網野佳保 さん プロフィール

  •  
網野佳保さん: 佳保のこと
ハンドル名網野佳保 さん
ブログタイトル佳保のこと
ブログURLhttps://ameblo.jp/aminokaho/
サイト紹介文婦人服を着たい私です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/03/11 03:12

網野佳保 さんのブログ記事

  • スカートか下着か
  • 今回の出張は、時間的余裕がなくて、一泊なのに、その夜までお付き合いがあるというものでした。 だから、お出かけ出来ないと考えて、完全女装のための荷物を持って行くのは、やめたのです。 でも、お出かけは出来ないにしても、最低限のものは持って行きたいと思って、下着とパンストを用意しました。 以前はよく、これだけを持って行って、試着させてもらったりしてたのです。でも、今回は昼間の余裕もないから、それは出来ませ [続きを読む]
  • 裏声でカラオケ4 岩崎良美
  • 岩崎良美と言えば、タッチ、というのが王道ですが、「涼風」を歌いました。 この歌が流行ってた頃には、今年の新人賞はこれかな、なんて思ってたのです。 その流れで、後から「青い珊瑚礁」が出て来て新人賞を取った松田聖子のデビュー曲「裸足の季節」を歌おうとして、松田聖子から「絞り込み「は」」で、「ハートをロック」が出て来たので、そちらを歌うことに変更したのでした。 [続きを読む]
  • 裏声でカラオケ3 谷山浩子
  • 裏声カラオケでは、女性アイドルの歌を歌うわけですが、ふと、谷山浩子さんの歌を思い出しました。 曲のリストを見て、「てんぷら さんらいず」を歌うことにしました。谷山浩子さんのオールナイトニッポン第二部のオープニングで流れていた曲ですね。 午前5時の新宿駅、ではないですけれど、田舎者の自分にとって、新宿でこの歌を歌う、ということが刺激的なことに思えました。しかし、まさか、女装して裏声で歌うことになるとは [続きを読む]
  • 裏声でカラオケ2
  • 薬師丸ひろ子さんの「戦士の休息」も歌いましたが、難しいですね。https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10223/v0994000000000543315/ 今度、表声で歌い直したくなりました。 薬師丸ひろ子さんの歌、たとえば「あなたを・もっと・しりたくて」などを歌うときに、女らしい声が出せたらいいな、と思いますが、さすがに「もしもしわたし、誰だか分かる?」が似合うような若い声は無理でしょう。 https://youtu.be/9qoQXFxW0XY [続きを読む]
  • 裏声でカラオケ
  • この日のお出かけは、散歩だけではなくて、歌舞伎町のJointさんへ行きました。 「裏声で歌えカラオケ」です。Jointの千賀さんのアドバイスもあって、この間から裏声で歌い始めたのですが、とても難しいけれど楽しい。音域が狭い曲で、なんとか歌い通せると、とても嬉しいです。女声には程遠いのですが、それでも楽しい。曲の内容に合わせて、自分が女になりきって歌うのがいいですね。 この日、いちばん幸福感があったのが、聖子ち [続きを読む]
  • 久しぶりのお出かけ
  • 買ったときは、まだ寒くてコートを着てたのに、もう暑くなりました。ようやく、この時のスーツを着て、お散歩することが出来ました。 ホテルの鏡では、あまり上手に写せなかったのですが、 外を散歩していると、歩きながら、自分の姿を見ることが出来る場所があって、とても嬉しかったのですが、写真もなんとか写すことが出来ました。 上にも載せましたが、お気に入りの一枚です。体の線が、ちょっといい感じに見えます。 [続きを読む]
  • 自分の顔
  •  メイクして貰って、とても女性的にしてくれたら嬉しいのですが、あまりにB面の顔と違いすぎると、時が経つにつれて、なんだか自分じゃないような気がしてきます。 ある程度、自分の顔と繋がりが感じられるぐらいがよいようにも思うのですが、かと言って、それだと、知人に会ったり写真を見られたりすると、「あの人だ!」と思われてしまいそうで怖くもあります。 昨夜、この写真のもとのものをアップしようとしたのですが、ちょ [続きを読む]
  • 冷や汗(4 終)
  •  廊下あたりで落としたとすると、フロントに尋ねることになります。その時の格好は、ホテルの寝巻きだったので、着替えないと行けません。そのために、衣類を片付けながら、鞄の中をもう一度徹底的に見ておかなければ、と思いました。  全部、ひっくり返します。その途中で、バッグの中に入っていたサブバッグ、これは婦人下着類を入れているものですが、この中にはあるはずがないと思っていました。買い物を済ませてホテルに戻 [続きを読む]
  • 冷や汗(3)
  • さて、お着替えだとか、バッグだとか、パンプスだとかを箱に仕舞った後で、お財布のお金をもとの財布に戻さなきゃね、と、黒い財布を探すのですが、これが見当たらないのです。 さっき、お出かけ前に、そこからお金を移したのは確かです。でも、見当たらない。現金だけを移したので、いろんなカードはそこに入ってるはずです。無くなったら大事です。 B面用のバッグを2つひっくり返したり、ベッドの下をのぞき込んだりしても見つけ [続きを読む]
  • 冷や汗(2)
  • 紳士服店のレディースコーナーに戻り、早速、目的の二着を手に、試着させてもらうよう、お願いします。色はどちらもグレー系で、この色は持っていません。 まずは、マーメイドな感じのスカートのもの。そんなに悪くありませんが、ちょっと若造りかも。 次に、ややタイト気味のスカートのもの。スカートのラインは単純な感じのものですが、無難です。店員さんも、こちらの方がお似合いですということでした。私の身長でも、短すぎる [続きを読む]
  • 冷や汗(1)
  • 出張中のことです。夕方頃に用事が済んでホテルに向かってたら、紳士服ショップがあったので、入ってみました。 この間買ったジャケットと同じ生地のスカートが売ってたりしないかな、という期待からです。なかなかそうは行きませんよね。でも、この店では、上下揃いで、かなり安いお値段のスーツがありました。私のサイズで行けそうなのが多くて、そのうち二つはパンツスーツでしたがが、スカートで悪くないのが、やはり二つあっ [続きを読む]
  • ウエストラインなど
  • この日は、ガードルの下に入れるパットを忘れてしまったので、もう少しウエストラインを出せたらよかったのですが、そこは残念でした。 足幅を大きく、という指示を頂いたのですが、思ったほど大股開きにはならないのですね。で、ウエストラインはそこそこ出るという効果があるようです。 解像度を落として載せてます。年齢感もゴツゴツ感も出るので。 [続きを読む]
  • イメチェン2
  • この日は、ガードルの下に入れるパットを忘れてしまったので、もう少しウエストラインを出せたらよかったのですが、そこは残念でした。 足幅を大きく、という指示を頂いたのですが、思ったほど大股開きにはならないのですね。で、ウエストラインはそこそこ出るという効果があるようです。 解像度を落として載せてます。年齢感もゴツゴツ感も出るので。 [続きを読む]
  • 紳士服店のレディース
  • 歩いてたら紳士服店の前を通りかかりました。レディースも置いてあるところです。 店頭にレディース・スーツのディスカウント商品があるのが目に入りました。ジャケットだけがぶら下がっているところに13号があるのが見えたので、近付いてみました。知り合いが居るかもしれない場所だけれど、ちらっと見るぐらいなら大丈夫でしょう。 かなり安いお値段になっていて、「レジで半額」という札も付いています。手に取ってみると、形も [続きを読む]
  • 夢に見る
  • なんやかやで、ずっとお出かけできません。 それでストレスがたまっているのでしょうか。夢を見ました。 連続しているようなのですが、一つ目は、女性だと思っていたある知人が男性だと分かって、ものすごく喜んでいる場面です。私も、なんだそうだったの、と喜んでいるのですが、向こうも、私にそれを言うことが出来て安心したというか、弾けるような笑顔でした。 その人、現実の女性の知人がモデルになっているようなのですが、 [続きを読む]
  • みたい。読もうかな。
  • http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/22000/283490.html こんなドラマがあるんですね。 男優さんが演じるそうですが、「トランスジェンダー指導」っていうのがつくんですね。見たいな。指導を。フフフ。 ドラマも見たいけれど。 原作は、https://www.amazon.co.jp/女子的生活-坂木-司/dp/4103120525これなんですね。読んでみようかな。 [続きを読む]
  • ホテルのロビー
  • 今回は、ほとんど時間と心の余裕がなかったのですが、それでも、なんとかお着替えして、少しだけ散歩することが出来ました。 羽織っているのは、いつものですが、中に着ているワンピースは、新しいものです。少し前に買ったものですが、これを着て歩いたのは初めてです。 いつものように、ホテルのフロントさんに写して貰いました。 [続きを読む]
  • さよなら
  • ずいぶん前に買ったスーツ、サヨナラすることにしました。サイズが小さくなったし(九号を買うなんて、なに考えてたのでしょう)、スカートの短さもイタくなってきたし、レトロ感が漂ってきたし。 買った時から、ちょっと自分よりも若い人向きだな、とは思ってたんです。 そうか、ウール100%だったんだな。 [続きを読む]
  • ぼっち飲みできるかな
  • 知人の女性が、ぼっち飲みをしてる、ということをSNSに書いているのを読んで、つい「すごいですね。私には出来ません」とコメントを付けそうになりました。 女性になったつもりでの「ぼっち飲み」をするには勇気が居る、ということで、おじさんの「ぼっち飲み」としては、「なんでできないの?」と聞かれても、とんちんかんな理由になるのでした。 [続きを読む]