ともこ さん プロフィール

  •  
ともこさん: 園芸でちょこっと科学
ハンドル名ともこ さん
ブログタイトル園芸でちょこっと科学
ブログURLhttp://tyokottoengei.blog54.fc2.com/
サイト紹介文種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。おもしろい野菜にであえると、うれしくなります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2009/03/03 16:55

ともこ さんのブログ記事

  • 種から水耕栽培のトマト:じわじわの収穫
  • 今朝はベランダの気温が2度。冬将軍のジャブが一発、きたなーって感じです。ブルブル〜そんななか、トマト(中玉/Mr.浅野のけっさく)はじわじわ赤みをましてきました。11月10日。こちら、わき芽の苗でエアレーションありの株です。ぼちぼちいけるかも。11月12日。4個収穫。珍しくデカッ! こちらは、ご近所さんにさしあげちゃったのでお味は不明。11月15日。6個収穫。表面にブラックジャック並の点線が入ってるも [続きを読む]
  • お初 水耕栽培でスティッキオ
  • こちら、そのスティッキオなるもの。(種まきは9月21日。)なんかニンジンみたいです。葉は柔らか。ふんわり甘い香りがします。可憐な葉っぱですが、なかなか悩ましいんですわ。ゆらゆらしてお隣同士どうし絡み合っちゃってこんがらがっちゃって、ほどくのに一苦労します。きっと株と株の間が近すぎるんでしょうね。今はペットボトル容器で栽培してるので、ちょっとお隣りとの間に余裕があるけど、その前は直径6センチのポット [続きを読む]
  • 「駅伝栽培」をまねて
  • 10月25日に種まきした小カブ(あまうま)。根元が土の表面からでてしまっているので、バーミキュライトを追加しました。小カブは、キッチン用の水切りトレーに並べて水耕栽培しており、他にもチコリやルッコラと同居しています。これらのなかには、あまり育ちがよろしくないのもあったので、ポットごと取り出して省くことにしました。それが写真の左上。(撮影:11/13)そうすると、水切りかごの中には空きスペースができますなあ [続きを読む]
  • レタス類に支柱
  • レタスみたいな丸まった野菜に支柱をするなんどうなの、てなもんですが。うちのレタスは栽培主に似てるのか、だらけた体質なんでしょうな、みなかように寝そべってしまいますのさ。(撮影:10/29)そこで支柱をご用意。といっても、棒ではなくて、透明の薄いプラスチック板を丸めてつっこんだだけですが。(11/3)こんなもんで大丈夫でしょうか。ま、やってみるしかないでしょう。なお、左のニンジンみたいなやつは「スティッキオ」 [続きを読む]
  • ダイコンをいただく
  • このダイコン(西洋赤ダイコン)、たぶんお隣同士が近すぎなんだよなあ。(撮影:10/23)そう思いながらも、なんとなく抜き取ることをせず日が過ぎておりました。そして、ようやく右の細い方を1本収穫したのが1週間もあと。(10/31)お初栽培のお初収穫です。小ぶりなダイコンになるそうですが、うちのはこれ、さらに小さいかもしれん。スライスしてサラダにしてみましたぞ。なんか、切り口が小カブ風ですね。ちょい辛。若々しい味。シ [続きを読む]
  • トマトポッキリ事件
  • やっちまいました。トマトの枝をブチッと折っちまったのさ。(撮影:11/2)トマト苗(中玉:Mr.浅野のけっさく)が大きくなり、てっぺんが天井につきそうなので横に這わせるべく茎をちょいと傾けたらこのありさま。せっかく花芽も実もつき始めたところだったのにぃ。アロンアルフアかなんかでくっつかないもんかね。さきっぽがなくなったトマトの株。秋風ピープー吹いている〜茎は、ほんのちょいと、かる〜く曲げたつもりだっ [続きを読む]
  • トウガラシの甘とう美人 おしまーい
  • あっという間に11月になっちゃいましたなあ、です。このところなんじゃかじゃでバタバタしておりましたが、その間にベランダの野菜もバタバタと様変わりでした。10月29日。辛みのないトウガラシの「甘とう美人」。ずいぶんと大きく育ってるんですが、てっぺんのあたりの枝葉を少し刈り込みました。といいますのも、まだ小さい実が落っこちてしまうようになったのです。さらにはまったく実がついていない枝もみうれられるよう [続きを読む]
  • トマトが赤くなると青くなるのは…
  • トマトの実ができたあ、と喜んだものの、それから赤くなるまでって、いったいどのくらいの日数がかかるんでしょう。毎日毎日青い実をじーっとみつめる。なんかさ、ろくろっ首になりそ。それが今朝見たら、ついに赤くなってましたのよ。(撮影:10/29)わーい、なのだ。この実は、中玉トマト「Mr.浅野のけっさく」のさし芽の苗にできたものです。さし芽にしたのが9月の初め頃。花が咲いたのはたぶん中旬頃だろうから、かれこ [続きを読む]
  • レタス・チコリ・スティッキオが悩ましい
  • レタス、それもふつうのレタスがむずかしいですぞ。9月21日に種まきしたレタス2種類のうち、ふつうに玉になってくれるであろう「みずさわ」が、ふがいないのだ。葉っぱがあっち向き、こっち向き、阿波踊りしてますがな。しまいには、ごろり、寝転んでるしまつ。ぐらぐらするのを止めるべく、根元にバーミキュライトを増量してはみたものの、さしたる効果はなし。背の低いポットより、背の高いプラコップで栽培したほうがよかっ [続きを読む]
  • 2種類のルッコラ
  • この間の台風が来そうだという日(21日)、ベランダから室内にとりこんだルッコラです。だいぶ茂っていたので、お初に収穫してみました。これがまあなんと、意外や意外、美味しいじゃあ〜りませんか、なのでした。なにゆえ意外かと申しますと…ルッコラはこのたび収穫した「宿根草」のものと、「一年草」のものと2種類あるんだそうで。左側が「宿根草」の品種で、「セルバチカ」とか「ワイルド」という呼び名がついていたりするも [続きを読む]
  • 四季なりイチゴの苗をおすそわけ
  • 去年の秋に苗を買い求めた四季なりイチゴの「めちゃウマ」(デルモンテ社)。水耕栽培で育てています。その苗からこの春に初めて収穫。さらにランナーもでたので切り離して数株の苗にしたてました。この苗が来年は花を咲かせるんだろうなあと思っていたら、まだ秋だというのに、花じゃないけどランナーをだしました。それも何本も。右側が、そのランナーをだした株です。親株というんですかね。その左が子株です。(撮影:10/1 [続きを読む]
  • いろいろな種をいただく
  • 少し前に、ブログ「かなたの日記」の かなた さんから、いろんな野菜の種をいただきました。(撮影:10/21)こちらがその全貌です。ん? 種の入った袋が切手シートみたいになってるのかな? とお思いかも。そうなんです、こんなふうに袋をずらして並べてくださっているのです。おー、なるほどかさばらずに、しかもどんな種か見やすいです。そして、袋にはそれぞれ種の「名前」とその種の「特長」、「発芽適温、生育適温」な [続きを読む]
  • ダイコンとビートと台風
  • ダイコンの葉が伸びてきています。(撮影:10/19)さて、根元はどのような案配になっとりますかねえ。のぞいてみる。上の写真の左。白いダイコンになる予定の「おいばね」は、直径2センチくらいでしょうか。右の「西洋赤ダイコン」。こちらも直径2センチくらいですかね。この距離で2本は近すぎだなあ。間引かねば。そしてこちらの3鉢。左側の「春京赤長水ダイコン」。あらま、ななめになってる。このまま土をかけておくしかな [続きを読む]
  • ベランダ台風対策
  • 天気予報も気になるけど、「台風」という言葉が気になりました。「風」はわかるけど、「台」ってなんだろう。どういう語源から来ているんだろうと、調べてみたり。いやいや、そんなのんびりしている場合ではないのだ。ベランダの野菜を引っ越しさせねば。なにしろ月曜が暴風域マークなので日曜に片をつければいいのだが、日曜は朝から出かけて夜遅くの帰宅である。ということは土曜のうちにやりおおせねば。というわけで、早めの移 [続きを読む]
  • わき芽とさし芽のトマト
  • 10月も半ばがすぎようとしているのに、トマト2株がまだ生息しております。一株は、6月末に種まきしたMr.浅野のけっさくで、8月の末に撤収しようと本体の茎を切り落としたら、根元にひょっこり「わき芽」ができましたんですわ。(撮影:8/22)せっかくだからとそのままにしおいたら、これが育ってまいりまして。約2ヶ月後。茎は太くなり…(10/19)わき芽は、右側のような背丈になりました。ゴミ箱で水耕栽培してい [続きを読む]
  • インゲン(成平)最後の収穫
  • もう日差しが弱まり寒くなりつつあるというのに、(無駄に)緑のカーテンがはびこってるベランダです。左側がインゲンの成平(なりひら)の株で、右側が甘トウガラシの甘とう美人の株。さてきょうは、友人宅へのお土産に、このインゲンとトウガラシを持っていこう思います。さっそくに収穫。珍しくちょいと大きめのがとれました。たぶん取り忘れてほっておいたせいでしょう。夕方になり、再びベランダをのぞいたら、まだ実が残ってい [続きを読む]
  • トウガラシの甘とう美人 収穫はいつまで続く?
  • 昨年12月に種まきして、6月からぼちぼち収穫できるようになった甘とう美人。7月と8月は3〜4日で5〜6本ぐらいだったのが、9月になると1〜2日おきに10本ぐらいと増量アップ。よっ、その調子、とニヤけます。トウガラシって、秋が本番の野菜なんだなあきっと。さて、10月の収穫量はいかがなもんでありましょうや。一気に下降か、それともじわじわと落ち込んでいくのでしょうか。10月4日。甘とう美人7本と、一緒にイ [続きを読む]
  • もう一つの四季なりイチゴ:植え替えに失敗
  • 前回の記事同様、同じ四季なりイチゴですが、苗でなく種から栽培したイチゴも一鉢ありまして。これが、どうも思わしくありません。5月には葉がふさふさとして実もつけておったのです。(撮影:5/17)こんなに茂りすぎてもよろしくなかろうと、夏の終わり頃に植え替えをしましのじゃな。気を利かして。そ、それがあ…。(撮影:9/30)まるっきり枯れてるじゃん。これは、かろうじて生き残っているかも?それと、えらく小さいのがちら [続きを読む]
  • 四季なりイチゴ 秋の最後の収穫かも
  • ちょいと盛岡市方面に行ってましたんですが、あちらの朝は息が白く見え、すでに紅葉が始まってました。そして今朝ほど東京にもどりましたらば、こちらもぐぐっと寒くなりましたようで。こりゃあベランダの夏野菜も凍えてるかもとのぞいてみれば、ごくふつうに変わりなく、ホッとしたしだいです。まあ、まさかねえ、ではありますが。四季なりイチゴ(めちゃウマ!/デルモンテ社の苗)がさかんにランナーをだし、水耕栽培をしているス [続きを読む]
  • 胚軸切断栽培法 インゲンの結果
  • 胚軸切断栽培法を試みました。でたばかりの本葉と根を切り落とし、双葉と茎だけにして植える方法なんですが、エダマメはうまくいったけど、インゲンはなんだかねえ。インゲンの成平(なりひら)。2リットルのペットボトル(水耕栽培)に1株ずつ植えてあります。茎が細いし、葉もまばらだし。葉におおど色の点々が広がってる雰囲気は、ハダニの仕業でしょうかねえ。根をのぞいてみる。左はまあまあ茂ってるけど、右はスカスカだなあ。 [続きを読む]
  • ワケギのお初収穫
  • じつはネギ。ちょっとピンチです。ヤグラネギの青い葉の部分を夏から一日に2〜3本くらいつづ折って収穫していたんですが…。今じゃ、ちらりほらり、数えるほどしかなくなってしまったのでした。(撮影:10/10)9月23日にはまだ、これぐらい密集してたんですがねえ。いえね、根元からはちゃんと新芽がでてるから、なにか病気になったとかそういうのではないのです。つまり、この若い芽を育てることも考えず、ガツガツとアオ [続きを読む]
  • 葉物野菜をちびちびと
  • 今年の秋冬は、これまでのようなブロッコリ-やカリフラワー、子持ち高菜などの大型野菜をなくし、じみーに小ぶりな葉物を育ててみようと思ってます。といいますのも、なにしろまだベランダにはトマトや甘トウガラシの巨木が陣取ってるもんですから、空きスペースがありませんのじゃ。巨木の根元で、背の低い野菜のレタスなどをちびちびと育てていこうって作戦ですな。その葉物類は今、本葉でおでましになったところです。レタスな [続きを読む]
  • 水耕栽培のエアポンプをお初に交換
  • 水耕栽培で使っているエアポンプが壊れていました。そんなこととはつゆ知らず、夏の間、トマトの栽培が終わるまでずーーっと無駄に使い続けていたわたくし。なんとなく変だなあと気がついたのはつい先日、再び使ってみようとテストしてみてようやく発覚したしだい。どうりで、エアレーションしてるのにしてないのと結果が同じだったわけだわねえ。アホでした。アハハハともあれ、新しい部品を入手し、交換いたそう。私が使っている [続きを読む]
  • ダイコンとビートの間引き菜をいただく
  • ダイコン4種類とビートに、本葉が数枚できてきました。(撮影10/2)左が白いダイコンのおいばね。右が西洋赤ダイコンです。下の方が葉っぱでかくれてるけど、段差があるので葉っぱ同士はくっついてないみたいです。よかったあ、なにせ狭いスペースなもんですから。左が春京赤長水ダイコン。中央がビート。右が紅くるりダイコンです。種はすべていただきものです。西洋赤大根・おいばね・春京赤長水大根は、かなたの日記">かなた [続きを読む]
  • 甘トウガラシ+インゲンの関係
  • 当ベランダで今、最もデカい態度の株に育っているトウガラシの「甘とう美人」。スチロール箱による水耕栽培です。(撮影:9/27)背丈と横幅がともに1メートル50センチくらいかなあ。収穫は、9月にはいってからはしばら数本とれたぐらいで音沙汰なしだったんですが。近頃、けっこうな数の実がぶらぶらりん。9/27の収穫。一緒にインゲンの成平(なりひら)も。9/29の収穫。10/2の収穫。ふむふむ、どうやら2〜3日 [続きを読む]