ぴよこ虫 さん プロフィール

  •  
ぴよこ虫さん: ひまつぶし 〜レンタル DVD〜
ハンドル名ぴよこ虫 さん
ブログタイトルひまつぶし 〜レンタル DVD〜
ブログURLhttp://piyocoms.seesaa.net/
サイト紹介文ひまつぶしに観た レンタルDVDの感想
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/03/02 16:37

ぴよこ虫 さんのブログ記事

  • ピクセル
  • 「友好」のメッセージを人類からの宣戦布告と勘違い。ゲームキャラに姿を変え、地球を侵略しはじめる映画。ゲームがドンピィシャで懐かしかったです。ギャラガ、パックマン、ドンキーコングなどよく遊んだゲームが盛りだくさん。ストーリーはさほど面白くないのでゲームがわからないとだめでしょう。あと柳沢信吾は良くなかった。ちゃんとした声優をつかって欲しかったです。 [続きを読む]
  • アウトロー
  • 無差別銃撃事件の犯人に仕立て上げられた元軍人を正義の為には法は関係ない「アウトロー」が解決する映画。久しぶりにスカッとする映画でした。アクションだけでなく謎解き要素もあって最後まで楽しめました。最後に黒幕のボスを殺してしまったのがなぜだかよくわかりませんでした。なんか続編を観てみたくなります。 [続きを読む]
  • テラフォーマーズ
  • 火星を人類の移住に適する星に変える為に送ったゴキブリの進化系「テラフォーマーズ」との戦い。キャストが凄い、が凄すぎてなんか変。主役級がちょい出だったり、すぐ死んだり。ストーリーも火星に到着、ゴキブリとの戦い、脱出カプセルで地球へ。よくわからないうちに終わりました。 [続きを読む]
  • 僕だけがいない街
  • リバイバルという時間が巻き戻る現象で過去に起きた連続誘拐殺人事件を解決する映画原作は知りませんがアニメとラストが違う!ラストはアニメの方がハッピーエンド感があってよかったと思う。でもこちらの方は何かすっきりしない終わり方で後味がすごく悪い。主人公の結末はこれでいいのか。結局ヒーローではなかったのだ。 [続きを読む]
  • トランセンデンス
  • テロリストにより死ぬことになる科学者の頭脳をコンピュータにインストールする映画。人工知能のベースが人間で科学者というもの。ネタ自体には新鮮味はなく主演が注目された映画で期待倒れという感じです。回想から始まるのでラストは最初から想像が付くのですがそれ以上にあっけないです。何かもうひと盛り上がりあればと感じてしまいました。 [続きを読む]
  • ダンケルク
  • ナチスドイツの攻撃を受けた30万人の連合国軍兵の民間人も含めた救出劇を描いた映画。どうしてこうなってどうしたいのかということを勉強した上で観ないとわかりません。ダンケルクの港と救出に向かう空軍、民間人の時間軸がずれているのでこんがらがります。また主人公はいません。のでドキュメンタリーと思っていた方が良いです。マニア向け、かな。 [続きを読む]
  • ローグ・ワン
  • 極秘チームがデススターの設計図を盗む映画、そしてエピソード4へとつながる。エピソード4(第1作目)にうまくつながっています。ラストで出てきたレイア姫はキャリーフィッシャーなのかな。本編は帝国軍が弱すぎるような気がしました。吹き替え版で観たのですがダースベーダーの声が・・・。R2もC3POも出ています、でもオビワンは出ていなかったのでは。 [続きを読む]
  • スペースカウボーイ
  • 古い人工衛星の修理にお年寄り4人のチームが宇宙へ向かう映画。アルマゲドンとかぶります。宇宙空間へいくまでは面白かったのですが修理に入ると意味がわからなくなりました。衛星がなぜこわれたのか、フランクがなぜ衛星とともに吹っ飛ばなくてはならなかったのか、などなど。なので地球への帰還もなぜか入ってこない。結局フランクは月まで飛ばされていた!・・・そんなバカな。 [続きを読む]
  • ハドソン川の奇跡
  • 155人の乗客を救い奇跡の生還をさせた機長が乗客を危険にさらした容疑者とされる映画。やはり実話というのがすごいです。危機的状態から奇跡の着水でハッピーエンドではなく、本当は川でなく近くの飛行場に戻れたのではないかという疑いをはらすことでエンドという実話ならではのつくりでした。ストーリー的には過去の回想や時間軸をずらした構成があり、観る人によって好き嫌いがありそうです。わたしはあまり好きではありません [続きを読む]
  • LUCY/ルーシー
  • 麻薬の運び屋にされたLUCYがその麻薬で脳が覚醒され無敵になる映画。ちょっとがっかりです。10%程度しか使われていない脳が覚醒して100パーセントに近づくにつれ自分の能力が上がるのはわかりますが他人を操ったり、物を操ったりはちょっと・・・。ただ淡々と覚醒していき最後にはコンピュータと同化するストーリーもイマイチでした。 [続きを読む]
  • バイオハザード:ザ・ファイナル
  • ゲームが原作のアクションホラー第6段。残された人類を救う為の最後の戦い。ゾンビ映画というより怪物映画になっていまいました。また、格闘シーンでカメラが動きすぎてどうなっているのかわかりません。なんであんな撮り方なんだろう。話題のローラは登場したかと思ったらすぐ死んでしまいました。セリフも二言程度、残念。最後ということですが次回作がつくれる終わり方でした。 [続きを読む]
  • サマーウォーズ
  • 仮想空間が社会に浸透した近未来、軍事試験の人工知能と戦う映画。仮想空間で起こる出来事が現実社会にあたえる影響がいまいち入ってきませんでした。なので人工衛星の落下はちょっと。アルバイトが健二に決まった経緯がわからず、いつのまにか決定していたのに驚き。もう一人の方ではこの展開はないか。 [続きを読む]
  • バースデーカード
  • 毎年届く亡き母からのバースデーカードとともに成長していく少女の物語。あとからじわじわきます。10年かけて答えを告げるなんて・・・。観ていて思ったのは仕舞いはどうするのか、どこでエンディングなのかでした。自分的にはもう少し手前で終わればよかったかな。あとエンドロールのあとの一幕の意味がわかりませんでした。アタック25の司会は谷原章介になっていたのですね。 [続きを読む]
  • ヒロイン失格
  • 「自分が好きな人」か「自分を好きな人」かで悩む少女を描いた映画思った以上にストーリーがしっかりしていて面白かったです。原作は知らないので比較はできません。すなおに笑えてラストはハッピーエンド。(安達さんを除いて) [続きを読む]
  • 海月姫
  • 古びたアパートで暮らすオタク女子が、再開発で取壊されようとするアパートのために立ち上る映画。原作のコミックは知りませんが普通に面白かったです。冒頭30分のとっかかりを我慢すれば最後まで観れました。この先二人はどうなったのか恋の行方がきになるところです。篠原ともえとかアジアン馬場園とかはエンドロールを見るまでわかりませんでした。 [続きを読む]
  • トータル・リコール
  • 記憶を書き換えられたスパイが本当の自分を取戻すために戦う映画。リメイク版。やはり旧作にはかなわなかったようです。どうしても前と比較してしまいます。旧作はストーリーが飲み込めたのですが今回のリメイク版ではよくわかりません。テクノロジーが新しくなっていて進化していた点が興味を引きましたが全体的にはあまり面白くありませんでした。 [続きを読む]
  • ソロモンの偽証
  • 一人の生徒の死をめぐり真実を生徒たちがみずから裁判をひらき明らかにしていく映画。謎解きは面白かったです。でも感動はしませんでした。むしろ腹がたってスッキリしない映画でした。少年の死が自殺か他殺かは謎とかれたのですがなぜ死んだのかはよくわかりません。また衝撃の真実がそこそこ前から予想できて衝撃ではありませんでした。 [続きを読む]
  • メイズ・ランナー2
  • 巨大迷路から脱出する映画の続編。迷路から脱出した彼らが次に挑むのは砂漠の迷宮。砂漠の迷路ではありません。迷路というキーワードは前回で終わっていて今回はゾンビです。まったくの期待はずれで面白くありませんでした。そもそも主人公の影がうすくこいつが主人公だったかなと思うほど。物語りも完全にゾンビものにかわっていてがっかりです。3は観るかどうかわかりません。 [続きを読む]
  • トリハダ ‐劇場版2‐
  • 日常に潜む恐怖を描いた深夜番組の劇場版の2。6篇のオムニバスとメインからなっている映画。1とつながっているのかいないのか。よくわからないところがありました。1と同じように日常に起こり得る恐怖?で結構楽しめました。ただ日常を逸脱したところがすこしあったような。 [続きを読む]
  • トリハダ ‐劇場版‐
  • 日常に潜む恐怖を描いた深夜番組の劇場版。6篇のオムニバスからなっている映画。幽霊とか超常現象ではなく生きている人間の本当の怖さを描いていて題名のとおりトリハダのたつ恐怖映画です。完全に説明してくれてないので観る側が想像して恐ろしさを感じる、そんな映画です。なので観る人によって恐怖感は違うかもしれませんが、わたしはビックリ系、脅かし系よりは好きです。 [続きを読む]