ふのよか さん プロフィール

  •  
ふのよかさん: えっ絵本ですか〜?
ハンドル名ふのよか さん
ブログタイトルえっ絵本ですか〜?
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rupinasu333/
サイト紹介文絵本でワクワク♥ドキドキの種を蒔きましょう
自由文絵本の魅力にはまり はや20年。孫ができても勉強中。売れ筋でなく渋ーい絵本が好みです。
小学校の図書館ボランティア(有償と無償)も経験。ブックトークをする際に テーマ別のサイトがないので みなさんのお役にたてば幸いと思い初めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/03/16 23:17

ふのよか さんのブログ記事

  • 日本の色彩22の色*自然な名前が素敵です
  • 22の色―日本の色彩 (こどもの色彩感覚を育てる絵本シリーズ) [単行本]とだ こうしろう戸田デザイン研究室1985-12-01伝統色って自由なネーミング花の名前からは、紅色・たんぽぽいろ・桃色・牡丹色・すみれ色・山吹色・藤色・・・言葉として好きな響きは、あさぎいろだけど、浅葱色青みがかってみえる「葱の葉」からとあり、知っているようで知らないこともありそうです。* * *まなざしの工房さんには、300超える色見本ありま [続きを読む]
  • ピンクがすきってきめないで*自分だけの色
  • ピンクがすきってきめないで (講談社の翻訳絵本) [単行本]ナタリー・オンス講談社2010-01-26本当に好きな色女子はピンクが好きなんて誰が決めたんでしょう。確かに、黒はカッコイイ。それをとやかくいう時代でもなくなった。でも、女の子の視点で男子を見るところが、とてもおかしくもあり感心してしまいます。* * *これは、何の蕾でしょうか?ヒント・・・咲いた 咲いた♪こういう淡い色美味しそうな色大好きです。↓このド [続きを読む]
  • ピンクのれいぞうこ*何かはじめたくなります
  • ピンクのれいぞうこ [ハードカバー]ティム イーガンひさかたチャイルド2010-10-01現状維持ってどうよ冷蔵庫にいろんな張り紙が・・・私も欲しい!何かのきっかけさえあれば、人は変るのか?そう、本を読んだだけでも人はきっと変わるかもしれない。楽器だって、環境をかえなくても大丈夫と言ってくれてるようなそんな気持ちにさせてくれる作品。* * *これは、何の花の一部でしょうか?私の好きな花です。ちょっと色の加工する [続きを読む]
  • おきなぐさ*宮沢賢治の世界
  • おきなぐさ;いちょうの実 (日本の童話名作選) [大型本]宮沢 賢治偕成社1992-05-01自然の中の色花の美しさを表現させたら、やはり賢治さんには誰も勝てません。だけど、おきなぐさよりかわいい名前つけて欲しかったと誰でも思っているはず・・・鳶色の光沢が目に浮かびます。ちごちごの花という地方もあるそうです。いかにもしおらしくかわいい呼び名ですね。絶滅しそうな貴重な花で、各地で株ごと抜き去られるという哀しいニュース [続きを読む]
  • 今年のテーマ*色・自分だけの色リスト2018
  • 今年も、ブックトークやおはなし会、そして読書会に役立つようにリストを作ってみました。私の一番好きな色は、やはり自然の色。ふたごのき [大型本]谷川 俊太郎偕成社2004-06-01オーロラの向こうに [大型本]松本 紀生教育出版2007-11-01 こんにちは赤ぎつね 偕成社 しりとりあそび あか・みどり・き 小学館 あかいくつ 偕成社 しりとりあそび しろとくろ 小学館 あかがいち [続きを読む]
  • わがままいもうと*3月のおはなし会
  • 1月体調不良でお休みしてしまったので、もうすぐ桜の時期お別れの時期ということで・・・1.そんなことって、ある?そんなことって、ある? (創作えほん) [単行本]奥田 継夫サンリード1981-06-01妹つながりで、インフルが流行った年でもありましたから・・・2.わがままいもうとわがままいもうと [単行本]ねじめ 正一教育画劇2005-10-01読むときは、リズミカルにパラパラ漫画のようにめくります。うけ狙いの本ではないですが、読 [続きを読む]
  • ネルソンせんせいがきえちゃった*荒療治でも大丈夫?
  • ネルソンせんせいがきえちゃった! [大型本]ハリー・アラード朔北社2017-12-20お行儀よくが続くかな?一番お行儀の悪いクラスを受け持ったネルソン先生。といっても日本と違って9人と少人数だから羨ましい。好き勝手に騒ぐ子ども達にとった秘策は・・・のちに魔女のような恐ろしいスワンプ先生がやってきて、強制的に勉強させます。みんなは、心配してネルソン先生のうちや警察にも相談にいくんですね。かわいいとこもある。中々お [続きを読む]
  • くだものなんだ*参加型おはなし会
  • くだもの なんだ (幼児絵本シリーズ) [ハードカバー]きうち かつ福音館書店2007-04-25いちごの季節は?やさいのおなかも、難しいのあったけど・・・くだものは、種まで想像しないとなかなか当たりません。だから、夏といえば 赤といえば〜とヒントを出して答えてもらいましょう。スイカやビワが難易度3かもしれません。おはなし会も楽しくリラックスして聴いてほしいから、この絵本選んでみました。* * *いちごといえば路地 [続きを読む]
  • 60秒のきせき*ネコまっしぐら♪
  • 60秒のきせき: 子ネコがつくったピアノ曲 (児童図書館・絵本の部屋) [大型本]レズリア ニューマン評論社2017-10-10どんな音も音楽にしてしまう感性モシェ・コテルという作曲家が子ネコと出会いご主人が行き詰った時おかしな偶然が重なり、60秒の短い曲ができあがるという実話です。愛らしい子ネコのケツェルと優しいモシェとの深い信頼関係がホッとする作品に仕上がっています。* * * [続きを読む]
  • そんなことってある?*あるある!
  • そんなことって、ある? (創作えほん) [単行本]奥田 継夫・ぶん西村繁男・えサンリード1981-06-01走ったあとの桜吹雪ジョギングをしようと着替えていたぼくに、家族がみんなで走ろうということになったけど・・・一番は僕、二番犬のタロウ三番お父さん、そして、おじいちゃん妹お母さんと続きます。絵の隅々に生活感あふれる昭和の町並みや商店が、西村さんらしくって懐かしくもあります。(赤電話なんか今みつけたら、スマホに写さ [続きを読む]
  • にいさん*ゴッホの一番の理解者
  • にいさん [大型本]いせ ひでこ偕成社2008-03-01支え合う二人の作品達麦畑を、棺を担ぐ人々から始まるこの作品は、ゴッホの弟テオからみた兄さんの姿を、実際の700通の書簡をもとに詩情豊かに、一枚一枚丁寧に細密に美しく描かれています。芸術家として苦しむ兄を想う弟。彼も、16歳で画商になりながら、兄の作品を売ることができず支えながらも悩みます。その色んな色の深い青が、たまらなく辛く心に響くのです。でも、麦畑の二 [続きを読む]
  • りゆうがあります*何事も理由があります
  • りゆうがあります (PHPわたしのえほん) [単行本]ヨシタケ シンスケPHP研究所2015-03-07スイッチだったのか〜言い訳ととらえるか、上手く考えたものだととらえるかは自由です。広ーい心のあなたは、笑えるはず。苦しいこじつけでも、お母さんは家事をしながらもちゃんと聞いてくれるのです。寛大なお母さんは、髪の毛いじる癖を指摘され一瞬困ってしまいますが、上手く切抜けます。おしまいに、足の皮むいてるお母さんが出てきます [続きを読む]
  • まゆとおに*一月のおはなし会
  • まゆとおに―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも傑作集) [単行本]富安 陽子 文降矢なな 絵福音館書店2004-03-10親切におさきにどうぞまゆの怪力が痛快で笑えます。鬼という存在を知らないから、家までついていっちゃうまゆは、強かったからよかったものの・・・つい、大人は考え過ぎてしまうのです。スリムなやまんば母さんは、「まゆ、おきゃくさまかい」と言っただけで膏薬湿布はって、ご馳走をだまってだして、な [続きを読む]
  • 年賀状卒業いたします宣言
  • I LOVE スヌーピー おはなし絵本 [単行本]ワダ ヒトミ集英社2015-11-05スヌーピー大好きということで・・・切り良く平成30年戌年にいぬる。年賀状を書くといっても、印刷することに意味があるのか?礼儀を重んじる国民性とは、いったいなんぞや?と去年喪中だったので、一年考え(本当は一晩)私の親戚友人は、こんな文面にしてみました↓スマホで年賀メールは、LINEしている 友人に送ります。本当にこんな形のジャガイモがい [続きを読む]
  • めうしのジャスミン*おしゃれは自分が好きになること
  • めうしのジャスミン [大型本]ロジャー デュボアザン童話館出版1996-07Jasmine [図書館]Roger Antoine DuvoisinAlfred a Knopf Inc1973-11-01牛さんの瞳は本当に綺麗忌野氏の歌にもあります。♪他人の目を気にして生きるなんてくだらないことさ♪(い・け・な・いルージュマジック)今日FM広島からときあさこの歌で流れていました。おしゃれな帽子をみつけてかぶった、めうしジャスミンの姿を見て農場のみんなは、笑います。でも [続きを読む]
  • おでんさむらい*11月のおはなしかい
  • おでんさむらい―こぶまきのまき [大型本]内田 麟太郎 文西村繁男 絵くもん出版2006-01-01ひらたおでんとかぶへい寒くなりましたね〜ということで、おでんの季節。からかさおばけの子どもと、よいどれ侍の言い合いが見どころ聴きどころの痛快時代劇風絵本で「なのるほどの ものでもございません。」といいながら名のっておるではないか(^_^.)読むうちに、おでんの家紋が粋にもみえてきます。第3木曜の児童館でのおはなし会は、 [続きを読む]
  • おちばのしたをのぞいてみたら・・・*かわいいダニやミミズ君
  • おちばのしたをのぞいてみたら… (はっけんたんけんえほん) [大型本]皆越 ようせいポプラ社2000-08-01マルトビムシちゃん?わずか2mmくらいの虫も、嫌いな人は嫌いなんでしょが、私はかわいいと思うのです。カメムシもへっちゃら!ダンゴムシやヤスデも含め土壌動物と呼ばれているんですね。ミミズの研究は、読んだことありますが興味深い内容でした。落ち葉の下には、あなたの知らないにぎやかな世界が広がっているようです。 [続きを読む]
  • ねえ、しってる?*「おにいちゃん」幼いころは罪な言葉
  • ねぇ、しってる? [単行本]かさい しんぺい文いせひでこ絵岩崎書店2017-05-13ぞうのそらさんがみんな知ってた弟が産まれるまでと、産まれてからのおにいちゃんの気持ちを、やわらかな包み込むような絵と言葉で表現している作品。ぬいぐるみのぞうさんは、おじいちゃんがお母さんに買ってくれたものだとわかった時から、けいたの成長する様子が心に残ります。自分が、弟のようにかわいがられたことは、誰もしりませーん。余白をうま [続きを読む]
  • ねぼすけはとどけい*子どもの直観は凄い
  • ねぼすけはとどけい [大型本]ルイス スロボドキン偕成社2007-09-01かわいいおじいちゃんスロボドキンの絵だ!と思い手にとると、なんとほのぼのとした愉快な優しい物語。「百枚のきもの」改め「百枚のドレス」があまりにも名作で傑作だったので、まったく違う雰囲気で、子ども達とおじいちゃんの会話は、自分も参加しているようで嬉しくもあります。スイスの山奥の小さな村にある鳩時計専門の時計屋さんが舞台。おじいちゃんが、な [続きを読む]
  • あいうえおちあいくん*9月のおはなし会
  • あいうえ おちあいくん (えほんとなかよし) [大型本]武田 美穂ポプラ社1994-10-01てごわい奴にも弱点ありますだ君とは違うおちあいくんは、今どきめずらしいヤンチャな子。言葉遊びになっていることに、途中で気付く子ども達。児童館のおはなし会で、少し重い「あかいほっぺた」のあとに読みました。1.カープのV8を記念して・・・あかにんじゃ (えほんのぼうけん) [単行本]穂村 弘岩崎書店2012-05-262.あかいほっぺた 光村教 [続きを読む]
  • あかいほっぺた*たった一言で・・・
  • あかいほっぺた [大型本]ヤン デ・キンデル 作野坂悦子 訳光村教育図書2013-12-01友達ってなんだろうベルギー出身の作家。どこの国でもありそうな学校でのできごと。女の子が言った「へんなの、まっかだよ」と言ったからかいの一言が、大きな問題となりますが、表現が素敵です。最初一枚の葉が赤くなり、次のページで真っ赤になり、次は文字の葉に・・・重い内容でも、友達が痛快に解決してくれています。スカッとジャパン見たあ [続きを読む]
  • チリメンモンスターをさがせ!*混じり物が宝物
  • チリメンモンスターをさがせ! [大型本]偕成社2009-07-01チリメンがいないと大変なことに・・・チリメンの中にまじっている混じり物のエビやイカ・稚魚やタツノオトシゴなんかを、よーく観察してみつけ、自然の不思議を発見する写真絵本。クイズ形式だから、楽しく探せます。カードは85種類だけど、メジャーなカニ・フグ・ヒラメからレア5∞の中には、コバンザメ・マツカサウオ・ワラジヘラムシとかわけわからんものまで、みつけた [続きを読む]
  • はなび*家族がみんなのために作る花火
  • はなび [大型本]秋山 とも子教育画劇2003-06-01心こめて作った花火は心打つ子供の誕生祝、結婚祝や健康祈願、想いはそれぞれでも、心を込めて花火を 奉納するというより皆さんへの最高のプレゼントですね。見たひとみんなが、幸せな気持ちになれるのですから。地道な作業でできあがる様子は、知らない人がほとんどです。手間暇かけて作った花火を誰かのために・・・と思うとドーン!と響くものがあります。 [続きを読む]
  • 夜空をみあげよう*お父さん凄い〜!
  • 夜空をみあげよう (福音館の科学シリーズ) [単行本]松村 由利子作ジョン・シェリー絵福音館書店2016-05-15国際宇宙ステーションが見える?マンションに住む家族が星に興味を持ち、流れ星をみるキャンプにでかけるまでを描いているほのぼのとした作品。ごちゃごちゃしたリビングの生活感は、親しみがありしっかり本棚にも専門書もならぶところは、私としては理想的な家です。整いすぎたモデルルームのような家では、想像力が育たな [続きを読む]
  • ひまわり*あなただけを見つめる(花言葉)
  • ひまわり [大型本]荒井 真紀 文・絵高橋秀男 監修金の星社2013-06-27花が咲くころまでが日回り日回り草とか向日葵・サンフラワーというくらいだから、お日様と仲良しかと思いきや、茎は動くけど花が咲くと直立不動ですね。もし、動いたら頭重いでしょうね。忙し過ぎです。だって、種は大きいと2000個以上のものもあるんですから・・・実際に2063個(たぶん)描いてる種のページは、一つづつ違って繊細。その数と回りの花びらも花 [続きを読む]