日本領土 さん プロフィール

  •  
日本領土さん: 日本領土領海戦略会議
ハンドル名日本領土 さん
ブログタイトル日本領土領海戦略会議
ブログURLhttp://nipponryoudo.blog14.fc2.com/
サイト紹介文北方領土と竹島の早期奪還、尖閣諸島、対馬における危機的状態を打破のための研究、活動、情報発信
自由文ロシアと韓国によって不法占拠されている北方領土と竹島の早期奪還が実現する事に寄与するために、そして尖閣諸島、対馬における危機的状態を打破するために、研究、活動、情報発信をしてまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/03/11 17:50

日本領土 さんのブログ記事

  • 「竹島問題と尖閣諸島の共通点」     ー日本はいかに立ち向かうべきかー
  • 5月19日(土)は、竹島問題の我が国第一人者であり、当NPO名誉顧問である、拓殖大学 下條正男教授による講演会が領土・主権展示館主催イベントとして開催されます。・演題:「竹島問題と尖閣諸島の共通点」    ー日本はいかに立ち向かうべきかー・日時:5月19日(土)10時30分〜11時45分・会場:日比谷図書文化館(展示館隣り)    スタジオプラス(4階小ホール)・参加費無料 ・事前申し込み不要 定員60名講演終了後に [続きを読む]
  • 東京竹島の日記念大集会
  • 竹島は歴史的にみても、国際法に照らしても、日本の領土です。平成30年は竹島の島根県告示から113周年、韓国による不法占拠から65年目です。2月22日は「竹島の日」この日島根県松江市では第13回竹島の日記念式典が開催されます。関東在住の有志は東京に相集い内外に熱く領有をアピールしましょう!基調講演 下條正男先(拓殖大学教授・竹島問題の世界的権威)政治家も多数参加!日時 2月15日(木)午後5時〜7時(4時半開場 [続きを読む]
  • 竹島:久保井規夫氏「日本政府の資料は海賊版」
  •  「竹島(韓国名:独島)は韓国領」と主張してきた日本人歴史学者が、新たな史料を根拠に、日本政府の主張に正面から反論した。 久保井規夫・桃山学院大学名誉教授は24日午前、韓国国会の東北アジア歴史歪曲(わいきょく)対策特別委員会に出席し、日本の外務省が挙げる第一の証拠資料について「海賊版」だと主張した。 日本の外務省は、独島が日本領だと主張する第一の史料として、長久保赤水の「改正日本輿地路程全図」(1846 [続きを読む]
  • 「竹島の日』を考え直す会」
  • Wikipediaより『竹島の日』を考え直す会竹島(韓国名「独島」)の帰属について研究する日本の市民団体。代表は尹濚夏。竹島(独島)は古来から朝鮮・韓国領土だという立場。また、竹島の日の行事の政府イベントの昇格は違憲であり、日本は竹島を領土問題として見ず、歴史(認識)問題として見なければならないと主張している。2013年4 月 22 日、「竹島の日」を考え直す会は、大阪で発足し活動開始。当初会員数は400人と取材に回答 [続きを読む]
  • (新春特別寄稿)季刊誌4号 「メチのいた島」著者 杉原由美子氏
  • 知ることによりわいてくる興味関心恵み豊かな島 竹島を語り伝える会 代表「メチのいた島」著者 杉原由美子氏 七十二才の私は、竹島のことを知ってもらうために、絵本を出版し、その絵本を持って各地で読み語る活動をしています。 二○一一年、隠岐の島の久見地区で、竹島での漁の様子を聞く機会がありました。八十才を過ぎた方々の子どもの頃の話を聞いているうちに、こんなに恵み豊かな漁場にある竹島のことをもっとたくさん [続きを読む]
  • 【尖閣の日】について 石垣市長 中 山 義 隆
  • 【新春特別寄稿】季刊誌4号【尖閣の日】について石垣市長 中 山 義 隆 一月十四日は、日本政府が国際法の原則に従い、明治二十八年「尖閣諸島」を我が国の領土として編入することを閣議決定した日である。 尖閣諸島は、石垣島から北西百四十九キロメートルに位置し、魚釣島、久場島、大正島、南小島、北小島等からなる島嶼群島である。日本政府が閣議決定した、明治二十八年には、日本政府の許可のもと(故)古賀辰四郎氏が [続きを読む]
  • 尖閣諸島沖 台湾漁船約40隻が領海内に侵入
  • 【季刊誌3号 特別寄稿】徳増栄治様(二〇〇八年度日本青年会議所 領土領海関係委員会委員長、元社団法人横浜青年会議所理事長、元日本領土領海戦略会議理事長) 皆様の方が、日本の抱える領土・領海問題の各論を細かく的確に論じる事が可能であろう。そこで、私なりになぜ領土・領海問題を学び、国策として取り組まなければならないのかをこの場をお借りして考察させて頂きました。文部科学省所管の「統計数理研究所」が本年10 [続きを読む]
  • 猛スピードで漁船追う 中国監視船、緊迫の領海
  • 【季刊誌3号 特別寄稿】徳増栄治様(二〇〇八年度日本青年会議所 領土領海関係委員会委員長、元社団法人横浜青年会議所理事長、元日本領土領海戦略会議理事長) 皆様の方が、日本の抱える領土・領海問題の各論を細かく的確に論じる事が可能であろう。そこで、私なりになぜ領土・領海問題を学び、国策として取り組まなければならないのかをこの場をお借りして考察させて頂きました。文部科学省所管の「統計数理研究所」が本年10 [続きを読む]
  • 【特別寄稿】 拓殖大学教授 下條正男 入国拒否事件
  • 入国拒否事件 2011年8月1日、自民党の「領土に関する特命委員会」(委員長石破茂)所属の新藤義孝、稲田朋美、佐藤正久の三議員が韓国の金浦空港で入国拒否され、9時間後に強制的に送還されるという事件が起きた。私の場合はその前日、最終便で仁川空港に到着したが、4時間後の1日未明、アシアナ便で羽田空港に送り返されている。仁川空港の入管関係者によると、私は「出入国管理法」(第11条)違反で入国を拒否されたのだという [続きを読む]
  • 竹島返還運動をふるさと納税で応援しませんか?
  • 竹島返還運動をふるさと納税で応援しませんか?ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体へ『寄附をする』ことで、寄附金に応じた税の控除を受けられる仕組みです。複雑な手続きは不要で、例えば竹島問題に対応する島根県の予算約3100万円ちなみに北方領土に関する国家予算は16億円「竹島返還運動をさらに推進して欲しい」など寄附金の使い道も指定できます。「お礼の品」として特産品を贈る自治体もあり、毎年多くの方が利 [続きを読む]
  • 第12回『竹島の日』記念式典(第2部)講演会
  • 第12回『竹島の日』記念式典竹島・北方領土返還要求運動県民大会日時:平成29年2月22日(水) 13時30分〜16時00分会場:島根県民会館中ホール主催:島根県 / 島根県議会 / 竹島・北方領土返還要求運動島根県民会議第1部の式典後休憩を挟んでの第2部は講演会で、今回の講師は原田環県立広島大学名誉教授と、下條正男拓殖大学教授でした。① 原田環(たまき)県立広島大学名誉教授 1:22  演題『竹島と韓国ナショナリズム』   [続きを読む]
  • ニュースでよく見る「領海」や「接続水域」何が違うの?
  • ニュースでよく見る「領海」や「接続水域」何が違うの?[図解]領海、接続水域、EEZ、公海の違い南シナ海の領有権や尖閣諸島などの問題をはじめ、中国の海洋調査船の活動をめぐって「接続水域」や「排他的経済水域(EEZ)」などの言葉をニュースでひんぱんにみかけるようになりました。どれも同じ海を指す言葉ですが、それぞれどう違うのでしょうか?海はみんなのものです。およそ危害でも加えようとしない限り、基本的にどこを航行し [続きを読む]
  • 竹島めぐり、超党派議連の新藤義孝会長「主張を並べ話し合いを」
  • 竹島めぐり、超党派議連の新藤義孝会長「主張を並べ話し合いを」産経新聞 3/2(木) 8:05配信  超党派の国会議員でつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」会長の新藤義孝元総務相(自民)は1日、国会内で記者会見し、日本固有の領土である竹島(島根県隠岐の島町)の領有権について歴史や国際法に基づく日本の主張と、想定される韓国の主張を併記した問答集を作り、韓国の国会議員らに送ったことを明らかにした。 新藤氏 [続きを読む]