癒し草 さん プロフィール

  •  
癒し草さん: 癒し草
ハンドル名癒し草 さん
ブログタイトル癒し草
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/iyashigusa/
サイト紹介文植物が大好きで、野草観察、野草栽培を楽しんでいますが、最近は家庭菜園も夢中になっています。
自由文野草栽培や野草観察も趣味で…野草の名前が分からない方には、アドバイスできればと思っています。
家庭菜園は本格的に始めて8年目、もちろん有機無農薬栽培ですが…最近は無肥料栽培も試行中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2009/03/24 13:13

癒し草 さんのブログ記事

  • 今年の彼岸花も…猛暑で開花が遅い?
  • 過去投稿を見ると…ここ数年間は、猛暑のせいか彼岸花の開花は遅れがちです。彼岸花は、秋の彼岸に満開のイメージが強いのですが、そうではありません。昨年は、除草剤のせいで赤色の色素を失くした…脱色彼岸花を投稿しました。昨年9月末に投稿したのは、こちら… ↓をclick脱色彼岸花‥今年も、咲いています。 彼岸花はタネができないのですが、タネを熟させる方法も投稿しました。これは‥彼岸花のタネができる方法の証明? [続きを読む]
  • 「しかっぴ」の…意外な活用法
  • 奈良公園に住む鹿たちのうち、病気やケガで治療が必要な鹿などを集め、鹿の保護活動をしている「奈良の鹿愛護会」が、鹿の糞で堆肥を作り販売しています。それを買って使うようになって3カ月余り、土に混ぜて使う元肥、追い肥としても今は使うようになりました。タネから育てた苺のポット苗も、移植できる大きさに育っていますが…雨続きで畝つくりが遅れ、まだ植えられませんが順調に育っています。苺をタネから育てたときの投稿 [続きを読む]
  • 秋植えジャガイモの挿し芽栽培
  • 最近、よく農業雑誌で紹介されている「ジャガイモの挿し芽栽培」を、初めて挑戦することにしました。この栽培は、春植えの植え付けで試されている方法で、秋植えでも成功できるかかなり疑問です。春植えの場合、芽の出たタネ芋を掘り起こし、出た芽を植える方法です。私は、かなり手抜きの方法で、多くでた芽の「間引き芽」を捨てずに植える方法です。今年は、秋植えの「ニシユタカ」のタネ芋を購入、いつもなら9月に植え付けるの [続きを読む]
  • 災害に備え準備…備蓄食を食べてみました。
  • 今年ほど自然災害が多い年は無く、とくにゲリラ豪雨や地震など…日本のどこで発生しても不思議ではない時代に入ったと言われます。危機感を持つことや、日ごろから災害に備える対策が大切と言われるようになり、我が家でもチェックしてみました。推奨されている「備蓄リスト」は、こちら…備蓄食リスト農水省が配布している災害に備えた食料などの備蓄資料は、こちら…緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド:農林水産省備蓄食はま [続きを読む]
  • タネを蒔いた冬野菜は…?
  • 9月に入っても、今週から真夏並みの暑さが戻るとか…いつまでも暑いと、害虫が被害が気になります。発芽した白菜苗は菜園に移植、ペットボトルで虫対策をしています。風でボトルが飛ばされないように、棒きれを挿して使っています。私は…ペットボトルは「地球のゴミ」になる気がして、できるだけ買わないように心掛けているので、このボトルは知人にいただきました。生ゴミも菜園に戻すようにして、野菜作りに使うビニールマルチ [続きを読む]
  • お弁当作り…始まる。
  • 9月に入ると夏日になることも無くなり、お弁当つくりを再開しました。今度こそ3月末には退職してくれると、やっと弁当作りも卒業できそうで…精一杯これから半年余り、頑張って作ろうと思います。投稿ネタが無くなったとき、また登場予定です。テレビの料理番組で、エビバーグを紹介していたので、作ってみました。卵は使われていなかったのですが、ふわふわ感を出したいと使いました。へそ曲がりなのか、そのまま真似るのは抵抗 [続きを読む]
  • 柿のカラス対策…パパイヤ栽培は失敗?
  • 台風21号の強風にも耐えた柿の木ですが、また今年も青い実をカラスが食べ始めました。品種は富有柿で、昨年から青柿を食べられる被害が始まりました。そのときの投稿は、こちら…未熟柿まで‥カラスの食害対策は、カラスの嫌う防鳥糸を掛けるだけで…100%の効果があります。今年も摘果をしていないので、やや小粒です。光が当たればキラキラと光り、髪の毛より細い糸が束ねられたものです。渋柿も熟し始めると被害にあうので [続きを読む]
  • 夏野菜のタネ採り…終了です。
  • 夏野菜のタネも、いつもの習慣で…タネを採り終えました。台所の窓辺で、豆腐などのパックを利用してタネを乾燥させました。同じようなタネを、同じ時期に乾燥させるので、パックにメモ書きしています。タネの乾燥を確かめて、パックを重ねておきます。ある程度のタネが集まると…小さなビニール袋に入れます。同じ年に採ったタネは、同じ袋に集め…袋詰めしています。昨年も、同じようにタネ採りしていました。アブラナ科、ナス科 [続きを読む]
  • 自家採取タネの選別
  • 秋の彼岸前後は、タネ蒔きが適期の野菜が多く…袋やネットに入れていた自家採取タネを選別するすことにしました。自家採取タネの欠点は、採ったタネが雑種になる可能性があることです。交雑したことで味が良くなることもあるので、楽しみのひとつとして採っています。昨夏、無農薬栽培の研修会に参加して、そこで販売されているタネを何点か購入しました。公益財団法人 自然農法国際研究開発センター・知多草木農場で栽培された無 [続きを読む]
  • 「奇跡の野草」…素晴らしい生命力?
  • 宮古島を旅して買ってきた「奇跡の野草」と言われるボルトジンユは、あれからもお茶にして飲み続けています。寒さに弱く関西での越冬は難しそうで、若葉を摘み取って乾燥茶に加工中です。生葉の方が薬効が高いと言われるので、晩秋には若葉を摘んで冷凍の予定ですが、乾燥させても薬効が無くなるはずがないので干しています。ザルの中で、真夏から干すこと1カ月が経ちましたが…まだ、乾燥できません。野草というよりは、雑草に近 [続きを読む]
  • 台風21号…爪痕は?
  • お舅さんの命日に台風21号が通過したため、墓参りは遅れてしまいました。台風通過後、出かけたのは自宅と菜園の往復だけ…違う道を通ると、台風被害は深刻です。墓地の隣に植えられた柿の古木が、途中で折れ…今年の収穫は駄目そうです。今年の春前、伸びた枝を大きく切られ、普通なら風通しが良くなり被害は少ないと思うのですが、枝を切ったことでダメージを受けたということかな?ほかの菜園の柿の木は、ほとんど被害が無いこ [続きを読む]
  • テントウムシダマシの大発生と駆除
  • 菜園で増え続けている食用ほうずきですが今…テントウムシダマシが大発生しているコーナーがあります。葉は食べつくされ、茎だけになっている株もあるほどです。引き抜くことは簡単ですが、テントウムシダマシを移動させることになるだけで、根本的な駆除にはなりません。テントウムシダマシがこれだけ増えると、「手でとぉ〜る」は大変ですが…疲れない程度に取り組むことにしました。ペットボトルを使いますが、少し水を入れ「水 [続きを読む]
  • 台風一過の菜園は…?
  • 20号台風が通過した日は体調不良で寝込んでしまったので…21号が上陸した昨日は、風が強くなり始めた午後1時前から爆睡、起きたら夕方でした。かなりの強風だったと家族はいうのですが…寝ようと思うと立ちながらでも眠れる特技があり、耳を覆う雷音ぐらいでは目覚めないときも普通です。お陰で19号、20号のときのように寝込むこともなく、朝から菜園に行けました。第2室戸台風並みの強風ということですが、道路に屋根瓦 [続きを読む]
  • 発芽したダイコンの台風対策
  • 先月30日にタネを蒔いたダイコンは、生え揃いました。また台風21号が関西に上陸する予報で、昨夕に台風対策を済ませました。土寄せを済ませ、穴を開け有機肥料(油粕、骨粉、魚粉、コウモリの糞)を与え、燻炭で強風が吹いても大丈夫なようにしました。燻炭は、濡れたものを使っています。防虫と風対策に、寒冷紗で畝を覆いました。同じ日にタネを蒔いた人参も、、もう芽が出始めています。先月に3度、タネを蒔いて水切れしない [続きを読む]
  • 赤丸オクラの収穫…台風対策?
  • 今年、初めて栽培した赤オクラ…昨日、やっと収穫できました。2週間ぶりに娘が野菜を採りに来ると言うので、採るのを待っていました。先々週末から、婿殿の両親や妹さん家族と墓参りを兼ね旅していたようです。孫たちが小学生だったころは、夏休みに入ると半月ほどお母さんの実家があった小豆島に行きましたが…その家は空き家になり、墓じまいされ移転されました。これまで、丸オクラは何年も栽培していますが…赤い品種があると [続きを読む]
  • 食用ヘチマの収穫と…初料理は?
  • 初めて栽培した食用ヘチマ、どんな料理をするか迷って、酢味噌和えにしました。味噌炒め味噌汁の具など、レシピを調べてみると味噌との相性が良さそうです。収穫時期を調べると季節によって生育期間が変わり、真夏なら開花後1週間、秋になると半月ほどかかるそうです。真夏のキュウリは数日で驚くほど大きくなるのに、10月には花が咲いて10日ほど経っても成長が遅くイライラしたことを思い出しました。採ったヘチマは30セン [続きを読む]
  • 雑草化の食用ほうずき…片付けが大変!
  • 菜園の周囲の農家は、すでに夏野菜を片付け、冬野菜のタネ蒔きや植え付け準備をしています。私の菜園は、すべての作業がワンテンポ遅れ、スイカもカボチャも今から収穫でき、オクラなんて花が咲き始めたばかりです。気が重くなるのは、菜園全体に自然発芽株が広がり雑草化した「食用ほうずき」で先週は菜園にも行けなかったので、落下したものがすごい量なのです。この畝も、食用ほうずきを植えたのではなく、自然発芽苗がすごすぎ [続きを読む]
  • 金胡麻の収穫と…ダイコンのタネ蒔き
  • 台風20号の強風も耐えた金胡麻、収穫適期になりました。タマネギを収穫した畝に耕さずにタネを蒔いたのですが…関西のタネ蒔き最適期5月20日前後より10日遅れの5月31日でした。前回、投稿はこちら…今年は…金胡麻を栽培過去投稿を調べると猛暑のせいか今年は刈り取りが遅く、それが幸いしました。いつもなら、20日前後に刈り取りを終えていました。23日の深夜に体調を崩し、菜園に行けるようになったのは27日夕方 [続きを読む]
  • 野良猫の子猫…やっとタッチに成功
  • 野良猫の子供が迷い込んで1カ月半、空腹になると現れて勝手口で鳴き続けるため、餌を与えるようになりました。今月は2度、早朝から日帰り旅にでかけ帰ったのは深夜…鳴いても餌をもらえなかったことが私との距離を縮めたようで、今はタッチできるようになりました。前回の投稿は、こちら…また…迷い猫です。前の投稿と比べると少しは大きくなりましたが、相変わらずガリガリです。先週、救急車のお世話になり…2日間は、家族に [続きを読む]
  • 食用ヘチマ…驚異の生長!!
  • 昨日は、また背中の痛みが取れず、菜園に行くのは止めました。朝食後、鎮痛剤が効いているだけでも…と、行ってきました。ヘチマの雌花が咲いているか気になったのですが、もうヘチマが生っていました。長さは10センチほど、花後1週間ほどで食べられるということだから、今月末には収穫できそうです。雌花の花茎は、短いと思っていたのに…違いました。同じくらいの大きさのヘチマが、2個生っています。1週間で蔓は伸び放題、 [続きを読む]
  • 初めての食用ヘチマ栽培…花が咲き始めたが?
  • まだ体調が戻らないので…ここで紹介する写真は、台風20号の上陸前に撮ったものです。春休みに家族で宮古島を旅したとき、最後に立ち寄ったスーパーで、この食用ヘチマのタネも買いました。                          ( 南側から見たヘチマの様子 )ヘチマは今は亡き両親が、お風呂で使うために栽培したことがあって、小学生だった娘が水に浸けたヘチマの皮の繊維を取って、自分で作ったと得意げにし [続きを読む]
  • ブルーベリー…糖度比較とジャム作り
  • お盆過ぎの先週末のことですが、冷蔵庫で保存していたブルーベリーも加え…ジャムを作ってみました。我が家のブルーベリーは完熟してから採ったので、熟しすぎ水分が無くなりシワがあるものも含まれていますが、1635グラム採れました。でも、糖度は高く…そのまま食べても美味しいブルーベリーです。友達から、いただいたブルーベリー 691.5キロも加え使いました。また、ミキサーで粉砕して作ることにしました。不思議な [続きを読む]
  • 」「黒ニンニク」…できました。
  • お盆前に仕込んでいた「黒ニンニク」を、やっと炊飯器から取り出せました。正確には、炊飯器では無く、保温ジャーです。初めは炊飯器の保温機能を使って作っていましたが、古い炊飯器で2台目も故障、保温ジャーに切り替えました。出来上がりが炊飯器より良く、気に入っています。保温ジャーに、キッチンペーパーで包んだニンニクを入れて保温すること10日ただ待つだけで出来上がります。前は、収穫後に乾燥させたニンニクで作っ [続きを読む]
  • キュウリとキノコの酢の物…ミョウガの甘酢漬
  • 今夏は暑さのせいか酢の物を食べたいと思うことが多く…例年以上に酢の消費量が増えています。熱中対策水に、沖縄の紅麹酢を入れて飲むなど、いつもより暑さ対策をしているつもりです。前に作ったキノコの酢漬けに、キュウリと塩茹でした人参を加えてみました。キノコは今回、ブナシメジ、シイタケ、エノキを使い、料理酒で炒めました。冷めてから調味酢を入れ、冷蔵庫で保存すると1週間は大丈夫です。レシピの投稿は、こちら…柚 [続きを読む]
  • サンダーバードで行く上高地日帰りウォーク
  • 台風12号台風が関西を直撃…先月29日予定していたウォークは中止になり、日程を20日に変更して行ってきました。大阪6時30分発サンダーバード1号で金沢まで行きバスで上高地に移動、3時間フリーウォーク、大阪23時28分着のサンダーバード48号で戻る弾丸ツアーです。今回も野草観察が趣味の4人…大正池周辺から初めて出会う野草が多く、みんなの足は野草の前から動かず、私も名前が分からず調べながら歩くので歩く [続きを読む]