北極星 さん プロフィール

  •  
北極星さん: 我楽多シニアの徒然草
ハンドル名北極星 さん
ブログタイトル我楽多シニアの徒然草
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kakinoki8/
サイト紹介文拘りなく気の向いたとき、メモ代わりに自由に書き込みしています。ジャンルは何でもありです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/03/21 21:14

北極星 さんのブログ記事

  • 自転車のタイヤ交換
  • 自動車の運転免許証の返還について、最近子供達からの声が絶えない。否が応でも周りのみている意識は本人と乖離している。「老いては子に従え」という格言にしたがってそろそろ本気で考えなくてはならないと思っている。そうなるとそれ以降の交通移動手段は自転車になる。最... [続きを読む]
  • 年賀状 平櫛田中賞受賞
  • 早いもので2018年、平成30年も一月が過ぎようとしています。平成の余命もあと一年余。まぁそれは別として、今年日頃お世話になっている方々に、お出しした年賀状が平櫛田中賞を受賞したと、さる方から連絡をいただきました。一瞬そのことを理解するまでに時間を要しましたが... [続きを読む]
  • 大雪
  • 22日午後から夜半まで、久しぶりに大雪に見舞われた。それにしても最近の天気予報の当たる確率は高い。数日前からこの日の事を予報されていた。まさにぴったり当たる。雨と違って音なし。静かな時間が流れて行った。自宅前で十数センチの積雪。家内は降っている時間帯に少... [続きを読む]
  • ねむの木の庭を歩く
  • 里山を歩く会のコースをいくつか貯金しておきたいので、心に残るコースの再確認を・・・という思いで、1月・2月は下見中心で歩くことを義務つけている。その中の一つ、都心のど真ん中にある「ねむの木の庭」から池田山、そしてランチは「タニタ食堂」でとる、というコースを... [続きを読む]
  • 2018年 謹賀新年
  • 明けましておめでとうございます。皆様とともに今年も健康で過ごせることを念じています。新しい年が明けた。平成という元号もあと1年余。内憂外患、何かと変化の多い年の幕開けだ。米と北のドンパチだけは絶対あってはならない。新年にあたり私の気持ちは添付した年賀状に... [続きを読む]
  • 終活セミナーに参加して
  • 今のご時世、後期高齢者ともなると、好むと好まざるとにかかわらず「終活」という黄金の響きが聞こえてくる。「終活」っていったい何なのか。先日某生保会社主催のセミナーがあったので、受講してきた。セミナーの弁護士はつぎのように定義していた。自らの「終焉」を見つめ... [続きを読む]
  • おのぼりさん
  • 昔と違って、なかなか都心に出る機会も少なくなって久しい。木曜会も仲間は毎週集まっているようだが、時々欠席しているのでその機会も少ない。久しぶりに出かけたので、今話題になっている東京駅丸の内側の整備の終わった広場に立ち寄ってみた。これまでのごちゃごちゃして... [続きを読む]
  • 霜の朝、雑感
  • 霜が降りるようになった。冷たい朝。こういう日は日中は暖かくなる傾向がある。週末の今日はその典型的な一日となった。11月は「霜月」というのはもっともなことと変な感心をしている。霜が降りたぐらいで「寒いの冷たいの・・・」と言っていると、雪国、北国の方からは「な... [続きを読む]
  • 雑感 :朝のウオークと小平の紅葉
  • 日本全国紅葉の真っ盛り。その土地土地でお国自慢の紅葉がある。私の住んでいる東京都小平市も、色づいて秋を謳歌している。よほどの天候の不順、降雨強風でない限り、朝のウオークを続けている。コースはパターン化して四つ五つあるが今朝はその中から玉川上水路コースにし... [続きを読む]
  • 老人の取扱説明書
  • 地元の文教堂で手に入らず、吉祥寺に出たついでに本屋による。最初の啓文堂では手に入らず、二件目のジュンク堂でやっと手に入れることができた。初版は9月、購入できた時はすでに4版になっていた。一版あたりの発行部数はどのくらいかわからないが、結構な人気ある本のよう... [続きを読む]
  • 運慶展
  • 2017年9月6日から同年11月26日、東京国立博物館平成館で「運慶展」が開催されている。私が行ったのは16日(木)快晴な日だった。チケットを買求め入館するまで1時間を要した。会場内はゆっくり歩いて観賞するというようなものではなく、なかなか人は移動せず、流れにまかすと... [続きを読む]
  • 気になる「Book」  ある取説
  • 昨日(11/13)の新聞一面記事下に、気になる本の広告があった。TVや洗濯機、パソコンなどには、かって部厚い本の「取扱説明書=略して取説」があった。今ではネットにつないで見なければならなくなったが、今日ここで記述しておきたい取説は、老人の取扱説明書」という本の事... [続きを読む]
  • みかん狩り
  • 東京都武蔵村山市に数件のみかん農園がある。狭山丘陵の南法面は、日当たりがよく、冷たい風にさらされないということで、みかんがよく育つのだそうだ。里山を歩く会の11月企画の行事として行ったもので、みかん狩りは初めてという方もいて、人気があった企画だったと思う。... [続きを読む]
  • 絹の道を歩く
  • 中々お天気が定まらない10月24日、何とか午前中日差しが出るという予報に期待して、鑓水の絹の道を歩いてきた。いずれここは里山を歩く会にとりあげたい処なので、その下見もかねて歩いてきた。ご存知の通り多摩ニュータウンと称して、昭和40年代バブル全盛期に開発され、... [続きを読む]
  • ことしの10月22日の雑感
  • 毎年その日は巡ってくるが、今年は特に記憶に残る日として受け止めている。何があったか。メモ帳を開くとこんなことが書き込まれている。①衆議院選挙 新党・野党のごたごたで与党圧勝  モリカケ緑はどうなる  立憲民主は  ②超大型台風21号 列島縦断③村田亮太 世... [続きを読む]
  • 雨と畑とウオーキング
  • それにしても鬱陶しい雨の毎日だ。台風や秋季前線、大陸からの冷たい高気圧などが絡み合って日本列島は、大陸の防波堤の位置にある。いかに愚痴をこぼしてもどうしようもない自然界の事象なので、如何ともしがたい。雨で弱っているのは、朝のウオーキングができないこと、い... [続きを読む]
  • 東京でみかん狩り
  • みかん狩り…と聞くと、伊豆、静岡以南のエリアが定番ですが、以外にも東京都でもミカン山があって、みかん狩りを楽しむことができます。小平から意外と近くにあります。モノレールの上北台駅から徒歩45分ほどの青梅街道沿いにあり。いわゆる狭山丘陵の南法面にあります。寒... [続きを読む]
  •  野鳥のエサに
  • 梅雨の裏返し、南北の気圧が勢力争いをしていて、ここ数日はお天気が定まらず、本来なら秋真っ盛りの時期が、11月の陽気だと言われている。野鳥にとってそろそろ餌に不自由してくる時になってきた。柿の実を一つ二つ、残しておくのも鳥たちに食べてほしいから。見事狙い通り... [続きを読む]
  • 市民農園 種まき
  • 生い茂っていた雑草を取り、土を起こして腐葉土、肥料をやってかき回し、しばらく馴染む時間を置いていたが、ここ二三日の暖かい天候時を捕えて、種まきを行った。ドイトに出かけてミニ大根、小松菜、ホウレンソウの種を購入。友人からはのらぼうの種をいただき、その四種類... [続きを読む]
  • 市民農園土起こし
  • 市から年間使用料6000円で5坪ほどを、市民農園として借りて2年目になる。真面目に耕作をしていないので、今年はこれまでにジャガイモ、トマト、トウモロコシ、ピーマン、ネギなどを植えて収穫を期待していたが、何とか様になったのはジャガイモとネギだけ。スーパーで買い求... [続きを読む]