gm2 さん プロフィール

  •  
gm2さん: 文庫本 ランキング おすすめ 小説
ハンドル名gm2 さん
ブログタイトル文庫本 ランキング おすすめ 小説
ブログURLhttps://ameblo.jp/gyozaman2/
サイト紹介文読んだ本を順々に記録、100点満点で採点してランキングにしてます。
自由文傾向・好きな作品など:歴史小説(日本)は壬生義士伝、大衆小説はプリズンホテル、青春小説は69、歴史小説(中国)は北方水滸伝、宮城谷太公望、本格推理・ミステリ(海外)はエラリークイーンよりカー派(火刑法廷)、本格推理・ミステリ(日本)は有栖川、綾辻ファン、ファンタジーは指輪物語、純文学(海外)は光あるうち光の中を歩め、純文学(日本)は?不明。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/03/23 23:45

gm2 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 羊と鋼の森 宮下奈都
  • つまらなそうなタイトルと序盤の女性らしさが強い文章でなかなか手に取らなかった小説。内容はすばらしかった。文も美しく作者のプロパカンダ、ピアノ、音楽への愛も十分感じられ習作といえる。ただ読了後もタイトルはうまいこといっているのはわかるが作品と印象があっていないように感じた。 [続きを読む]
  • 米朝開戦1
  • 北朝鮮へ注目が集まる今、タイミングが良すぎるというか、フィクションか事実か予測か。そんな作品になっている。視点はアメリカ本意であり、嫌悪感はあるものの日本人からすれば客観的で鋭い。 [続きを読む]
  • 陽だまりの彼女
  • まあ普通です。5年に一度この類の商品がヒットします。女性の理想とする虚像の男性像の1つがこれではないだろうか。そして都合のよい現実にない理想を妄想し愛でるのは女性の特権である。陽だまりの彼女 (新潮文庫)/新潮社¥594Amazon.co.jp陽だまりの彼女 DVD スタンダード・エディション/東宝¥4,104Amazon.co.jp [続きを読む]
  • 嫌われる勇気 アドラー
  • ビクトール・フランクルやニーチェをどこか思い起こさせてくれます。現代で苦しむ人々にこれが受けたのはすごく自然なこと。内容的には自分の思想?過ごし方に近く「そりゃそうだよ」と軽く共感しつつもこれを割り切れないから自分も含め苦しんでるんだよな、と。現代の問題を考えるとこれが最先端の考えかもしれない嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え/ダイヤモンド社¥1,620Amazon.co.jp [続きを読む]
  • 過去の記事 …