aki-blake さん プロフィール

  •  
aki-blakeさん: 新しいブルースとの出会い。
ハンドル名aki-blake さん
ブログタイトル新しいブルースとの出会い。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/pan_records_aki
サイト紹介文戦前ブルース音源研究所の活動や日常で感じる音楽との関わり交友を綴ります。
自由文彼らの軌跡を辿って見ると 私たちはなんてチッポケなギター弾きだろうって思う。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/02/27 16:04

aki-blake さんのブログ記事

  • 七夕の夜に研究所メンバーが集結!
  • 研究所のメンバーは全国各地に点在していてなかなか実際に会える事も少ない七夕の夜は最高な一夜となりました。神戸からは ロバート・ジョンソン写真検証でご活躍された左海氏が!北海道から千葉へ来ているヒューイ氏!真空管アンプの設計原理の著者で知られ、多方面で活躍されているスエーデン在住の林氏も集合しました!研究所一番のムードメーカー 今や台風の眼となっている山崎氏。みんなミュージシャンなのでどんな一日とな [続きを読む]
  • 完売 Blind Blake True Revolution
  • 明らかに ハヤマワシ だ。こんなの 聴いてられない。。。 超絶ギター演奏を残したブラインド・ブレイクの真実を聴いてみたい。そんな、純粋な音楽の愛情が真実革命へとつながって行きました。この10年でブラインド・ブレイクの新発見の音源 SP盤は3枚 6曲が発見された。もっというとParamount All Stars - Home town Skiffle のテストプレスもあった。1)Night and Day Blues2)Sun To SunIrene Scruggs とのセッション3 [続きを読む]
  • 待望 オリジナル Tシャツが完成
  • オリジナル T-シャツが完成世界初となる戦前ギター弦の復刻 Vintage Silver Stringsのデザインをフロントに大きくプリントブラック生地にクリーム色1890年より世界中に楽器弦を供給してきたブランド”ブラック・ダイアモンド” のロゴ弦の製造はUSAブラック・ダイアモンドが担当しています。左肩には、戦前ブルース音源研究所の文字そして、運営母体である PAN RECORDS のロゴマークこの夏は 研究所 シャツを着て音楽シーン [続きを読む]
  • MA RAINEY のSP盤 2枚で異なる回転数誤差
  • NOT LICENSED FOR RADIO BROADCAST - USA ラジオ局用にプレスされた盤だろうか・・・いつの時代かは不明ですがおそらく1960年代あたりではないか。マ・レイニーは 大好きな戦前の女性ブルースシンガー特に BLUES OH BLUES と 裏面  OH PAPA BLUES は大のお気に入りこのSP盤を手に入れたのは随分前の事で、ノイズが少なく気に入っていました。録音日は 以下の通り 1927年6月22日 4683 Blues Oh Blues / Ma Rainey and Her G [続きを読む]
  • クラリネットのリードをヤマダ電機で作る
  • 1920年代 アメリカのレコーディングクラリネットの音程基準はどの周波数で製造されていたのだろうか。すでにこの時代の検証は、当方で検証済みではあるが実際にその時代のクラリネットを実測することが必要となり収集を開始。まぁ その結果はまだまだ収集とリペアーが進まないと統計が取れない。その前にせっかくリペアーしたので演奏出来るようになろうと挑戦ところが、聞くところによると リードは10枚買って4枚程度当たりが [続きを読む]
  • 消えちまったボブ 研究所で公開
  • 生きているうちに伝えておきたい事はないか。。。イギリスのブルースリサーチャーの親友が今年突然の事故で亡くなった。彼とは、たくさんのやり取りをして同じギター弾きとしての共感も多くそして、ハヤマワシ音源についての理解も深く極秘音源を共有してきた。今年の6月 遂にチャーリーパットンの真実革命を発表なりましたが、諸事情があって彼に送るのが遅れてしまい 聴かせる事が出来ませんでした。聴かせたかったです・・・ [続きを読む]
  • LPレコード盤がやってきた。
  • 本日 入庫したレコード盤は 何と SP盤ではなくて LP盤!!そして これは録音回転数の検証のために音程を測定したり溝を数えるなんて必要は全くない。どんな検証かというと 聴いて心がゆすぶられるかというそう 魂まで届く唄や演奏が 聴こえてくるのかって検証なのさ。ザ・クロマニオンズがリリースした ニューアルバム ラッキー&ヘブンだ!まず ジャケットを眺めてみると、不思議と中身が気になってくる いつまでも見 [続きを読む]
  • 1920s クラリネットを検証する
  • 1920年代のクラリネットを検証 第一弾PAN AMERICAN 1920s 検証の理由は 当時のピッチ基準実測の為です。 届いた箱を振ると カラコロ  カラコロ と音が・・お〜 こんな状態で・・・ ウエス 雑巾でもいいから包んで欲しいな。。 だいぶ 汚いです・・・とりあえず 解らないけど 組んでみよう・・・初 クラリネット!!初めて組むから どんな順番かわからないけど、たぶんこうだろうなぁキーの機械的な動作と仕組み [続きを読む]
  • 研究所音源無料配布 開始します。
  • ジャズ クラリネット演奏はやっぱり凄かった。90年の時を経て蘇るJohnny Doods のクラリネットが炸裂する。見事なビブラートと臨場感があなたの脳を駆け巡る。驚愕の新発見曲を含む音源が付属した2018年のブルースカレンダーです。発売元のブルース・イメージズ(米国)は、状態の良い最高級SP盤を探し出しその音源をリマスターして提供してます。Job Jones and The Memphis Jug Band が演奏する "My Love In Cold" "Poor Jab Blu [続きを読む]
  • Blind Blake は Bbのハーモニカでチューニングしていた
  • Blind Blake は Bbのハーモニカでチューニングしていたようやくここまできたか。。。何十年かかるんだよこれは 今年発表したチャーリー・パットンの真実革命CDの検証からの継続でもあります。パットンは ギターを何?でチューニングしていたのか?そのチューナーの基準周波数は何Hzだったのだろうか?この模範解答は CDライナーでhttp://store.pan-records.com/index.php?main_page=product_info&cPath=12&products_id=165そし [続きを読む]
  • 復活!チャーリー・パットン!!
  • ついに来た======2017 年6月14日 発表!88年の時を経て チャーリー・パットンが蘇る!戦前ブルース音源研究所が 放つ 真実革命の第三段!!それは 待ちに待った デルタブルースの親分 Charlie Pattonn だ!どういう事かというと、大好きなロックのルーツをさかのぼるとリズム&ブルースがあって ブルースがあって、そして 1940年代 さらには 1930年代、 もっと行くと1920年代ここまで ロックは遡り、ここが俺達 [続きを読む]
  • マリと初めて出会った日
  • マリに初めて会ったのは 14歳 中学2年生の時だった。もう35年前だ・・・千葉市のダンシングマザースというライブハウスでアナーキーのライブがあった。開演には少し早かったのだが、どうにかライブハウスに辿り着いた。中学一年生の2学期から訳あって親元を離れていていた私はたまたま 外泊で実家に帰省していたのでライブに行けた。人生初の ライブハウスだった。ガラの悪い パンクスと暴走族のチンピラ風の連中がたむろする [続きを読む]
  • 消えたロバート・ジョンソン 第一章 写真の検証より
  • 大好きなロバート・ジョンソンが 私の前から消えた、初めそれは音からだった。 そのブルースはまるでロックのようなビート感があって、やっぱりロバート・ジョンソンはかっこいいなぁと思った。が、しかし 同じように演奏してみようとギターを手にして愕然となる。キーが高過ぎるのだ。違うぞ こりゃ ハヤマワシ だな、そう思ってあまり聴かなくなったのだが、随分時間が経って自分がブラインド・ブレイクのトリビュートアル [続きを読む]
  • 予約注文受付開始 Charlie Patton True Revolution
  • 長年 長らくお待たせ致しました。ようやく 待望のチャーリー・パットンの真実革命が公開されます。専用ストアーでは、すでにご注文予約受付を開始!発売日は6月14日 予定そうです、88年前のこの日にチャーリー・パットンは録音しました。詳細はCDライナーを読んで下さい。新たな発表がいくつもあります、研究所のHPも新たに記事を投稿してます。CDライナーを読む前に 補足情報(前振り)としてご一読下さい。まずは、研究所の [続きを読む]
  • 若き日のSon House の写真が発見された。
  • 衝撃 何と 若き日のサンハウスの写真が発見公開された。我が研究所に入った情報資料によるとこの写真は ミシシッピに暮らす当時のサンハウスを知る家族のアルバムより。1929年 蛇の目傘をさしたサンハウスとガールフレンドの2ショット!戦前ブルースの情報なんて 出しつくしたと思ったらまだまだ 色々と新しい事がありますね!  [続きを読む]
  • spotify という無許可音楽配信サイトについて
  • いや〜 驚いたな。いよいよ デタラメな世の中ですねぇ〜今日 初めてspotify という音楽サイトを知ったのですが  2008年 発表の Blind Blake Flood というCDアルバムが 無料で勝手に全曲聴けるようになってます。おい おい  勝手にアップしてんじゃねぇぞ! 誰が楽曲のデーターを提供しているのだろうか・・・・企業としての責任なので、音源をどこから入手したのか明確に提示するように。https://open.spotify.com/ar [続きを読む]
  • 花粉症が治った
  • ひどかった花粉症が治った という声を 昨年、今年とよく聞く。薬や流行りの乳酸菌を服用せずに。マスクをしても マスクの下から鼻水がダラダラと垂れてくるし、一日中鼻水、夜は鼻が詰まって眠れない・・・目がかゆい だけでなく眼球が腫れる・・・最悪だった。2月末から3月は、毎日 重症な風邪をひき続けている状態・・・時には 熱も出るし、頭痛も起こる、鼻をかみ過ぎるので耳もおかしい周波数再編以降 これらのアレルギ [続きを読む]
  • 花粉症が治った
  • ひどかった花粉症が治った という声を 昨年、今年とよく聞く。薬や流行りの乳酸菌を服用せずに。マスクをしても マスクの下から鼻水がダラダラと垂れてくるし、一日中鼻水、夜は鼻が詰まって眠れない・・・目がかゆい だけでなく眼球が腫れる・・・最悪だった。2月末から3月は、毎日 重症な風邪をひき続けている状態・・・時には 熱も出るし、頭痛も起こる、鼻をかみ過ぎるので耳もおかしい周波数再編以降 これらのアレルギ [続きを読む]
  • 訃報・・・
  • 訃報 研究所の前田さんが先月半ば病気の為、他界されたと本日ご連絡頂きました。大多喜のブルースフェスにもお越し下さり、研究所のワッペンを付けて毎年ブルースカレンダー&音源を楽しみにしてくれていました。皆さんには面識のない方が多いと思いますが、私にとってはいつも応援して下さる パワーを与えてくれる 底抜けに明るい大切な人でした。前田さんにパットンのTrue Revolution聴かせてあげられなかった・・ ごめん! [続きを読む]
  • 訃報・・・
  • 訃報 研究所の前田さんが先月半ば病気の為、他界されたと本日ご連絡頂きました。大多喜のブルースフェスにもお越し下さり、研究所のワッペンを付けて毎年ブルースカレンダー&音源を楽しみにしてくれていました。皆さんには面識のない方が多いと思いますが、私にとってはいつも応援して下さる パワーを与えてくれる 底抜けに明るい大切な人でした。前田さんにパットンのTrue Revolution聴かせてあげられなかった・・ ごめん! [続きを読む]
  • 2017 ブルースカレンダー 
  • Blues Calendar2017 ブルースカレンダー 発送してます。手に取った皆様から喜びの声を頂戴しております。PAN STORE 戦前ブルース音源研究所ストアーでご購入の方には研究所が正しい再生速度で蘇らせた極秘音源CD-Rと解説資料を無料で配布してます。カレンダーは ブルース好きなら マニアック情報満載戦前活躍したアーティスト達の出生日、没日などが記載されています。「あ 今日はBlind Blakeの亡くなった日だ・・・・よし聴 [続きを読む]
  • 2017 ブルースカレンダー 
  • http://store.pan-records.com/images/categories/2017_Blues_Calendar_front_page_150.jpgBlues Calendar2017 ブルースカレンダー 発送してます。手に取った皆様から喜びの声を頂戴しております。PAN STORE 戦前ブルース音源研究所ストアーでご購入の方には研究所が正しい再生速度で蘇らせた極秘音源CD-Rと解説資料を無料で配布してます。カレンダーは ブルース好きなら マニアック情報満載戦前活躍したアーティスト達の出生 [続きを読む]
  • STORE 再開 
  • 研究所のストアーが再開しました。皆さんにご心配をお掛けしました、また来年のカレンダーの発売時期とも重なり年を越してしまうのではないか?とご不安を抱かせ申し訳ありませんでした。大手CDストアーの芽瑠璃堂様からも とても親切なお言葉を頂戴しました。この場を借りてお礼申し上げます。http://merurido.jp/「ご親切なご提案や励ましのお言葉など、誠にありがとうございました」無事にサーバー移転を完了し、サイトの運営 [続きを読む]
  • STORE 再開 
  • 研究所のストアーが再開しました。皆さんにご心配をお掛けしました、また来年のカレンダーの発売時期とも重なり年を越してしまうのではないか?とご不安を抱かせ申し訳ありませんでした。大手CDストアーの芽瑠璃堂様からも とても親切なお言葉を頂戴しました。この場を借りてお礼申し上げます。http://merurido.jp/「ご親切なご提案や励ましのお言葉など、誠にありがとうございました」無事にサーバー移転を完了し、サイトの運営 [続きを読む]
  • 研究所ホームページが閉鎖に追い込まれた
  • レンタルサーバーより、管理領域より大量メール送信を検出したとの通知。全く 身に覚えがない。これはひな形的文章で随分あるらしい。既にやり取りし対策中にも関わらず全く同じ文言でメールが届く。同時に、大量メール送信を行う場合には、別のメールサーバー契約をするように新たな商品の紹介も忘れてない。(苦笑) それから同社から同時に届く別の迷惑メールにはあなたの企業イメージが損なわれる恐れがあるので、pan-records. [続きを読む]