リタ さん プロフィール

  •  
リタさん: リタのブログ
ハンドル名リタ さん
ブログタイトルリタのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/rittajp/
サイト紹介文ルルル、ららら、3分間のきもち
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/03/19 20:09

リタ さんのブログ記事

  • 盆の頃
  • マイ植木ばちのジュズブー根っこが弱々の瀕死にさせてしまった植え替えして3ヶ月経ったかなしばらくは枯れず栄えずだったけどミンミンモーターが鳴りだした頃から葉っぱが増えた感あってそしたらお花が咲いてる!ごめんね、ありがとう!ジュズサンゴの白いかわいいお花すてき 夏の観察成長著しいティティラで、でかくなってるの鬼クマのツノが伸びてるの お盆は弟と二人で父母のところへ行ってきた駅東にある餃子みんみんの長蛇 [続きを読む]
  • 三俣蓮華岳
  • 双六岳より三俣蓮華岳方面を望む鷲羽岳、水晶岳、野口五郎岳が見えてるのかな日本アルプスの秘境と言われる方面へ向かうすこぶる贅沢な気分だったなあさらに進む未知なる散歩道 ウキウキ まわりの葉っぱに負けじと太陽を愛する眼差しに釘付けだよ小っちゃいのにビューテイフル妖精みたいだった 槍ヶ岳と原っぱ風に吹かれる髭たちがいっぱい一緒に3度目のあさごはん腰を下ろして髭と同じ目線になって山の上で一緒に風に吹かれてた [続きを読む]
  • 双六岳
  • 2日目 5時過ぎた頃日の出を見る山の端より小さい顔を出した太陽赤色から金色に変容した姿をパシャリ 6:00 双六岳へ出発ゆるりと朝食、体調すこぶる良好!お天気も良好!すてきな気分!ありがとう神さま睡眠10時間いいかもチャージ完了 斜面いっぱい朝日を浴びて明るくて鮮やかな道を上っていく爽やかすぎて 疲れなくて記憶に残らないくらい寝てたのと同じ感覚 なかなかの崖に咲いてる時間はいっぱいあるからゆるりと体制整えてパ [続きを読む]
  • 花見平
  • 登ったり 下ったり疲れたり ホッとしたり途中 通った<花見平>花のある草原が解放的だった<くろゆりベンチ>に黒百合は咲いてなかった、 その前には雪が大きく残っている雪の冷気のおかげで氷河時代の花は開花時期に 現在も夏元気に花を咲かせることが可能らしいお花ばたけの広がる斜面には必ず雪が残っていたなあ 弓折乗越と双六小屋を結ぶコースタイム1hの山道アップダウンして緑に隠れたり空を仰いだりすこぶるザ・山道なすこ [続きを読む]
  • 弓折乗越 
  • 1日目の歩行はまだまだ続く<ひょうたん池>には沢山の笑い声がこだまする登山客ですごく賑わってるんだもの さらに続く上りへの序章に 佇む地図の等高線にて登るのは分かっていたけど甘く見ていたょこれからの道程 ようよう登ってきて振り向いてパシャリ真ん中ほどに鏡平山荘を見下ろす山の顔たちと対面してる感じ 稜線を左の方へなぞっていく目前にそびえる険しい尾根雲に遮られることなくぼーっと堪能する さらに左へ屏風のよ [続きを読む]
  • 鏡平山荘
  • 11:30 <鏡池>に到着お天気良好にて 山くっきり一服の絵画的光景に感無量槍ヶ岳から大キレット、北穂高岳を写すへーー 初生槍!頭の中で回り出した歌があるの ♪アルプス一万尺小槍の上でアルペン踊りをさあ踊りましょ 槍ヶ岳の左の小さいところで踊ろうって歌だったんだ、、自分の中では何故かずっと白鳥と踊ろう って解釈してた さらに右をなぞる奥穂高岳からジャンダルム、西穂高岳へ山脈って青いなあ山のパノラマが広がって胸 [続きを読む]
  • 小池新道 2000m以上
  • <シシウドが原>からの眺望山々が連なる青のグラデーションを調べた奥穂高から前穂高そして焼岳が見えている素晴らしいのう随分と登ってきたなあと思ったらまだ、シシウド〜な気分だったの、、 この世のものとは思えないほど命が熟した艶々の赤い実だったこういうものを作っちゃう自然って驚異 葉っぱの表面に並んだトゲトゲが面白かった大きな葉っぱだった 葉っぱのキング 白い小さな花がいっぱい咲いてるんだこの植物の花盛り [続きを読む]
  • 小池新道 2000m以下
  • 小池新道へ入るすごい。本当に素敵な散歩道へ突入とっても緑が見たかったんだうれしい。贅沢だよ 渓流のポリフォニーを右方より聞きながら石ころだけど歩きやすい道を行くリズムに乗って進んでいこう まだ元気だった石がゴロゴロ ゴーロ帯は飛ぶように渡り草木の繁る低木帯はにケモノみたいに緑に包まれてた 秩父沢の2つ目の小さな橋山から湧いて流れていく水の有り様「沢」 自然の営みに感動したんだ水がこんなに綺麗だなんて! [続きを読む]
  • わさび平小屋
  • 8/2日(木) 7:00お散歩したくて新穂高温泉にきた新宿発23:00 新穂高温泉着6:30夜行バスにて 登山届け出しておにぎり食べて 2泊3日へ歩き出す お天気に恵まれて山の豊かさに触れられて自分の体力の限界を知って心も体もコテンパンにやられた 自分にとって意義深いお散歩となった おどろおどろしいけど涼しい道をちょっと通る水を1.5L持ったら重たぃぃぃ自分にとって地味に体力消耗だった・山行の教訓・〜水場のあるお山は水を汲 [続きを読む]
  • 富士山 お鉢めぐり
  • '7:38 富士山頂到着目の前に噴火口!感動!きれいに見える。。なんて幸運!晴天に感謝!思いの外タイムは良かった時計回りでお鉢巡りした 浅間大社奥宮お参りした。有難いのう富士山に鎮座するコノハナサクヤヒメノミコト火中出産の神話から火の神とされ父オオヤマツミノミコトより富士山を譲られたらしいまた、噴火を鎮めるために水の神でもある女神を祀ったとの説もあり 富士山の噴火2018. 7. 22 の説に遭遇緊張してたりもして、 [続きを読む]
  • 富士山 七合目〜山頂
  • 14:30 砂走館七合目五勺のところにある山小屋初お泊まり 満席、満布団にてマッチ箱のマッチになったみたいに寝たよお隣の方はお山の先輩だったいろいろためになるお話をお伺いした ここにして良かった。。お庭の広いのが良かった椅子が3列並んでも人がすれ違える広さがあるあちこち座ってあちこち眺めたラピュタで見た雲!飛行機から垣間見た雲!なんて明るくて美しい世界 右手下に宝永山を望む黒い光りを放つように一番早く 夜へ [続きを読む]
  • 富士山 五合目〜七合目(宝永山)
  • 7月20日と21日一泊して富士山にのぼった いつも空のご機嫌を伺って雲の隙間を縫うように遠くから小っちゃい三角を眺めるに過ぎなかったあの富士山に! 富士山は日本の三大霊山であるし世界の七大霊山でもある龍脈の源であり富士山を取り巻くレイラインも興味深い〜古代の遺跡、聖地が一直線に並ぶ現象をレイライン(光の道)と呼ぶらしい 小学校の唱歌にて親しみを持ち浮世絵でも馴染みが深く日本人のアイデンティティとして常に心 [続きを読む]
  • 夏の夜
  • 盆踊りっておもしろい。。 保育園の頃の思い出近くの小学校で開催してた盆踊りの輪の中でほんの一瞬だけ踊った時の記憶がすごく鮮烈に今も残ってる 闇夜に浮かび上がる櫓灯りに浮かび上がる大勢の知らない人の姿音と光の中にいる楽しさ!夢の中とか極楽の世とかこんな異世界が存在するんだ。と子供の心が震えてた Youtnbeで「新橋こいち祭」と遭遇盆踊りが12曲もあって踊りもみんな違うご年配の方々がすごい!きれいな型で楽しそう [続きを読む]
  • 盛夏の頃
  • 翠に染まる夏の井の頭レイク藻と光の絨毯を白鳥が一羽恋人を乗せて泳いでたよ 日盛りを少し過ぎたころ影に触れてホッとする切り株蝉時雨が注いでるカラスの声が降ってくる帰ろう 帰ろう 帰ろう 大きくなった子ケベリアをカエル宮とヤギ宮に住まわせたの孫ベリアがいっぱい!バスタブ保育園にて遊ばせてるよ棘サボは横っちょがすこぶる膨らんでる神秘的だのう腕ができるのかもなあ 苺の器にご満悦のティティラ急成長を遂げる花キ [続きを読む]
  • 巳の日 江ノ島 2
  • 江ノ島の好きなところは背後にそびえる岩壁の迫力だのう「見上げる」という行為がすこぶるとっても大好きだ! 緑が光にそよいでる中空の景色に恍惚とする。なんて美しいんだ この岩屋には20年くらい前に入ったなあまた行ってみよう 役小角、空海、日蓮聖人などなどが洞窟に籠もり修行した場所修験道の霊地にてパワースポットらしい 最近知ったのだが奥津宮のところ岩屋本宮の真上に龍宮 わだつみのみやが鎮座するらしいすこぶる力 [続きを読む]
  • 巳の日 江ノ島
  • 梅雨が明けて出し抜けの夏!高尾山に行こうと準備万端の前夜寝る前にふと思い出したんだあれ?明日って・・・ 江ノ島へ行った 6月30日は大祓の日であり七夕飾りもあり辺津宮にて茅の輪をくぐってお参りした この日は巳の日であり一粒万倍日でもあり奉安殿にお参りしたミニミニ白蛇をお供えした 参拝される方が後を絶たなかったよ ニ体の弁財天さまを囲むように十五童子が色とりどりに立っている人が天から与えられる豊かさが全 [続きを読む]
  • 別れの曲
  • 「ピアノの詩人」と言わてれる ショパン「一生のうち二度とこんなに美しい旋律を見つけることはできないだろう」と言った 練習曲作品10第3番 別れの曲 ポーランド出身のショパンこの曲はフランスにいる時戦時下にある故郷を思ってつくったらしい クラシックを弾くならこの曲は絶対外せないなあと8,9年前から思い続けていた曲 冒頭の旋律は特に有名で自分もこの部分だけでも弾きたいなあっていうのがきっかけだった しかし [続きを読む]
  • マリアの子守唄
  • ドイツの近代作曲家、マックスレーガーの60曲からなる歌曲集「素朴な歌」の中の特に有名な第52曲マリアがイエスをあやしている歌詞クリスマスによく歌われる歌曲である マリアの子守歌 天上界の子守歌とも言える旋律が美しい 6/8拍子が途中9/8になったり1拍お休みしたり変化球なリズムが面白い 弾いてみたいと思って10年くらい月日が流れた憧れの曲で伴奏の個性的なところが弾くの難点でそれでもやっぱり弾きたくて試行錯誤、 [続きを読む]
  • 水無月のすみだ水族館1
  • すみだ水族館へ行った アクアリウムの水草ジャングル感が抜群にかっこいいんだ 透明度が高くて水泡とかキラキラきれい。夢中でパクパクしてるの臨場感すこぶるあるんだ お魚は少ないかもしれないけど水槽の中にいるみたい。を、じんわり感じることができた絵画的な奥行きが印象的 ミズクラゲ生命の全てが透明にて、それでOK!!地球に生きる同じ生命体実にバラエティー豊かだなあと進化に関心したりした鼓動を打つ傘の開閉運動にしっ [続きを読む]
  • 水無月のすみだ水族館2
  • ナポレオンフィッシュ体はすこぶる美しい珊瑚礁の海の色青と緑の光彩をまとって泳いでた大きくて目映くて目は釘付け一緒に水槽をぐるぐるまわる人になっていた 企画展「waterscape 水の中の風景」の一つ四角い水槽の中に気球型水槽の景色空気が入ってる。見たような見たことないようなありそうでなかったような絵 光ってる珊瑚 還暦の赤い帽子をかぶる金魚たち尾びれ胸びれの白色のひらひらひらひら綺麗だった どーんとぶくぶく悪 [続きを読む]
  • 清和の朝
  • こんにちは。お久しぶりでありんすお花の癒やされ散歩をしたおおきな棘! 紫陽花の季節爽やかだ。清和! 2時間歩いて正常な状態に戻るお花には妖精がいるんだと確信! 心身がどんどん健全になっていくお花をパシャリとするってすこぶるいいことなんだ! ポロン弾いて音符見てたらそれで自分は感動してると思ったら違うらしい、、大迫力! ちかづいて、もっと近くへ寄ってみてどんなお花が咲くか想像してみようっと なんや虚ろな息 [続きを読む]
  • 春惜しむ頃
  • my植木ばちのカランコエ、ティティラとってもかわいくお花が咲いてるお目々パチクリ!なんて幸せな小っちゃな窓辺 春惜しむ頃柔らかな陽光に別れを告げるように咲きはじめるひっそり密やかに誰かん家の裏庭夏の扉の前で群生する鈴蘭揺るぎなく手を繋いで 命を繋いでゆくそれは 幸福の根っこ ヨーグルトメーカーでつくるヨーグルトがかわいくって!恋してるオレンジマーマレードの苦みが美味巻き貝の器 100円おもろいしましまコース [続きを読む]
  • 巳の日 春の海
  • 海が見たいなあと思って江ノ島へ行った 七里ヶ浜にて 江ノ島を望む西に陽のある夕刻3時頃 右手の海は白銀のベールに包まれて戸惑うほどに目映かった太陽が顔を写してるところ波の音も 私の思考も 蹴散らして光りが氾濫してる見続けることができないくらい光りに溺れたょ太陽に会いに来たんだっけ 左手の海は白い波がずっと続いていて視線は飽きずに追いかけた 波 波 波不思議なくらいに心地良いリズム調べてみたょ1分間に打ち寄 [続きを読む]
  • 暮春の頃
  • my植木鉢のサボテンが生長してる! ウチワサボテンの指先から付け根から丸い赤ちゃんが生まれてるどんなかたちに変わってくのかなあお楽しみ。 頭のトゲトゲハツラツ!規則正しく並んでる模様の崩れてトゲが密集してるところ発見もしかして伸びてくるのかなあお楽しみ。 雲間草の、くもマックス( MAX! )がふさふさぱんぱんくまちゃんの目が隠れてるくらいアフロ拡張中 カランコエのティティラまたお花が咲きそう!立派に葉も棘も [続きを読む]
  • 卯月の頃
  • 4月は道端や花壇にお花がいっぱい!色が色々!日常がスペシャル気分だよ お彼岸を外れて父上のお墓参りに行ったちょうど桜の頃だったこのお寺の桜を見たのは生まれて初めて白とピンクが混合して咲いているとてもとても綺麗だった 弟と見た穏やかな夕刻の日差しに「花見」ってのを分かった気がした母国とか血縁とか幸福とか深く、心が動いてるよ 感謝を感じるというのは今ある幸せを手放すことに恐れがあるためだろうか平穏な心の [続きを読む]