saizome さん プロフィール

  •  
saizomeさん: みんな明るくボチボチと
ハンドル名saizome さん
ブログタイトルみんな明るくボチボチと
ブログURLhttp://www.saizome.jp/cat-blog/blog/
サイト紹介文山形県酒田市の染物屋斎染(さいぞめ)こと斎藤染工場のブログです。 オリジナル手拭い販売してます。
自由文斎染(さいぞめ)ブランド商品=オリジナル商品の紹介やそめやの日常、プライベートなことまで紹介してます。「みんな明るくボチボチと」をモットーにみなさんと楽しめたらうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/02/25 23:16

saizome さんのブログ記事

  • お客様より〜鍵盤とほぼ同じサイズです〜
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 Minne(ミンネ)でピアノ柄手ぬぐいを 購入頂いたお客様より写真を送って頂きました。ご本人の了承を頂いたのでコメントも一緒に紹介しますね。 「可愛さに思わず一目ぼれしました。ピアノの西洋の艶が見事に東洋の美しさになっています。無駄なデザインがなく、ピアノに置くと鍵盤とのサイズがほぼ同じです。素敵な手ぬぐいをありがとうございました。」 [続きを読む]
  • 春祭りの時期でして・・・、お待たせして大変申し訳ございません。
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 簡単に言うと「もっけだんどもや〜」「いま、春祭りの時期ださげ、納期は5月末〜6月上旬ぐらいさなんども、いが〜?「ほんと、ごめんの〜」 ということです。 日頃より斎藤染工場をご愛顧頂き誠にありがとうございます。下の画像は「春の民族芸能カレンダー」 酒田市広報からのお知らせです。毎年4月中旬から5月下旬にかけて、山形庄内地方では、たくさん [続きを読む]
  • 何となく〜 雑感「お客様と寄りそう気持ち」
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 久しぶりのボクが好きな二次ネタ投稿です。やはり情報発信は大切だと思います。 「老舗の経営戦略」とありますが、斎染は創業90年以上、100年未満の染工場なのでまだ老舗ではありません。100年経って4代目に継承できたら老舗の称号を頂きたいと思います。そして、家内工業なので立派な経営戦略を持っている訳ではもありません。 斎染ブランドを世に送り出 [続きを読む]
  • カジュアルズボンにいける!?獅子舞衣装ズボン
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 春のお祭りシーズン真っ最中ということで、獅子舞衣装ズボンを染めました。 ↑ こちら前 ↓ こちら後 普通、獅子舞衣装の下衣はモンペ仕立てが多いのですが、 この度はズボン仕立てとなりました。 丈は約1mです。身長170cmでもいけるサイズです。 ウエストはゴムを入れての縫製です。 獅子舞衣装なんですがカジュアルに見えますね(^^♪また今度何か [続きを読む]
  • 忘れられない杏仁豆腐
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 次男坊の引越しで仙台まで。少しのトラブルはありましたが・・・こちらに落ち度がないと思って短絡的に考えることはせず、色々なパターンを考えること、相手への配慮はこちらにも必要だと思いました。良い経験であり勉強のひとつ、何事にも通じることであると考えます。電話で語気を強めてしまい業者さんには申し訳ないと思っております。 『中華飯店 靉龍 [続きを読む]
  • 忘れられない杏仁豆腐
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、 手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 次男坊の引越しで仙台まで。 少しのトラブルはありましたが・・・ こちらに落ち度がないと思って短絡的に考えることはせず、 色々なパターン... 続きを読む ? [続きを読む]
  • YBC山形放送ピヨ卵ワイドに生出演しました!
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 3月23日放送、YBC山形放送「ピヨ卵ワイド」の生中継コーナーに出演しました。「手仕事のぬくもり」というタイトルで紹介頂きとても嬉しく思います。 ナビゲートは山下アナウンサーさんです。お世話になりました。 普段、どのように染めているのか? ミチコさんも一緒に出演しお見せしました。 最後に印染(しるしぞめ)に対する思いを申し上げさせて頂 [続きを読む]
  • 冷たい肉そば 〜河北町 といや さん〜
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 今までと同じように、家族で一緒に食事をしただけなんですけどね。なんか寂しさを感じました。だんだん貴重な思い出として、時を重ねているという感じです。 仙台に用事があったその道中、河北町の「といや」さんへ。2度目の訪問ですが、冷たい肉そばをどうしても頂きたくて(^^♪冷たい肉そばとカツ丼セットです。画面きれているけどミニカツ丼が見えるで [続きを読む]
  • 何となく〜雑感「働きの質」
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 3月11日 あれから7年です。まだまだ不自由な思いをなさっているご様子を、新聞、テレビ等で拝見します。亡くなられた方々への鎮魂と被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。 受験生の息子が大学を選ぶ際に、「大学のこの学部に行けば、こんな職種に就いている」ということを参考にしておりました。(合格もしていないのにねぇ〜汗) 3月1日には企業の合 [続きを読む]
  • 歌手の「あさみちゆき」さん Fan`s袢天
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 歌手の 「あさみちゆき」 さんを応援している酒田市在住のTさんよりとても嬉しいご報告を頂きました。 八巻歌謡セミナー新春歌の祭典彼女の応援袢天を着て参加なさっている様子の写真を頂きました。歌手の「あさみちゆき」さんとTさん&ファンの皆さんです。 こちらが斎染で製作した「あさみちゆきさん」応援袢天です。白抜きになっているギターのところ [続きを読む]
  • 貝らあ麺 〜麺や土門さん〜
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 3月1日にリニューアルオープンした麺や土門さんへ。本日「貝らあ麺」を頂いてきました。 しょう油味です。見た瞬間に「きれい!」と思いました。レンゲの持ち手が「赤」なのも嬉しいです。 こちらはしお味です。こちらも美しいです。もちろんですが醤油、塩共に美味しく頂きました。時折、「レモン」の味がします。貝らあ麺を邪魔しない絶妙なタイミングで [続きを読む]
  • フェニックス手ぬぐい「染めing」
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 先週、フェニックス手ぬぐい でお世話になっております楯の川酒造さんのTさんが商談の為にいらっしゃました。 PHOENIX Limited Edition〜伝統文化と音楽を通じて、日本酒をわかりやすく伝える〜プロジェクトのオリジネーターさんです。 タイムリーなことに「フェニックス手ぬぐい」を染めing中でしてせっかくなので現場をご覧頂き、染め体験もして頂いた [続きを読む]
  • ことりっぷ山形
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 週末に行く小さな贅沢、自分だけの旅。ことりっぷことりっぷ山形に掲載頂きました。 ご覧になりたい方、ウチにあるのでお越し下さいの〜(*^^)v ピアノ柄手ぬぐい を紹介頂きました。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 何となく〜雑感「感無量」
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 2年でしたが、無事? 皆様のお陰で任務を終えることができました。 新会長へのバトンタッチです。 この写真いいな〜 正副会長が揃っての写真は初めてかも。 このメンバーでやってこれたことを誇りに思います。 そしてボクを温かく包み込んでくれた全染研(ぜんせんけん) ありがとうございました!これからもよろしくお願いします。 あー感無量。 で [続きを読む]
  • 三代目「のれん」
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 酒田市日吉町1丁目2−20相馬樓 今日、のれんの商談でおじゃまして来ました。 これから新調する玄関のれんは今回で3代目になります。 ちなみにお会いした女将は3代目で 私も3代目です。 「あら偶然!トリプルスリー、あははー」という話し・・・ではなく、 平成12年の開樓以来、ずっとお世話になっており と〜っても有難いというお話しです。 にほんブ [続きを読む]
  • ドライブイン味噌らーめん
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 「ドライブイン味噌らーめん」ネーミングにノスタルジーを感じます。バターおかわりしたくなりましたw 子供の頃連れて行ってもらったドライブイン。ドライブで立ち寄るのがとても楽しみでテンションが上がる特別なところ。 また美味しいモノをたくさん食べられるところ。「アメリカンドッグ」や「ソフトクリーム」「いか焼き」「うどん・そば」「おでん」 [続きを読む]
  • 何となく〜備忘録 「南洲翁遺訓」を学ぶ その4
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 NHKテレビ「100分 de 名著」もう先週のことですが(^_^;)「 南洲翁遺訓 」の最終回でした。 今まで様々な方と出会ってきましたが、まさにこの言葉に尽きます。そしてたくさんの感動を頂いてきました。 自分の立ち位置と役割(使命)をその都度考え、お客様にとって価値あるモノとしてお客様に喜んで頂く為に、染め続けます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 何となく〜雑感 「▽▲▽にしか味わえないこと」
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 先々週の土日は東京で「全染研役員会」 先週の土日は沖縄まで飛び、九州染色業連合会総会に出席。 どちらも無事終えることができましたが、酒田に戻ると「どっと」疲れが・・・ でも、こうして頂いた写真を見ると、皆さんの笑顔を見るととても元気になれます。改めて充実した週末だったと思います。 頂いた役職の業務を遂行している訳ですが、とても勉強 [続きを読む]
  • 何となく〜備忘録 「南洲翁遺訓」を学ぶ その3
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 NHKテレビ「100分 de 名著」「 南洲翁遺訓 」の3回目でした。 1 自分の価値が通用しない人は悪という考え、「自分=正義」「自分=普遍」という考えは危ない! 最もなことだと思うし、気をつけなければならないこと。自分の尺度で物事を判断しないように、一生勉強だ!でも、最近・・・時代の流れ、スピードについて行けない。・・・おーっと危ない、 [続きを読む]
  • 何となく〜備忘録 「南洲翁遺訓」を学ぶ その2
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 NHKテレビ「100分 de 名著」「 南洲翁遺訓 」の2回目でした。 混迷の時代、自分の立ち位置、何をすべきか?いつの時代も不安というものはあったと思います。その不安を解消する具体的な術はなく拠り所とすることは「抽象的」なことが多いということでした。 ひとつの解決策として、教養を身につけることで自分なりの型を作りだす。その手段として「古典 [続きを読む]
  • 何となく〜備忘録 「南洲翁遺訓」を学ぶ その1
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 先日、NHKテレビで「100分 de 名著」を放送してました。「 南洲翁遺訓 」の1回目でした。 「南洲翁遺訓」といえば西郷隆盛さん。その南洲翁遺訓を編集、発行したのは庄内藩藩主酒井匡篤やその家老 菅実秀などです。なんで薩摩藩の西郷さんと遠く離れた庄内藩が関係あるの〜?と思いますよね。詳しいことは割愛致します・・・あはは(^_^;)でも、こういっ [続きを読む]
  • ふぁ〜いとっ!受験生
  • 目標とすものを得ることが価値では無く、得た価値を今後、人の為に役に立てることが大切であると思います。だから進学して安心するのではなく、そこから更なる高みを目指して欲しいと思います。 嬉しいエール、温もりも頂きました。まずは今週末の戦いの健闘を祈る!! 「勝つか負けるかそれはわからないそれでもとにかく闘いの出場通知を抱きしめて あいつは海になりました〜 」 マッキーの歌声は心に染みるぜ〜 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 何となく〜備忘録 「ドッグイヤー」
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 仕事はじめはすでに行っておりますが、本格的始動は今日だったので、ひとこと思うこと申し上げます。 山形新聞で学びました。戌年だから「ドッグイヤー」犬の寿命が人間の約7分の1程度なのに照らして1年が人の年数分に相当することから、変化が激しく早い状況を意味する。技術革新のスピードが著しいIT業界の用語で干支とは無関係ということだ。 先日のTV [続きを読む]
  • 鶴岡の肉屋食堂さん
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりありがとうございました。今年もよろしくお願い致します。 平成30年、最初のブログアップです。 美味しいお肉を頂いてきました。 ローストビーフ丼980円とステーキ丼・ダブル1,850円です。 ダブルとは普通より2倍のお肉が盛り付けられているということです。 なので通常のシングルだと980円でした [続きを読む]
  • 何となく〜備忘録「不易流行」
  • ピアノ柄手ぬぐいといえば斎染、手仕事のぬくもりをお届けする斎染です。 先日の情熱大陸「加賀屋 若女将 小田絵里香」さん。私は小田さんのように、言葉と行動が伴っておりません。まずは言葉だけででもと番組を見て学びました。 「不易流行」「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質である」 TVで [続きを読む]