Wacky さん プロフィール

  •  
Wackyさん: 日々の文字箱
ハンドル名Wacky さん
ブログタイトル日々の文字箱
ブログURLhttp://mojibako.seesaa.net/
サイト紹介文高知で働く全盲公務員の日記と読書録。東京食べ歩きの記事もあり。ワインも飲みます。
自由文基本は毎日更新を目指します。読書録と、その他近況やコラム等。東京で通ったレストランや、お気に入りの店も記録の形で残してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2009/03/18 07:50

Wacky さんのブログ記事

  • オハヨー乳業の焼プリン
  •  普段、スーパーで買い物ついでにスイーツを買って帰るなどということはほぼないのだが、ふと今夜はプリンが食べたくなって、いくつか持ってきてもらった中で一番ピンときたのがこれだったので購入してみた。 プリンというのが、そもそも子供心に食べさせて貰った高級品で、様々に思い出があるのだが、自分の稼ぎから買って帰るというのが何とも面はゆいものだった。 美味しかった。 確かに、洋菓子店で買える以外のプリンとし [続きを読む]
  • 過去のメールのすべてが消えた
  • 先頃、月額の通信費が五百円は安くなるというので、プロバイダを乗り換えた。それに伴い、これまで使用していたメールアカウントも消失したのだが、それは別にグーグルのフリーアドレスがあるので問題はなかった。ところが、なぜかパソコンで使用しているメーラーからGMAILにアクセスできなくなり、四苦八苦のあげく、アルコールの力を借りて解決した。そこまでは良かったものの、その際、転送に関する設定を誤って、サーバに残し [続きを読む]
  • 20時半の飛び込み入店
  •  週に一度、仕事終わりが20時半になるシフトになり、その日は必ずどこかで食事をして帰るようになった。 礼儀として、たいていは一本電話を入れてから店に向かうのだが、その時間だと、どこへ行こうか気の向くままという感じになり、飛び込み入店という機会も増えた。 だが、それが不思議と何かわくわくさせるものがある。 とある店には、「それならいっそ、毎日20時半シフトになりませんか?」とたたみかけられ、慌てて懐 [続きを読む]
  • ひまわりシャンプー
  •  シャンプーが切れたので、今夜から新しいものを試してみることにした。 これまで、ヘアサロン用というものを取り寄せて使ってみていたが、ボトルが大きく、早々買い換えなくて良いというメリットはあったものの、えらく高いような気がして、手頃で評判も良いこちらを買った。 今夜は、シャンプーに神経を集中させるため、アルコールを抜いた。 では、シャワーに行く。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『ひよっこ社労士のヒナコ』/水生大海
  •  人死にの出ない、軽いミステリーを読もうと思い、手に取ったのが今回のこちらの作品。 他人から見れば、ダメ人間のレッテルを貼ってしまいそうな人でも、当人には別の考えがあり、それなりにしたたかにやっているのだということを、中編のどの物語でも、多少皮肉を込めた人物描写で楽しませてくれる。 結末は、決して幸せで締めくくられるものばかりではないが、だからこそ人生は面白く、次のやる気も湧いてくる。 軽いため息 [続きを読む]
  • 歳を重ねた休日
  •  意図したわけではなかったのに、誕生日と休日が重なったのは幸運だ。 何となれば、毎日休日ならなお幸せなようにも思えるが、周囲から、それはまだダメだと言われて久しい。 昨晩は、久しぶりに座ったなじみの店で、祝いの葡萄酒をごちそうになった。 それだけで、今年も歳を重ねたことを十分祝福された気がした。 整体の施術でゆがみを整え、衣服を洗濯して身ぎれいにし、散髪をして頭に涼を吹き込んだ。 散歩まですれば完 [続きを読む]
  • 夜が冷えてきた
  •  晩酌で若干のアルコールを入れた後、のんびりネットを眺めるのは日々の幸福だ。 なくなりかけたシャンプーを思い、次はどれを試してみようかとか、やっぱりビールは、呑む分だけその都度買う方が経済的ではなかろうかなどと考えている内に、休日が終わり、寝る時間が近づいてくる。 だが、くせ者なのは、この時期、急に晩方が冷え込んできたことで、うっかり居眠りでもしようものなら、あっという間に身体を冷やしてしまう。  [続きを読む]
  • 「オー・ペシェ・グルマン」@笹塚
  •  腕の立つ女性シェフが、出来る大人の女性に、抜群のビストロ料理を振る舞うという、不思議な空気感を持つ店だった。 しつらえはおしゃれなカウンタービストロで、店内のデザインと言い、流れているBGMがフランスのインターネットラジオと言い、女性をくつろがせる雰囲気と、気持ちを浮き立たせる演出が実に心憎い。 誰に対しても、最初からフレンドリーという訳ではない。 だが、ひとたびそのシェフと客の息がぴたりと合えば [続きを読む]
  • 「きしめん よしだ エスカ店」@名古屋駅
  •  温泉旅行に出ていた。 この時期の露天風呂は最高だ。 ここは、その帰りに寄った店で、名古屋駅周辺で食したきしめん屋の中ではもっとも良かった。 麺の腰と、つゆの濃さと、五目の具材にもしっかりと手がかけられていて、ボリュームも申し分のない一杯だった。 名古屋に行ったらまた寄ろう。■きしめん よしだ エスカ店名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下街052-452-287511:00〜21:00無休食べログサイト☆にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『冬の光』/篠田節子
  •  この作家の書くものにはすごみがある。 総じて長編はどれも重たく、胸を圧迫してくるような展開にたじろぐが、一度その物語に引き込ませると、そのまま釘付けにする力がある。 また、主人公を作家と近い年齢に設定しているのも功を奏しているのか、登場人物の気持ちのくみ取り方がうまく、若者が妙に古めかしく見えたり、中高年の心のオリを描ききれなかったりするようなこともない。 単純な四国遍路物かと思い手に取ったが、 [続きを読む]
  • 夜の紅茶と秋のブタクサ
  •  いったん掃除を始めて埃が立ち出すと、最後まできれいにしなければ中途半端な結末を迎える。 昨日、ポケットティッシュを片手に出勤すると、それは単なるハウスダストアレルギーではなく、最近ひどくなり出した秋の花粉ではないかと言い出す同僚がいて、さもありなんという気もしてきた。 とにかく、布団カバーから床のマットまで、埃の元となりそうなものはあらかた洗濯機に放り込んで、鼻のケアをしながら掃除に励むという、 [続きを読む]
  • 掛け布団交換
  •  こんな天気の良い週末に、散歩と掃除をする以外のすべがあるだろうか。 若干埃が目立ってきたので、キッチン周りの掃除をして、棚を使いやすいよう整理した。 いよいよ、コーヒー豆の電動ミルでも導入しようかと目論んでいる。 ついでに、掛け布団を夏物の薄いものから秋用へと交換したら、押し入れから大量の埃が立って、盛大に鼻が詰まった。 昨晩は、三ヶ月ぶりに顔を出したビストロで、デザートワインを頼んでのんびり過 [続きを読む]
  • 秋、福岡へ
  • ブログの記事を更新する意欲が、著しく減退している。日常にさほどの変化はなく、書くことに乏しいということもあるが、書こうとすると気持ちの鬱屈が表面化しそうで、それはろくでもないので封印しようとすると、余計にキーをたたく手が止まる。一言で言えば、疲れたなぁという気分が蔓延していて、秋刀魚を焼く煙でさえ引きつけるものがないとなると、これはかなりの重症だ。そんなとき、ふとさよならも言わずに更新が止まった、 [続きを読む]
  • 秋の東京へ行く
  •  今週は、季節の変わり目でとりわけ体調が悪かったが、気を取り直して、久しぶりに東京に出る。 景気づけに、人形町のビストロを予約した。 豚好きなら、必食の一軒として名高い店なので、ボトルワインがうなりを上げて注がれるに違いない。 まもなく出発。にほんブログ村 [続きを読む]
  • DALIのスピーカー ZENSOR PICO
  •  小型スピーカーとして、久しぶりに素晴らしい音を聴いた。 これは、ORTOFONのCONCORD105以来ではなかろうか。 深みと広がりを持ちながら、透明度の高い明瞭な音楽を鳴らす。 こういうスピーカーが、この価格で手に入るのは、昔のミニコンポから考えれば隔世の感がある。 これに、TEACのデジタルアンプでも組み合わせれば、ダイニングに、素晴らしい音楽環境が整うだろう。 Billy Joelの、Just The Way You Areが最高だ。 [続きを読む]
  • 夏の疲れ
  •  夏の疲れは、秋に出る。 当たり前と言えば当たり前だが、今朝、整骨院でいつもより患者さんが多かったところを見ても、この急な気温の変化により、人間の身も収縮を始めたのかもしれない。 ここ数回、なじみのラーメン屋の塩加減がきつめになったことも考え合わせると、季節の変わり目で、作り手の情緒が不安定である可能性も否めない。 かくいう自分も、「豆腐は、絹の半丁を二つ!」と、商品をお願いするごとに、二度訊き返 [続きを読む]
  • 机上のスピーカーがいかれる
  •  数年愛用してきた、パソコンデスク上のスピーカーの一本が、割れ鐘にも似た音を発し始めた。 これは明らかにどこか配線の接触不良を起こしているのだが、かなり神経に障る音だ。 別に、パソコンの読み上げ音声を鳴らすだけなら、ミニアンプにスピーカーなどという大仰なものを置かなくともよいのだが、それなりに動画や音楽を鳴らす機会も多いので、この際は買い換えを検討せねばなるまい。 候補は、DALIのZENSORのPICOという [続きを読む]
  • 低気圧にやられる
  •  昨日の台風は、高知市内では何事もなく過ぎたが、体調に悪影響を与えた。 昼食に出た直後、眠気とは異なる異様な倦怠感に襲われ、以後、午後中自分が何をやっているのか分からないほど朦朧としていた。 どうやら、低気圧が原因のようだ。 今日は、立て直して行きたい。 来週末の、東京行きまではまだまだ遠い。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「鮨 あおき」@高知市
  •  三度訪問して、ここは通えると確信した。 安くて美味しい。 回転寿司は避けたいが、高級寿司には手が届かない。 そんなこちらの複雑な事情を、この店はよく察してくれている。 ・イカ ・ヒラメ ・ウニ  ・サヨリ ・アジ ・ウナギ ・炙り牛 ・タマゴ 赤だしまで付けて、生ビールと芋焼酎ロックで、しめて2980円。 鮨は、しばらくこの店で決まりだ。■鮨 あおき高知市帯屋町1-5-2 3F088-821-663317:00〜23:00日休食 [続きを読む]
  • 成田空港の利便性
  •  成田空港の使い勝手について考える機会があり、乗り換え案内で調べたのだが、スカイアクセスという特急で東京の東側まで出るのに一時間、ちょうど千円かかるとのことだった。 この一時間と、千円をどう考えるかだが、よほどLCCに価格的優位性がない限り、自分のように仕事の合間を縫って東京に出ている身には、やはり羽田が良いかもしれないという結論に達した。 午前中に仕事を済ませて、東京で夕食の機会を持ちたいとか、一 [続きを読む]
  • 水増しはやるせない
  •  「本当は、いてほしくないんだね?」 別れを目の前にした恋人の、そんな発言が飛び出す瞬間ほど、胸が張り裂けそうなシチュエーションはないわけだが、それを受け止める側の心境は明白で、「申し訳ないけど、心はすでに決まっている。」という結論になる。 やるせないのは、あわよくば極力遠ざけておきたい存在だったということを数字上で明らかにされたという点で、ごまかしに対する怒りというより、そうですか、そんなにいや [続きを読む]