ともこ さん プロフィール

  •  
ともこさん: 園芸でちょこっと科学
ハンドル名ともこ さん
ブログタイトル園芸でちょこっと科学
ブログURLhttp://tyokottoengei.blog54.fc2.com/
サイト紹介文種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。おもしろい野菜にであえると、うれしくなります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2009/03/03 16:55

ともこ さんのブログ記事

  • お初栽培のキャベツ:葉っぱ巻き巻き
  • 「たけのこキャベツ」というものだそうで。ブログ仲間のサキさんから種をいただきました。種まきは、8月19日。2か月半あまりたった今は、葉っぱがだいぶもっさりとしてます。(撮影:11/6)中心部分をのぞいてみると、ツンと、とんがり頭あり。ほほう、これが噂の「たけのこ」でしょうか。栽培容器は、百均屋さんのゴミ箱容器と鉢皿、それと黒い穴あき鉢を合体させました。薄めた液肥(OATハウス1号+2号)で水耕栽培 [続きを読む]
  • 今頃ですが、トマトの収穫開始。
  • 当方のマンションベランダは南向きです。それゆえ、夏はベランダにほとんど直射日光があたりません。お日様が高いところにいるので、フェンスの下あたりまでしか日差しがはいらんのです。これは室内にいる人間さまにはありがたいのですが、トマトなどの夏野菜はうまく育ちません。しかたがないから、鉢をフェンスに貼り付けるよう一列に並べ、なんとかしのいでおるしだいでして。一方秋から冬にかけては、日差しが室内方面に入り込 [続きを読む]
  • 爆発ラディッシュ
  • いやー、忙しがってほっときましたらば、様々なラディッシュが創作されておりました。こちら、そのラディッシュの「ビットリア」なんですが。(キッチン用水きりかごと桶の容器で水耕栽培。)根元をのぞいてみると、こんなですわ。丸い形はほとんどなく、長細多し。お肌も荒れてるもんが続出。一鉢とりだしてみました。思いっきり細長になっておるし、おとなりに、もう一株がちょこんとあったりなんかして。まことにもう、いいかげ [続きを読む]
  • 畑の収穫:ショウガとイモ
  • 友人二人と一緒に借りている近所の畑で、サトイモとヤツガシラ、ショウガの収穫をしました。といっても、もう5日前(20日)になりますが。こちら、三人で山分けした収穫ブツ。ドーーーン!!なのだ。ヤツガシラは、親イモも食べるんだそうで。一昨年だったかなあ、初めて栽培したときはそのことを知らなくて、危うく捨てちまうところでした。お味は、ほっくほくタイプだったと思うけど、今年のはどんなかしらねえ。茎も皮をむき、 [続きを読む]
  • 欲張りスティッキオ
  • 葉物野菜として、スティッキオ(フェンネルを小型化して棒状になったもの)とディル(=イノンド)を育てています。どちらもセリ科だそうな。種まきは9月19日なので、約一ヶ月たちました。このふたつは、形状がとてもにていて、名札を見ないと、どっちがどっちかわからんです。遠目からだとニンジンにもにてるし。葉の先っちょを、ちょいとお味見してみました。どちらも、どうという味ではないんだけど、口の中がモシャモシャしてお [続きを読む]
  • 葉物野菜種まき祭り
  • せっかくこんなに種があるんである。まくなら、今だ!(撮影:10/8)2日後。根がでましたねえ。レタスは5種類。ほとんどは半結球で、一つだけ結球するタイプだそうですが、今までレタスを「結球」させることができたためしがないので、これも葉っぱヒラヒラの全開になることでしょう。他にも菜っ葉のたぐいを3種、まきました。こちらはみなお初栽培です。ところで、このたびまいた種のほとんどは、ブログで知り合ったミーママさ [続きを読む]
  • 台風と甘とう美人(トウガラシ)
  • 先週のことですが。台風の前日、甘トウガラシの「甘とう美人」に、一枝だけいっぱい実がついているのを発見。こりゃあもったいない、台風から守ってやらねば。というわけで、植わっているスチロール箱ごと室内に運び込みました。運ぶったって、身長160センチ以上だし、今までだって糸操りみたいに上から紐でつってどうにか枝葉を支えていたような軟弱な株なわけだし、往生しました。幸い窓にはカーテンレールがあるので、レールに [続きを読む]
  • 豪邸育ち二十日大根のビットリア
  • じつは、二十日大根を種まきしたことを忘れ、キャベツだと思って育ててました。キャベツなんだから小さなポットではいかんだろ/うと、ペットボトルに一個植え。だいじにだいじに眺めておりましたらば、キャベツにしちゃあ葉っぱがザラザラするんだよなあ。(撮影:9/27)根元を見れば、赤い物が…。というわけで、二十日ダイコン「ビットリア」は、陽当たり一等地の一戸建て高級住宅にて、優雅な生活を送っていたことになりま [続きを読む]
  • 秋トマトは、いかに?
  • 6月29日に種まきした中玉のトマトの品種「Mr.浅野のけっさく」.。水耕栽培でして、一株はエアレーション「あり」。もう一株は「なし」です。私の予想では、エアレーション「あり」だと、水の中に空気が送られるから根がよく育つと思われます。なにせ、装置の電気代が月100円(取り扱い説明書より)という元手がかかってるもんすから、出来の良さに反映していただかないことにはさびしいじゃーありませんか。そこんとこをしか [続きを読む]
  • バジル消費月間
  • 種まきが4月5日のバジル(品種:ボロッソナポリターノ)。ペットボトルで水耕栽培してました。(撮影:9/2)なにかと重宝して長持ちしておりましたが、とうとう葉が小さくなってきました。おしまいですかね。2個のペットボトル全部の葉をつみとったらボールにけっこうあります。(9/5)こんだけあれば、バジルソース(バジル+ニンニク+オリーブオイル)を作れそうですが、あいにく接客業なもんで、ニンニク料理はアウト [続きを読む]
  • 種まきシーズン「レタス」と二十日大根」
  • レタス(ハンサムグリーン)と二十日大根(ビットリア)の種をまきました。種はスポンジの上におき、お皿には水を満たしています。翌日にはでましたぜ、芽が。あ、これは「根」か。いつもなら、このまま双葉がでるまで見守るのですが、このたびは発根するやいなや、ただちに黒ポットにお引っ越し。だってですねえ、スポンジがもったいないんだもん。これなら洗ってまた使えますしね。資源はだいじにしようキャンペーンなのだ。なお [続きを読む]
  • 種からお初栽培の水ナス終了
  • ぜんっぜん得意じゃないナス栽培。種まきは、3月29日でした。初収穫は、約3か月あまり後の、7月19日。そして、9月17日に最後の1個を収穫。一緒に甘とう美人も。調理は、炒めてオイスターソースで味付け。だが、中に恐ろしく辛い甘とう美人が1本あって悶絶。たぶん、写真左端の曲がったヤツに相違あるまい。いやいや、辛いかどうかみかけでは判断がつかないとか。決めつけちゃーいかんな。水ナスは、皮も果肉もとろりと [続きを読む]
  • 徒長はコルセットでしのぐ
  • ペットボトルで育てているチコリがぁ、あろうことか、だら〜〜っとたれてしまったのだ。(撮影:9/15)徒長というやつですな。そもそも水耕栽培ですと、培地が少量だったりして野菜がうまく立ち上がっていられないことがしばしばあります。どうしたものかと思ってましたらば、フェースブック記事を拝見していましたら、水耕栽培をしている方が「根元にアルミホイルを巻く」アイデアを紹介なさってました。おお、こりゃあいいかも [続きを読む]
  • 拾う神あり、甘とう美人。
  • 前回の記事のごとく、さして収穫もないまま終わろうとしている巨木のナスがあるかと思うと、いまだお元気達者な甘トウガラシ(品種:甘とう美人)もございまして、ちょいと救われてます。背丈は、根元から160?。栽培容器はスチロール箱。エアレーションなしの水耕栽培です。8月の暑い盛りには実が焼けて茶色になったけど、涼しくなりましたらばすっきり緑色に戻りホッとしてます。(撮影:9/10)調理は、炒め物にすると色 [続きを読む]
  • 水ナスの秋は
  • ナスは毎年悩ましい。今年は3月29日の種まきから始めて、夏にはりっぱな日陰を作る(得意の)観葉植物に育ちました。うれしいな(うれしいかあ?)いちおう、実もちらっとなるにはなりましたよ。もっとも実がぶらさがっていたときがこちら、7月19日の勇姿。しかしその後、葉の裏がテカテカするチャノホコリダニらしき病気にかかり、8月7日に傷んだ葉や枝の整をほどこし、小柄な株に。はたして「秋茄子は嫁に食わすな」とか [続きを読む]
  • チコリとニンジンとネギと
  • 8月19日に種まきして芽がでたなあ、と思っていたら、本葉がでそろってきました。チコリ2種。タンポポみたいな葉っぱの「プンタレッラ」と、紫キャベツみたいな「パラロッサ」。プンタのほうがシャキシャキしてて好みのお味なんですが、生育はあまりよろしくないようです。ミニのニンジンは3種。ラブリーという丸いのと、細長のベビーキャロット、やや大きめのピッコロ。ミニではあるが根菜を水耕栽培でやろうという無謀な作戦 [続きを読む]
  • お初栽培:たけのこキャベツ
  • キャベツなんてお店でお安く買えるじゃん、なにゆえ育てますかねえ。とまあ、そう言ったら身も蓋もない、極小ベランダ菜園のあれやこれやでありまするが…。見慣れた野菜だけど、そういえばどんなふうに育つもんだか知らんなあと思い、種まきしたのが8月19日。(種は、ブログのお仲間のサキさんから頂戴いたしました。)種まきから19日目。品種は「たけのこキャベツ」。22日目。ポットをひっくり返したら根が飛び出してまし [続きを読む]
  • 【番外編】畑のカボチャ収穫
  • このたびは、ベランダの話ではないので番外です。きのうは、近所でお借りしている畑で友人たちと畑作業でした。ダイコンを植える時期が遅くなってしまうので、植わっているあれこれを収穫したり片付けたり。さらに、その後地を掘り起こし、肥料をいれてダイコンやシュンギクの種まき。いやあ、いつにない肉体労働でございましたですよ。(私は、さして働いちゃいないのですが。)で、その収穫ブツがこちらです。ドーン!土まみれの [続きを読む]
  • 一粒のトマト
  • 今年2回目の栽培になります中玉のトマト(Mr.浅野のけっさく)。種まき(6/29)から今日で69日め。たいそう立派な株になりました。背丈がね。左がエアレーション無しの株で、右がエアレーションありの株。(撮影:9/5)株の下のほうの葉は、痛んだので取り去りました。花は咲けども、ことごとく落下。つんつんとした茎ばかりがさびしく残っております。それでも、エアレーションありも無しの株も、それぞれにたった一つ [続きを読む]
  • バジルは今が旬?
  • 昨日は、すごい台風の日でした。物干し竿を床におろしておきましたが、もしも竜巻が来てしまったら、それでも危なかったかもしれません。眠れない夜でした。5月の初め頃に種まきしたバジル(ボロッソナポリターノ)。6月に収穫したときより葉がこぶりにはなりましたが、たいそう元気なしげりっぷりです。株が大きくなって、しっかりしてきたのかもしれません。根をのぞいてみると、茶色の部分もあるけど、まだ白いみたい。もうし [続きを読む]
  • 地味にイチゴのランナー誘導中
  • 四季なりイチゴの「めちゃウマ」からランナーがでてきたのが7月の初めでした。(撮影:7/9)けれども、親株の根っこがどうも怪しい。真っ黒なんだもん。あーあ、こうなっては仕方あるまい。こっそりとゴミの日にお出ししてしまいました。すまん。ただ、親から切り離した子株のいくつかはその後も生息しており、ランナーをだすようになりました。そして、気がつけば、子株から次の子株ができてというふうに、全部で4株に増殖中。4 [続きを読む]
  • 第3弾のキュウリおしまーい
  • キュウリは今年、どっさりいただこうと欲ばりまして3回目の種まきをしたのが7月17日でした。品種は、2種類。8月19日。第3弾の初収穫。ミニキュウリの「ドカナリ千成」。新しい実はふっくらピカピカ。美人さんですなあ。(となりは一緒に収穫したパプリカ。)8月25日。株の背丈は物干し竿ほどになりました。茎は、4本立てくらいにしています。もう1種類のキュウリは、イボイボの「四葉多福(すうようたふく)」。こち [続きを読む]
  • 甘トウガラシ、とりあえず復活
  • 先日、トウガラシの「甘とう美人」の実が茶色に変色するヤマイ発生…というような内容の記事を書きましたが、どうやら危機を脱したみたいであります。太陽がよくあたるベランダ側の実が普通の緑色になってました。しかも、陽当たり良好のおかげですか、その辺り一帯、よく実がついていいぐあいになっとります。日中は相変わらず30度ごえで暑いけど、朝晩は涼しくなりましたものねえ。そして、本日の収穫ブツ。ミニキュウリ「ドカ [続きを読む]
  • 新芽ぞくぞく
  • まだ暑い盛りではありますが、先日(8/19)野菜の種をまきをしました。(撮影:8/28)【ミニニンジン】ニンジン数種類は土栽培しようと思っていたのだが、ミニサイズばかりなので、ひょっとしたら水耕栽培でもいけるかもと方針を変更。とはいえ、まるで培養土がないというわけにもいかんだろうと、穴のあいたザルのような容器にキッチン用の不織布ネットをしきこみ、バーミキュライトをいれた装置にしてみた。これなら、培 [続きを読む]
  • 炎天下 驚異のベランダジゴク
  • いやあ、昨日おとといのなんとまあ強烈な暑さだこと。昼間外をうろつく用事がありましたもので、だいぶ身にこたえました。さて、帰宅してベランダの野菜に液肥やりをいたさねばと、のぞいてみると。トウガラシの「甘とう美人」なんですが…なんじゃこれは?!実の内側が茶色。新種の病気だろうか?だが、よくよく観察してみるに、この現象はすべての実に当てはまるものではないようで、どうも株の外側・お日様のよくあたる側にでき [続きを読む]