに見守り、いつも彼だけはそっと寄り添う。 誰かが心で泣いたりしているときに、その状態を認めてくれるキャラクターが遠藤ですね。その「読んでいる人を寂しくさせない」というのが、「夜廻り猫」でやりたいところなんですよ。 「夜廻り猫」特集、試し読 [続きを読む]
  • 西武大津で「天のや/たまごサンド」限定販売♪
  • 出汁巻き玉子にマスタードの利いたマヨネーズソース、めちゃウマでした( ´∀`) 源友さんが教えてくれて、よかった〜? [東京]天のや/たまごサンド11月24日(金)〜26日(日)限定友だちに教えたくなるおいしさ&存在感![東京]天のやたまごサンド(レギュラーサイズ)(12個入)・・・1,181円 各日限定100点 各日正午から販売  ※交通事情などにより、販売時間が遅れる場合がございます。 フォトジェニック スイーツフェア [続きを読む]
  • ブラックフライディ初日でした
  • 勤労感謝の日に、私だけ出勤ディ(^^; しかもちょっと長めのブラックフライディ初日なのね… 宵っ張り男子達が寝ているうちに、そーっと玄関を出たら、パジャマに旦那のサンダルをつっかけた次男が「行ってらっしゃーい」( ´∀`) 和みました? 画像はパン屋さんで紅葉 (昨日のTwitter) 今年は気温がいろいろだったから、紅葉の見頃も難しかったのでは。パジャマは襟付き・やわらかが好き。わがやの癒し担当=次男でございます [続きを読む]
  • 「いまさら」じゃなくて、「いまだからやっと」
  • 「いまさら」じゃなくて、「いまだからやっと」言えるようになった。 当時は、家庭の恥を外で話すものではないと、墓場まで持っていくしかないと思っていたからね。小学生が。 殻が入った卵焼きのことは2年くらい前にも書いた。それ以外のあり得ない、イタイ話も、意外と笑い話にできるようになってきた。それもつい最近のこと。 キャラ弁作れなくて、とかとはもうまったく違うから。一緒にしないでーと思う。 自分のルーツ、秘密 [続きを読む]
  • “ちゃんとしたお弁当”コンプレックス
  • 「おかーさんのお弁当が楽しみ!」って言う、小5次男。「おかずはねー、ハンバーグ(ミニ)と、たこさんウインナーと枝豆と…卵焼き多めに!」っていう、可愛らしいリクエスト。 ある日「ウインナー、ひとつじゃなくてふたつにしてほしい。交換するから!あと、デザートのマスカットも多めにしてな〜(お願い上手)」 こ、交換?!おかずを?!!今は高2の長男からも、ついぞそんな言葉聞いたことがなかったので、プチ動揺。 翌 [続きを読む]