かつ さん プロフィール

  •  
かつさん: ドラッグストア薬剤師のネタ帳 仙台から
ハンドル名かつ さん
ブログタイトルドラッグストア薬剤師のネタ帳 仙台から
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kenkobijin/
サイト紹介文仙台在住の薬剤師の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/03/21 16:49

かつ さんのブログ記事

  • とんかつかつせい
  • とんかつかつせいで、行列に並び、特ロースかつを。前回は売り切れで、かつ重しかありませんでしたが、かつ重も、絶品。行列に並んでいると、直前の男性に、8名の集団が加わってきました。すると、その男性が先にどうぞと列を譲ってくれました。やっと順番が来て店内に。しばらくして、先ほど譲ってくれた集団と相席に。香港から観光にきたそう。おしゃべりを楽しんでお別れしました。マナーのよい方々でした。 [続きを読む]
  • スーベニール ザ ムービー
  • 竹内まりやシアターライブを観てきました。2000年に行われたライブ映像を中心に、2010年と2014年のツアーのベストシーン、インタビューを加えた作品でした。亡くなった青山純さんの演奏シーン、達郎さんのツアーからは脱退された重実徹さんや土岐英史さん(土岐麻子さんのお父さま)のお姿も。2014年の仙台公演に運よく立ち会えた感動が再び蘇りました。 [続きを読む]
  • 武田裕子日本画展
  • 11月3日午前中に、仙台三越アートギャラリーへ。妻が好きな画家の武田裕子さんの個展。14時からご本人が来られるようだが、私は東北医科薬科大で説明会に。妻は武田先生に会ったようだ。武田裕子 日本画展 会期:2018年10月31日(水)〜11月6日(火)10:00~19: [続きを読む]
  • 第51回仙台一高同窓会仙台支部総会
  • 仙台一高同窓会仙台支部総会に出席しました。今回の講演は、「相続を争族としない勘所」というテーマで弁護士の官澤里美先輩(高28回)を講師に迎えての30分でした。自分の老後に家族が揉めない円満な相続のために、自分の平穏な老後のために、早めに老後の生活や相続対策を考えた遺言や信託を活用した上手な財産の承継方法を検討し出すことが大切だというお話でした。「家族信託」について、分からない部分があったので、懇親 [続きを読む]
  • りんたろう
  • 会社の会議が夕方4時半から7時まであり、終了後、以前から気になっていた日本料理「りんたろう」へ。経営母体が水産会社らしく、魚が美味しいさつまいもは「マルジュウ」ということを教えていただきました。甘鯛の包み蒸し。ミシュラン宮城2017特別版で一つ星。渋皮栗。店名は勝海舟の幼名「りんたろう」から(ミシュランガイドより) [続きを読む]
  • アレサ・フランクリン
  • 有名なケネディ・センター名誉賞のパフォーマンス。 この年は指揮者の小澤征爾氏、映画監督のジョージ・ルーカス氏、女優シシリー・タイソンさん、リタ・モレノさん、そしてキャロル・キングさんの5人が受賞しています。キャロルキングさん受賞へのサプライズだと思われます。 これは、ホワイトハウスでのパフォーマンスらしいです。アトランティック入社後の第一作で、オリジナルは、マスルショールズのフェイムスタジオでの録 [続きを読む]
  • Doo Wop Nuggets
  • 待望のドゥーワップナゲッツが発売になりました。中学のころ、シャネルズの「Mr.ブラック」でDooWopの存在を知り、1983年に当時NHKFMの番組で山下達郎さんがDooWop特集をしたエアチェックをカセットテープが擦り切れるくらいに聞き、同級生のオーちゃんの家でコーラスの練習をしたことを思い出します。達郎さんの番組では、鈴木雅之さんや同人誌 "Treasure Chest of Musty Dusties"の編集長で [続きを読む]
  • 薬局実務実習指導薬剤師の研修会
  • 昨日、薬局実務実習指導薬剤師(薬学部5年生の実習を指導する)の研修会がありました。来年度から、新しいカリキュラムがスタートするからです。今月21日まで、11週間に渡り、某大学の薬学生の指導をしておりました。大変真面目な学生さんでこちらが見習わねばならないなあと感じた今日この頃です。 [続きを読む]
  • 山下達郎パフォーマンス2018 仙台公演
  • 東京エレクトロンホール宮城で行われたタツローさんのコンサート。前々回から始まったベタな洋楽カバー。前々回は、フランキー・ヴァリの「君の瞳に恋してる」で、前回が、トム・ジョーンズの「よくあることさ」。さて、今回は?メンバー紹介で宮里陽太さんの名前が出てこなかったり、恒例のクラッカーで一部のお客さんがフライングしたりのハプニングもあり、もちろん演奏は毎回のようにすばらしく、楽しい時間でした。 [続きを読む]