かつ さん プロフィール

  •  
かつさん: ドラッグストア薬剤師のネタ帳 仙台から
ハンドル名かつ さん
ブログタイトルドラッグストア薬剤師のネタ帳 仙台から
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kenkobijin/
サイト紹介文仙台在住の薬剤師の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/03/21 16:49

かつ さんのブログ記事

  • 2018FIFAワールドカップ ロシア
  • 2018FIFAワールドカップ ロシア大会が開幕しました。今大会では、イタリア、オランダ、チリ、アメリカなどの常連国が予選敗退。それと反対に、アイスランド、パナマの初出場国、リバプールで大活躍のモハメドサラー(けがの回復が心配)を擁してのエジプト、その他、モロッコ、ペルーなどの久しぶりの出場国の参加。前回ブラジル大会でまさかのグループリーグ2連敗で敗退のスペイン。しかも、デルボスケ監督の後任のロペテギ [続きを読む]
  • とんかつ泰平
  • 先日、妻が仕事で石巻に行った時に、案内されたとんかつ泰平。ご高齢の婦人方が切り盛りをしていて、とんかつがデカイので、持ちかえりのパックが用意されているそうです。その日の私の夕食は、彼女が残した持ちかえりのとんかつで十分でした。 [続きを読む]
  • ヴェネツィアその10
  • 朝一番でアカデミア美術館に行く前に、ヴァポレットでサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会を見学したことを抜かしてしまった。お土産にチョコレートを物色しようとヴェンキのお店に。店内でジェラートを。ピッコロサイズ。コーンに蛇口から流れるチョコレートをかけて、さらにナッツをまぶしてもらう。サン・マルコ空港からフィウミチーノ空港へ向かう機内。隣の席のご婦人が着陸してバッグから出てきたのが、ワンちゃん(girlだ [続きを読む]
  • ヴェネツィアその6
  • 次に、ヴァポレット(水上バス)の1回券チケットを購入し、ムラーノ島へ。ヴェネツィアングラスの島として有名で、ヴァポレットを降りてすぐのガラス工房を覗いてみると実演が。細い路地を入ってみたら、素敵なショールームがあり、中へ。優しい感じのお姉さんが出てきて、旦那さんがガラス職人で、家族、親戚などもガラス工芸に関わっている話、ムラーノガラスの特徴、ムラーノガラスと名乗っていてもアジア製などの安物が多く、 [続きを読む]
  • ヴェネツィアその5
  • お昼ころに、ペギー・グッゲンハイム美術館へ。アメリカの富豪だったペギーさんの近代美術のコレクションが公開されています。美術館内のカフェでランチ。後から知ったのですが、高級レストラン「アイ・ゴンドリエーリ」の支店でした。知っていれば、メインディッシュを追加するなど、もう少し別なオーダーをしたのですが・・・。残念。美術館からの大運河。親切にもこの時、中年の写真家?旅行者?と思われる方に写真を撮っていた [続きを読む]
  • ヴェネツィアその2
  • チェックインは無事できたのですが、まだ、部屋の準備ができていないということで、荷物を預かってもらい、辺りを散策。リアルト橋。歩き疲れたので、ジェラート。これで、一番少ないピッコロサイズ。これに、マカロンを乗せるかと聞かれたが、断った(笑)。 [続きを読む]
  • ヴェネツィアその1
  • 翌朝、イタロでフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から、ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅へ。ところが、電光掲示板で70分の遅れの表示。仕方がなく、セガフレード・ザネッティ・エスプレッソで時間をつぶすことに。すると、中年夫婦が相席の許可を請うてきたのでOKと。その夫婦もヴェネツィアへ日帰り旅行するとのこと。その夫婦には3人の息子さんがいて、スマホでその息子さんたちの写真を見せてくれたり、南アフリカ [続きを読む]
  • フィレンツェその8
  • ウッフィチーナ・プロフーモ・ファルマチェウティカ・ディ・サンタ・マリア・ノヴェッラの店内。1612年に薬局としてスタート。薬剤師としては見学しなければと思い、立ち寄ったのだが、急に尿意が。ホテルが近いので、仕方がなく帰ることに。急ぎ足で観光客でごった返すサンタ・マリア・ノヴェッラ広場を横切る。途中に地べたに絵を石で止めて置いて売っている移民がいるのが分かっていたので気を付いて歩いていたのだが、尿意 [続きを読む]
  • フィレンツェその6
  • フレンツェ滞在3日目は、サンマルコ修道院に。回廊入り口のフレスコ画フラ・アンジェリコ作「十字架像に祈る聖ドメニコ」。フラ・アンジェリコ作「受胎告知」。教会近くを散策したら、大学の植物園を発見。入場料を払って見学。その近所のフォーシーズンズホテルでランチ。ビジネスランチのメニューがあり、高級ホテルであるけど、手ごろな価格でちょうどよいボリュームでドルチェとコーヒーまで楽しめました。 [続きを読む]
  • フレンツェその5
  • ジェラートで元気を取り戻し、ミケランジェロ広場まで歩いてみました。疲れたので、タクシーでホテルに戻り、一休み。外へ出る気力がなくなり、ホテルのレストランで夕食。フィレンツェ名物のTボーンステーキ。シェアしていただきました。おなかいっぱいになり、勧めてくれたのですが、ドルチェとコーヒーを断ってしまいました。パスタも1皿でよかったと反省。レストランから見えるドゥオーモの夜景が素晴らしかった。店内の照明 [続きを読む]