癒し草 さん プロフィール

  •  
癒し草さん: 癒し草
ハンドル名癒し草 さん
ブログタイトル癒し草
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/iyashigusa/
サイト紹介文植物が大好きで、野草観察、野草栽培を楽しんでいますが、最近は家庭菜園も夢中になっています。
自由文野草栽培や野草観察も趣味で…野草の名前が分からない方には、アドバイスできればと思っています。
家庭菜園は本格的に始めて8年目、もちろん有機無農薬栽培ですが…最近は無肥料栽培も試行中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供214回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2009/03/24 13:13

癒し草 さんのブログ記事

  • 鳥羽水族館に‥行ってきました。
  • 近鉄特急「しまかぜ」に乗る‥「レール&ホテル」パックを利用して鳥羽水族館に行ってきました。特急「しまかぜ」は人気が高く特急券は取りにくいと言うことだったので、旅行社のフリーパックを申し込みました。満席を予想していたのですが、京都発は空席も目立ち‥出発曜日によっては噂通りではなさそうです。人気の食堂車も空席待ちの列ができるということでしたが、すぐに席に着くことができて、1番人気のピラフを食べてきまし [続きを読む]
  • 雑種大豆は‥強い?
  • 大豆が熟す季節になり、野菜友達に鞘から豆を簡単に取り出す方法を教えてもらいました。稲の収穫袋などのネットの袋に入れ、袋の上から踏みつけるそうです。しかし体重が重い私が踏みつけると、豆がつぶれる気がして‥角材で叩き落とすことにしました。後日に聞くと、角材の角で豆を傷つけるリスクが高く‥絶対に角材を使うのは避けるのが「豆落とし」の常識とか。とくに黒豆は、傷つくと中身の白さが目立ち‥煮豆にすると皮が傷口 [続きを読む]
  • 真冬並みの寒波に‥
  • 今冬、こちらの初氷日は11月22日ですが‥菜園で見た昨日の氷は真冬並み。氷の厚みは約1センチ、この時期は例年なら初氷のニュースが流れます。今年は紅葉の時期も10日ほど早く、冬の到来も早いことを実感しました。ジャガイモの葉も凍傷で横倒し、もう暖かい日があっても生育は望めません。葉茎の組織が寒さで壊れ、養分を地下の芋に送れなくなります。また今年も、軽四トラック1台分の草木堆肥をいただきました。トラック [続きを読む]
  • オークショントラブル‥初体験
  • 今年も生姜パウダーを作る季節になり、薄くスライスして乾燥を始めています。初加工のときは上手くできる自信もなく、娘にミル付きミキサーを借りたのですが、面白くなってウコン、紫芋など‥いろいろ作り過ぎて壊してしまいました。今、使っている3台目のミルもスイッチが入らなくなり‥いつも新品を買うよりはと、オークションで検索、落札しました。                             (出品された商 [続きを読む]
  • 生姜の加工品つくり‥生姜糖、生姜パウダーなど
  • 生姜の収穫が終わり、加工品つくりにも精を出しています。野菜友達が強度の冷え性で、手足の冷えだけでなく、肩こりや頭痛の症状も出て重度のときは一時的な難聴にもなるそうです。生姜のタネ芋も届けましたが、聞くと生育は良くないみたいです。立ち寄ると市販の生姜糖をだしてくれたのですが、独特な辛味が薄く‥輸入品の生姜を使って作っているような気がしました。ならばと、柚子ピールと同じ作り方で‥作ってみました。スライ [続きを読む]
  • 手作りコンニャク、黒豆、赤飯など‥我が家の食卓
  • コンニャク作り講習会で作ったコンニャク、草花の苗、生姜の砂糖漬け、獅子柚子ピールと、栽培している干し柿用の柿など持参で実家に行ってきました。弟のお嫁さんは、赤飯を作ってくれ‥また、手土産にもらってきました。コンニャクは、食べる前に少し茹で‥刺身コンニャクで食べました。実家と分けたので少しになりましたが、やはり市販品とは別物の美味しさです。刺身のつまは大根のほか、最後に収穫したハスイモを添えてありま [続きを読む]
  • コンニャク作り講習に、参加しました。
  • 2年続きでコンニャク作りに失敗して、その原因を知りたくて‥雑木灰汁を使ったコンニャク作り講習会に参加しました。講習会場までの道路が通行止めになり、う回路で迷って遅刻してしまいましたが、20名の募集に48名が参加、遅刻が目立たず助かりました。私が失敗した原因は、大きなコンニャクイモだけを使ったことにありました。大きなイモは粘りが無く、きめ細かい小さな芋と合わせることで、独特な弾力ができるようなのです [続きを読む]
  • 今年の生姜も‥大豊作
  • 例年より早い晩秋の到来‥生姜の葉も凍傷で枯れ始め、収穫も大急ぎでした。昨年、初めて生姜の花が咲き、そのような株は大豊作になると確信しました。栽培のコツは、タネ生姜は小分けしすぎないことかもしれません。写真に撮った株は ↑‥最大の株で、これだけで1キロを超えています。↑ その株の、タネ生姜です。生姜も10℃より気温が下がると、寒さで凍傷になるので‥収穫は気温の上がる昼前から始めましたが、あまりにも豊 [続きを読む]
  • 屑芋で‥「サツマイモ甘納豆」
  • サツマイモの収穫も、やっと終わり‥屑芋を使って「お菓子」を作りました。市販品は高く、もう少し甘さを控えたものを作ってみたかったのですが‥柚子やパパイヤピールで使った密を利用したので、予定より甘くなりました。密で煮て、食品乾燥機で生乾き状態まで水分を飛ばします。グラニュー糖を絡ませて、再び乾燥機で水分を飛ばします。獅子柚子ピールより水分は抜けにくく、保存するときは表面に余分に付いたグラニュー糖は落と [続きを読む]
  • 息子の写真が‥カレンダーに
  • 5年ほど前から写真撮影を趣味に加えた息子から、来年のカレンダーをプレゼントしてもらいました。最近は星空や花火など、夜の撮影に夢中で‥深夜に、大台ケ原など星座が綺麗に見えるスポットにも通っています。満開に咲く又兵衛桜と星空の写真は見せてもらったことがあるのですが、夜の撮影は三脚だけでも重く‥変な趣味にはまったものだと思っていました。花火も関西圏なら出かけるようになりましたが、花火の写真は見せてもらっ [続きを読む]
  • 今年も、生姜の花が‥‥しかし?
  • 昨年に続き、今年も生姜の花を見つけました。とくに生育の良い株だけに見られるもので、今年も豊作が期待できそうです。ところが急激な真冬並みの寒さ、先日の初霜には耐えていますが‥昨年も、蕾のままで霜害に倒れました。昨年は‥初めて花が咲くのに感激、野菜友達にも摘み取って届け花談義の話題作りにおおいに盛り上げてくれました。誰もが初めて見ると驚き、ジンジャーを栽培する友達は‥ぜひ開花した状態を見たいと花瓶に挿 [続きを読む]
  • フェイジォア‥今年は大豊作
  • 2010年に苗をフェイジォアですが、昨年までに採れた実は10個ほど‥ところが今年は大豊作で、食べきれないほどです。友達や近所の親しい人に、かなり「おすそわけ」しましたが、5キロくらい採れたように思います。大きさが分かるように、Lサイズの卵と並べ撮ってみました。野鳥に早春、花芽の大半を食べられたり、受粉木が必要と知って苗を買って隣に植えたりしましたが、豊作のコツは単純なものでした。           [続きを読む]
  • 初霜と‥カボチャの晩成栽培
  • 夏に自然農栽培場見学に行ったとき、冬至カボチャの収穫を予定された晩成栽培を見せてもらいましたが、私も育てています。でも本当は、もっと早く収穫する予定だったので‥結果的に失敗です。自然農などの研修会参加の投稿は、こちら‥↓https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9peWFzaGlndXNhLzQxMjE3NzY4Lmh0bWw-6月から何度もタネを蒔いたのですが、何度もウリハムシに [続きを読む]
  • 甘さは控えめ‥「青パパイヤのピール」
  • 野菜友達から今年になって3個目の、巨大パパイモをいただきました。キッチンスケールの計測値は2キロまでのため、重さオーバーで計れません。関西で春に苗を植え付けると‥夏から収穫できるなんて、聞いたときは信じられ無かったのですが、苗を植えるのは2年続きらしいのです。越冬できず苗は枯れるそうで、今年は根元近くで切断、もみ殻などで越冬できないか試すそうです。タネは未熟果、これも想定内とか‥。1個目は薄くスラ [続きを読む]
  • 天国に‥行きました。
  • 16年前の6月30日‥孫の出産予定日に家に迷い込んでから、家族に加わった「タマッチ」が今朝、天国に行きました。近くの国道沿いに箱に入れられた子猫が3匹捨てられていたそうで、その1匹がタマッチで、兄弟はカラスの餌食になったと思われます。喉が渇いていたのか牛乳を飲み、少し元気になりましたが‥それからが大変、義父母は犬猫が嫌いで、これまでも家族に迎い入れるだけで大もめ、しかしその日が孫の出産予定日だったこ [続きを読む]
  • ハス芋‥最後の酢の物
  • ハス芋も11月に入ると新しい葉茎が伸びる元気も無くなり、今年最後の収穫‥大量の酢の物を作りました。皮を取り除く作業だけで2時間、そのまま乾燥させた「芋がら」作りも考えたのですが、やはり好物の酢の物を作ることにしました。これまで唐の芋で作っていましたが、皮取り作業だけで手はアクで汚れ‥体調が悪いときは手が痒くなることもありました。ハス芋はアクが少なく、素手の作業もOKで‥助かります。酢を少し入れた鍋で [続きを読む]
  • キノコ培地の利用‥微生物の増殖に期待?
  • 「きのこの館」でもらってきた栽培は乾燥も終わり‥もう半量は使ってしまいました。とくにタマネギ栽培の畝つくりに使う予定で、野菜友達からもらった極早生苗は植え付けも終わり、苗を包むようにマルチとして使っています。今年はベト病が発生しなかったタマネギでも夏過ぎから腐り始め‥いままでより保存期間が短くなったと言う農家が多いようです。ベト病菌は土壌内で10年近く生き続けるので、タマネギも連作は厳禁と言われる [続きを読む]
  • 「きのこの館」の‥無料土産は?
  • 東吉野村鷲家の「きのこの館」に行って、もうひとつ持ち帰ったものがあります。キノコ栽培に使った使用済培地で、買うつもりで価格を聞くと‥「タダであげる」と言ってもらえて、3袋も貰ってきました。キノコ栽培に使った培地は、オガクズや米糠などを混ぜているので‥廃棄物は堆肥にしたり、飼料として再利用しているところもあるようです。長雨が続いたせいか、屋外に積み上げた廃棄培地は重くて、ひとりで持つとぎっくり腰にな [続きを読む]
  • 柚子風味の‥「キノコの甘酢漬け」
  • キノコミックスの甘酢漬けは実家の常備菜で、今年も墓参りに行った帰りに立ち寄るたび‥おすそわけ用にと、もらってきました。弟のお嫁さんも減塩指導を受けているせいか、酢を使った料理が得意です。東吉野村で買ってきたキノコは、鮮度が落ちない間に‥と、柚子を入れて甘酢漬けにしました。最近は味付けをした「かんたん酢」が売られるようになり、黒酢、レモン果汁入りのものなど1ヶ月に1リットルは消費します。来春まで柚子 [続きを読む]
  • 東吉野村鷲家 「きのこの館」に行ってきました。
  • テレビやラジオで何回か紹介された東吉野村「きのこの館」に、植物好きの仲間4人で行ってきました。1番の目的は「ツクバネ」の自生地を訪れることで、私以外は自生地では見たことがなく、長年の夢がかなうとスタートから盛り上がりました。料理の添え物に「ツクバネの塩漬け」が出て‥それが初出会いだったそうで、やっと夢が叶うと大げさ過ぎるので塩漬けレシピを渡しておきました。みんなキノコ好きと言うことで、私の提案に付 [続きを読む]
  • サツマイモの‥試し掘り
  • 野菜友達がサツマイモの試し掘りをしたところ‥今年は、コガネムシに食べられ、「傷ついた皮のものが多い」の話に、心配になって私も掘ってみました。安納芋は、採った2株とも、散々の結果です。形が悪いだけでなく、これだけ傷つくと長期保存はできません。とくに安納芋は、掘ったすぐは美味しく無くて‥甘味が増してくる1カ月後までの間に腐るような芋が大半です。野菜友達は、収穫時期を遅らせても大きくなる予想もできなくて [続きを読む]
  • 「弱り目に祟り目」の‥柚子加工品つくり
  • 本柚子と獅子柚子を使って、ピールを作る予定が‥次々に器具が壊れ、途中で目的変更しました。獅子柚子のピールは誰からも大好評、今回は本柚子の搾り汁を加えて、柚子の香りをバージョンアップして作りました。ところが途中で乾燥機の温度が上がらなくなり、乾燥できなくなりました。加熱部分のネジを取って中身を見ましたが、熱源すらわからず「お手上げ」‥使用頻度が高いかもしれないのですが、保証期間の1年は過ぎているので [続きを読む]
  • 「獅子柚子」と「本柚子」の収穫‥加工品作り開始
  • 獅子柚子と本柚子が色づきはじめ‥また、少し収穫してきました。摘果していない放任栽培で、また成り過ぎ状態で、あまりの重さに枝は枝垂れ、地面につきそうな枝もあり‥今年も豊作です。娘家族や婿殿の実家も柑橘が大好物で、ジャムも柑橘ジャムが喜びます。前は柚子ジャムを作っていましたが、苦み抜きに手間取ることから、獅子柚子の苗木を植えて‥今は、両方の加工品を作ります。 台風の接近で雨天続きの予報に、加工品を作ろ [続きを読む]
  • 獅子柚子ピールと‥〇〇〇〇ピール?
  • 獅子柚子ジャム作りと、同時進行で獅子柚子のピールも作りました。過去に何度か投稿しているので、詳しい作り方は省略しますが‥オリゴ糖やグラニュー糖で作った密で煮ます。それをグラニュー糖でまぶし、乾燥させました。以前は乾燥に手間取りましたが、今回は食品乾燥機を使いました。65度設定で24時間以上乾燥、皮の苦み抜きから5日ほどかかりました。乾燥機の空きのスペースがあったので、自家消費分のアジメコショウも同 [続きを読む]
  • 今年も‥「獅子柚子ジャム」と「獅子柚子ピール」作りはじまる。
  • 長雨続きで、こんなとき‥「脳味噌まで、カビるわ」と言ったものですが、そう言えばそんな言葉も最近は使わなくなりました。野良仕事もできず、雨の止み間に採ってきた獅子柚子を使って「暇つぶし」です。皮の苦みを取るため茹で、水に浸けて‥また茹でて浸けるを4回繰り返します。浸ける時間が短いと苦みが残るので‥苦み抜きの作業だけで2日かかりでした。今、収穫したのは‥ひとあし早く色づき始めたもの3個です。昨年は早め [続きを読む]