mikatakesi さん プロフィール

  •  
mikatakesiさん: ケータリングでカレーなライフ
ハンドル名mikatakesi さん
ブログタイトルケータリングでカレーなライフ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mikatakesi/
サイト紹介文ケータリングで生計を立てる人が日々 思うことを日記にしてみました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/03/18 21:05

mikatakesi さんのブログ記事

  • 今年の冬は寒い冬になるのでしょうか
  • 日に日に、気温もシフトしているのが肌身に凍みて感じる最近ですね。九州の出身だからという理由だけでは無いのですが、寒いのは昔から苦手な部類ですね。まったく、秋らしい秋を未だに感じることなく毎日が過ぎて僕の周囲です。紅葉を堪能する時間くらい作らないとですね。あっという間に、クリスマス・・・・お正月・・・・・なんてことになりますね。時間だけは、万人に平等に何のためらいも無く過ぎていくものです。ありがたいのか?迷 [続きを読む]
  • 3銀行大リストラ時代 3.2万人分業務削減へ
  • https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22847550Y7A021C1EA3000/記事の詳細は日経電子版からどうぞ。11月3日の朝日か、毎日にも記事がありましたが銀行のこれからの動きは明らかにAIベースのシステムに切り替わろうとしています。勿論BC(ブロックチェーン)コストの削減は人減らし論理的に人件費は大きな会社のコストを占める訳ですからコストパフォーマンスを考慮しても自然な流れと見ることはできるでしょう。一見、非道なア [続きを読む]
  • 久方ぶりに”リップル”の記事があったと思ったら、、、
  • 何かとトラブルのひとつやふたつは、ベンチャーの立ち上がりには付いてまわるものです。新しいモノが出始めの頃には、これまでのことを振り返ってみても個人のレベルでさえも、色々と思い出したりするものです。インターネットが普及し始めた頃もそうでした。ネット回線が太くなり進化し、今では早くて、より安定したネット生活が毎日のように利用できるようにもなりました。大きなトラブルも、最近ではそうそう頻発することもな [続きを読む]
  • 送金を試してみてます。
  • スマホのウォレットから、アカウントを開設してある幾つかの取引所の中から、先月末に仮想通貨交換業者として登録完了のお知らせがあったビットフライヤーへ、僅かですが¥10000程のビットコインを送金してみました。本日の高値で50万を付けたビットコインですが、個人的には、投機的に購入したものではないのですが、キャンペーンや買い物をするとビットコインのキャッシュバックなどで少しづつ貯まったものです。取引所の色々な [続きを読む]
  • ミスター都市伝説にまなぶ
  • IoT (モノがインターネットに繋がる)フィンテック(金融テクノロジー)やりすぎコージーのミスター都市伝説の分かり易い解説から確かにですね、手紙がメールになって、黒電話は、携帯になった。インターネットの恩恵をどれだけ受けてきたのでしょうか。今では当たり前の常識となりましたが、変化のタイミングには、必ずと言って良いほど新しいモノには、難癖が付けられてきました。Finteckを”ミスター都市伝説にまなぶ!”そ [続きを読む]
  • Sコイン、 国内金融機関の動きも慌しく!
  • SBIはRippleに投資していますよね。Googleやマイクロソフト、Appleやyahoo!!なども同様です。これは、googleで検索すれば、「 SBI リップル   」誰にでもみつかりますので、ぜひ検索して頂けたらと思います。近々の日経新聞にもSBIの動きが記事になっていました。気になるSBIの動き関連サイトにも取り上げられていましたね。★ マイニング事業、★ Rippleに出資しXRPを保有、★ 取引所開設予定、★ Sコイン徐々に準備も [続きを読む]
  • フィンテックの理解を深めるために
  • ネットでは、いくら検索しても見つからない情報を知りたければ、知っているひとに聞く!これが一番の迅速、かつ正確な方法ですよね。自分は、片田さんと村松さんでした。だからこそ、その人へ辿り着く、その人脈の選定もさらなる ”イチ” 大事であることもしっかりと覚えておきたいと毎回、感じています。本日も、「 フィンテックセミナー 」に参加してきましたが、凡人の脳みそ故に、何度か回数を重ねてお話を聞くたびに  [続きを読む]
  • 常識の範疇でしか・・・
  • いまだ、発禁中です、どなたか持っていないでしょうか!?株式投資でインサイダー取引は違法です。しかし、FX や仮想通貨は インサイダーは不正ではありません。ですから堂々と取引に使うことができます。この情報を知っていたら!・・・・・・・率直に知りたいと思いますよね!少なくとも、自分はそう思いますね。しかしながら、、それ以前に、「そんなことあるわけが無い」      「今まで聞いたことないし・・・・」ほとんど [続きを読む]
  • 通貨も選択する時代は近い
  • 国が発行する紙幣には、発行元の信用からその価値が決められているもうひとつは、利便性ではないでしょうか生活に必要不可欠なお金ですから、こんなこと、当たり前で考える事はありませんが使える場所が、ごくごく限られていたとしたら、そのお金は、不便に感じるはずです。何処へ行っても、コンビニでも公共交通機関を利用する時でもサッカー観戦するときも、なんでもです。お金さえ持ってさえいれば、これって、改めて考えるこ [続きを読む]
  • 仮想通貨と政治的背景
  • ビットコインを筆頭に、大きく値動きを見せている近々ですが、現行の法定通貨の値動きにも同様のことは言えると思います。世界の政治的な事象や要人の発言や国の政策などで、通貨の価値は上がったり、下がったりを繰り返しています。仮想通貨にも これと同じ事がおきているのではないでしょうか。仮想通貨自体が、まだ生まれたばかりの市場ということもあり、これからも右に左にと、大きく揺れながらだんだんと成熟していくのか [続きを読む]
  • 人生で邪魔なもの、それは「思い込み」
  • アマゾンでこの本を見つけたときに、すぐに購入しようとしたのですが何故か発売中止!、再販を待つことになりました。残念!さてさて、同世代、あるいは年上の先輩にも共通するのかな?そんな最近の感想です。もちろん僕の知り合い環境に特定されることですけど、とかく、40代、50代、それ以上ですかね、職場では、あまり建設的ではない会話8割超!どこでも一緒でしょうか?アンケートでも取りたいくらいです。給料上がらないかな [続きを読む]
  • チャンスに合わせる、フィンテックに乗っかる
  • 為替相場に近いひとには馴染みのあるチャートです。これって、大衆心理の塊がぎゅっと詰まった目でみて単純に分かるものですが相場もそうですが、チャンスは向こうから肩を「ポンっ!」と叩いて教えてくれるものではありません。ここが大衆心理の天底だ!そんな時にポチッと して乗っかるんですね。たいていの世の中のチャンスは、こちらが合わせるようにできているみたいです。自分が変わりたいな〜と思ったらチャンスに [続きを読む]
  • 貨幣経済は信用経済へ
  • wikiで検索しても1万円をみても分かりますが「日本銀行券」って印刷してあるんですね!なんの疑いも無く、私たちにとってはお金ですよね。じゃあ? 日本銀行券とは、お金じゃないの?でも、コインに関しては、日本国 百円とあります。お札もコインもお金ですよね。これってなに?そんなこと、普段は考える事もないはずです。現在の紙幣やコインを使うようになってから1世紀が経つわけですから私たちも自分のお財布を持たされる [続きを読む]
  • 資産を守れてますか
  • 金から、仮想通貨へお金持ちから小金持ちまで、資産保全を考えるのは万国の共通項目ですが、最近の傾向としては、安全資産の先は、仮想通貨への移行が目立つようです。その時代ごとに変化する、価値対象これも自然な流れだと思いますが、なぜ、金よりも仮想通貨なのか?変化の裏には、必ず理由があると疑ってみる癖をもつこと!生きていく上で変化のタイミングでのリスクヘッジをすばやく出来ることにも繋がっていくはずです。そ [続きを読む]
  • Untitled
  • 9月になりました!時間の経つのは本当に早いものです、何となく過ごしていると5年、10年なんてあっという間に過ぎ去りますよね!たいてい、その時に振り返ると残念な気持ち8割強〜そんな自分が想像できますが、今日は、防災の日だそうです。あの大震災からも結構な時間が経過しました。普段から準備はできているの!?そう、聞かれたら 自分はダメダメですね。有事の時の備えも大事ですがこれに関しても、まずはお金が必要になり [続きを読む]
  • Untitled
  • 9月になりました!時間の経つのは本当に早いものです、何となく過ごしていると5年、10年なんてあっという間に過ぎ去りますよね!たいてい、その時に振り返ると残念な気持ち8割強〜そんな自分が想像できますが、今日は、防災の日だそうです。あの大震災からも結構な時間が経過しました。普段から準備はできているの!?そう、聞かれたら 自分はダメダメですね。有事の時の備えも大事ですがこれに関しても、まずはお金が必要になり [続きを読む]
  • 注目される!注目されない!
  • 分裂問題以降も、勢いは相変わらずのビットコインですね!仮想通貨界では、米ドルのような位置にあるビットコインと、その他、多くのアルトコイン、そんな構図の現在です。勿論、イーサリアム ライトコイン リップル、などの安定上位の仮想通貨は名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。それでも、世間的には圧倒的な知名度のビットコンですよね、取引所のコインチェックから、8月13日の価格です(以下)そして、本 [続きを読む]
  • IT(インフォメーション・テクノロジー)
  • IT時代到来なんて、言われるようになってから、もうどれくらい経ったでしょうか。情報技術と訳されていますが、インターネットや情報端末などの進化と共に、より身近な存在として日々、いつでも使う事のできる、今では生活の一部として当たり前のように、無意識に私たちが使っているもの。ITってそんな感覚ではないかと思います。数多の世界中の情報をいつでも、24時間ポケットに入るコンパクトなサイズの端末でインタネットに繋 [続きを読む]
  • フィンテック革命って!?
  • ※ 金融(finance)と技術(technology)金融技術と呼ばれるものですが、日本語で表現される方が、ちょっとレアで聴きなれないくらいに、『フィンテック』と呼ばれています。まだまだ耳馴染みの無いひとは多いと思いますが今やgoogle先生に聞けば何でも答えは、ほぼほぼ分かりますよね。参考URLです 日経デジタルの記事にもありますのでこれからの私たちの生活に密着するであろう「フィンテック」に今のうちか [続きを読む]
  • 私たちの常識ってなんでしょうね?
  • 50歳のひとは、50年かけて作られたそのひとの常識がある訳ですが、時として、その常識は人生においてメリットとなったり、デメリットになったりすることがあると思います。では、僕もみなさんもそれぞれの常識に沿って生きてきた今日までを考えてみてください。色々なタイミングで選択してきた結果が今の自分なんですよね、どうでしょうか? 幸せですか!仕事やプライベートは充実してますか!お給料は十分ですか!私は、今のま [続きを読む]
  • Untitled
  • チョコレート好きな人って多いですよね自分も何時ごろだったか、ロッテの黒ガーナを毎日冷蔵庫に常備してました。よく知られてる、、原材料のカカオ豆ですが、面白い格好でなっているんですね時代を溯ること、およそ500年前のメキシコではこのカカオはお金として使われていたようです。勿論、マメとしてもそうなのですが、それほどに当時のメキシコでは貴重なものだったんでしょうね。ちなみに「神様の食べ物」と呼ばれていたそう [続きを読む]
  • 通貨の未来
  • 相変わらず忙しそうな百田さんのでこちゃん日記に目を通しておりました。いつ、バーミヤンとタッグくんだでしたっけ?知りませんでしたてっきり、山田うどん一筋なのかなあ、と思っていましたがやはり、人気者は違いますね。もうまもなく、あっという間にバカ騒ぎの時期なんですねメンバーもしっかり大人の年齢になりましたがスタンスの変わらないところが多くのひとに愛される理由なのかもですね。何故か、「スエーデン 通貨  [続きを読む]
  • 知れば面白いお金についての動画発見!
  • 貨幣の真実こんなタイトルの動画を見つけました。一度見ただけではちゃんと消化できなかったので3回見ました。youtubeにupされてますので、お時間のある時にどうぞ。https://goo.gl/Nb42d3日本で私たちに馴染みのお金は、コインとお札ですよねみんなが大好きな1万円は日本の中央銀行が発行していますが、この1万円には、日本銀行券と印刷されているのを見た事があるのではないでしょうか「1万円」とか、「万札」、「諭吉っさん」 [続きを読む]
  • ハイブリッド車 本当は ノンエコ
  • 自動車業界も、ハイブリッド、EV車への流れが何となく当たり前のように感じる最近ですが、マイカー持ちとそうではない人では、その感じ方も色々でしょう。生活圏の利便性なども関係しますから、そのニーズも様々だとは思いますが、お話の真意は、そこではないんですけども実は、あの誰もが知っているであろう、ハイブリッドの先駆車でもある『 プリウス 』ですが、開発技術者の11人中、9人が脳腫瘍だった、そんな情報は、大半の [続きを読む]
  • 本当に大事なことは、なかなか表にはでてこないってこと!
  • およそ3%のひとたちには、大事なニュースの秒読みですがそうではないひと達にとっては、他愛もないことですよね。それぞれに注目は違って当たり前だとも思いますし。少し前に、国会議員さんの「ハゲ〜」と秘書を怒鳴り散らすニュースも世間の注目となりましたが、あれって、国の舵取りをする国会という集団の一部が公開されたんですよね。最近はどんなテーマで議論されているのやら???こちらの関心の薄さも全く棚に上げてしま [続きを読む]