のぶ。 さん プロフィール

  •  
のぶ。さん: のぶ。のジオラマ製作記。(2冊目。)
ハンドル名のぶ。 さん
ブログタイトルのぶ。のジオラマ製作記。(2冊目。)
ブログURLhttps://ameblo.jp/1484nobu/
サイト紹介文のぶ。です。 主に鉄道模型のモジュールレイアウトの製作記を、ブログで書いてます。
自由文ブログの他に、YouTubeも公開中です。。

You-Tube:http://www.youtube.com/1484Nobu?gl=JP&hl=ja
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/03/17 21:55

のぶ。 さんのブログ記事

  • 隣に新幹線…
  • 各複線情景ベースと、貨物ヤードを繋げ合わせてから、更に複線スラブ高架橋を追加配置。 しかし貨物ヤードが、複線スラブ高架橋で隠れてしまい、下から覗かないと見えない… N700系を、スラブ高架橋上に配置。やはり貨物ヤードといえば、隣に新幹線なのだろうか…? [続きを読む]
  • 埼京線と相鉄線…
  • またも、9月の追加告知… 選択式貨物ヤード 日時:9月30日(日)13〜14時半または15時半〜17時 参加費:4200円 貨物ヤードの風景は、2種類のうちどちらか選択。 9月2日(日)予定の複線情景ベースと、9月9日(日)予定の選択式複線ベースは接続可能で、貨物ヤードを12mmかさ上げすると、各複線ベースと高さが合い、接続はできないが、風景を繋げ合わせることなら可能。 各複線ベースと貨物ヤードの風景が繋がり合い、ここで [続きを読む]
  • 色気付けで…
  • 追加で、2枚の土台を新たに製作中なところ、色気付けでまずはアクリル絵の具を着色。ローアンバーで着色した部分は、土手となる部分に、ニュートラルグレー5で着色した部分が、コンクリート部分の歩道となる。 ローアンバーで着色した土手となる部分に、ターフで緑化作業。 これまで、12枚の土台にターフで緑化作業を行ったが、500mlのペットボトル満タンに入ってたボンド水溶液、あっという間にコレだけ減った… 次回は [続きを読む]
  • 色気を付ける…
  • フォーリッジクラスターを切らしてるので、作業ストップ中ではあるが、その合間に追加作業へ。切れっ端Bでかさ上げした土台を2枚追加したが、今回は今までの10枚より、40mm短い。 各1枚づつ、それぞれ地形作り等を行い、その上から固着。 次回は、そこから色気を付ける。つづく… [続きを読む]
  • 万能的な役割も果たすベース…
  • 貨物ヤードから、バスコレの走行にも対応までと、万能的な役割も果たすベースであるが、道路パーツセットAと組み合わせることで、曲線が一回り大きくなり、道路一周にゆとりも出てくる。 ベースに合わせて、道路の円を一周組み込んだ一例。ここで残念なことがひとつ、バス停部分をベースにハメ込むことができないのである。 ※バス停の屋根部分は、この時点でまだ組み立てていない。 ハコに記載されてる写真より、コレがバ [続きを読む]
  • コンクリート部分の面積…
  • 材料を切らし、メーカー在庫までもが切れてるので、一度作業ストップ。その間、貨物ヤードの情景をまた製作していた。今回はバリエーション展開で、情景を変えてる。 追加の一例で、建物を配置。コンクリート部分の面積が多少広いので、一部の建物が配置できるようになった。品番〈4026〉アパートと〈4008〉商店を配置。商店は3軒1セットで、ガードレール付きの土台を外してる。 情景を延長した配置例で、貨物ヤードにな [続きを読む]
  • 一度作業ストップ…
  • 地形作りで、切れっ端Aを3本から6本へ切り分けるところまで進めたが、6枚各土台の奥側へ固着。(ローアンバーのアクリル絵具を着色した部分上に固着) 固着した部分と手前側部分を、ローアンバーのアクリル絵具で着色。中心のくぼみとなる部分は、未着色のまま。 どちらも各土台、ローアンバーのアクリルで着色した部分は土手となる部分なので、その上からターフで緑化作業。フォーリッジクラスターで、茂みを付けたいと [続きを読む]
  • 地形作りをしながら…
  • ニュートラルグレー5のアクリル絵具を着色後、5mm厚の切れっ端A2本を、各1本ずつからスチロールカッターで地形作りをしながら、2本に切り落としたものをローアンバーのアクリル絵具で着色、その後各4枚のベース一番奥側へ固着。 同じく手前側も、ローアンバーのアクリル絵具で着色。 同じく切れっ端A3本、コチラも同様に各1本ずつから2本へ切り落としながらの、スチロールカッターで地形作り。 つづく… [続きを読む]
  • 着色変更…
  • B4サイズのスチレンペーパーを、A4サイズへ切り落とす際、切れっ端AとBが溜まる一方だった中、今回はAの方で地形作り。1本から2本へ切り分け、最終的に10本へ。 各1本ずつ、10枚の土台に固着。 71mm幅へ切り落としてから固着した部分、未着色で固着したのはニュートラルグレー5のアクリル絵具を着色、またローアンバーのアクリル絵具で着色済のうち1本だけ、コチラも同じくニュートラルグレー5のアクリル絵具へ、 [続きを読む]
  • 71mm幅へ…
  • ローアンバーのアクリル絵具で着色した、スチレンペーパーが余っていたので、71mm幅へ切り落としたが、そこから7本取れた。A4サイズの幅は210mmなので、1枚当たり2本しか取れないところ、1枚だけ210mmより幅が広かったので、その1枚だけ3本取れた。210mm、あと数mmだけでも幅が広ければ、もう1本取れたのに… 9mmかさ上げしたA4サイズのスチレンペーパーに、固着。 不足分は、新しいスチレンペーパー1枚から、寸 [続きを読む]
  • かさ上げが付いた土台…
  • B4サイズのスチレンペーパーを、A4サイズへ切り落とす際に発生する切れっ端のAとB。今回は、切れっ端Bの活用法を思い付いたので、実際に行ってみる。 A4サイズは寸法が210×297なので、210mmの幅へ切り落とす。 210mm幅へ切り落としたら、2mm厚2枚と5mmと重ね合わせながら固着。 A4サイズへ切り落とした、5mm厚のスチレンペーパー両端部分に固着。 両端に固着したものを10枚、2mm厚2枚と5mmで9mm厚のかさ [続きを読む]
  • 溜め込んだ分は有り難いこと…
  • B4サイズのスチレンペーパー、A4サイズへ切り落とす際、AとBの切っ端が発生していて、捨てるに捨てられず溜め込んでいた。 切っ端A 切っ端B 切っ端AとB、どちらの画像上も左側のハコが2mm厚、右側のハコが5mm厚となる。溜め込んだ分は有り難いことでもあり、それだけ教室の参加者さまがいたということでもある。 昨年(2017年)11月頃から、切っ端Aの活用方を思い付き、以降実行中。 その一例で、複線情景ベース [続きを読む]
  • 紙袋の底に塊…
  • スチレンペーパーを必要な分だけ注文。家へ持ち帰り、紙袋の底に塊があったので驚いた。塊は何だろう…と思ったら、5mm厚5枚入り×5で包まれていた。こんな量の買い方をしたのは初めてじゃないけど、包まれていたのは初めて。知らないと知らないで、そのときの驚きはハンパない(笑) 包み開封後… スチレンペーパーも在庫ないときは在庫がないので、ある程度ストック用を確保した方がよさそだ。 [続きを読む]
  • どちらかひとつ…
  • 9月の追加告知。 選択式複線ベース。 日時:9月9日(日)13〜14時半または15時半〜17時。参加費:4200円。 選択式複線ベースと題して、当ブログで以前upした2種類の複線情景ベースを選択式にして、どちらかひとつを作るという内容。 現在、参加予約も開始中。 [続きを読む]
  • 埼京線の205系に似ている…
  • 所持車両(第122回目) 鉄道コレクションその17 営団地下鉄銀座線2000形車体も屋根も全体が同じオレンジなので、色が濃厚なチーズでチェダーチーズのような、美味しそうな色をしている。 営団地下鉄銀座線2000形・1300形・1500形・1800形等混結編成。 コチラは、屋根部分が車体と違う色で塗装されていて、混結編成なだけあり車体がちがうなど、変化が見れるのでおもしろい!! てか、銀座線に地上と架線柱って… 小田急線800 [続きを読む]
  • 3〜4両分とはいえ…
  • テーブルの上で一周繋げたが、そこから更に駅前情景ベースと、複線S字ベースも繋げた。 車両を配置、ホームの長さが3〜4両分とはいえ、20m級4両だとギリギリ長さが足りない… 各車両コーナー部分を通過してから、駅へ入線。S字カーブは緩いので、画像上だと通過しても分からない… 動画上だと、S字カーブ上を通過してるの分かるかな…? [続きを読む]
  • 2と8を入れ違えて…
  • 先日(7月29日)の教室から得た収入で、帰り道にアキハバラと大井町へ寄り、買い出しへ。 コチラは私物、またも道路2車線でのバス走行。ホントは、動力付きのセットを買いたかったのだが、既に品切だったので、道路セットだけでも押さえておこうかなと。別売りの動力は急ぎじゃないので、後日改めて… コチラは、今後の教室で使用する材料の一部。線路の値札は1280円表示、でも1820円なのを知ってた!!よくありがちな間違えだ [続きを読む]
  • 中央線のドコか…
  • 複線コーナーベース×2、複線ベース×2と複線情景ベース×2で、ミニホーム×2も合わせた一周に。 車両を配置。配置した車両は、鶴見線の101系(黄)と、飯田線の119系(青) 鶴見線の101系だけど、車体が黄色いだけあって、中央線のドコかに似ている… カーブが小形なので、2〜3両編成が落ち着く。 YouTubeでも、中央線のドコかに似ている風景を、up(笑) [続きを読む]
  • 必要最低限の一周…
  • 半周同士の接続で、必要最低限の一周となり、ここから車両の走行へ。 それぞれの線路上に、車両を配置。 R140mmカーブでも、Tomixのキハ52やキハ40等、一般型気動車の単行なら通過可能。(※但し、連結での走行は不可) R140mmカーブ(内側の線)上の通過は、YouTube動画で上げている。 半周同士の継ぎ目は、これだけ広がっているけど、間に直線ベース等を追加すればするほど、狭まる。 次回は、直線ベースを間に追加。つづ [続きを読む]
  • もう片割れと接続…
  • 再度、バラスト部分にボンド水溶液を流してから丸一日後、ようやく乾燥したので、またここで追加配置の一例。 品番〈8172〉の雑木と〈8171〉の針葉樹を配置して、林や森っぽく。 片隅には、品番〈4026〉アパートを配置。 車両(東武100系スペーシア粋カラー)を、線路上に配置。 もう片割れと接続して、一周に。 次回は、車両の走行。つづく… [続きを読む]
  • 麻婆といったら丸美屋…
  • 地形パターンを変えて、ローアンバーのアクリル絵具を着色してから乾燥後は、ターフで緑化作業。 バラスト撒き作業も当然行ったが、全部同じパターンにしてもおもしろくないので、一ヶ所だけ線路と線路の間にターフを撒いた。 フォーリッジクラスターを固着してから、柵と線路脇に架線柱を立てた。 一日後… バラストが完全に固まってなかったので、再度ボンド水溶液を流した。麻婆といったら丸美屋、ボンド水溶液に緑の [続きを読む]
  • 地形パターンを変えて…
  • 複線コーナーベースを半周分製作したが、ここでもう片割れ追加して、一周分に。 今回は地形パターンを変えて、スチロールカッターで片側の1枚分だけ切り落とすが、線路両脇を切り落とした。 線路両脇分切り落とした分は、もう片側1枚分の線路両脇に、それぞれ固着。その後、他の土台と高さを合わせるため、2mm厚のスチレンペーパーも固着。 白い下地部分を隠すのに、ローアンバーのアクリル絵具を着色。 [続きを読む]
  • 建設中の新しい路線…
  • ミニホームを配置したが、ここでもう1セット追加で組み立て、ホームの延長へ。 複線ベース×2での、延長されたミニホームの配置。 また、複線情景ベース×2でも配置可能。 余談ながら、不要なミニホームの端っこ部分と、ホームを配置する際に切り離した、ワイドPCレールのバラスト部分との組み合わせで、建設中の新しい路線。 …とでも書きたいとこだが、枕木部分がないので着色して、レールと枕木が撤去され、ホーム [続きを読む]