あきら さん プロフィール

  •  
あきらさん: 天使の目覚め
ハンドル名あきら さん
ブログタイトル天使の目覚め
ブログURLhttps://ameblo.jp/mirokuyo1951/
サイト紹介文瞑想によって、天から降ろされた言霊によって、本当の自分に目覚める、メッセージ集。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2009/03/23 01:56

あきら さんのブログ記事

  • ザ・シークレットガーデン(201)
  • ************************* 私は、その幻惑されるような光を、 惹きつけられるように見つめた。 私が、目をほそめるようにして視線を注いだ光の中から、 一枚のシンプルな光り輝くベールのような布を 身にまとった男性が、続々と現れた。 私は驚きのあまり、 言葉を失ってただ、その情景に見入っていた。 私が、我に返ったときには、 すでに圧倒的な数の存在に囲まれていた。 次回に続く・・・・・・ [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(200)
  • ************************* だからあなたは、 すでにこの時代に生きて、 使命を果たす世界に生きているの。 でも、この時代でのアキラの使命は、 彼らとは次元の違う世界での使命があるの」 「次元の違う使命って・・・・・・・」 「心配しないで、そのうちにわかるときがくるから」 その時、私の周りの空気感が変わり、 神々しい光が私とキャロラインを取り囲んだ。 次回に続く・・・・・・・・ ** [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(199)
  • ************************* 「キャロライン、これはいったい・・・・・」 その時の私は、 その言葉を彼女に問いかけるのが精一杯だった。 私の前で微笑んでいたキャロラインは、 感情の嵐に翻弄されている私を 沈めるような口調で、静かに語り始めた。 「アキラ、この世界は、 あなたが生きていた世界とは違うの、 あなたの意識がそのままリアルに現れる世界なの。 あなたのこの時代に生きていた記憶と [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(198)
  • ************************* その時キャロラインは、 少しおどけたような仕草で、 自分の姿を見るように指先を私に向けた。 彼女に指をさされた私は、 慌てて自分を見た。 その時私は、 まさに目まいがするほどの驚きに包まれていた。 なぜなら、私の姿は、 すでにまわりの戦士たちと 違和感が生まれないような衣装と姿に 変貌していたからだった。 その瞬間私は、頭が真っ白になり、 パニック状態に陥 [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(197)
  • ************************* そして、驚きに満ちた表情で、 目の前にいたキャロラインとマクワートをはじめとした 戦士たちに視線を移した。 まわりを取り囲むように私を見ていた彼らは、 まるでからかうような微笑みを浮かべて、 私の頭からつま先までを、眺めていた。 彼らの態度が理解できなくなった私は、 目の前にいたキャロラインに 助けを求めるような視線を送った。 次回に続く・・・・・・・ [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(196)
  • ************************* 最初は、 まだうっすらと幻のようにしか 見ることができなかった世界が、 だんだんとはっきりと実体を持って 現れてきだした。 そして、 今まで深い森としか見えなかった場所に、 壮大な宮殿と見違えるような城が 私の眼の前に存在していた。 次回に続く・・・・・・・・ ************************** 天使誕生プロジェクト 真実の真理「魂のリー [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(196)
  • ************************* 最初は、 まだうっすらと幻のようにしか見ることができなかった世界が、 だんだんとはっきりと実体を持って現れてきだした。 そして、今まで深い森としか見えなかった場所に、 壮大な宮殿と見違えるような城が私の眼の前に存在していた。 次回に続く・・・・・・・・・・ ****************************** 天使誕生プロジェクト 真実の真理「 [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(195)
  • ************************* 「やっとアキラは今、 ケルトの戦士として蘇ってくれたのね。 さあ、アキラのまわりの世界を見て、 そしてあなたの今の姿も」  キャロラインの言葉に促されるように私は、 ゆっくりとあたりを見回した。 次回に続く・・・・・・・・・・ *********************** 天使誕生プロジェクト 真実の真理「魂のリーダーとなるあなたへ」 的場章の音楽CD& [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(194)
  • ************************* その時、身体の深いところから湧き上がるように、 今まで感じたことのない力が、 私の肉体を覆い尽くすように感じ始めた。 その瞬間、私の頭の中が、 しびれるような感覚になり始めた。 そして倒れそうなくらいの目まいが私を襲った。 思わず私は、 私たちをこの地まで運んでくれた ケルトの黒光りしている駿馬の馬具を握りしめ、 かろうじて倒れこまずに済んだ。 次回に続 [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(193)
  • ************************* キャロラインにその真実を聞いた時から、 次第にキャロラインの後ろの風景が 薄くなってゆき始めた。 その希薄になってゆく風景にかぶさるように、 マクワートをはじめとした戦士たちの服装で、 この大地を馬にまたがり、疾走している私の姿が、 まるでスクリーンに映し出されるように現れてきた。 次回に続く・・・・・・・・・ ******************** [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(192)
  • ************************* そしてアキラ、 あなたがアセンデッドマスターから その光をこの世界に解き放つキーを与えられたの。 だから私たちは、 光の戦士として後の世界に転生していたアキラを 呼び戻しに行ったの。 だけど私がさがしあてたアキラは、 そのことすら忘れ去って、 私たちがあなたの世界に送っているメッセージも 読み取れなくなっていた姿だった。 だから、少し強引な方法で、 あなた [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(191)
  • ************************* 「ここは一体どんな世界なの」 今まで見たことも経験したこともない光に包まれて、 放心状態になっていた私は、 ため息をつくようにして 隣に佇んでいるキャロラインに問いかけた。 「この地は、我々の先祖たちが ずっと守り通してきた土地なの。 そしてこれからも、私たちの守らなければならない聖地。 アキラが見た光が、 今世界を覆っている暗黒のエネルギーを消し去るの [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(190)
  • ************************* 遠方から眺めた時には、 森の入り口の当たるところは、 周囲から比べると、 暗黒の領域の入り口のような不気味さを漂わせていた。 しかし実際にその中に入ってみると、 そこは、 私がシークレットガーデンから この世界に来た時に見た時の光と同じ、 真っ白い光に包まれていた。 そして、木々の間からは、 太陽の光とは違う 白くきらめくような光が私たちを照らしていた。 [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(189)
  • ************************* そう言い終わったキャロラインは、 マクワートのそばで、 同じような祈りの言葉を口に出していた。 そして、 私たちを取り囲むようにして疾走していた戦士たちは、 彼らの聖地である森に一歩を踏み入れた途端に、 今までの戦いのための殺気がさっと消え去り、 別人のような穏やかな表情に変わっていった。 そして私自身、 今までの重苦しい雰囲気とは違った 爽快な空気感を [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(188)
  • ************************* 森が目前に迫ってきた時、 マクワートをはじめとする戦士たちは、 いっせいに馬を降りた。 そして、マクワートが 森に向かって何かお祈りのような言葉を発した。 その時、馬から降りていたキャロラインは、私の耳元で 「ここからは、私たちの聖地に入って行くの、 アキラも段々と自分のルーツを思い出すはずよ。 だってあなたは、ここで生まれ育ったんですもの」 そう言い終 [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(187)
  • ************************* マクワートは、彼らのそばに寄って、 傷ついた戦士たちにいたわりの言葉をかけ、 そして、 その中のリーダーと思われる戦士と 会話を交わしていた。 さいわいなことに、 深手を負ったものがいないのを確認したマクワートは、 遠くに見え出した深い森をさして進軍するように 戦士たちに指示を与えた後、 傷ついた戦士たちを守るようにして、 森を目指して疾走した。 次回に [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(186)
  • ************************* そこには、 草原の少し丘のようになった斜面を 駆け下りるように、 片手に持った剣を 高く振りかざした戦士たちの姿が見えた。 マクワートたちも、 同じように剣を振りかざして、それに答えた。 それは、まさしく先ほど囮となって、 別れていった戦士たちの姿だった。 囮となって戦ってきた戦士たちの中には、 傷ついたカラダを 馬に委ねるようにしている者もいた。 次回 [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(185)
  • ************************* 私とキャロラインは、 一気に今まで張り詰めていた緊張感を解き放つように、 お互いを見つめながら安堵のため息をついた。 マクワートたちは、 私たちの前方に円陣を作るように集まって、 話をしていた。 そこに、 遠くの方からの歓声を風が運んできた。 私たちは、一斉にその方向に視線を向けた。 次回に続く・・・・・・・・ ********************* [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(184)
  • ************************* しかし、 先ほど本隊と別れた別働隊が 囮となってくれたおかげで、 ローマ軍の騎馬隊は、 我々を追ってはこなかった。 私たちが、 ローマの部隊を完全に振り切ったと 判断したマクワートは、 それまで限界まで速度を目一杯上げて 疾走した馬たちを休ませるために 徐々に速度を落とし、 荒野の中に流れている小さな水の流れの前で、 小休止の指示を戦士たちに伝えた。 次回に [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(183)
  • ************************* それを確認したマクワートは、前方に視線を戻すと、 大きな声で戦士たちに、 弓の射程距離から抜け出すように指示を出して、 今までより速度を上げて疾走した。 その一瞬の素早い判断と行動力で、 私が後方を一瞬振り返った時には、 弓が空気を切る音は聞こえたようだったが、 ほとんどの弓は私たちの後方の地面に突き刺さっていた。 次回に続く・・・・・・・・ ***** [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(182)
  • ************************* その時、後方から何本かの矢が、 私の耳元をかすめるようにして、 目の前の地面に突き刺さった。 先頭を疾走していたマクワートは 一瞬スピード緩めると、後ろを振り返った。 私とキャロラインも それにつられるようにして、 後方に視線を向けた。 その時、私の目に入ったのは、 川に一列の並んで、 第二弾の弓を放とうとしている ローマ軍の弓隊の兵士の姿だった。 次回に [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(181)
  • ************************ 後方を何度も振り返っている私の姿を見たキャロラインは 「アキラ、 川の向こうに広がっている森に入り込むことができれば 私たちの姿はローマの軍勢から見えなくなるわ。 とにかく、 マクワートと共に全速でこの荒野を突っ切るのよ、 覚悟はいいわね」 そう言うと、 マクワートに続くように川を渡り、 全速で荒野を疾走しはじめた。 次回に続く・・・・・・ ******** [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(180)
  • ************************* 川を渡りきったマクワート率いる戦士たちと私たちは、 一気に敵を振り切るように全速で荒野を疾走した。 これから故郷ともいうべき領域に 足を踏み入れようとするときに起き始めた、 このような事態に私は、動揺を隠せなかった。 次回に続く・・・・・・・ ************************** 天使誕生プロジェクト 真実の真理「魂のリーダーとなるあな [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(179)
  • ************************* 戦士たちが再び、後方へ走り去ったあと、 マクワートはキャロラインに、 ローマの騎馬隊が私たちを追撃して、 近づきつつあること告げ、 それを振り切るために 全速で疾走することを告げた。 先ほど後方へ去った戦士たちは、 その囮となって敵をひきつけるために 戻っていったということだった。 次回に続く・・・・・・・ ********************** [続きを読む]
  • ザ・シークレットガーデン(178)
  • *************************私たちはその合図に従うように、 戦士たちの後に続いて川を渡り始めた。 その時であった、私たちが川を渡る直前に戦士の中で 別働隊として後方の警戒をしていた戦士たちが、 疾走するようにしてマクワートの方へ駆け寄っていった。 次回に続く・・・・・・ ******************* 天使誕生プロジェクト 真実の真理「魂のリーダーとなるあなたへ」 的場章の [続きを読む]