yzal-jule さん プロフィール

  •  
yzal-juleさん: 兵どもが、夢のあと・・・
ハンドル名yzal-jule さん
ブログタイトル兵どもが、夢のあと・・・
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/th0828jp
サイト紹介文素人ながらの私見を交えて史跡(特に城・城跡)を訪問しています。
自由文そのほか、野球で監督兼選手として革命を起こしたいと思っています
そして、その疲れを癒すがごとく、南国の水中を彷徨う・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2009/02/22 10:37

yzal-jule さんのブログ記事

  • 330.黒羽城跡 〜 外様ながら関東では珍しく幕末まで大関氏居城
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。3日目12日は上山温泉から戻りながらの攻略、米沢から会津に抜け、猪苗代湖西岸を下り白河を抜け、国道279号を那珂川沿いに南下し下野入り、最後は黒羽城跡で締め。下野は栃木県大田原市にあった山城。別名・九鶴城。大関氏の居城で大関高増が白旗城からここに1576年(天正4年)にから本拠を遷した。1590年(天 [続きを読む]
  • 14.白河の関 〜 東山道の要衝に設けられた奥州三関の一つ
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。3日目12日は上山温泉から戻りながらの攻略、米沢から喜多方を抜けて会津へ。会津から国道294号で猪苗代湖西岸を下り、白河へ抜け、白河の関。福島県白河市旗宿にあった東山道の要衝に設けられた奥州三関の一つ。その設置の年代は不明であるが、700年代かと。しかし、軍事的脅威も低いことから平安中期には廃 [続きを読む]
  • 270.神指城跡(2) 〜 縄張は米沢城と酷似
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。3日目12日は上山温泉から戻りながらの攻略、米沢から喜多方を抜けて会津へ、神指城跡。岩代は福島県会津若松市にあったまぼろしの平城。長谷堂に出陣した会津兵は米沢を経由し、おそらくこのルートで会津に戻ったものかと。前回2年前の夏はほぼ日暮れの状態での攻略。ほぼ田んぼの中だがせっかくなので再確 [続きを読む]
  • 328.上山城跡 〜 羽州の名城として聳える
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。2日目11日は蔵王温泉から山形市内を攻略、最後は宿泊地上山温泉の上山城跡。羽前は山形県上山市にあった平山城、別名・月岡城。南北朝時代、天童頼直の子・上山満長が上山に配されたことに始まり、永正5年(1508年)に伊達氏がこの城を攻め落とし、上山義房はこの地を追われる。しかし、天文4年(1535年)上山義 [続きを読む]
  • 327.左沢楯山城跡 〜 最上川湾曲地点を見下ろせる要害
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。2日目11日は蔵王温泉から山形市内を攻略、今回の西端5番目は左沢楯山城跡。羽前は山形県西村山郡大江町にあった山城。ちなみに左沢で『あてらざわ』と読むそうで。現在地名は残っていないが右沢もあり、『かてらざわ』と。寒河江から見て左あてらと右かてらから来ているそうで。ここも寒河江同様、大江氏の [続きを読む]
  • 326.寒河江城跡 〜 大江広元子孫の寒河江氏居城
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。2日目11日は蔵王温泉から山形市内を攻略、天童から西へ4番目は寒河江城跡。羽前は山形県寒河江市にあった平城。城として整備したのは大江広元の子孫で寒河江氏を名乗った寒河江時氏とされる。築城年代は南北朝時代末期から室町時代初期にかけてであり、当初は方形単郭の平城であった。戦国期、永禄3年(1560 [続きを読む]
  • 325.天童城跡 〜 最上八楯筆頭の天童氏居城
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。2日目11日は蔵王温泉から山形市内を攻略、北上し3番目は天童城跡。羽前は山形県天童市天童にあった山城、別名・舞鶴城、天童古城。標高231.8mの舞鶴山に築かれる。南北朝時代、北畠天童丸が居を構えたとされるが、文中年間に最上氏の圧力により天童城を去った。最上直家の子・天童頼直がここ天童城に移り、 [続きを読む]
  • 324.山形城跡(2) 〜 最上期をピークに2度の天領を経て減封
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。2日目11日は蔵王温泉から山形市内を攻略、長谷堂城に続く2番目は山形城跡。羽前は山形県山形市霞城町にあった平城、別名・霞城、霞ヶ城、吉字城。別名・霞城(かじょう)の由来、関ヶ原の戦いに際し、直江兼続率いる上杉軍が山形に侵攻し、長谷堂合戦が起こった時、富神山の麓の菅沢に本陣を構えた上杉勢から [続きを読む]
  • 324.山形城跡(1) 〜 最上義光の本拠
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。2日目11日は蔵王温泉から山形市内を攻略、長谷堂城に続く2番目は山形城跡。羽前は山形県山形市霞城町にあった平城、別名・霞城、霞ヶ城、吉字城。現在の城郭基礎は最上義光の時代、鳥居忠政の時代に現在の形に整えられた。1356年に斯波兼頼が羽州探題として山形に入部し、翌年に初期の山形城が築城される。 [続きを読む]
  • 23.慶長出羽合戦 〜 裏関ケ原で最上領に侵攻した直江兼続本陣
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。2日目11日は蔵王温泉から山形市内を攻略、最初の攻略長谷堂城から程近くに兼続本陣跡が。ということで慶弔出羽合戦跡として本陣へ。福島県会津地方及び山形県庄内地方と置賜地方合わせて150万石の上杉は徳川家康の東征を受けるも石田三成挙兵により撤兵、南の脅威がなくなった上杉は東軍の最上(約24万石)に [続きを読む]
  • 323.長谷堂城跡 〜 慶長出羽合戦の舞台
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。2日目11日は蔵王温泉から山形市内を攻略、最初の攻略城は長谷堂城跡に。羽前は山形県山形市長谷堂にあった山城、別名・亀ヶ城。最上山形城の重要な支城の1つでわずかに8卍?竜?ァ1514年(永正11年)、伊達稙宗がここを落としたとの記録が残るが、やはり有名にしたのが裏関ケ原と言われる慶長出羽合戦。福島県 [続きを読む]
  • 322.新庄城跡 〜 江戸期、新庄藩戸沢氏の本拠
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。10日に日付が変わってすぐの1時に出発し、途中で仮眠を取りながらで10時前には宮城入りしていたので岩出山を最初にし、国道226号で山越えし羽前入り、そこから北上し二つ目に新庄城跡を。羽前は山形県新庄市堀端町にあった平城、別名・沼田城、鵜沼城。築城は新しく、江戸期に入ってから。新庄藩6万石の本拠 [続きを読む]
  • 321.岩出山城跡 〜 伊達政宗、仙台入城前の本拠
  • 2017年夏の陣は8月10日から12日にかけて羽前攻略。メインターゲットは山形、長谷堂、米沢、上山でそれ以外は気の向くまま。10日に日付が変わってすぐの1時に出発し、途中で仮眠を取りながらで10時前には宮城入りしていたので、予定より足を延ばし、最初の攻略城は岩出山城跡に。陸前は宮城県大崎市にあった山城、別名・臥牛城、岩手沢城、岩出山要害。そもそもの築城は応永年間、奥州探題であった大崎氏の家臣・氏家氏築城、岩手沢 [続きを読む]
  • 37.外房線特急『新宿わかしお』 〜 安房鴨川-新宿
  • 2017年7月17日海の日夏の陣は房総一周。平日はすべて東京発着の『さざなみ』、『わかしお』だが、土日祝日のみ新宿発着の運行が。戻りは新宿発着の外房線特急『新宿わかしお』。『わかしお』はE257系500番台と255系の運行だが、『新宿わかしお』は255系で1往復。今回の列車。内房線は安房鴨川までだが、館山-安房鴨川は各停のみの運行で優等列車がない。館山駅前は少々物足りない、ということでまずは安房鴨川へ。『わかしお9号 [続きを読む]
  • 320.館山城跡 〜 房総半島南端の要害
  • 2017年7月17日海の日夏の陣は房総一周。唯一の攻略城は館山城跡。安房は千葉県館山市館山にあった山城、別名・根小屋城。駅から麓の公園駐車場まで歩いて約30分、登城自体は10分弱か。安房は里見氏の居城として早い時期から存在したものと思っていたが、築城は意外に遅く、1580年に里見義頼によっての築城。その後、1614年(慶長19年)の里見氏改易に伴い、館山藩は取り潰し、この際に館山城も廃城となり、破却された。後の1781年(天 [続きを読む]
  • 36.内房線特急『新宿さざなみ』 〜 新宿-館山
  • 2017年7月17日海の日夏の陣は房総一周。平日はすべて東京発着の『さざなみ』、『わかしお』だが、土日祝日のみ新宿発着の運行が。新宿発着の内房線特急は『新宿さざなみ』。2往復の運行でE257系500番台と255系。ちなみに外房線経由の復路は『新宿わかしお』。今回の列車。3号はE257系500番台でグリーン車非連結。一般の指定席、ほどほどの乗車。お茶の水で中央線と総武本線が分かれる。江戸川を渡河。実は総武本線の秋葉原から先は [続きを読む]
  • 14.しまなみ海道 〜 西瀬戸自動車道
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、土佐から宇和島に抜け伊予入り。忘れていたのは4/30のしまなみ海道。正式名称は西瀬戸自動車道で、10本の橋梁、新尾道大橋、因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋、伯方・大島大橋(伯方橋、大島大橋)、来島海峡大橋(来島海峡第一大橋・来島海峡第二大橋・来島海峡第三大橋)関東でもベイブ [続きを読む]
  • 32.小田急電鉄(2) 赤い1000形
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、阿波から土佐を抜けて伊予。5月1日は帰るのみ、『しおかぜ』での遅れで小田原到着が1時間遅れ。小田急は白かステンレスの銀に青帯が一般的。小田原で発見、『赤い1000形』。基本は小田原-箱根湯本間の運行に用いられるが、本厚木までは運用あり。まれにダイヤが乱れると相模川を越える。そう [続きを読む]
  • 8.予讃線特急 『しおかぜ』、『いしづち』、『宇和海』(3) 松山-岡山
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、阿波から土佐を抜けて伊予。5月1日は帰るのみ、松山から岡山へは『しおかぜ』。現在の『しおかぜ』は電化区間のみの運行、岡山-松山に。この先の非電化区間は『宇和海』と完全に分離している。この日の車両。松山駅。なぜか今治の『ばりぃさん』。高松-松山の『いしづち』で先行的に運行され [続きを読む]
  • 35.伊予鉄道
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、阿波から土佐を抜けて伊予。宿泊地伊予は愛媛の道後温泉にも通じている『伊予鉄道』。いわゆる鉄道線と市内の路面電車を持つ。ちなみに前回2013年11月に来た際もネタは仕込んでいたが、乗車していなかったためここでは非公開だったことを思い出す。。ちなみに今回も残念ながら乗車せず [続きを読む]
  • 193.伊予松山城(4) 〜 夜のライトアップ
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、土佐から宇和島に抜け伊予入り。4/30最後の夜にライトアップの伊予松山城跡。何枚か撮ったが、そこは望遠で綱領不足。一番で気がよかったのがこれ。(21:21)前回取り忘れたライトアップの『松山城』もリベンジ。二日目の道後温泉を楽しむ。新たな城は夏の陣か、現在計画がないので決定し次第 [続きを読む]
  • 319.川之江城跡 〜 四国、伊予・讃岐・土佐・阿波を結ぶ要衝
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、土佐から宇和島に抜け伊予入り。4/30に新たな城としては最後の川之江城跡。伊予は愛媛県四国中央市川之江町にあった山城、別名・仏殿城。築城の歴史は古く、南北朝時代に南朝方の武将であった河野氏の砦のひとつとして、土肥義昌が1337年に築城。戦国時代には城主が妻鳥友春になっていたが、 [続きを読む]
  • 34.予土線『しまんトロッコ』(2) 土佐大正〜宇和島
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、阿波から土佐を抜けて伊予。4/29は宿泊地鳴門から徳島駅に戻り、去り際に徳島城にちょこっと立ち寄り、一日がかりの鉄旅、徳島から阿波池田へ『剣山』で、阿波池田から窪川まで『南風』、窪川から宇和島まで予土線『しまんトロッコ』。今回のメインで四万十川の中流沿いに走る。最初の停車駅 [続きを読む]