say'S' さん プロフィール

  •  
say'S'さん: I  am  say'S'
ハンドル名say'S' さん
ブログタイトルI am say'S'
ブログURLhttps://ameblo.jp/say-s/
サイト紹介文「香り」を中心テーマにいろんなエッセイと小説、ポエムを掲載します
自由文はじめまして。say'S'です。
小さなIT系会社を経営、兼システムエンジニアですが趣味でエッセイ、ポエム、小説などを書き続けています。
エッセイ
 「ことばの香り 〜with my spirits〜」
を自費出版してはや一年が経過しました。
小説、ポエム、香りシリーズのエッセイにご興味がある方は遠慮なくメッセージをお送りください。
よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2009/02/22 08:31

say'S' さんのブログ記事

  • 香りのポエム どんなに
  •   香りのポエム どんなに どんなにあなたが好きでも 僕は口に出してはいえない 僕にもあなたにも越えれない一線があるからだ 運命のいたずらが僕の心を狂わせた それは年の差というどうにもならない壁と お互いがおかれている立場という変えられない宿命 僕にはどうにもならない運命 静かに遠くから見守り心を伝えることなくいいお友だちでいるか 心の奥にしまいこんで沈黙を守るか あえて忘れてしまうか でもそれ [続きを読む]
  • 変化
  •   変化 僕の中で何かが変わろうとしている きっかけが何であれ変化しないと僕は今のままではだめだ 現状維持すらできなくなってしまう まずは乱雑になった身の回りの整理から始めよう 落ち着かない空間にいては気持ちもバラバラになる まずは気持ちを落ち着かせてひとつずつ片付けていこう 整理は心の安定につながる わかっているならまずは行動 そうすれば先は見えてくる そのための手帳ではないかそのためのノート [続きを読む]
  • 何かが
  •    何かが 今の僕には何かが足りないそれがあらゆることに対する自信喪失に繋がっている なぜだろうこの落ち着きのなさはこの不安感は だから仕事に対して積極的になれない かつてはどんなことでも率先して手をあげていたのに どんなことでも考える前に第一歩を踏み出し作業にとりかかったのにどうしても考えることが先にきて立ち往生している 無意識のうちに引っ込み思案になってしまった僕 誰か背中を押して 一言声を [続きを読む]
  • 香りのポエム 雨
  •   香りのポエム 雨 10月に入って30度近い真夏のような日が数日続いたかと思ったら一転11月末になったような寒さが続いている しかも外は毎日冷たい雨 こんな季節今までにあったかなあ 不思議な季節感を感じている まるで梅雨と晩秋が同時にやってきたようだよ この今までに体験したことのない温度差といつまでもやまない秋雨で体調を崩されている方も多いと思う 何よりこの異常気象に立ち向かうだけの体力と規則 [続きを読む]
  • 多忙
  •   多忙 今月は年末調整のある12月に匹敵するくらい忙しい厚生年金、健康保険の基礎額が一人ずつ4月から6月の収入で算定しなおされ、料率も変わる。これによって社員の給与計算も変わる。これにより給与確定で週末の大半を使ってしまう。派遣申請もそろそろやらなければならない。毎月の見積、請求も忘れてはいけない。その合間に毎週のようにイベントが入ってくる。もちろん派遣先の仕事のスケジュールもタイトだ。とにか [続きを読む]
  • 好きになる人
  •   好きになる人 僕には個人的な事情があるから恋愛は簡単にはできないでも距離をおいて片想いするのは自由だ 好きになるのはフリーの人お付き合いしている人のいる人結婚している人とたとえどんな立場にある人でも好きになったら相手からノーと言われるまで止められない 悲しいかなひとことも告げずに終わったせつない片想いをこれまで何度もしてきた 運よくひととき?のお付き合いをした方もいるけれどほとんどが片想いそ [続きを読む]
  • 母の命日
  •   母の命日 今日は母の命日享年61才今の僕は母さんの亡くなった年齢に追いついたよ この歳でなくなったなんて病気とはいえいまだに信じられない 僕も確かに歳を重ねて疲れやすくなったりあちこちに不具合も出てきているけどなんとか元気に頑張っているよ それは母さんの生前からすれば頑張りが足りないと言われるかもしれないし今でも弱音をはいて母さんの言葉が欲しくなるときもあるけど一番心配をかけた左目も完治とま [続きを読む]
  • 重力波
  •   重力波 今年のノーベル物理学賞で注目を集めた重力波なんでも宇宙の終わりのときを予言できるそうな なんて壮大な歴史 始まりがあるものには必ず終わりがあることを証明しているではないか 僕たちも始まりがあったからいつかは終わりがやってくるはかない命 でも宇宙にも終わりがあるのだから自分の最後の日その時がいつか訪れることを真摯に受けとめよう それまで悔いなく生きよう 宇宙からみれば一瞬の出来事だけど [続きを読む]
  • 香りのポエム 夢
  •   香りのポエム 夢 夢は不思議だ現実には今はありえないこと遠い過去もろもろの非現実の出来事がそのときは何の疑問もなく体験する なぜ夢空間に馴染んでしまうのだろう これは夢だとわからないのだろう 夢はまどろみのとき 過去の記憶と頭の片隅に残っていた残像と想像や思いつきの不思議な融合 時には予知夢デジャヴとなることもある 眠りに入る瞬間もわからない なんとも不可思議な毎日を繰り返している そして夜 [続きを読む]
  • 音階生活
  •   音楽生活 邦楽も聴くけれどやっぱり僕の音楽生活には洋楽を欠かせない。 小学校高学年でビートルズに目覚め中学からはラジオからオールジャパンポップ20(文化放送)、ユアヒットパレード(ニッポン放送)、ビルボードチャート(FEN)とポップスを聴きまくり、これだというシングル盤を買ってきてすりきれるまで繰り返し聴いた。そこからは好きなアーティストに絞ってアルバムを買い、大学に入ってからは格安の中古盤をそ [続きを読む]
  • 似た者同士
  •   似た者同士 似た者同士が心引かれあうこともあるけれど 一緒にいたりお付き合いしたり結婚したりすると不思議と似てくるものだ 似た者夫婦は似た者同士が一緒になったからではない知らず知らずのうちに似てしまったのだ もちろん共通の趣味や話題があったほうがお付き合いに発展する可能性は高いけど… なかなかそんな人との出会いはないけどね [続きを読む]
  • 居場所
  •   居場所 僕の居場所はどこなんだろう?ここでいいの? 馴染みのとあるバーに行くとそう考えることがある バーはバーテンダーというアクターまたはアクトレスがいて空間を提供する場所 自分と合っているかどうかはお店の雰囲気とお店のスタッフ次第 僕はバーという空間が好きだから自分に合うお店を探してさまよう これまで見つけたいいお店は何軒もあるけれど中には閉店した店があったりオーナーは変わらないけどスタッ [続きを読む]
  • 未練
  •   未練 あの人に対する未練はもうもたないもうないと言ってもいいかもしれない だからあの人に気をつかって自分の交友関係や自分の行動を制約するのはこれっきりにしよう 義理立てることはないあの人はとうの昔に僕のもとから飛び立っていったのだから これ以上このままのスタンスを持ち続けるのは未練でしかないのだから… ようやく言えるGOOD BYE [続きを読む]
  • 持病
  •   持病 僕には目の病という持病がある 右目は高校3年の夏休みの前日に発病し 三ヶ月の入院、手術ののち著しい視力の低下があり、大学一年の冬、三度目の手術でほとんど光を失った。 片目での生活のためちょっと不自由はあったけどなんとか3年で単位をとり、1年はバイトで社会勉強、そして留年することなく卒業、就職と過ごしてこれたけど、まさか、左目までが発病するとは思わなかった。幸い右目の病気と症状は似ていた [続きを読む]
  • 本日の検査結果
  •   本日の検査結果 今日は目の定期精密検査の日 一昨年前に再発したときは週に2回ほど通院して検査を重ねてきたけれど、ようやく2ヶ月に1回まで間隔が伸びた。 眼底もふくめ全体的に安定してきている。今日の検査結果は変化なしでひと安心。あとは少しずつ視力がもとに戻るのを願うだけ。矯正で0,9が半分見えるまで回復した。運動も普通にやっていいといわれた。 このまま快方に向かって欲しい。 [続きを読む]
  • 手紙
  •   手紙 本来特定の方にメッセージを送りたいなら直接ご本人に向けてメールやメッセージという手段を使って意思を伝えるものだろうけど何しろ特定の人が誰かわからないようにこのブログを読んだある特定の人だけが気づくというやり方もひとつの方法ではないだろうか というわけで手紙というタイトルをつけてこのブログを書くことにする。 お元気ですか?お身体の体調はいかがですか?何事もなく元気に暮らしているよう心から [続きを読む]
  • ぶれない
  •   ぶれない 今僕にとって一番大切なことばはぶれないこと 仕事に対する信念仕事への取り組み方会社の信念会社の取り組み方人間関係人とのかかわり方接し方恋心生活大切にすべき人が誰なのか大切にすべきことは何なのか 未来を切り拓いていくために僕はぶれない 肝に命じて頑張る 弱音は吐かない前を向いて歩いていく それが僕の生き方 たとえ道が曲がりくねっていても僕はその道を外れることなく歩いていく 人生まだま [続きを読む]
  • 執着
  •   執着 僕は誰かに恋をしているわけではない相手に対して愛情を抱いてふるまっているだけ 恋は執着愛は与えさせていただけるだけのもの決して相手から見返りや想いを求めたりはしない でもこの感情の違いをわかってもらえるまでには時間がかかる どんなに愛情を抱いて接していてもうまく伝わらず好きになられているのではないかと勘違いされ距離をおかれることもなきにしもあらず 愛と恋は紙一重のふるまいそれでいてまっ [続きを読む]
  • 香りのポエム 離れて
  •   香りのポエム 離れて あなたがこの街を離れてしばらくしたらちょっとだけ気持ちが落ち着いてきた やはりもしかしたら逢えるかと毎日ドキドキしていつ届くのかあてのないメッセージを待つよりは 確実に逢えないとわかって連絡はないだろうと思っていられたほうが気が楽になる あてもなく待っているとため息ばかり 今は一時的であれあなたへの想いから解放されている しばらくの間落ち着いていられる それがいいことか [続きを読む]
  • 弱点
  •   弱点 僕の最大の弱点は食べ物の好き嫌いがあること。 きゅうりとお新香は口にできない(数年前まではトマトもだめだったけどサラダではなくグリルに使っているものから徐々に食べられるようになった) あとは和食や魚料理でも苦手なものがある。お寿司やお刺身や天ぷらは大好きだけど、焼き魚や煮魚(光り物は特にキツい)はどちらかといえば苦手。 もちろんイタリア料理やフランス料理などの洋食のコースはどんな食材で [続きを読む]
  • 香りのポエム 言葉にできない
  •   香りのポエム 言葉にできない 心にゆらぎがないと言葉が出てこない たとえ立場上許されない片想いでも好きな人がいるといないとでは大違い 立場はわかっているでも誰かを好きになるのはどうしてもやめられない 人を好きになることが僕がことばを書く原動力のひとつになっているのは間違いない 僕が誰かを好きになるのをやめたらきっとポエムを書けなくなる もちろんそんな目的で誰かを好きになっているのではないけれ [続きを読む]
  • 香りのポエム 距離感
  •   香りのポエム 距離感 僕の立場はわかっているあなたの立場もわかっているつもり この間柄でいかに誰にも不愉快な思いをさせることなく人間関係を築いていくか 簡単なことではないかもしれないけどよく考えると単純だ 適度な距離感を保ちつつ つきず離れず 時にはほんの一歩ずつでいいから前に進みほんの少しずつでいいから相手のことを知っていく そこにひとつでも共通の趣味や嗜好や共通点を見いだせたら会話は弾む [続きを読む]
  • 海外旅行
  •   海外旅行 前回の海外旅行からもう28年あまりになる 学生時代あんなに得意だった英語力は使う機会に恵まれず(これからは多少ありそうだけど)色褪せてしまった もう日常会話もあまり自信がない そんなわけで次回の旅行まではなんとか最低限の会話くらいはできないと… 前回の旅行はNYCだった まだ貿易センターのツインタワーもあった あれから時が経って行きたいところはたくさんたまってしまった まずはスコット [続きを読む]
  • 香りのポエム 愛の別れ道
  •   香りのポエム 愛の別れ道  でも一度気になった人を完全に忘れ去ることは至難の業 それはその人はとっても魅力があったからにほかならない だから恋は捨てても一定の距離を保ちながら心に秘めた想いを持ち続けるのだろうなあ… 秘めたる片想いの恋からあなたへのあふれる口には出さない愛への別れ道 [続きを読む]
  • 香りのポエム 恋を捨てよう
  •   香りのポエム 恋を捨てよう 僕にはいろんな現実があるから恋が実ることはまずありえないだったらいっそのこと恋を捨てよう まだ胸に秘めているだけなら相手にも気づかれず相手を傷つけることなく終れる もうあの人のことなど忘れたいよ だってこんなに想いを寄せてもかなわないとわかっている片想いだから… [続きを読む]