コタツ さん プロフィール

  •  
コタツさん: コタツ評論
ハンドル名コタツ さん
ブログタイトルコタツ評論
ブログURLhttp://moon.ap.teacup.com/chijin/
サイト紹介文DVD映画とブックオフ本とその他について心覚え
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/02/25 01:07

コタツ さんのブログ記事

  • 謹賀新年2018
  • 友人が大晦日に斜陽の川口オートレースに行ったら、ものすごい数の人だったそうです。「景気が良いのか! 大馬鹿が多いのか!」と天を仰いだといいます。明けましておめでとうございます、といいますが、これから毎年、無事に明けてくれてよかったな、と思う日本が続きそうです。ペトラ・マゴーニと読むのでしょうか。さすが、おフランスには多様なアーティストがいるようです。Petra Magoni & Ferruccio Spinetti - I Will Surviv [続きを読む]
  • 今夜はブリア・スカンバーグ
  • 以前にも紹介したペッターですが、歌もチャーミングです。まだ日本語の紹介が少ないですが、探して読むと「カナダ出身の美人ジャズトランぺッター&シンガー」とあります。英語のウィキペディアでは、「美人」という「冠」は見当たりません。すると、ハンナ・アーレントは「美人」哲学者、シモーヌ・ヴェイユも「美人」革命家になるのかな。樋口一葉はさずがに、「女流」小説家というが、解説では必ずのように「美人」であったこと [続きを読む]
  • 元気を出して
  • あるテナントビルのトイレに、小用のために入った。ふと小便器を見下ろすと、シールに何か小さな字が書いてある。目を凝らすと、「ふがいないときに人が流れることがあります」と読める。「ふがいない」にはじゅうぶんに心当たりがあるので、いきなり小便の滴くにされて流されてしまうのかと動揺したが、何のことはない、老眼のせいであった。たしかめれば、「人がいないときに水が流れることがあります」と書いてあるではないか。 [続きを読む]
  • 吹き上がれカーク船長
  • あれ? ラサーン・ローランド・カークさんはやっていなかったっけ。こんな大物を忘れていたなんて。ラサーン(Rahsaan)は二つ名や渾名ではなく、夢の中で「神の啓示を受けて」、名乗るようになったので意味はないようだ。埋め込みできませんが、3分過ぎにメロディラインがわかります。あの有名な曲です。Down Beat 1975 poll-winners' show: 'Pedal Up'https://youtu.be/S0JJmwq7KXQこの人の風貌をもし一言でいうならば、「座頭 [続きを読む]
  • 俳句能
  • 梅沢富美男の負け惜しみに夏井いつき先生「つまらない犬の遠吠え」 https://www.msn.com/ja-jp/news/enter
    tainment/%E6%A2%85%E6%B2%A2%E5%AF%8C%E7%BE%8E%E7%94%B7%E3%81%AE%E8%B2%A0%E3%81%91%E6%83%9C%E3%81%97%E3%81%BF%E3%81%AB%E5%A4%8F%E4%
    BA%95%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8D%E5%85%88%E7%94%9F%E3%80%8C%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E7%8A%AC%E3%81%AE%E9%81%A
    0%E5%90%A0%E3%81%88%E3%80%8D/ar-BBGl5M2?l [続きを読む]
  • 東北は誰のもの
  • 韓国のメディアと歴史学会が中国の「東北工程問題」で紛糾することがある。新羅や高句麗、百済などの時代、中国東北部(旧満州)全域は朝鮮族が支配していた、いわば旧領土であるという韓国側の主張に対し、否、高句麗などが中国の地方政権に過ぎなかったというのが中国側の見解である。例によって、韓国の歴史観によくみられる事大主義と思ってきたが、どうも歴史的な論争にとどまらない、中朝の政治的な駆け引きがあるようで、以 [続きを読む]
  • 変な名前
  • 竹原ピストルというのだそうだ。ピストル竹原ならヤクザの渾名みたいに物騒だが、竹原ピストルというと小劇団の役者や漫才師がいそうだ。腰が低い男である。よーそこの若いのアメージング グレース 竹原ピストル竹原ピストルがあまりにむさ苦しいので紅一点を。この人の苗字と名前とも変とはいえないが、地味なんだか、華を入れているからいいのか、芸能人の名前としてはバランスがわるいと思うのだが。多部未華子 悲しくてやりき [続きを読む]
  • ダンス・ダンス・タンス・サイザンス
  • バイミー・ビスタ・シェン(Bei mir bist do schoen)という古い歌を紹介したとき、この名曲で踊る kevin and Carla に魅了されました。滑らかなステップのケビンと可憐なカーラは名コンビのようで、ダンス競技やデモンストレーションの動画がいくつか上がっていました。最近のものはなく、10年以上前のものばかりでしたが、ふたりは相変わらず楽しく元気に踊っているのでしょうか。(止め) [続きを読む]
  • Shame on you.
  • 昨夜、慰安婦像の設置を決議したサンフランシスコ市議会のカンポス委員の”Shame on you.”を発言を紹介しました。それから、T.Katsumi氏によって、カンポス発言の全文書き起こしが出ました(感謝)。以下、英文対訳です。これねぇ…。本来は中立で日本政府や大阪の立場にも理解を示していたサンフランシスコ市が、以後完全に日本の一部活動家を毛嫌いするようになり、慰安婦像の設立が決定的になった瞬間。それほど彼らは無礼で支 [続きを読む]
  • 今週の小日本
  • サンフランシスコの市議が慰安婦像設置をめぐって、日本人の反対運動家を叱っています。ほら、大阪市長が姉妹都市提携を解消すると公言した件ですよ。これねぇ…。本来は中立で日本政府や大阪の立場にも理解を示していたサンフランシスコ市が、以後完全に日本の一部活動家を毛嫌いするようになり、慰安婦像の設立が決定的になった瞬間。それほど彼らは無礼で支離滅裂で見るに耐えなかった。議論以前の問題。結果がこれですよ。 pic [続きを読む]
  • 飛光よ飛光よ!
  • 宇宙空間から謎の発行体が飛来するし、昨夜は新千歳空港の航空管制システムが故障するし、秋田に北朝鮮の漁船が漂着して今朝はかき消えるし、飛蚊症は出るし、ああ、飛光よ飛光よ!爾(なんじ)に勸めん、一杯の酒吾は識らず、青天の高く黄地(きじ)の厚きを唯だ見る、月は寒く日は暖く来て人の寿を煎(い)るを熊を食らえば則ち肥え蛙を食らえば則ち痩す神君(しんくん)、何にか在る太一(たいいつ)、安んぞ有らん天東に、若木有り下に燭 [続きを読む]
  • 日本はオワコン?
  • 週刊新潮の連載グラビア「水村山郭不動産」に関して、以下の4つの記事を上げています。少子高齢化と産業の衰退化によって、ますます東京へ一極集中した「失われた20年」のおかげで、田畑を前にした豪農屋敷や山林付きの別荘が2000万円以下で売り出されているわけです。誰かいっしょに住まないか?http://moon.ap.teacup.com/chijin/1203.html誰も住まないhttp://moon.ap.teacup.com/chijin/1212.html水村山郭不動産の番外に [続きを読む]
  • 因果の影丸
  • 明日の世間話に役立つ今日の話題です。ボストン・ダイナミック社2足歩行ロボットが狂気じみていると話題に ロボット兵士登場まであとわずかとつい笑ってしまう恐怖。進次郎が訴えてもメディアはスルー…「新聞軽減税率」はなぜタブーか 池上彰氏も凍り付いた…?http://news.livedoor.com/article/detail/13903573/新聞だけが飲食料品並みに、8%の軽減税率を適用されるべき生活必需品とはだれも思っていないはず。進次郎がんば [続きを読む]
  • ささ、お手を拝借
  • 帰宅して、猫のウンコ取って、明日の燃えるゴミを出して、飯食って、PCの前に座ったら、いまは亡きN先輩の写真立てが倒れていた。焼酎のウーロン茶割りに口をつけてこちらをみている、つぶらな瞳のオヤジ。私が18歳、この人が24歳だったときに出会ったはずだが、すでに40過ぎにしか思えない不細工なオヤジ面であった。わるかったね、あんたのことはすっかり忘れていたよ。今夜は、あんたが好きだったというAC/DCをか [続きを読む]
  • 子どもは寝なさい
  • オランダの美声ですが、のっけから ”pussy wet”という歌ですからね。日本でこの手のエンタメなら、オカマバーのショータイムでしょうか。グランドキャバレー子どもには内緒にしとかないと、バカにされますからね。いやこれは恐れ入った。すごい。RT @TimelineNews_tv: これがビールの広告とは思えませんね。#Timeline #News #Heineken pic.twitter.com/BzAsGsAgfR— tanaka hideki (@md_tanaka) 2017年11月3日(止め) [続きを読む]
  • しわとしわを合わせてしあわせ
  • 金平茂紀や望月衣塑子は本人へ問い合わせや取材もせずに、コメントを吐き、記事を書いたのか? 山口が書いたことが事実なら、がっかりだ。両論併記とか、公平とか、そういうことではなく、電車に乗る前には切符を買うような、ごく当たり前の手続きだからまさかとは思うが。もちろん、TVのコメンテーターが自ら問い合わせや取材をしないことは知っているが、山口父が言うように金平茂紀と山口敬之はTBSの元同僚なのだから、接 [続きを読む]
  • 今日の読み物
  • 日本人のご多聞に洩れず、「ウリナラマンセー」のテキストは嫌いではない。いや、天乃屋の揚げせんくらいに好物だ。「小日本」のニュースばかり目にする日々、ちょっと安堵した記事をふたつと刮目すべきブログをご紹介。理論物理学者から転身、下請け社長が常識破りの発電機 川に沈めるだけ、「ヒマラヤの山村に電気届けたい」http://news.livedoor.com/article/detail/13791234/社員とパートが同一賃金、給与明細は社内ウェブで [続きを読む]
  • こんにゃはせいこうい
  • おらがせいがくのころがっかんほうめんでほんのちびっとはやったもんで。スローバラード RCサクセション 生活向上委員会清志郎がとても細い形のよい鼻をしているのに気がついた。もしかして、美形だった?梅津和時・片山広明あまりでかい音なので昔の自動車のクラクションかと思った。林栄一・片山広明 North East北東ではなくトーホグと読む。(止め) [続きを読む]
  • 更新記録樹立!
  • この夏は忙しくて疲れてあまり更新できなかった。たいてい9時過ぎには寝ていたから、ネットウォッチも2日、3日おきになった。しばらく、ブログは放置するかと思ったりもした。その反動なのか、10月はやたらと更新しておる。このままいくと、更新新記録を樹立しそうだ(全投稿に拍手を入れてくれる、あなたのおかげでもあります。ありがとう)。「男が痴漢になる理由」なぜ女性も知っておくべきなのか。満員電車でくり返される [続きを読む]
  • あなたはどうよ
  • こんな寒い雨の日は、コタツでぬくぬくですね。猫がたくさんいるから、実際はあれこれ命令されて、立ったり座ったり忙しいのだが。波と北海油田とカズオ・イシグロを結ぶ物語 http://www.johoyatai.com/1408イギリスでも、「そんな変な名前のイギリス人がいるものか」、「どうせ日本人だろう」という声があるそうです。石黒一雄さんがなぜ、日本国籍ではなく英国籍を選ばざるを得なかったのか。その背景がわかる気がします。1960年 [続きを読む]
  • 男の顔は履歴書
  • 多くの名作や傑作を手掛けた名プロデューサーですが、名前も顔も知りませんでした。ハーベイ・ワインスタイン事件:ここまでの経緯をおさらいしてみるhttps://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20171017-00077006/このほかにも、ネットを検索してみると、グィネス・パルトロウにセクハラしたのを怒ったブラッド・ピットがワインスタインを脅して、「二度と彼女に触れるな」といった映画そこのけの「勇者」振りを発揮してい [続きを読む]
  • 記者会見
  • 関東は雨の日が続いています。今日は12月中旬の気温だそうです。「命より大事な仕事など、この世にない」両親会見http://www.asahi.com/articles/ASKBF5TYZKBFULFA033.html電通社員やNHK記者の過労死事件について、正直、あまり関心はなかった。どちらも業界最大手にして高給で知られるエリート企業で、「個人事業主」的な激務を社員に課す仕事があることを知っていたし、とくにそれを異常とは思わず、当たり前くらいに思って [続きを読む]
  • 今夜は、オチ・チョールニェ
  • 「黒い瞳」というタイトルでも有名です。近年では、イグレ・フリオシアスの「黒い瞳のナタリー」というヒット曲がありました。ジプシー娘の黒い瞳に恋い焦がれる破滅的な恋の歌です。シャリアピン・ステーキで知られるシャリアピンが1927年(昭和2)にレコーディングして世界的な大ヒットとなった代表的なロシア民謡です。世界中の多くの歌手や演奏家がカバーしていますが、まずはジャズアレンジから。SOPHIE MILMAN Otchi Tchorn [続きを読む]
  • 適当ファースト
  • たいていの「日本人論」には根拠がない。根拠がない話を得々としたり、聞かせたりするのは傍迷惑な話だが、たいていは受け売りであり、ただ共感を求めるだけの害のないものが多い。ただし、なかには良からぬ目的のためにする場合もある。『日本人は集団主義的』という通説は誤りhttp://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_200930_j.html「日本人は集団主義的」はアメリカのプパガンダに与るところが大であったのだが、論文中で「バ [続きを読む]